« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

2008.10.31

周産期救急医療体制,特に母体救命救急体制の整備に関する緊急提言及び産婦人科勤務医・在院時間調査 第2回中間集計結果 報告と解説(日本産科婦人科学会)

周産期救急医療体制
特に母体救命救急体制の整備に関する緊急提言
http://www.jsog.or.jp/news/pdf/20081031kinkyuteigen.pdf

産婦人科勤務医・在院時間調査 第2回中間集計結果 報告と解説
http://www.jsog.or.jp/news/pdf/20081030_zaiinjikan_2.pdf

中間集計の結果として次の点が指摘されている:

・・・・・・・・・・以下引用・・・・・・・・・
今回の中間集計では、病院産婦人科医の在院時間が一般病院でも大学病院でも非常に長いことが示され、いわゆる「過酷な勤務」の実態の一端が数値として示された。
一般病院勤務医全体と大学病院勤務医の本務場所での在院時間に有意の差は認められなかったが、一般病院勤務医全体の在院時間と大学病院勤務医の非常勤施設を含む全在院時間では有意に大学病院勤務医の全在院時間の方が長かった。一般病院の中では在院時間は当直体制の病院の方が、当直のないオンコール体制の病院より有意に在院時間が長かった。当直体制の病院勤務医の在院時間と大学病院勤務医の全在院時間を比較すると、後者の方が有意に長かった。その一方、当直体制のない病院の「月間勤務時間+オンコール時間」は大学病院勤務医の全在院時間とほぼ同等であった。
年齢別の検討では、20代医師の在院時間が長い傾向がどのカテゴリーでも認められた。
今回の調査では明らかな男女差は認められなかった(今回の対象が「常勤医」に限定されていることに留意する必要があろう)。
今後、さらにデータを集積するとともに、勤務実態の施設間差を解析し、産婦人科勤務医の勤務条件改善のための基礎的な検討を行っていく予定である。
・・・・・・・・・・以上引用終わり・・・・・・・・・
とのことである。

舛添厚生労働大臣への母体救命救急体制の整備に関する緊急提言の提出について平成20年10月31日
http://www.jsog.or.jp/news/html/announce_20081031.html

平井利明のメモ

|

マグダレーナ(Anna Magdalena Bach)作曲の無伴奏チェロ組曲?

J.S.バッハ作曲の無伴奏チェロ組曲(集)(Suiten für Violoncello solo)。
チェロを代表する曲であり,チェロを弾かれる方々にとってはバイブル的な存在で,その崇高さからは,多くの器楽曲の中においても上位にランクされて不思議でない名曲。
チェロの名手と言われる方々は必ず取り上げてかつ名演を残している。
ウィキペディアにも「あらゆるチェロ曲のなかの最高峰とされ、チェリストにとっては、聖典的な作品。バッハの全作品のなかでも、評価は極めて高い。」とある。

しかし,この曲は,J.S.バッハが作曲したものではないとの見解が示されているとのこと。
知りませんでした。
引用
『[シドニー 10日 ロイター]オーストラリアのクラシック音楽専門家が、18世紀に活躍したドイツの音楽家ヨハン・セバスチャン・バッハの曲の一部について、妻が作曲したことを示す証拠を発見したと主張している。ダーウィン・オーケストラの指揮者マーティン・ジャービス氏は、30年を超える研究と法医学的な手法により、バッハの2番目の妻であるアンナ・マクダレーナ・ビルケが、バッハの名曲の一部を書いたことは明白だという。ジャービス氏はロイターに対し「無伴奏チェロ組曲が、ヨハン・セバスチャンによって書かれていないことに疑いはない」と述べた。同氏は英国王立音楽院の生徒だった10代のころにバッハの作品に疑念を持ち始め、無伴奏チェロ組曲を演奏しているときに何かがおかしいと確信したという。その後、2001年には、チェロ組曲がバッハの作品でないという理由を18通り考え付いたとしている。また、楽譜のコピーを入手して法医学的手法などで分析を行ったところ、バッハの友人である音楽家の手書きで「バッハ夫人によって書かれた」という記述を発見したとも語っている。バッハはアンナ・マクダレーナと1721年に結婚。1750年にこの世を去っている。」』
引用終わり
http://jp.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idJPJAPAN-34246120081010

 なお,検索してみると,「バッハの「無伴奏チェロ組曲」は原譜は存在しなく,アンナ・マグダレーナの手になるものが存在しているだけである。」とのことのようだ。
その楽譜の一部(ウィキペディアより)
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/9/9c/Bachs1a.gif

 なお上記の説は同人によって2年も前に出されていたようですがその後発展が見られなかったところ,最近また出てきたというもののようですね。

 真相はどうなのだか・・・・・??

 しかし,法医学的手法とはなんぞや?
 (原譜がなくて)アンナ・マグダレーナの筆写版しかないという現状において,つまり,残された譜面はアンナ・マグダレーナが記したものであることが明らかであるところ,法医学的手法によって,アンナ・マグダレーナの作であるということが判るということ自体が,わからない。
 法医学は,記載されたものが,自らの創意に基づくものかそうでないものであるかを判別することが出来るぐらいに発達しているということなのでしょうかねぇ?
 
