« 堂島大橋より | トップページ | 多重債務者対策本部有識者会議第7回(金融庁) »

2008.05.26

平成18(あ)2030商法違反被告事件(実質的経営者との共同正犯)

平成18(あ)2030商法違反被告事件
平成20年05月19日最高裁判所第一小法廷決定

原審
平成18年09月05日 名古屋高等裁判所金沢支部 
平成17(う)21

裁判要旨
銀行がした融資に係る頭取らの特別背任行為につき,融資の前提となるスキームを提案し,担保となる物件の担保価値を大幅に水増しした不動産鑑定評価書を作らせるなどして融資の実現に積極的に加担した融資先会社の実質的経営者共同正犯の成立が認められた事例
http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?action_id=dspDetail&hanreiSrchKbn=02&hanreiNo=36359&hanreiKbn=01

判決文(裁判所サイト)
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20080520161602.pdf

平井利明のメモ

|

« 堂島大橋より | トップページ | 多重債務者対策本部有識者会議第7回(金融庁) »

裁判例」カテゴリの記事