« 椿姫 by ANNA NETREBKO | トップページ | 日本意匠分類・Dターム検索(特許電子図書館) »

2008.10.12

ねんきん特別便(司法修習経験者についての注意点)

 「ねんきん特別便」が社会保険庁から届いた。
 内容を確認すると,司法修習時代の記録が欠落していることが分かった。その頃は,最高裁判所司法研修所における司法修習生となることから,裁判所の共済組合に加入していたことになる(毎月天引きされていた)。
 先日,同期の者達と飲む機会があり,その際にこのことを話すと,皆欠落していたとのこと(但し,確認を良く行っていない人もあり・・・・)。
 「ねんきん特別便」には平成8年以前に退職した共済組合等は反映されていない可能性がある旨の指摘がなされてはいるが,実際にそのとおりのようだ。
 同期の者が調べたところ,司法修習生は「裁判所共済組合最高裁判所支部」に属していたことになっていたようだ。
 最高裁判所が「支部」というのは他にはなかなか無いようにも思え,この点皆の笑いをさそうことにはなったのだが。欠落していることについては笑えることではない。
 裁判所共済が,社会保険庁に対して過去の情報提供を適切に行っていないのか,それとも社会保険庁が受け取っていたにもかかわらず適切に処理をしていなかったのか。
 いずれにせよ,上記のような欠落を見落として,「もれ」や「間違い」がない旨の回答を送ってしまった者もあるので,気が付かない者も少なくないのかもしれない。

注意:
少なくとも平成8年以前に司法修習を終え,その後裁判官以外の道を進まれた方は「ねんきん特別便」の内容をよく確認する必要がある。

ねんきん特別便のサイト
http://www.sia.go.jp/top/kaikaku/kiroku/tokubetsubin/index.html

平井利明のメモ

|

« 椿姫 by ANNA NETREBKO | トップページ | 日本意匠分類・Dターム検索(特許電子図書館) »

法律関連」カテゴリの記事