因みに,全6曲の楽譜は次のサイトでダウンロードが可能。
http://imslp.info/files/imglnks/usimg/2/26/IMSLP12165-Bach_-_Sechs_Suiten_F__r_Violoncello.pdf

楽譜だけ見ると・・・・・・確かに練習曲のようにしか見えないですよね・・・・・それも第6組曲ともなると難儀な練習曲・・・・
(物の価値を見いだすことの出来ない,私でした・・・・・・トホホ)
  
         
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.10.30

あまりよろしくない

あまりよろしくない


追記)

2週間ほど前から風邪気味ではあったが(というより風邪引きですね・・・笑)
少しましになると、もう大丈夫と思ってしまって・・・・・・、
ということでなかなか治らない。

何と言っても喉の違和感がたまんない。

熱を測ってみると
ちょいとあるようだ。

こんなときは寝るのが一番。
でも、夕刻寝てしまって・・・・・・・・・・・
今、寝れない
でもすでに2時もまわっているしそうもいっていられないね。

まあ、
こんなときには、色々と本が読めていい機会ではあるのだが(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最近の裁判例(知的財産裁判例)(裁判所)

最近の判決例
知的財産裁判判例集
http://www.courts.go.jp/search/jhsp0020?action_id=search&hanreiSrchKbn=07&recentInfoFlg=1&term=30

平井利明のメモ

|

2008.10.29

喜の数、憂の重さ

喜の数、憂の重さ
近畿2、関東1、四国1
9月、10月は今まで数年という時間をかけて取り組んできたもののまとめが重なったときでした。
結果がまだわからないものはともかくとして当面のものは出揃った。
どうもならんかと思っていたものもなんとか思うようになったというものがある反面
いままで何とか大丈夫というところまで持ってきたかなというものが最後に・・・・
なんで?と思えるものが・  自分には常識がない??
それがシビアなものだけに、どないしたものかと・・・・・・思わざるをえない。
途方に暮れる自分がある反面このようにしようじゃないかと燃えてくる自分もある。
頭の中では、めまぐるしく対応策等が浮かんでくる。
それを吟味しながらも、更に、考える。
しかし、自分のみで完結できないこと。
それゆえに物事の運び方をどうするのか
そんなことも考えなけりゃ。
今のままなら行き着く道はあり、それでも良いかとも思えるが
それでは納得のいかない自分を励ますことになるのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

電子メール広告をすることの承諾・請求の取得等に係る「容易に認識できるよう表示していないこと」に係るガイドライン(経済産業省)

電子メール広告をすることの承諾・請求の取得等に係る「容易に認識できるよう表示していないこと」に係るガイドライン(経済産業省)
http://www.meti.go.jp/press/20081001002/20081001002-2.pdf

このガイドラインは,「特定商取引に関する法律」第14条第1項第2号及び同条第2項第2号に基づく「特定商取引に関する法律施行規則」第16条第2項及び第4項及び同法第12条の3第4項に基づく同省令第11条の6の両省令中の「容易に認識できるように表示していない」とはどのようなものであるかについての具体的な例について示したもの,とのこと。
なお,「連鎖販売取引、業務提供誘引販売取引についても同様」とも示されている。

|

2008.10.28

フェニックスバードにて

フェニックスバードにて


お久しの世界


追記)
焼きうどん食べにいって、カントリー聞きに行って、飲みに行って、飲みに行って・・・・
不摂生。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリップ一覧

@niftyクリップした50件

平井利明のメモ

続きを読む "クリップ一覧"

|

2008.10.27

冷えてきたねえ

冷えてきたねえ
少しずつ冬へと

風邪に注意


| | コメント (0) | トラックバック (0)

債権者代位権(423条)について(「 民法(債権法)改正検討委員会ホームページ」より)

債権者代位権(423条)について
(第3回全体会議用資料)第3準備会
http://www.shojihomu.or.jp/saikenhou/shingiroku/shingiroku004.pdf

<別紙Ⅰ> 従来の債権者代位によって担われてきた事項への対応
http://www.shojihomu.or.jp/saikenhou/shingiroku/shingiroku005.pdf

民法(債権法)改正検討委員会ホームページ
http://www.shojihomu.or.jp/saikenhou/indexja.html

平井利明のメモ

|

打ち合わせ場所はどこに

打ち合わせ場所はどこに

勘違いはいけません(笑)


何事も
要確認!!!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.10.26

詐害行為取消権(424条から426条まで)について(「民法(債権法)改正検討委員会ホームページ」より)

詐害行為取消権(424条から426条まで)について
(第3回全体会議用資料)第3準備会
http://www.shojihomu.or.jp/saikenhou/shingiroku/shingiroku006.pdf

民法(債権法)改正検討委員会ホームページ
http://www.shojihomu.or.jp/saikenhou/indexja.html

平井利明のメモ

|

2008.10.25

法律行為総論・契約の成立・契約の解釈に関する規律の改正の方向性(「民法(債権法)改正検討委員会ホームページ」より)

