« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

2008.12.31

2008年の大晦日

2008年の大晦日
大掃除


そして実家にて
年越しそば

2008年も間もなく終わる。
皆様良いお年をお迎え下さいませ。

@携帯より

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.12.30

餅つき

今日の目的は
これ。

   Img_4483

               Img_4493

                   Img_4501

   Img_4490
つきたてのお餅はとてもとても美味しい。

       Img_4502

| | コメント (0) | トラックバック (0)

臘梅

臘梅
ろうばい

何と読むんだ???

あたふた・・・・
そんなときは
  狼狽。。
                      
                               Img_4518


           Img_4521


| | コメント (0) | トラックバック (0)

食卓

食卓

携帯電話の「色鉛筆機能」を使ってみた。
なかなかの雰囲気。


昨日は午後1時頃からアルコールの日。
寝たのは4時頃・・・・なのだろう。
(昨日の投稿が、午前4時26分なのでそれ以後に寝たのだろう・・・・・ほぼ記憶無し・・・)

今日はさすがにお酒は遠慮したかったが
・・・・・・・・
美味しいお酒ではありました(佐渡のお酒)。
でも、
もうイッパイいっぱい。
(一杯では済みません。。。。何杯いただいたかな・・・・苦笑)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

刈田

刈田

     Img_4524

                         Img_4528


| | コメント (0) | トラックバック (0)

お帰りなさいなさいませ

なのかな?

   Dvc00164


               Img_4469

                               Img_4472


その実
もっと
早く帰ってきなさい
なのだろう
   。。。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.12.29

仕事納

事務所の仕事納めは先週末。
しかし,週末の1日は,思う仕事の一部を終え。
今日は,務めている役員の役員会を終え。
今日は公の場(?)での仕事納め。

平井利明のメモ

|

2008.12.28

冬の様子

冬の様子

@携帯より

残った仕事を片づけに・・・・・・・(苦笑)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.12.27

医師確保のための実態調査(日本医師会総合政策研究機構)

日医総研ワーキングペーパー
医師確保のための実態調査(日本医師会総合政策研究機構)
No. 178
2008 年12 月9 日
日本医師会総合政策研究機構(日医総研)
http://www.jmari.med.or.jp/research/dl.php?no=388

平井利明のメモ

|

仕事納の多い日

仕事納の多い日
まあ

こんな日ぐらいは
盛況に


タクシーを待つ人多し。
そんななか,タクシー待ち場で待っていると,多くのタクシーは,道に出て止めようとしている人々を乗せて去っていくが,中には,そのような人たちには目もくれずに,タクシー待ち場に来てくれるタクシーもあり。

うれしい気遣い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.12.26

箕面はみぞれ

箕面はみぞれ

@携帯より


一仕事完了。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

民法(債権法)改正に関する研修会(大阪弁護士会)

昨日は午後3時から午後5時まで
大阪弁護士会2階大ホールにて
法務省経済関係民刑基本法整備推進本部参与
民法(債権法)改正検討委員会事務局長
(前東京大学大学院法学政治学研究科教授)
内田貴先生による
「民法(債権法)改正について」

1.これまでの経緯と今後のスケジュール
2.改正の必要性と改正の論点
 1)「市民(国民)のための民法」の必要性
 2)現代化の必要性
   契約のコンセプト
     契約交渉過程の義務
   過失責任主義
     損害賠償・解除
   売主の担保責任
     契約責任の明確化
   債権譲渡法制
   典型契約
     サービス(役務提供)契約
     ファイナンスリース
   消滅時効
   一人計算
3.再法典化の必要
   商行為法
   消費者契約法
   その他(労働契約法・借地借家法等)
4.統一化への発信の必要性
という主な項目について力の入ったご講演であった。
興味深く拝聴させて頂いた。

改正の必要性を裏付ける一つの理由である,「条文を読めば一般人でもだいたいわかるということの必要性」
これは私もかねてから思っていることである。
殆どの法律は,読めばだいたいの内容はわかる(テクニカルすぎてわからないものも少なくないが)。
しかし,誤解を生むことを覚悟して言うならば,歴史が古く且つ研究者が多い法律(それだけに重要ということでもあって研究対象と成りやすいということでもある)ほど,条文を読んでも分からないものとなっている。文理と実際の適用内容に乖離がありすぎる。民法もその例に属する。
しかしながら基本的でかつ生活に密着する法律であれば,誰が読んでもほぼ同じ内容が導かれるものでなければおかしい。明らかに文理から乖離するような運用がまかり通っている生活密着の法律を放置しておくこと事態,不適切なことと言わなければならない(政治的背景が絡む法律は考えるべき特殊な事情があるのでそれは別論といわざるをえないが)。
民事訴訟法の改正の際には,(それ以前には,基本法の大改正がなかったためやむを得ない部分はあるが),解釈がほぼ固まっているにもかかわらず,文理との乖離がある部分の修正が放置された部分が少なからずあった。このことは非常に残念だった。
今度の債権法の改正において,そのあたりがどの程度満足されるものに至るのだろうか。興味深い。

改正部分の細かい話については,末尾のサイトでチェックする方が妥当だと思うのであまり示さないが,「商人」概念の適性がほぼ妥当でないとされてしまっている昨今,消費者契約法におけるような「事業者」概念が「商人」概念に代わるものとして登場しそうだ。我が国における契約の殆どは事業者間あるいは事業者と非事業者(=消費者?)間の契約であって非事業者間での契約はあまり無いことを考えると,事業者概念は重要な位置づけを持つこと意成るのだろう。

また,契約によって何事も決定する(例えば,損害賠償の範囲等・・・・)ということが重視されるようだが,何事をも決定しようとしない人が少なくないように思えることを考えると,実際における運用として大丈夫なのだろうかとも感じられる(思うところは多いが,とりあえずここでは置く)。

民法の債権法という基本法の中の実社会に大きな影響を与える部分に関する事柄だけに考えるネタには尽きない。
今後,色々な議論が出されてくるのだろうが,その意見において我が国の実情が見えても来るのだろう。

「民法(債権法)改正検討委員会」
Japanese Civil Code (Law of Obligations)
Reform Commission
http://www.shojihomu.or.jp/saikenhou/

平井利明のメモ

|

パフェはいかが?

