« ドバイ | トップページ | 自動車の運転者が表示する標識(マーク)について(6月1日から)(警視庁) »

2008.05.21

浮世絵展

浮世絵展
奈良県立美術館にて


ミネアポリス美術館の所蔵

憂世なのか浮世なのか。

鳥居清長
なかなかインパクトあり。画狂人北斎、歌麿や広重などもやはり心うたれる。
写楽は西洋人がみても特に衝撃的だったに違いない。
このような作品を観賞するに海外の力が必要であることは残念だが、海外に持ち出されたからこそ後世にまで残され、それに接する機会があることは喜ばしきことと評すべきこと。

@携帯より


|

« ドバイ | トップページ | 自動車の運転者が表示する標識(マーク)について(6月1日から)(警視庁) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 浮世絵展:

« ドバイ | トップページ | 自動車の運転者が表示する標識(マーク)について(6月1日から)(警視庁) »