法律行為総論・契約の成立・契約の解釈に関する規律の改正の方向性(第2準備会報告)
民法(債権法)改正委員会第4回全体会議
2007 年12 月25 日
http://www.shojihomu.or.jp/saikenhou/shingiroku/shingiroku009.pdf

第2準備会報告提案集-法律行為総論・契約の成立・契約の解釈に関する規律の改正の方向性(第2準備会報告)
民法(債権法)改正委員会第4回全体会議2007 年12 月25 日
http://www.shojihomu.or.jp/saikenhou/shingiroku/shingiroku010.pdf

民法(債権法)改正検討委員会ホームページ
http://www.shojihomu.or.jp/saikenhou/indexja.html

平井利明のメモ

法律関連 |

2008.10.24

各種契約に関する規律の改正の方向性(「民法(債権法)改正検討委員会ホームページ」より)

各種契約に関する規律の改正の方向性〔第4準備会報告〕
全体会議(第4 回)資料
2007年12月25日
http://www.shojihomu.or.jp/saikenhou/shingiroku/shingiroku008.pdf

民法(債権法)改正検討委員会ホームページ
http://www.shojihomu.or.jp/saikenhou/indexja.html

平井利明のメモ

法律関連 |

雨・雨・雨

雨・雨・雨

@携帯より

朝・勇有利
新・洞衛御

| | コメント (0) | トラックバック (0)

巡回

数年越しのものがまとめて山場にさしかかり
このところバタバタ状態。

気になるブログ等のチェックもままならない。
コメントどころではない。
コンサートに行く気にすらもならない。
こんな状態はしばらく続くのかも・・・・・・
と思っていたが
今宵は、早く目が覚めてまた眠れなくなってしまったので
久々に、いくつかのサイトを訪問。

また、自分のサイトも流し読み。
・・・・・なんか、狭いところをあちらこちらウロウロとしていますね
こんな形でも残しておくと、自分をふり返る際の役には立ちそう(笑)。

そんなこんなで時間をつぶしたが
既に、始発の電車の音。

1日が始動したようだ。
さてと、
行く準備にとりかかろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.10.23

消滅時効その他の権利行使期間制限(検討の方向)(「民法(債権法)改正検討委員会ホームページ」より)

消滅時効その他の権利行使期間制限(検討の方向)
2008/3/18
民法(債権法)改正検討委員会全体会議
第5準備会からの報告
http://www.shojihomu.or.jp/saikenhou/shingiroku/shingiroku012.pdf

民法(債権法)改正検討委員会ホームページ
http://www.shojihomu.or.jp/saikenhou/indexja.html

平井利明のメモ

法律関連 |

2008.10.22

債務の履行、損害賠償、解除・危険負担、受領障害に関する報告(「民法(債権法)改正検討委員会ホームページ」より)

債務の履行、損害賠償、解除・危険負担、受領障害に関する報告
008/03/18第5回全体会議用資料
民法(債権法)改正委員会第1準備会http://www.shojihomu.or.jp/saikenhou/shingiroku/shingiroku013.pdf

民法(債権法)改正検討委員会ホームページ
http://www.shojihomu.or.jp/saikenhou/indexja.html

平井利明のメモ

法律関連 |

2008.10.21

経過情報検索(特許電子図書館)

経過情報検索
http://www1.ipdl.inpit.go.jp/IPDL/keika.htm

平井利明のメモ

|

いい時期になって来ましたね

いい時期になって来ましたね
今日帰らなければならないのが残念。


松山にて

@携帯より


| | コメント (0) | トラックバック (0)

渋滞がコワイ伊丹空港

渋滞がコワイ伊丹空港
関空のほうが時間を読めていいのだが。


便が少しだからねえ。


追記)
伊丹空港へは、地下鉄+モノレールという選択枝もあるのだが、時間を要するし、大荷物を持った者にとっては乗り換えがやっかい(20キロを超えることも多いからね。。。。。)
ということで、伊丹空港へ行くには、空港バスを利用することがあるのだが、時間を読み間違えるとタクシーを利用せざるを得ないこともある。
今回は、自宅近くから乗ってみたが、それだと大阪市内を横切ることになるので大渋滞と衝突する。大阪市内の真ん中までは一般道を通った方が早いというのが実情・・・・・・・(前もって考えておけば良かった)
途中からの高速でも渋滞。
かつて、飛行機に乗り遅れたことのある経験者としては戦々恐々。

その点、電車で行ける関西空港は、まだ時間を読みやすいのだが・・・・・・
何しろ利用できる飛行機がほとんどない。。。。
厳しい現実
ガンバレ 関空!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.10.20

意匠公報テキスト検索(特許電子図書館)

意匠公報テキスト検索(検索画面)
http://www.ipdl.inpit.go.jp/Isyou/ikta.ipdl?N0000=117

平井利明のメモ

|

駅前の地図を見て

大和八木からは橿原神宮も近いんですね。

Img_3815


地図は、色々な発見をもたらしてくれます。

まあ、打合せのため、行けませんけどね。

いつぞやには。

今日は、どのように終わらせるかの会議。
良い方向にある場合といえども下駄を履くまではきっちりと進める必要有り。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.10.19

京都へ(仕事)