  Img_4324

      Img_4332

Img_4348 Img_4358
   
先日の天皇誕生日(12月23日)には
食品サンプルの工場見学
そこでパフェを
もちろん一から作れば凄いが
時間も技量も不十分故に
出来ている材料を組み合わせるのというもの。
そのような比較的簡単なものでも
出来上がると
結構、嬉しい。

なお
当初は、テレビでよく見かけるレタス等を作ってみたいと思っていたのだが
あれは「ロウ」を用いて行っているとのこと。
また、天ぷらなども同様らしい。
現在は、原材料に「ロウ」を用いることは殆どないようで、プラスチック素材を用いるとのこと。
そのため「ロウ」の場合とは作り方も異なるとのこと。
なお、プラスチック素材は最近のものは色彩感も多様なものがあって便利なようだ。
それでも手間がかかることにかわりなく、ある程度の数量がまとまったオーダーの方が経済的で、一つのサンプルを作るということは不経済のようだ。
色々な話も聞かせてもらい、なかなか面白い一時でした。

その後は
久々の
Img_4345
ボーリング大会。
ガーターなしのレーンということもあり(笑)、まずまずのスコアでトップ賞!

その後は、皆で食事。

盛りだくさんの1日。

  かつて沖縄で作ったシーサーと
    Img_4361

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.12.25

クリスマスももう

クリスマスももう

クリスマスももう
三越跡地に建築中の高層マンション

@携帯より

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平成20年10月22日仙台地方裁判所第3民事部判決(女児の基礎収入について)

平成19(ワ)1985損害賠償請求事件
平成20年10月22日仙台地方裁判所第3民事部判決 

判示事項の要旨
交通事故により死亡した2歳の女子の逸失利益を算定するに当たって,事故当時みられた男女の賃金格差が将来どの時点で解消されるかを予想するのは不可能であるとして,賃金センサスによる男女別平均賃金を基礎収入とみるのが相当であると判断した事例
http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?action_id=dspDetail&hanreiSrchKbn=04&hanreiNo=36991&hanreiKbn=03

判決文(裁判所サイト)
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20081112084416.pdf

平井利明のメモ

|

天孫神社にて

天孫神社にて
小雨あり


大津にて


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.12.24

クリスマス会atHome

Img_4301

       Img_4305
                       Img_4363

  Img_4375

雰囲気は良さそうだが
その実、
ドンブリに
茶碗蒸しに
キムチに・・・・・・・
というメニューでのご飯を食べるだけのクリスマス会(笑)

そして
ケーキも当初は要らないかな。。。。。
といいつつ
やはり、無いとねえと思い急遽、購入。
しかし、人気のケーキ屋は長蛇の列。
凄いね。
並ぶのは大変なので。
空いている店で(笑)
でも、美味しかったですよ。

         Img_4377


| | コメント (0) | トラックバック (0)

メリークリスマス

メリークリスマス
淀屋橋界隈はカップルの波(笑)

@携帯より

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平成20年09月30日高松高等裁判所第4部判決

平成19(ネ)312損害賠償請求控訴事件
平成20年09月30日高松高等裁判所第4部判決 

原審
松山地方裁判所   
平成17(ワ)68
http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?action_id=dspDetail&hanreiSrchKbn=04&hanreiNo=36912&hanreiKbn=03

判決文(裁判所サイト)
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20081016121220.pdf
事案の概要
「偽造領収書の作成を手段とした愛媛県警察における捜査費等不正支出問題について記者会見を行った同警察警察官である被控訴人が,上司らにより違法に記者会見を妨害され,記者会見を行ったことに対する報復目的で違法にけん銃保管,配置換え及び勤勉手当の減額の処置を受けたと主張して,控訴人に対し,国家賠償法1条1項に基づき,慰謝料100万円の支払を求めた事案」

平井利明のメモ

|

2008.12.23

大学病院における周産期医療体制等の調査結果について(文部科学省)

大学病院における周産期医療体制等の調査結果について
http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/20/12/08120506.htm

平井利明のメモ

|

まあ今年最後かイロイロと

まあ今年最後かイロイロと
お初となるイズムの香織さんとイケメンの新人さん

ウマさんとワインの方
まあ
色使いには方程式があるそうな。
また当然のことながら個性はさらにそれを越えたところにあるそうで。

奥は深い。
またそんな話に触れると面白い。


帰りのタクシー内から窓の外を眺めると
途中
タクシーを求めて集まる人々。
いつもは客待ちの車で溢れているのだが
年末に近い休みの日ともなると,人が町に繰り出すのだろう。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.12.22

平成20年09月30日名古屋高等裁判所民事第4部(ペットに関する損害について)

平成20(ネ)483損害賠償請求控訴事件
平成20年09月30日名古屋高等裁判所民事第4部 

原審
名古屋地方裁判所   
平成19(ワ)1995

判示事項の要旨
1 交通事故によりペットである犬が負傷した場合において,治療費,慰謝料等を損害として認めた事例
2 車に同乗させていた犬が交通事故により負傷した場合において,犬用シートベルトなど動物の体を固定するための装置を装着させるなどの措置を講じていなかったことを理由に過失相殺を認めた事例
http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?action_id=dspDetail&hanreiSrchKbn=04&hanreiNo=36950&hanreiKbn=03

判決文(裁判所サイト)
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20081029110404.pdf
別紙1
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20081104172053-1.pdf

