« 平成20年05月29日大阪地方裁判所判決(「時効の管理」の著作物性についてなど) | トップページ | 社団法人大阪フィルハーモニー協会から大阪府に対する補助金等継続の陳情 »

2008.06.12

大フィルのエニグマ

マエストロ大植


ザ・シンフォニーホールにて

よかった!


このような演奏は財産として残すべし。


@携帯より

追記)自宅にて


2008年6月12日(木)19:00開演

ザ・シンフォニーホール

大植英次
ダニエル・ホープ(Vn)
大阪フィルハーモニー交響楽団

ヴォーン=ウィリアムズ/タリスの主題による幻想曲
ブリテン/ヴァイオリン協奏曲 作品15
エルガー/エニグマ変奏曲 作品36

最初の曲はCDにて何度も聴いた曲。
大フィルの重厚な弦楽合奏に合った曲といえるだろう。
曲の始まりの透明感には「アッ」と思わされた。
これは素晴らしい演奏になるね・・・・。
途中、強く演奏される部分に多少の濁りを感じたところは少し残念だったが
全体としてのうねりといい、私はとても充実感をもって聴いていた。
今まで、曲の解説等は読んだことがないところ、
今日は、(バロックより以前の)ルネサンスの時代を感じるねと思って聴いていたところ
あとで、解説を読み直すと、正しくルネサンス時代の響きを狙ったものとのこと。
最初聴いたときには、「・・・・・zzzz」系の曲でしかなかったのだが
何度も聞くと味わい深い曲
そのような曲を、生の重厚な響きで聴けたことは何事にも代え難し。

ブリテンのコンチェルト
全く聞いたことの無い曲。
テクニカルな曲であることはわかるものの、今ひとつその全体像が見えてこない。
昼間からとても眠い1日だったのだが
途中、さすがに睡魔に襲われてしまった(自爆)・・・・・・
ヴァイオリニストはテクニックがあり
また、いい音を出していたと思う。
でも、
イギリスの奏者なら
ブリテンは暗譜でチャレンジして欲しかったかも・・・

エニグマ
今宵のメイン。
この曲を全曲通して聴いたのは初めての機会。
エルガーらしく、響きの厚い、とても情緒溢れる良い曲だった。
エルガーを不動の地位に押し上げた曲らしいがなるほどと思わされる。
この曲を、大植氏は自在に操り、そして大フィルはそれに応えていた。
途中、涙がでそうに感動的だった。


エニグマの途中で
演奏に入り込めないときがあった。
色々と考が入り込んでくる。
今の演奏は、完璧というものと比するとどれほど離れているのか分からないが、人を感動させるに十二分のレベルに達している。それも、今、発展途上でこれから更にというところ。
こんなときに
大阪府の補助等の削減により、大幅に財政基盤を失うことになればどうなるのだろうか。
知事は、他の在阪の楽団は、もっと低い報酬等でやっているのだから云々といっているそうだ。
でも、本当にそのようなもので、いいものを残せるのだろうか。
東京の楽団に比すると、大フィルは半分程度だそうな。
今の演奏レベルであれば、私であれば、東京程度のレベルは維持できなければおかしいようにも思う。
文化について全く理解のないトップのいる自治体を相手にせずして、民でどのようなことができるのだろうか。
曲が進むに連れて
複雑な気持ちがあったことも事実

謎多き大阪の将来

イルミネーションで本当に心が照らされるようになればよいのだが。
単なる売名或いは業績残し出ないことを
祈りたいものだ。

大植氏は
深々と頭を下げて大フィルの将来をファンに託していた
そして、
長原幸太氏ら団のメンバーは
窓口で、家路に向かうファンに応じていた

何とかしなければならない
そんな思いと行動が、
より良き道につながるように
私も考えたい。

Go Go Go だね。
大フィルのエニグマ

|

« 平成20年05月29日大阪地方裁判所判決(「時効の管理」の著作物性についてなど) | トップページ | 社団法人大阪フィルハーモニー協会から大阪府に対する補助金等継続の陳情 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大フィルのエニグマ:

« 平成20年05月29日大阪地方裁判所判決(「時効の管理」の著作物性についてなど) | トップページ | 社団法人大阪フィルハーモニー協会から大阪府に対する補助金等継続の陳情 »