京都へ(仕事)
天気の良い日なのに
一日仕事

残念かも(笑)。

写真は
途中の淀川

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.10.18

<リーガルクリニック>無料法律相談(立命館大学法科大学院)

立命館大学ロースクールのカリキュラムの一つ。
「リーガルクリニックⅠ」
私も担当教員の一人。

なお,リーガルクリニックⅠでは,刑事法は受付していません。
また,訴訟中の案件・公的年金・公的保険等,内容によってはご相談いただけない場合もあります。
従って電話予約の時にご確認下さい。

場所:
立命館大学朱雀キャンパス1F
リーガルクリニック室

日時:
10月19日(日)10:00~17:00 [完全電話予約制]
11月16日(日)10:00~17:00 [完全電話予約制]
12月21日(日)10:00~17:00 [完全電話予約制]
(相談時間は1時間以内となります。)

予約受付開始日 10月1日(水)
予約受付時間 午前9:00~11:30・午後12:30~17:00(土日祝休)
相談希望日前々日17時までに電話でのご予約が必要(先着順)。
とのこと。

ご予約・お問い合わせ等,その他詳細は
次のサイトをご覧下さい(立命館大学法科大学院のサイト)
http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/hoka/index.htm

今年度分も
舞鶴市で実施のものは既に終了しましたが
明日は、京都での実施の第1回目。

平井利明のメモ

|

平成20年10月03日最高裁判所第二小法廷判決(住民票の不受理に関する件)

平成19(行ヒ)137住民票転居届不受理処分取消請求事件
平成20年10月03日最高裁判所第二小法廷判決

原審
大阪高等裁判所   
平成18(行コ)10
平成19年01月23日判決

裁判要旨
都市公園内に不法に設置されたキャンプ用テントを起居の場所としている者につき,同テントの所在地に住所を有するものとはいえないとされた事例

http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?action_id=dspDetail&hanreiSrchKbn=02&hanreiNo=36880&hanreiKbn=01

判決文(裁判所サイト)
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20081003154506.pdf

「上告人は,都市公園法に違反して,都市公園内に不法に設置されたキャンプ用テントを起居の場所とし,公園施設である水道設備等を利用して日常生活を営んでいることなど原審の適法に確定した事実関係の下においては,社会通念上,上記テントの所在地が客観的に生活の本拠としての実体を具備しているものと見ることはできない。上告人が上記テントの所在地に住所を有するものということはできないとし,本件不受理処分は適法であるとした原審の判断は,是認することができる。」
とのこと

平井利明のメモ

|

本日は晴天なり

本日は晴天なり

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.10.17

「商標出願・登録情報」(特許電子図書館)

「商標出願・登録情報」(検索画面)
http://www1.ipdl.inpit.go.jp/syutsugan/TM_AREA_A.cgi

平井利明のメモ

|

2008.10.16

アイスランド交響楽団「公演中止」から見える欧州小国の経済

アイスランド交響楽団のザ・シンフォニーホールでの公演が中止となったとの告知がなされている。
「10月25日(土)に開催を予定しておりました「アイスランド交響楽団」の大阪公演が、オーケストラの来日中止に伴い、公演中止となりました。(以下略)」
http://asahi.co.jp/symphony/symphony2008/c20081025.html

別に聴きに行くことを予定していたわけでもないので,仮に今日より前にこの記事をみていたとしても,遠いところから無理して来ようとしていたから?,と思っただろう。
正直,アイスランドとは全く縁がなく,冬が長くて寒いさも半端でないだろうとのイメージぐらいしか持っていない小国のアイスランドが金融大国であるということを知らなかった。
アイスランドは富裕な国だったようだ。

産経新聞「【金融危機】小さな金融大国アイスランド破綻の恐れ」
http://sankei.jp.msn.com/world/europe/081015/erp0810152159002-n1.htm
抜粋すると
「同国の高金利に海外マネーが吸い寄せられ、国内銀行の総資産は国内総生産(GDP)の10倍に。1人当たりのGDPでも富裕国に仲間入りした。しかし、バブルが破裂し自国通貨は暴落、銀行は国有化され「国家崩壊」の恐れもある。」
「カードの普及で現金の流通量がGDPの1%と世界で最もキャッシュレスに近づいた同国は「小国開放経済の成功モデル」ともてはやされた。」,「産業多角化モデルの一つが金融だった。」,「3~5%の経済成長が続き、2004年には1人当たりGDPで世界6位につけた。」,「ついにインフレ率は14%、政策金利は15・5%になった。」,しかし,今やアイルランドの通貨「クローナは6日、対ユーロで30%も急落。ハーデ首相は「国家崩壊の危機」を訴え、議会はすべての国内銀行を国有化する法案を可決した。」
とのこと。.