主文第1項
原判決中,控訴人ら(注:控訴人は2名のようである)に対し,それぞれ,26万6425円及びこれに対する平成17年9月25日から支払済みまでの年5分の割合による金員を超えて金員の支払を命じた部分を取り消す。

<治療費,入院雑費,介護用具代,雑費その他(慰謝料,弁護士費用以外のもの)について>
「F(注:ペットである犬を示す,以下同様)が傷害を負ったことによる損害の内容及び金額は,Fが物(民法85条)に当たることを前提にして,これを定めるのが相当である。このことは,前示(原判決書記載)のとおり,被控訴人らが,Fを我が子のように思って愛情を注いで飼育していたことによって,左右されるものではない。
ところで,一般に,不法行為によって物が毀損した場合の修理費等については,そのうちの不法行為時における当該物の時価相当額に限り,これを不法行為との間に相当因果関係のある損害とすべきものとされている。
しかしながら,愛玩動物のうち家族の一員であるかのように遇されているものが不法行為によって負傷した場合の治療費等については,生命を持つ動物の性質上,必ずしも当該動物の時価相当額に限られるとするべきではなく,当面の治療や,その生命の確保,維持に必要不可欠なものについては,時価相当額を念頭に置いた上で,社会通念上,相当と認められる限度において,不法行為との間に因果関係のある損害に当たるものと解するのが相当である。
(中略)
Fに対する当面の治療や,その生命の確保,維持に必要不可欠な費用のうち,時価相当額(前示の購入代金額を下回っているか,仮に,そうでないとしても,これを大きく上回ることはないものと推認できる。)を念頭に置いた上で,社会通念上,相当と認められる限度を検討すると,(中略)
なお,被控訴人らは,Fの治療のために支出した費用は,動物愛護法に適合するものであるから,その全額を本件事故との間に相当因果関係のある損害として認めるべきであると主張するが,動物愛護法の点は,本件事故との間に相当因果関係のある損害の内容,額を定めることとは別個の問題であるから,被控訴人らの主張は,採用できない。」

<慰謝料について>
「近時,犬などの愛玩動物は,飼い主との間の交流を通じて,家族の一員であるかのように,飼い主にとってかけがえのない存在になっていることが少なくないし,このような事態は,広く世上に知られているところでもある(公知の事実)。そして,そのような動物が不法行為により重い傷害を負ったことにより,死亡した場合に近い精神的苦痛を飼い主が受けたときには,飼い主のかかる精神的苦痛は,主観的な感情にとどまらず,社会通念上,合理的な一般人の被る精神的な損害であるということができ,また,このような場合には,財産的損害の賠償によっては慰謝されることのできない精神的苦痛があるものと見るべきであるから,財産的損害に対する損害賠償のほかに,慰謝料を請求することができるとするのが相当である。
これを本件についてみるに,前示のとおり,子供のいない被控訴人らは,Fを我が子のように思って愛情を注いで飼育していたものであり,Fは,飼い主である被控訴人らとの交流を通じて,家族の一員であるかのように,被控訴人らにとってかけがえのない存在になっていたものと認められる。ところが,Fは,本件事故により後肢麻痺を負い,自力で排尿,排便ができず,日常的かつ頻繁に飼い主による圧迫排尿などの手当てを要する状態に陥ったほか,膀胱炎や褥創などの症状も生じているというのである(被控訴人ら各本人)。このようなFの負傷の内容,程度,被控訴人らの介護の内容,程度等からすれば,被控訴人らは,Fが死亡した場合に近い精神的苦痛を受けているものといえるから,(中略),慰謝料を請求することができるというべきである。そして,慰謝料の金額については,Fの負傷の内容,程度,被控訴人らの介護の内容,程度等その他本件に現れた一切の事情を総合すると,被控訴人らそれぞれにつき,20万円ずつとするのが相当である。」

過失割合1割

平井利明のメモ

|

今日はちと寒いね

今日はちと寒いね
千里中央にて

@携帯より

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ようおいんなぁ

ようおいんなぁ
ようこそいらっしゃっしゃいました。

意味らしい。

大津にて

@携帯より

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.12.21

結局SH-01Aに

Img_4267

昨日,機種変更に。
SH-03Aを狙っていたが
タッチパネルが今ひとつで
また
画面も小さい等々

ということで
SH-01Aに心変わり。


追記)12月22日

SH903からの買い換えなので,使い方の要領はある程度わかる。
しかし,多少手のかかる操作が増えたか。

903で使うことの出来たリンクケーブルが使えなくなった。
(ドライバの読み込みが何度やっても出来ない)
そのためドコモの純正品を購入してきたところ,ドライバを読み込むようになった(しかし,この純正品図体がでかくて持ち運びに不便)。
Img_4309

この結果,903のデータを「データリンク(datelink)」ソフト経由でSH-01Aに移行させることが出来た。
「ドコモケータイdatalink」
メール等を移行できたことは助かる。また,ケイタイで撮った写真をPCに移行させることも容易に。
(リンクケーブルは便利ですよ)

写真はCCDを用いているだけあってかなりきれいに写ります。
ただし,暗い場所で撮影するとノイズが目立つ等,やはりそれなりのデジタルカメラには及ばない点はありますが,電話でここまで綺麗に撮れればまずは満足できるところ。

指紋認証は,グレードアップしているのでしょうがそれでも使いづらい・・・
すぐにやめてしまいました。

ワンセグ対応なのでテレビがみれますが,そのためイヤホン等は必需品(電車で,イヤホンも着けずに,音を出している人は,どんな感覚をしているのやら・・・・)。
しかし,イヤホンジャックの形状が変更されている(受電のためのジャックと共用になっている)ため,従来型のものでは使えない。そのためアダプターが必要。
Img_4308
普通のイヤホン等と,従来型の平型の端子を接続する端子が設けられている。

