« 雨は益々激しく。 | トップページ | 堂島大橋より »

2008.05.25

Alban Berg Quartett

Farewell Tour

これだけ凄い演奏を聞いてしまうと

他のものが聞けなくなってしまいそうや。

@携帯より


追記)
人が合わせて奏でることの究極のもの


目の前にあったことが
もう
夢のこととして


Alban Berg Quartet
アルバンベルク四重奏団

ギュンター・ピヒラー (ヴァイオリン)
Günter Pichler (violin)
ゲアハルト・シュルツ (ヴィオリン)
Gerhard Schulz (violin)
イザベル・カリシウス (ヴィオラ)
Isabel Charisius (viola)
ヴァレンティン・エルベン (チェロ)
Valentin Erben (violoncello)

5月25日(日)14:00
ザ・シンフォニーホール

ハイドン:弦楽四重奏曲 第81番ト長調 Hob.III:81
ベルク  :弦楽四重奏曲 op.3
ベートーヴェン:弦楽四重奏曲 第15番 イ短調 op.132

|

« 雨は益々激しく。 | トップページ | 堂島大橋より »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Alban Berg Quartett:

« 雨は益々激しく。 | トップページ | 堂島大橋より »