知らないこと。
見えていないこと。
多し。

平井利明のメモ

|

大津駅からの空

良い天気


Dvc00312


しかし、
予想外のところで
そんなことを言われてもねえ

挽回策が必要だね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.10.15

事故情報の検索(独立行政法人製品評価技術基盤機構)

事故情報の検索(検索画面)
http://www.jiko.nite.go.jp/php/jiko/search/index.php

平井利明のメモ

|

当選倍率約7.5倍@東京マラソン2009

東京マラソン事務局より次の内容のメールが

「今回はマラソンの部に関して5000人を増員しましたが、当選倍率は約7.5倍となっております。
現在、11月中旬の当選者発表に向けて抽選作業を進めている状況でおりますので、発表までのスケジュールを改めてご確認くださいますようお願い申し上げます。
【今後のスケジュール】
11月 7日(金)以降  抽選結果発表の通知
 ※申込みの方全員に、順次通知します。
11月28日(金) 参加料の入金締切り」

フルマラソンが3万人なので倍率が7.5倍となると
22万人以上が応募!?!・・・・
ひぇー。

でも
今回は,全く練習していないからなぁ(苦笑)

追記)

申込者数合計 261,981人 (前回比 68%増)

種目 マラソン(定員30,000人)
申込者数 226,378人

10km(定員 5,000人)
申込者数 35,603人

とのこと
東京マラソンのサイト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

別れ道

別れ道
奈良線と和歌山線の分岐点

@携帯より

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.10.14

エコトレイン未来のゆめ・まち号(阪急電鉄)

運行期間(予定):2008年12月1日(月) ~2009年7月31日(金)として
阪急電鉄
神戸線・宝塚線にて  8000系車両(8両編成)各1編成
京都線にて         8300系車両(8両編成)1編成
阪急阪神ホールディングスグループで推進する社会貢献活動の一環として、環境をテーマにした「エコトレイン未来のゆめ・まち号」が運行されるとのこと。
http://holdings.hankyu-hanshin.co.jp/ir/data/ER200809164N1.pdf
目で見てわかりやすいエコへの訴えですね。

なお
車輌外観のイラストは
ウマカケバクミコさん

平井利明のメモ

|

色づいてきた奈良

色づいてきた奈良
雨とともに
静かに秋が

@携帯より

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホッと梅酒

この3日は結局書類作成に終わってしまった(笑)。

外にも出ず
ナンダロうね。

風邪気味。

こんなときは

温かい梅酒。


暫く続きそうだが
また明日から頑張りマヒョ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.10.13

日本意匠分類・Dターム検索(特許電子図書館)

日本意匠分類・Dターム検索(検索画面)
http://www.ipdl.inpit.go.jp/Isyou/idtermb.ipdl?N0000=106

平井利明のメモ

|

2008.10.12

ねんきん特別便(司法修習経験者についての注意点)

 「ねんきん特別便」が社会保険庁から届いた。
 内容を確認すると,司法修習時代の記録が欠落していることが分かった。その頃は,最高裁判所司法研修所における司法修習生となることから,裁判所の共済組合に加入していたことになる(毎月天引きされていた)。
 先日,同期の者達と飲む機会があり,その際にこのことを話すと,皆欠落していたとのこと(但し,確認を良く行っていない人もあり・・・・)。
 「ねんきん特別便」には平成8年以前に退職した共済組合等は反映されていない可能性がある旨の指摘がなされてはいるが,実際にそのとおりのようだ。
 同期の者が調べたところ,司法修習生は「裁判所共済組合最高裁判所支部」に属していたことになっていたようだ。
 最高裁判所が「支部」というのは他にはなかなか無いようにも思え,この点皆の笑いをさそうことにはなったのだが。欠落していることについては笑えることではない。
 裁判所共済が,社会保険庁に対して過去の情報提供を適切に行っていないのか,それとも社会保険庁が受け取っていたにもかかわらず適切に処理をしていなかったのか。
 いずれにせよ,上記のような欠落を見落として,「もれ」や「間違い」がない旨の回答を送ってしまった者もあるので,気が付かない者も少なくないのかもしれない。

注意:
少なくとも平成8年以前に司法修習を終え,その後裁判官以外の道を進まれた方は「ねんきん特別便」の内容をよく確認する必要がある。

ねんきん特別便のサイト
http://www.sia.go.jp/top/kaikaku/kiroku/tokubetsubin/index.html

平井利明のメモ

|

椿姫 by ANNA NETREBKO

かつてyoutubeでみつけた椿姫。

設定が、現代風なのだが、秀逸の作品。
Youtubeでその断片を見て以来
これは全編見てみたいと思っていたもの。

購入は、数ヶ月前だったのだが
なかなか見る機会もなく。
今宵、ようやく見る機会を設けることとなった。

ヴィオレッタ:アンナ・ネトレプコ
ANNA NETREBKO
アルフレード:ロランド・ビリャソン
ROLANDO VILLAZON
ジョルジョ・ジェルモン:トーマス・ハンプソン
THOMAS HAMPSON
フローラ:ヘレン・シュナイダーマン
アンニーナ:ダイアン・ピルチャー
ガストン子爵:サルヴァトーレ・コルデルラ
ドゥフォール男爵:ポール・ゲー
ドビニー侯爵:ヘルマン・ヴァレーン
グランヴィル:ルイージ・ローニ
合  唱:ウィーン国立歌劇場合唱団
管弦楽:ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
Wiener Philharmoniker
指  揮:カルロ・リッツィ
Carlo Rizzi
美  術:ウォルフガング・グスマン
演  出:ウィリー・デッカー

