« 中丸美繪著「オーケストラ、それは我なり」朝比奈隆四つの試練 | トップページ | 雨のあと »

2008.11.23

平成20年09月17日高松高等裁判所第4部判決(学校事故関連)

平成18(ネ)97損害賠償請求控訴事件
平成20年09月17日高松高等裁判所第4部判決 
http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?action_id=dspDetail&hanreiSrchKbn=04&hanreiNo=36839&hanreiKbn=03

判決文(裁判所サイト)
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20080929181910.pdf
別紙1
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20080929133655-1.pdf
別紙2
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20080929133708-2.pdf

事案の概要
本件は,被控訴人学校法人Y1学校(以下「被控訴学校」という。)の設置するA高校(以下「A高校」という。)に在籍し,サッカー部に所属していた控訴人X1が,平成8年8月13日,同校の課外のクラブ活動の一環として大阪府高槻市で開催されたサッカー競技大会である「第10回Bフェスティバル」(以下「本件大会」という。)に参加していた際に出場した試合の開始後間もなく落雷を受けた事故に関し,同校サッカー部の引率者兼監督であったC教諭(以下「C教諭」という。)及び上記大会の主催者であった被控訴人財団法人Y2協会(以下「被控訴協会」という。)の担当者には落雷を予見して回避すべき安全配慮義務を怠った過失があるなどとして,同控訴人の母である控訴人X2及び兄である控訴人X3とともに,被控訴人らに対し,債務不履行又は不法行為(民法715条の使用者責任)に基づき,損害賠償を請求する事案

主文
1 本件控訴及び差戻後の当審における請求の拡張に基づき,原判決中,被控訴人らに係る部分を次のとおり変更する。
(1) 被控訴人らは,控訴人X1に対し,連帯して3億0014万6123円及びこれに対する平成8年8月13日から支払済みまで年5分の割合による金員を支払え。
(2) 被控訴人らは,控訴人X2に対し,連帯して495万円及びこれに対する平成8年8月13日から支払済みまで年5分の割合による金員を支払え。
(3) 被控訴人らは,控訴人X3に対し,連帯して192万5000円及びこれに対する平成8年8月13日から支払済みまで年5分の割合による金員を支払え。
(4) 控訴人らのその余の請求(差戻後の当審における拡張請求を含む。)をいずれも棄却する。
2 訴訟の総費用はこれを2分し,その1を控訴人らの負担とし,その余を被控訴人らの負担とする。
3 この判決は,第1項(1)ないし(3)に限り,仮に執行することができる。

平井利明のメモ

|

« 中丸美繪著「オーケストラ、それは我なり」朝比奈隆四つの試練 | トップページ | 雨のあと »

裁判例」カテゴリの記事