データリンクケーブルやイヤホンのためのアダプターは,
(純正品以外に)対応する製品が出ているのかどうかについては不明(私が訪ねた量販店お方も???の状態だった)。純正品は間違いなく対応するが,ドコモショップでしか純正品は買えないようなので,この点も注意が必要か。

住所録は,検索が非常に便利になった(但し,更に頭からの検索だけでなく,全文検索であればなお便利),反面グループで表示される機能がなくなったことは残念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「新振替制度における株式担保取引の事務フロー(公表資料)」について(全国銀行協会)

「新振替制度における株式担保取引の事務フロー(公表資料)」について
平成20年12月16日
http://www.zenginkyo.or.jp/news/2008/12/16150000.html

新振替制度における株式担保取引の事務フロー(公表資料)について
http://www.zenginkyo.or.jp/news/entryitems/news201216.pdf

平井利明のメモ

|

今年最後の京都

今年最後の京都
今年も仕事だけで良く来ました(笑)

@新携帯よりお初の投稿

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.12.20

明日はリーガルクリニックⅠ(立命館大学法科大学院)京都での3回目in2008

立命館大学ロースクールのカリキュラムの一つ。
「リーガルクリニックⅠ」(無料法律相談)

場所:
立命館大学朱雀キャンパス1F
リーガルクリニック室

日時:
12月21日(日)10:00~17:00 [完全電話予約制]

詳細は次のサイトを(立命館大学法科大学院のサイト)
http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/hoka/index.htm

平井利明のメモ

|

2008.12.19

上場廃止等の決定について-ダイア建設(株)-(東京証券取引所)

ダイア建設株式会社 株式
(コード:8858、市場区分:市場第二部)

「上場廃止理由 有価証券上場規程第601条第1項第7号(破産手続、再生手続又は更生手続)前段(上場会社が法律の規定に基づく会社の破産手続、再生手続若しくは更生手続を必要とするに至った場合)に該当するため
(注)ダイア建設株式会社は、本日開催の取締役会において、民事再生手続開始の申立てを行うことを決議しました。」
とのこと

平成20年12月19日

http://www.tse.or.jp/news/200812/081219_c.html


因みに,ダイア建設によるプレスリリース
「当社の民事再生手続開始の申立てに関するお知らせ」
http://ir.nikkei.co.jp/irftp/data/tdnr1/tdnetg3/20081219/5f0eaf/140120081219043639.pdf
「当社は、本日平成20 年12 月19 日開催の取締役会において、民事再生手続開始の申立を行うことを決議し、東京地方裁判所に民事再生手続開始の申し立てを行い受理され、直ちに同裁判所から保全処分命令(弁済禁止処分)と監督命令が発せられました」
とのこと

またもや上場企業。
苦境の連鎖が早々に終結することを期待したいのだが。

平井利明のメモ

|

電子渡航認証システム(ESTA)(在日米国大使館)(手続きしないと飛行機等に乗れないことに)

「米国国土安全保障省(DHS)は8月1日より、電子渡航認証システム(Electronic System for Travel Authorization: ESTA)を開始した。この新しいオンラインシステムは、ビザ免除プログラム(VWP)の一部である。現在、ESTAのウェブサイトでは任意ので申請を受付けているが、2009年1月12日からは申請が義務化され、米国に短期商用・観光目的(90日以下)で渡航予定のVWP参加国のすべてのビザなし渡航者は、米国行きの航空機や船舶に搭乗する前にオンラインで渡航認証を受けることが必要になる。」
「留意事項:ESTAサイトの日本語版は利用できます。全ての回答は英語で入力してください。」
とのこと。
http://japan.usembassy.gov/j/visa/tvisaj-esta2008.html

ESTA電子渡航認証システムについてのQ&A
http://japan.usembassy.gov/j/visa/tvisaj-estageneralfaq.html

なお報道によれば
「テロリストの入国防止が目的で、米国は搭乗72時間前までの手続きを求めている。航空各社は出発時間までに承認を得ていない客は乗せない方針で、ESTAを知らず搭乗できない客が出て混乱する恐れもある。」
とのこと。
(2008年12月18日(木)15時32分配信 毎日新聞)
http://news.nifty.com/cs/headline/detail/mainichi-2008121800e059/1.htm

平井利明のメモ

|

2008.12.18

下請法(下請代金支払遅延等防止法)違反行為を自発的に申し出た親事業者の取扱いについて(公正取引委員会)

下請法違反行為を自発的に申し出た親事業者の取扱いについて
平成20年12月17日
公正取引委員会

http://www.jftc.go.jp/pressrelease/08.december/081217.pdf

下請代金支払遅延等防止法違反行為の自発的な申出が親事業者からなされ,
かつ,
次のような事由が認められた場合
1 公正取引委員会が当該違反行為に係る調査に着手する前に,当該違反行為を自発的に申し出ている。
2 当該違反行為を既に取りやめている。
3 当該違反行為によって下請事業者に与えた不利益を回復するために必要な措置(注)を既に講じている。
4 当該違反行為を今後行わないための再発防止策を講じることとしている。
5 当該違反行為について公正取引委員会が行う調査及び指導に全面的に協力している。
には,
下請代金支払遅延等防止法7条に基づく,「下請事業者の利益を保護するために必要な措置を採ることの勧告」をしない
とのこと。

平井利明のメモ

|

2008.12.17

労働者派遣契約の中途解除等への対応について(厚生労働省)

労働者派遣契約の中途解除等への対応について
平成20年12月10日
http://www.mhlw.go.jp/houdou/2008/12/h1210-3.html

労働者派遣契約の中途解除等への対応について(厚生労働省)
全体:http://www.mhlw.go.jp/houdou/2008/12/dl/h1210-3a.pdf

