« フェニックス・バードにて | トップページ | 労研饅頭 »

2008.08.05

昭和43年04月23日最高裁判所判決(共同不法行為者の賠償範囲)

昭和39(オ)902損害賠償請求
昭和43年04月23日最高裁判所第三小法廷判決
第22巻4号964頁

原審
東京高等裁判所昭和39年04月27日判決

判示事項
共同行為者の流水汚染により惹起された損害と各行為者の賠償すべき損害の範囲

裁判要旨
共同行為者各自の行為が客観的に関連し共同して流水を汚染し違法に損害を加えた場合において、各自の行為がそれぞれ独立に不法行為の要件を備えるときは、各自が、右違法な加害行為と相当因果関係にある全損害について、その賠償の責に任ずべきである。

参照法条 民法709条,民法719条,国家賠償法2条1項

http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?action_id=dspDetail&hanreiSrchKbn=02&hanreiNo=27683&hanreiKbn=01

判決文(裁判所サイト)
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/B904C2A2D3819AA149256A8500312350.pdf

平井利明のメモ

|

« フェニックス・バードにて | トップページ | 労研饅頭 »

裁判例」カテゴリの記事