« 切符によるモナリザ | トップページ | 内部者取引未然防止体制について(平成20年5月27日)(全国銀行協会) »

2008.06.03

平成20年04月23日京都地方裁判所判決

平成16(ワ)145損害賠償等請求事件
平成20年04月23日京都地方裁判所第6民事部判決 

判示事項の要旨
1 公立小中学校の教職員に対する違法な時間外勤務命令があったとはいえないとして時間外勤務手当相当の損害賠償請求及び時間外勤務手当請求が棄却された事例
2 公立小中学校の設置管理者には教育職員の勤務内容,態様から生命や健康を害する状態であることを認識,予見し得た場合に当該教職員が勤務により健康を害しないように管理すべき義務があり,被告に,一部の原告に対して同義務違反があるとして,安全配慮義務違反に基づく損害賠償請求が一部認容された事例

http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?action_id=dspDetail&hanreiSrchKbn=04&hanreiNo=36357&hanreiKbn=03

判決文
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20080519105248.pdf

平井利明のメモ

|

« 切符によるモナリザ | トップページ | 内部者取引未然防止体制について(平成20年5月27日)(全国銀行協会) »

裁判例」カテゴリの記事