労働者派遣契約の中途解除等への対応について
http://www.mhlw.go.jp/houdou/2008/12/dl/h1210-3b.pdf
いわゆる「派遣切り」と「解雇」との関係
http://www.mhlw.go.jp/houdou/2008/12/dl/h1210-3c.pdf
派遣労働者と期間工
http://www.mhlw.go.jp/houdou/2008/12/dl/h1210-3d.pdf
参照条文
http://www.mhlw.go.jp/houdou/2008/12/dl/h1210-3e.pdf
労働者派遣契約の中途解除等への対応について通達
http://www.mhlw.go.jp/houdou/2008/12/dl/h1210-3f.pdf

平井利明のメモ

|

平成20年度大学等卒業予定者の就職内定状況調査(10月1日現在)について(文部科学省)

平成20年度大学等卒業予定者の就職内定状況調査(10月1日現在)
平成20年12月16日
http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/20/12/08121510.htm

「次回は、平成20年12月1日現在の状況を平成21年1月中旬頃に取りまとめの上、公表予定」
とのこと。

平井利明のメモ

|

2008.12.16

平成20年12月16日最高裁判所第三小法廷判決(民事再生手続開始申立てがあったことを契約の解除事由とする旨の特約の有効性)

平成19(受)1030動産引渡等請求事件
平成20年12月16日最高裁判所第三小法廷判決

原審
東京高等裁判所   
平成16(ネ)3679
平成19年03月14日

裁判要旨
いわゆるフルペイアウト方式によるファイナンス・リース契約中の,ユーザーについて民事再生手続開始の申立てがあったことを契約の解除事由とする旨の特約は,無効である
http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?action_id=dspDetail&hanreiSrchKbn=02&hanreiNo=37102&hanreiKbn=01

判決文(裁判所サイト)
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20081216142118.pdf

判決文より
「上告人が,民事再生手続開始の申立てがあったときは契約を解除できる旨を定めた特約に基づいてファイナンス・リース契約を解除したとして,同契約上の地位を承継した被上告人に対し,上記解除の日の翌日からリース物件返還の日又は返還不能となった日までのリース料相当額の損害金の支払を求める事案」

「本件リース契約には,ユーザーについて整理,和議,破産,会社更生などの申立てがあったときは,リース業者は催告をしないで契約を解除することができる旨の特約(以下「本件特約」という。)が定められている。民事再生手続開始の申立てがあったことも,本件特約に定める解除事由に含まれると解される。」
「本件リース契約は,いわゆるフルペイアウト方式のファイナンス・リース契約であり,本件特約に定める解除事由には民事再生手続開始の申立てがあったことも含まれるというのであるが,少なくとも,本件特約のうち,民事再生手続開始の申立てがあったことを解除事由とする部分は民事再生手続の趣旨,目的に反するものとして無効と解するのが相当である」
「民事再生手続は,経済的に窮境にある債務者について,その財産を一体として維持し,全債権者の多数の同意を得るなどして定められた再生計画に基づき,債務者と全債権者との間の民事上の権利関係を調整し,債務者の事業又は経済生活の再生を図るものであり(民事再生法1条参照),担保の目的物も民事再生手続の対象となる責任財産に含まれる。
「ファイナンス・リース契約におけるリース物件は,リース料が支払われない場合には,リース業者においてリース契約を解除してリース物件の返還を求め,その交換価値によって未払リース料や規定損害金の弁済を受けるという担保としての意義を有するものである」
「同契約において,民事再生手続開始の申立てがあったことを解除事由とする特約による解除を認めることは,このような担保としての意義を有するにとどまるリース物件を,一債権者と債務者との間の事前の合意により,民事再生手続開始前に債務者の責任財産から逸出させ,民事再生手続の中で債務者の事業等におけるリース物件の必要性に応じた対応をする機会を失わせることを認めることにほかならないから,民事再生手続の趣旨,目的に反することは明らかというべきである。」

裁判官田原睦夫の補足意見がある。
「本件では,いわゆるフルペイアウト方式によるファイナンス・リース契約がその対象とされているが,同契約の意義について実務法曹の間で若干の誤解が見受けられるので,その点について補足的に意見を述べるとともに,いわゆる倒産申立て解除条項と弁済禁止の保全処分との関係について,一応の私見を述べておくこととしたい。」
とのこと。
なお,裁判官田原睦夫の「倒産申立て解除条項と弁済禁止の保全処分との関係について」の私見の部分は次の通りである。
「法廷意見では,民事再生手続開始の申立てがあったことを解除事由とする特約の効力を否定すべきものとしているが,民事再生手続のその後の手続の流れとリース業者の権利の行使の関係について,若干補足する。
まず,本判決の結論は,再生債務者がリース料金を滞納した場合のリース契約の解除の可否には,当然ながら何らの影響を及ぼすものではない。再生債務者がリース料金を滞納していれば,リース業者は,その債務不履行を理由としてリース契約を解除することができるのは当然である。また,一般に,リース契約では,ユーザーが倒産手続開始の申立てをした場合,ユーザーは,リース料金についての期限の利益を失い,直ちに残リース料金の全額を支払うべきものとする定めが置かれているが,かかる期限の利益喪失条項の効力は,一般に否定されてはいない。そうすると,ユーザーが民事再生手続開始の申立てをしたときは,通常,ユーザーはリース料金の期限の利益を喪失するから,リース業者はリース料金の債務不履行を理由にリース契約を解除することができることとなる。
しかし,ユーザーたる再生債務者が,民事再生手続開始の申立てと共に弁済禁止の保全処分の申立てをし,その決定を得た場合,再生債務者は,その保全処分の効果として,リース料金についても弁済をなすことが禁じられ,その反射的効果として,リース業者も,弁済禁止の保全処分によって支払を禁じられた民事再生手続開始の申立て以後のリース料金の不払を理由として,リース契約を解除することが禁止されるに至るものというべきである(最高裁昭和53年(オ)第319号同57年3月30日第三小法廷判決参照)。
ところで,民事再生手続が開始された場合,その開始決定の効果として,再生債権の弁済は原則として禁止される(民事再生法85条1項)が,弁済禁止の保全処分は開始決定と同時に失効するので再生債務者は,リース料金について債務不履行状態に陥ることとなる。したがって,リース業者は,別除権者としてその実行手続としてのリース契約の解除手続等を執ることができることとなる。そして,再生債務者は,民事再生手続の遂行上必要があれば,これに対し,担保権の実行手続の中止命令(同法31条1項)を得て,リース業者の担保権の実行に対抗することができると考える。」

