« 平成20年04月30日京都地方裁判所判決(定額補修分担金・更新料の返還について) | トップページ | 浮世絵展 »

2008.05.21

ドバイ

NHKスペシャルにて
アラブ首長国連邦のドバイが取り上げられていた。

何とも凄まじい開発ラッシュ。

150万の人口に1000万人の収容を行う施設が出来るとのこと。
不動産の購入者の8割は転売益を狙った投資目的とのこと。

そのようなシステムであればいつかは破綻することが見えているとしか思えない。

つぎ込まれるマネーは基本的にオイルマネー。
原油価格や鋼材等の資源価格は高騰し、今まで以上に多額の現金へと変ずる。
しかし、世界経済を見渡せばその行き場は限られている。
従ってドバイに注ぎ込まれることになる。

このような流れを見るといつ切れるのだろうかとも思える。
そして、ドバイ経済は更に巨大化するのだろう。
そして、気が付いたときには、引くに引けない、抜き差しのならない状態になっている
ということなのだろう。
ドバイから撤退すると、世界経済が破綻する。

そこまで見通しての
現在の国策推進だとすれば

凄すぎるし怖ろしすぎるといわざるを得ない。

190559

|

« 平成20年04月30日京都地方裁判所判決(定額補修分担金・更新料の返還について) | トップページ | 浮世絵展 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドバイ:

« 平成20年04月30日京都地方裁判所判決(定額補修分担金・更新料の返還について) | トップページ | 浮世絵展 »