« Lマガ買った。 | トップページ | 公立病院改革プラン策定に係る取組状況について(総務省) »

2008.05.30

平成20年05月02日大阪地方裁判所判決(学校関連)

平成17(ワ)9128損害賠償請求事件
平成20年05月02日大阪地方裁判所第25民事部判決 

判示事項の要旨
市立小学校の校長及び担任の教師らが,当時小学5年生の原告に対し,小学校内の相談室で長時間にわたり,音楽の授業の問題点を話題にしないよう説得するなどの一連の行為により,原告が精神的苦痛を受け,卒業まで不登校になったことにつき,校長及び担任の教師らの行為が指導の域を超えたものであったとして,原告の被告市に対する国家賠償法に基づく損害賠償請求が認められた事例。
http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?action_id=dspDetail&hanreiSrchKbn=04&hanreiNo=36383&hanreiKbn=03

判決文(裁判所サイト)
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20080526151335.pdf

平井利明のメモ

|

« Lマガ買った。 | トップページ | 公立病院改革プラン策定に係る取組状況について(総務省) »

裁判例」カテゴリの記事