この補足意見を前提とすればリース債権者は開始決定後に,リース料不払いを理由として解除が出来る。それ故に,再生債務者は,リース料の支払を余儀なくされるが,それは期限の利益の喪失条項との兼ね合いで全額?
仮に,全額を支払わないならば(解除の効果として)リース物件の引き揚げが可能となってしまうとすれば,実際上の問題として,本件判決はどのような意味合いのあるものと理解すればよいのやら。
いずれにせよ,会社においては,社内の目に見えるものや目に見えないものまでが殆どリースという現実を考えると,開始決定(つまり企業継続)にまでこぎ着けるためには,リース債権者との間においても合意を取り付けておくことが不可避と言うこと。
当たり前といえば当たり前のことなのだが。

この補足意見をどの程度一般的なものと理解して良いのか不明だが「ユーザーが倒産手続開始の申立てをした場合,ユーザーは,リース料金についての期限の利益を失い,直ちに残リース料金の全額を支払うべきものとする定めが置かれているが,かかる期限の利益喪失条項の効力は,一般に否定されてはいない。」と最高裁の判決において示されていることは重要。
また,この理屈は,所有権留保や譲渡担保の際にも同様なのだろう(というより,これらの場合を別に考える理由が思い浮かばない)。


平井利明のメモ

|

2010年の東京マラソン

第4回目の東京マラソンは平成22年2月28日に内定したとのこと。

「東京マラソン2010の日程について」


| | コメント (0) | トラックバック (0)

国籍法が改正されました(法務省)

国籍法が改正されました。
http://www.moj.go.jp/MINJI/minji163.html

「平成20年12月12日,国籍法が改正(平成21年1月1日施行)され,出生後に日本人に認知されていれば,父母が結婚していない場合にも届出によって日本の国籍を取得することができるようになりました。
また,虚偽の届出をした者に対する罰則が設けられました。」
とのこと。

平井利明のメモ

|

2008.12.15

犯罪被害者の方々へ (法務省)

犯罪被害者の方々へ(平成20年12月12日)
http://www.moj.go.jp/KEIJI/keiji11.html

平井利明のメモ

|

2008.12.14

パイプオルガン

ホテルに併設の教会だったが
小さいながらもパイプオルガンが設置されていた。

小さいオルガンながらもその低音はしびれる。
思わず
「はい。すいません、私が悪うございました・・・・。」
そんな気持ちにさせられてしまう。

一度,あのような楽器の音を
自ら出してみたいと思う。

また
ウィーンのシュテファン大聖堂のパイプオルガンのような
大聖堂の大音量でうなるようなまた地響きのするオルガンを再度体験したものです。
(音色でいうと,ウィーンのミハエル教会のオルガンの音が懐かしいね・・・・・・・・)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

横浜にて

横浜にて

レディー2人とデート(笑)

関内駅から寒い中
徒歩移動。
  Dvc00050
   屋形船との対比が面白い。

         Img_4243
赤レンガ倉庫街
  
    Img_4244
    山下公園

 Img_4247
  中華街
          
     Img_4249
関帝廟
      Img_4250

Img_4256
梅蘭やきそば   
店を予め決めていたのでなく,人が並んでいるところは美味しいのだろうと,その後ろに並んで(笑)
色々と美味しかった。

でももう帰らなくては。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

JOGin新横浜

JOGin新横浜

日産スタジアム(旧名称:横浜国際総合競技場)
2008年12月18日(木)・21日(日)には「FIFAクラブワールドカップジャパン2008」がこの場所でも開催されるとのことだが,その準備を進めているようだった。
なお,その頃のホテルは既に満室が多いとのこと。
(18日は、ガンバ大阪vsマンチェスターユナイテッド)

日頃走らないのに
こんなとこに来ると(笑)
雨も降って寒くまた二日酔いなのに(笑)

日産スタジアムや横浜アリーナなどをみて

事前にGoogleMAPでめぼしい目標とだいたいの位置などを調べて。

Dvc00040

Dvc00044
なお横浜アリーナではヨン様のイベントがあるらしく午前8時過ぎで傘をさして長蛇の列
凄い。

Dvc00041

Dvc00045

Dvc00047


風呂に入って
その後は
腹ごしらえ(笑)
    Img_4238


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホテルのルームのPC

ホテルのルームのPC
このホテルは各部屋にPCが標準で装備されている。

出張などでは大概ポータブルのPCを持ち歩いているが今日は持ってこず。
こんなとき便利。


ホテルの窓から見える横浜
           Img_4240

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.12.13

港
70階より

Img_4222
ランドマークタワー


新横浜から電車で横浜(みなとみらい)へ移動
郎党(ゼミOB達)を率いて
70階にあるホテルのバーに

      Img_4232

                    Img_4223

    Img_4225

                Img_4235


社会体験
色々な世界があることを見せるということも
先人としての一つの役割かと。
私も先輩方に色々と教わってきて
今がある。
そのお返しを
後進に対して。


しかし,遅い時間でも人が次々とやってくる
こちらの人の生活は夜型が多いのかねえ。
そんなに安いものでもないのに(笑)
でも,新地でボトルを入れて飲むことを思えば
皆の分を出してもリーズナブル(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

心ウルっと来るひと時でした

心ウルっと来るひと時でした
一旦宿に戻ってまた出動(笑)