Salzburg Festival 2005
[ 収録:2005年8月7日、ザルツブルク祝祭大劇場 ]

まず、その当時の時代設定のものをお薦めするものではあるが
そのような作品を超えて、なかなかの出来映え。
特に
さすがの出来映えというか
ザルツブルグの舞台のもの。

堪能!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.10.11

全判例統合検索(裁判所)

全判例統合検索画面
http://www.courts.go.jp/search/jhsp0010?action_id=first&hanreiSrchKbn=01

平井利明のメモ

|

雨の降る夜に

家に戻ってくる頃にはひどい雨に。
こんな日はそれも似合いなのかも。

色々な思いをもって
惑わされて
という結果は,
やはり
やっぱりかの世界。
自己責任とは言えども
悔いが残る。
矛先はどちらにも向けられない。
自己嫌悪のみ。

迷いのあるとき。
自らの思うところを貫く。
そんなことを思っていると
雨も
小降りに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.10.10

なんとも,ねぇ 阪神さん・・・・・・

巨人が逆転優勝・・・・
あまりにも情けなすぎますね阪神さん
どないなってまんのや・・・

今日は・・・・いい日とはいえないねぇ・・・(苦笑)
他のこともあったし・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平成20年10月07日最高裁判所第三小法廷判決(被害者の父が締結していた自動車保険契約の人身傷害補償条項に基づき被害者が支払を受けた保険金額の控除関連)

平成20(受)12損害賠償,求償金請求事件
平成20年10月07日最高裁判所第三小法廷判決

【破棄差戻し】

原審
大阪高等裁判所   
平成19(ネ)942
平成19年09月20日判決

裁判要旨
交通事故の加害者が被害者に賠償すべき人的損害の額の算定に当たり,被害者の父が締結していた自動車保険契約の人身傷害補償条項に基づき被害者が支払を受けた保険金の額を控除した原審の判断が違法とされた事例

http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?action_id=dspDetail&hanreiSrchKbn=02&hanreiNo=36892&hanreiKbn=01

判決文(裁判所サイト)
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20081007160324.pdf

判決文より
「前記事実関係によれば,本件傷害保険金は,上告人の父が訴外保険会社との間で締結していた本件保険契約の本件傷害補償条項に基づいて上告人に支払われたものであるというのであるから,これをもって被上告人Y1の上告人に対する損害賠償債務の履行と同視することはできない。また,前記事実関係によれば,本件保険契約においては,本件保険契約に基づく保険金を支払った訴外保険会社は同保険金を受領した者が他人に対して有する損害賠償請求権を取得する旨のいわゆる代位に関する約定があるというのであるから,訴外保険会社は,本件傷害保険金の支払によって,上告人の被上告人Y に対する損害賠償請求権(以下「本件損害賠償請求権」という。)の一部を代位取得する可能性があり,訴外保険会社が代位取得する限度で上告人は上記損害賠償請求権を失うことになるのであって,本件傷害保険金の支払によって直ちに本件傷害保険金の金額に相当する本件損害賠償請求権が消滅するということにはならない。そして,原審が確定した前記事実関係からは,本件傷害補償条項を含めて本件保険契約の具体的内容等が明らかではないので,上記の代位の成否及びその範囲について確定することができず,訴外保険会社が本件傷害保険金の金額に相当する本件損害賠償請求権を当然に代位取得するものと認めることもできない。
ところが,原審は,本件傷害補償条項を含む本件保険契約の具体的内容等について審理判断することなく,本件損害賠償請求権の額を算定するに当たり,上告人の損害額から上告人の過失割合による減額をし,その残額から本件傷害保険金の金額を控除したものである。しかも,上告人は,原審において,本件傷害保険金のうち被上告人Y1の過失割合に対応した金額に相当する本件損害賠償請求権を訴外保険会社が代位取得する旨の合意が上告人と訴外保険会社との間で成立している旨主張していることが記録上明らかであるが,原審は,この合意の有無及び効力についても何ら審理判断していない。そうすると,原審の判断には,審理不尽の結果,法令の解釈適用を誤った違法があるといわざるを得ず,この違法は判決に影響を及ぼすことが明らかである。」
とのこと

平井利明のメモ

|

平成20年10月10日最高裁判所第二小法廷判決(預金の払い戻し関係)

平成19(受)152預金払戻請求事件
平成20年10月10日最高裁判所第二小法廷判決

【破棄差戻し】

原審
東京高等裁判所   
平成18(ネ)440
平成18年10月18日

裁判要旨
振込依頼人と受取人との間に振込みの原因となる法律関係が存在しない場合における受取人による当該振込みに係る預金の払戻請求と権利の濫用

http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?action_id=dspDetail&hanreiSrchKbn=02&hanreiNo=36903&hanreiKbn=01

判決文(裁判所サイト)http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20081010111225.pdf

判決文より
「振込依頼人から受取人として指定された者(以下「受取人」という。)の銀行の普通預金口座に振込みがあったときは,振込依頼人と受取人との間に振込みの原因となる法律関係が存在するか否かにかかわらず,受取人と銀行との間に振込金額相当の普通預金契約が成立し,受取人において銀行に対し上記金額相当の普通預金債権を取得するものと解するのが相当であり(最高裁平成4年(オ)第413号同8年4月26日第二小法廷判決・民集50巻5号1267頁参照)」

