« 継続研修履修義務 | トップページ | 変わらぬ声 »

2008.11.26

平成20年11月07日最高裁判所第二小法廷判決(痴漢事件の審理不尽)

平成19(受)1878損害賠償請求事件
平成20年11月07日最高裁判所第二小法廷判決

【破棄差戻し】

原審
東京高等裁判所平成19年08月29日判決   
平成18(ネ)2482

裁判要旨
痴漢の虚偽申告を理由とするXのYに対する損害賠償請求訴訟において,目撃者が見付からない場合に,これに準ずる立場にある者の証人尋問を実施せず,Yの供述の信用性を肯定して,Xが痴漢行為をしたと認めた原審の判断に違法があるとされた事例
http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?action_id=dspDetail&hanreiSrchKbn=02&hanreiNo=37001&hanreiKbn=01

判決文(裁判所サイト)
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20081107155057.pdf

平井利明のメモ

|

« 継続研修履修義務 | トップページ | 変わらぬ声 »

裁判例」カテゴリの記事