« 平成20年06月04日最高裁判所大法廷判決(国籍法の違憲判断) | トップページ | 湖北になるのか? »

2008.06.04

平成20年06月04日最高裁判所大法廷判決(国籍法3条1項についての違憲判断)

平成18(行ツ)135退去強制令書発付処分取消等請求事件
平成20年06月04日最高裁判所大法廷判決

【破棄自判】

東京高等裁判所平成18年02月28日判決   
平成17(行コ)134

裁判要旨
1 国籍法3条1項が,日本国民である父と日本国民でない母との間に出生した後に父から認知された子につき,父母の婚姻により嫡出子たる身分を取得した場合に限り日本国籍の取得を認めていることにより国籍の取得に関する区別を生じさせていることは,遅くとも平成15年当時において,憲法14条1項に違反する
2 日本国民である父と日本国民でない母との間に出生した後に父から認知された子は,父母の婚姻により嫡出子たる身分を取得したという部分を除いた国籍法3条1項所定の国籍取得の要件が満たされるときは,日本国籍を取得する

http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?action_id=dspDetail&hanreiSrchKbn=02&hanreiNo=36415&hanreiKbn=01

判決文(裁判所サイト)
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20080604173431.pdf

平井利明のメモ

|

« 平成20年06月04日最高裁判所大法廷判決(国籍法の違憲判断) | トップページ | 湖北になるのか? »

裁判例」カテゴリの記事