「上記法律関係が存在しないために受取人が振込依頼人に対して不当利得返還義務を負う場合であっても,受取人が上記普通預金債権を有する以上,その行使が不当利得返還義務の履行手段としてのものなどに限定される理由はないというべきである。そうすると,受取人の普通預金口座への振込みを依頼した振込依頼人と受取人との間に振込みの原因となる法律関係が存在しない場合において,受取人が当該振込みに係る預金の払戻しを請求することについては,払戻しを受けることが当該振込みに係る金員を不正に取得するための行為であって,詐欺罪等の犯行の一環を成す場合であるなど,これを認めることが著しく正義に反するような特段の事情があるときは,権利の濫用に当たるとしても,受取人が振込依頼人に対して不当利得返還義務を負担しているというだけでは,権利の濫用に当たるということはできないものというべきである。」

「本件払戻しが債権の準占有者に対する弁済として有効であるか等について更に審理を尽くさせるため,同部分につき本件を原審に差し戻す」

とのこと。

平井利明のメモ

|

大和生命保険株式会社について(金融担当大臣談話)

金融担当大臣談話
―大和生命保険株式会社について―平成20年10月10日
金融庁
http://www.fsa.go.jp/common/conference/danwa/20081010.html

(一部引用)
「大和生命の保険契約の取扱いは、今後、裁判所の監督の下、更生計画において定められることとなる。また、我が国においては、生命保険契約者保護機構のセーフティネットが整備されており、保険契約者は、原則として、責任準備金の90%までは補償されることとなっている。」
「 今般、大和生命がこのような事態に至ったのは、高コストの保険事業を高利回りの有価証券運用で補填するという同社の特異な収益構造が主たる要因であり、他の保険会社とは状況が異なるものと認識している。」
とのこと。

因みに
日経平均
本日(10日)午前安値   8,183.37
前日(9日)終値      9,157.49
9月10日終値      12,346.63
5月19日終値       14,269.61
  
平井利明のメモ

|

2008.10.09

全がん協加盟施設の生存率協同調査

全がん協加盟施設の生存率協同調査
http://www.gunma-cc.jp/sarukihan/seizonritu/

平井利明のメモ

|

2008.10.08

最近の社告・リコール(独立行政法人製品評価技術基盤機構)

最近の社告・リコール
http://www.nite.go.jp/jiko/index4.html

平井利明のメモ

|

2008.10.07

ジョグin広島

ジョグin広島
明日に備えて前日入り

ということで少しジョギングを

広島城前にて

追記)

Dvc00288

         Dvc00290


 Dvc00291


Dvc00294 Dvc00295
平和であること。
有り難いことです。

Dvc00289
広島市民球場

                Dvc00299広島城


今日は
戻ってきてから
途中のコンビニで買ってきた
野菜ジュースを飲んでみた。
ジョギングのあとの
野菜ジュース
結構いい!

やみつきになりそうだ(笑)

さて、
風呂に入って

それから
明日の準備。。。。。。。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

遠足のシーズン

今日は午前中は奈良行き。

ガラガラの電車でくつろいでいると
途中の駅で遠足の小学生たちが乗り込んできた。
一眠りできるかなと思う人にとって
あまり有り難くない光景(笑)

でも
乗り込んできても走りもしない
空いている席を目の前にして
座っても良いのかなぁなどと話している。
小学生らしくおしゃべりはすれども
控えめ。
席に座っても、酷くはしゃいだりしない

そして、降り際には
「すいませんでした。」と
一礼して降りていった。

久々に
素晴らしいねと感じる時間でした。

公立学校のようでしたが
学校側の日頃の教育が見えるようでした。

学校によっては
乗車してきた瞬間
なんじゃこれ!?
教員が、
子どもたちの騒ぐのを止めるどころか
同化していることさえある。
そんな風景を見ると
悲しさのみ残り
そのような人物に子どもたちを委ねなければならない
現実を嘆くしかない。
そんな感じをさせられることの少なくない昨今

子どもたちを立派に引率できる
素晴らしい先生方が残っていることに感動するとともに
将来、その教え子たちが、
素晴らしい道を切り開いてくれることを期待したい

そんな日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

医事関係訴訟事件の診療科目別既済件数(裁判所)

医事関係訴訟事件の診療科目別既済件数(裁判所)
http://www.courts.go.jp/saikosai/about/iinkai/izikankei/toukei_04.html

平井利明のメモ

|

2008.10.06

医事関係訴訟事件の処理状況及び平均審理期間(裁判所)

医事関係訴訟事件の処理状況及び平均審理期間(裁判所)
http://www.courts.go.jp/saikosai/about/iinkai/izikankei/toukei_01.html

平井利明のメモ

|

2008.10.05

医事関係訴訟事件の終局区分別既済件数及びその割合(裁判所)

医事関係訴訟事件の終局区分別既済件数及びその割合(裁判所)
http://www.courts.go.jp/saikosai/about/iinkai/izikankei/toukei_02.html