新横浜にて


父親と娘の関係について深く考えさせられました。
良い親であるから良い娘が育つということでしょうか。

ゼミ長
この果報者!(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

駅のホームにもコンビニ

駅のホームにもコンビニ
新大阪駅にて

@携帯より

| | コメント (0) | トラックバック (0)

良い音を聞いているかな。

Img_0284


静かな時間に
心穏やかに聴けるというのは。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.12.12

ケイタイ(docomo PRIME series SH-03A)の発売日

もうそろそろケイタイを買い換えかと。
一番考えている機種が
docomo PRIME series SH-03A

12月19日(金)に発売されるらしい。

追記)
docomoの報道発表も同様

なお,「NTTドコモ向け「docomo PRIME seriesTM SH-03A」の納入を開始」byシャープ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平成20(行ヒ)29登記申請却下処分取消請求事件

平成20(行ヒ)29登記申請却下処分取消請求事件
平成20年12月11日最高裁判所第一小法廷判決

【破棄自判】

原審
高松高等裁判所   
平成19(行コ)19
平成19年11月09日

裁判要旨
遺産分割調停調書に,相続人が遺産取得の代償としてその所有する建物を他の相続人に譲渡する旨の条項がある場合において,上記調書を添付してされた上記建物の所有権移転登記申請につき,登記原因証明情報の提供を欠くことを理由に却下した処分が違法とされた事例

http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?action_id=dspDetail&hanreiSrchKbn=02&hanreiNo=37084&hanreiKbn=01

判決文(裁判所サイト)
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20081211154538.pdf
 

平井利明のメモ

|

2008.12.11

平成20年09月24日京都地方裁判所第6民事部判決(製造請負契約における解除,損害賠償等)

平成19(ワ)1436損害賠償請求事件等
平成20年09月24日京都地方裁判所第6民事部判決 

判示事項の要旨
1 ごみ袋の製造請負契約において,納期限に契約の仕様書に適合した製品が納品されなかったとして,債務不履行に基づく損害賠償請求が一部認容された事例
2 ゴミ袋の製造請負契約において,履行期限までに物件の製造を完了し,その引渡しをする見込みがない時には注文者は解除できる旨の解除条項に基づく契約解除は有効であるとして,解除が違法であると主張する不法行為に基づく損害賠償請求が棄却された事例
http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?action_id=dspDetail&hanreiSrchKbn=04&hanreiNo=36932&hanreiKbn=03

判決文(裁判所サイト)
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20081021143519.pdf

平井利明のメモ

|

ネット上での遊び心(PhotoFunia)

PhotoFunia

PCの中の写真をアップロードすると,ホームページ上の色々な写真に組み込まれるというもの。
結構面白い。

ホームページ上には沢山のイメージ画像(写真)があるのでその中の一つを選ぶ。
そうすると,その選択した画像(写真)を伴った次のページが表示される。
そして「参照」と示されたところをクリックして、自分のPC上の写真を選択する。
そうすると,PCからアップロードされた写真が,ホームページ上のイメージ画像(写真)に組み込まれて表示されることとなる。
完成品は,自分のPCに保存することも出来る。

なお,アップロードした写真がどのように保管・使用されるのか等不明なので,アップロードする写真は厳選した方がよいのかも。

このサイトは
irisさんのサイトで紹介されていたものです。実例は,irisさんのサイトをごらんアレ。


ただ
イメージ画像によっては著作権上大丈夫なのだろうかという思いがしないでもない点はあるが,まあ,デジタルの世界における遊び(?・・・だけじゃないだろうね)の一方向を示すものとしてご紹介。

遊び心のあるかたはどうぞ。
実際やってみましたが,結構はまります(笑)

追記)12月12日

実際にやってみると,結構簡単に出来るし,その写真を周りの者に見せると大受け(笑)。
いくつかの例をアップしてみました(12月4日に登場した看板を使用・・・・笑、またいずれも使っても大丈夫そうな題材を選択)

Dca988 Dcb5f5 Dcb061 Dcba42 Dcc048


この技術をビジネスの世界で考えれば凄いことなのだろう。
平面だけでなく,球面であろうと,しわがあろうと,その前に物体があろうと,斜めになっていようと,その一部にスポットライトがあたっていようと,その状態に合わせて適切に表示してくれる。それも極めて短時間に。

できあがりのイメージを実際に,瞬時に目に見える形で表現してくれるものである。
コンピューター等に疎い私から見れば,驚異的な技術。
遊び心の裏には凄い技術を感じ取ることも大事なのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.12.10

仕事帰りにイルミネーション

仕事帰りにイルミネーション

大阪市役所となり

@携帯より


| | コメント (0) | トラックバック (0)

平成20年10月16日最高裁判所第一小法廷決定(「殊更に無視し」の意義)

平成20(あ)1道路交通法違反,道路運送車両法違反,自動車損害賠償保障法違反,危険運転致死被告事件
平成20年10月16日最高裁判所第一小法廷決定

原審
名古屋高等裁判所平成19年11月19日   
平成19(う)402

裁判要旨
平成19年法律第54号による改正前の刑法208条の2第2項後段にいう赤色信号を「殊更に無視し」の意義
http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?action_id=dspDetail&hanreiSrchKbn=02&hanreiNo=36923&hanreiKbn=01

判決文(裁判所サイト)
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20081020103003.pdf

平井利明のメモ

|

会社法施行規則及び会社計算規則による株式会社の各種書類のひな型(改訂版)(日本経済団体連合会)

会社法施行規則及び会社計算規則による株式会社の各種書類のひな型(改訂版)
2008 年11 月25 日
社団法人 日本経済団体連合会
経済法規委員会企画部会

http://www.keidanren.or.jp/japanese/policy/2008/087.pdf

平井利明のメモ

|

生駒トンネルを抜けると

生駒トンネルを抜けると

大阪と奈良との県境にある生駒トンネル。
これを大阪側から抜けると奈良盆地。

奈良盆地の今朝は
白い世界。

奈良は比較的に霧の多いところ。
しかし最近あまり遭遇しなかったのだが,
今日は久しぶりに。

@携帯より

| | コメント (0) | トラックバック (0)

また乱れている

また乱れている
JRなかなか来ないし。また乗ってもなかなか動かない。
アナウンスもない
困った。
途中断念して他線に。
この判断難しい。
ルートを考え。
時間を割り出し。


走ることを交ぜれば
ギリギリ何とかなるか?

