« 梅謙次郎著「民法原理 総則編 巻2」(国立国会図書館) | トップページ | 「入院の勧め足りず医師敗訴 カルテ加筆疑いで心証悪く」@日経メディカル2008年7月号 »

2008.06.30

平成20年06月12日最高裁判所第一小法廷判決

平成19(受)808損害賠償請求事件
平成20年06月12日最高裁判所第一小法廷判決

原審
東京高等裁判所   
平成16(ネ)2039
平成19年01月29日

判示事項 
1 放送事業者等から放送番組のための取材を受けた者が,取材担当者の言動等によって当該取材で得られた素材が一定の内容,方法により放送に使用されるものと期待し,信頼したが,放送された番組の内容が取材担当者の説明と異なるものとなった場合における放送事業者等の不法行為の成否
2 放送された番組の内容が取材時の説明とは異なるものであったとしても,放送番組を放送した放送事業者及び同番組の制作,取材に関与した業者に取材を受けた者の期待,信頼を侵害したことを理由とする不法行為は成立しないとされた事例
http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?action_id=dspDetail&hanreiSrchKbn=02&hanreiNo=36444&hanreiKbn=01

判決文(裁判所サイト)
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20080612173527.pdf

平井利明のメモ

|

« 梅謙次郎著「民法原理 総則編 巻2」(国立国会図書館) | トップページ | 「入院の勧め足りず医師敗訴 カルテ加筆疑いで心証悪く」@日経メディカル2008年7月号 »

裁判例」カテゴリの記事