平井利明のメモ

@niftyクリップに追加

|

2008.10.04

二条城にて

二条城にて
思っていたより広い

追記)
何度この前を通ったことだろう、
数百になるのだろうう。
でも入ったことがなかった世界遺産。
今日、その日が来た。
思いの外、落ち着いた建物で、よかった。
(なお建物内は撮影禁止)


Dvc00256

    Dvc00253

           Dvc00249

 Dvc00247

  Dvc00244

                                 Dvc00243

 Dvc00240

                 Dvc00239

     Dvc00237

| | コメント (0) | トラックバック (0)

同期の集まり

昨夜は
仕事関係の同期の集まり。
良いものですね。
昔話?に花が咲いて(笑)

そのあと
テンにおじゃま。
今宵は女将もいらっしゃいました。
ブロキャの女優さんと
吉本新喜劇の俳優さんと
放送局の方もいらっしゃいましたね。
全く知らない世界の人の人に会うというのも
面白いものですね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

地裁民事第一審通常訴訟事件・医事関係訴訟事件の認容率(裁判所)

地裁民事第一審通常訴訟事件・医事関係訴訟事件の認容率(裁判所)
http://www.courts.go.jp/saikosai/about/iinkai/izikankei/toukei_03.html

要するに,医療訴訟,医療事件訴訟,医療過誤訴訟と言われるものの勝訴率,敗訴率ということになるが,ある意味表面的な数字でもある。
実質的な意味での勝訴率や敗訴率というものは,色々と検討を要する要素があることに留意しなければならない。

平井利明のメモ

|

2008.10.03

平成20年06月12日名古屋高等裁判所判決(住民訴訟における弁護士報酬について)

平成19(ネ)929弁護士報酬等請求控訴事件
平成20年06月12日名古屋高等裁判所民事第1部判決 

原審
名古屋地方裁判所   
平成18(ワ)3715

判示事項の要旨
名古屋市の住民である1審原告らが,名古屋市が発注した公共工事の指名競争入札について談合が行われたなどと主張して,上記工事を受注した建設会社等に対して住民訴訟を提起し,同訴訟において,上記建設会社等に対して損害賠償金の支払を命じる判決が確定したので,名古屋市に対し上記住民訴訟に要した弁護士報酬額の範囲内で相当と認められる額の支払を請求したところ,これを一部認容した原判決が維持された事例

http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?action_id=dspDetail&hanreiSrchKbn=04&hanreiNo=36588&hanreiKbn=03

判決文(裁判所サイト)
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20080708125907.pdf

平井利明のメモ

|

2008.10.02

「産科医療補償制度」分娩機関の加入状況(9月30日時点)(日本医療機能評価機構)

「産科医療補償制度」分娩機関の加入状況(9月30日時点)
財団法人日本医療機能評価機構産科医療補償制度運営部
http://www.sanka-hp.jcqhc.or.jp/pdf/080930kanyujoukyo.pdf

病院・診療所の加入率  89.5%
助産所の加入率      79.5%

なお
「産科医療補償制度ホームページ」(10月1日に開設されている)
http://www.sanka-hp.jcqhc.or.jp/

平井利明のメモ

|

産科医療補償制度の加入分娩機関の一覧(日本医療機能評価機構)

産科医療補償制度の加入分娩機関の一覧
財団法人日本医療機能評価機構産科医療補償制度運営部
http://www.sanka-hp.jcqhc.or.jp/organization/

なお
「産科医療補償制度ホームページ」(10月1日に開設されている)
http://www.sanka-hp.jcqhc.or.jp/

平井利明のメモ

|

こんな時間もたまには

こんな時間もたまには


(笑)?

@携帯より


| | コメント (0) | トラックバック (0)

今宵は息抜き

今宵は息抜き
最後はテンにて(笑)

最近チョイトハードでまた明日からでなく今日から頑張ります。


@携帯より

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.10.01

最高裁判所判例集(裁判所)

最高裁判所判例集検索画面
http://www.courts.go.jp/search/jhsp0010?action_id=first&hanreiSrchKbn=02

平井利明のメモ

|

平成20年09月30日最高裁判所第一小法廷決定(証拠開示決定関連)

平成20(し)338証拠開示決定に対する即時抗告棄却決定に対する特別抗告事件
平成20年09月30日最高裁判所第一小法廷決定

原審
東京高等裁判所平成20年08月19日決定   
平成20(く)413

裁判要旨
警察官が私費で購入したノートに記載していた取調べメモについて,捜査の過程で作成され,公務員が職務上現に保管し,かつ,検察官において入手が容易な証拠に該当するものであり,また,弁護人の主張と一定の関連性が認められ,開示の必要性も肯認することができないではないなどとして,証拠開示を命じた判断が是認された事例

http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?action_id=dspDetail&hanreiSrchKbn=02&hanreiNo=36857&hanreiKbn=01

決定書(裁判所サイト)
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20081001161151.pdf

平井利明のメモ

|

尾道の夜の海

尾道の夜の海
打ち合わせの効果が現れますように。


@携帯より

| | コメント (0) | トラックバック (0)

台風の影響を心配したが

台風の影響を心配したが
晴天なり


@福山駅にて


尾道への途上。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »