« ベルリンフィルのブラームス | トップページ | 奈良公園のもみじ »

2008.11.30

平成20年09月11日東京地方裁判所民事第14部判決(医療事件:請求棄却)

平成19(ワ)17135損害賠償請求
平成20年09月11日東京地方裁判所民事第14部判決
http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?action_id=dspDetail&hanreiSrchKbn=04&hanreiNo=36827&hanreiKbn=03

判決文(裁判所サイト)
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20080922104429.pdf

事案の概要
「平成10年4月13日から,被告の開設する病院の呼吸器内科の医師の外来診療をおよそ1か月に1度程度継続的に受診してきたところ,平成18年3月30日に上記病院の消化器内科で受診し,同年4月8日に胃癌の確定診断を受け,同年6月2日に死亡した亡D(死亡当時85歳の女性)の相続人である原告らが,亡Dが死亡したのは,被告病院呼吸器内科の医師において,亡Dが胃腸の癌の早期発見を再三依頼し,また平成17年夏ころからは胃部の変調も訴えていたにもかかわらず,胃癌の早期発見に必要な胃X線検査などの実施を怠ったためであるなどとして,被告に対し,診療契約の債務不履行ないし不法行為に基づき,それぞれ2488万0329円の損害賠償及びこれに対する訴状送達の日の翌日である平成19年7月26日から民法所定の年5分の割合による遅延損害金の支払を求めている事案」

主文
1 原告らの請求を棄却する。
2 訴訟費用は原告らの負担とする。

平井利明のメモ

|

« ベルリンフィルのブラームス | トップページ | 奈良公園のもみじ »

医事関連」カテゴリの記事

裁判例」カテゴリの記事