« 最終列車には | トップページ | 平成20年04月18日最高裁判所第二小法廷判決(学校での事故関連) »

2008.04.19

ノクターン第2集

ショパン作

アルトゥール・ルービンシュタインの演奏

とても物悲しいが
心の赴くままの演奏

一つの域となるものだと思って聞いている自分あり。


@終電の発車を待ちながら

|

« 最終列車には | トップページ | 平成20年04月18日最高裁判所第二小法廷判決(学校での事故関連) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ノクターン第2集:

« 最終列車には | トップページ | 平成20年04月18日最高裁判所第二小法廷判決(学校での事故関連) »