こういうとき心も乱れやすいが、こんなときほど冷静にあらねば。

@携帯より

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.12.09

ホルモン焼うどん・テンの紹介動画

ホルモン焼うどん・テン大阪市北区堂山町14-29 鈴木ビル1F
06-6316-1515

女優をやっておられる三枝雄子さんがやっているお店。

うどんを焼いているところ場面(Youtube)
堀井勝美さんがいつも焼いてます。
一瞬、怖系に見えますが、とてもいい人ですよ(笑)
(本人談:動画でとられているとは思わなかったとのこと)

【テンのホムペ=モバイル=】もできたとのこと。


なお
ユーチューブを張ったことがなかったので、動画が出来たとのことなので一度試しに。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ライトアップされた淀屋橋

ライトアップされた淀屋橋


@携帯より

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ライトアップされた大江橋

ライトアップされた大江橋

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平成20年09月30日京都地方裁判所第2民事部判決(礼金の不返還特約について)

平成20(レ)4礼金返還請求控訴事件
平成20年09月30日京都地方裁判所第2民事部判決

判示事項の要旨
控訴人は,被控訴人との間で締結した賃貸借契約に基づいて,被控訴人に礼金18万円を交付したが,同賃貸借契約には,賃貸借契約終了時に礼金を返還しない旨の約定が付されており,被控訴人から礼金18万円が返還されなかったことから,この礼金を返還しない旨の約定が消費者契約法10条により全部無効であるとして,被控訴人に対し,不当利得に基づき,礼金18万円及びこれに対する遅延損害金の支払いを求めた(1審では請求棄却。)これに対し,礼金約定が信義則に反して消費者の利益を一方的に害するものであるような事情は認められないから,礼金約定が消費者契約法10条に反し無効であるということはできないとした事例
http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?action_id=dspDetail&hanreiSrchKbn=04&hanreiNo=36908&hanreiKbn=03

判決文(裁判所サイト)
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20081015110211.pdf

平井利明のメモ

|

羽曳野

今日は羽曳野方面へ。
その場所の隣は今や民家。
かつては人里離れた場所だったはずだが。
開発の波。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.12.08

事故が多いね

奈良からの戻りに車内放送
人身事故のために環状線は内回り・外回りとも運転見合わせ。
乗っている近鉄電車も人との接触事故のためしばらく停止。
年の瀬というには余りにも残念なこと。

夜は大津でお呼ばれ。
帰り際
電車の大幅な遅れの表示が。
(乗車方向とは逆だったので難を免れたが)

このご時世の
この時期
踏みとどまって欲しいものだ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

テキスト形式の電子メールで長いアドレスを含んだものを送信するときの留意点(リンク切れについて)

送信相手にウイルスを送るようなことがないように等の理由でメールはテキスト形式にて送信している。
ところでメールを送信する際には,長いアドレス等をメールに記載すると右の折り返しに際するリンク切れ発生のため,うまくアドレスを連絡できないということが生じていた。
なお、テキスト形式にてメールを送る際には,折り返しをしないとの設定は不可であって132文字が最大の文字数となる。
そのため,とても長いアドレスに対しては,折り返しの設定の変更(上記の通り最大でも132文字)では対応が出来ない。

この点について色々と設定を変えて確認してみた。
条件:
 PCからOutlookで送受信
 PCのOSはVista
 携帯はi-mode(FOMA)

テキスト形式にて送信
  右の折り返し30~132文字あり
 リッチテキスト形式にて送信→HTML形式への変換選択
  折り返し問題なし
 リッチテキスト形式にて送信→リッチテキスト形式
  相手方PC:折り返し問題なし。
  相手方携帯:折り返しの制限を受ける。
   長いアドレスだとリンク切れが生じる。
 リッチテキスト形式にて送信→テキスト形式への変換選択
  相手方PC:折り返しの制限を受ける。
   長いアドレスだとリンク切れが生じる。
  相手方携帯:折り返しの制限を受ける。
   長いアドレスだとリンク切れが生じる。
 リッチテキスト形式にて送信→HTML形式への変換選択
  相手方PC:折り返し問題なし。
  相手方携帯:折り返し問題なし。  
              
長いアドレスをメールに記載して連絡をする際には,メールはテキスト形式では困難であってHTML形式を用いるべきことになる。   平井利明のメモ                   

|

2008.12.07

ウマレレ

Img_4078

        Img_4130


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ファイルをごみ箱に入れずディスクから削除

[Shift]+削除処理(例えば[Del])

ファイルをごみ箱に入れずにディスクから削除できる。

平井利明のメモ

|

早寝・早起・爽快

Img_0287

                Img_0288

                                 Img_0290

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.12.06

今年もお祝い

Img_0270

Img_0262

当人が定期試験のため
家庭内で簡単ながらもお誕生日のお祝い。

めでたしめでたし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シャンパンのコルク

シャンパンのコルク

シャンパンのコルク
よくみると前方後円墳にも似ている?
それはともかく
上の部分は結構柔らかいものの
下の部分のやや丸い部分はかなり難い材質となっている。
この大きさや堅さの加減から、コルクを一旦抜くとそのコルクを再び詰めることはできない。
苦労はすれどもなんとか詰め直すことの出来るワインとは異なる。

シャンパンのその内圧の強さを
うかがい知ることが出来る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平成20年09月30日京都地方裁判所第2民事部判決(住民訴訟の弁護士報酬関連)

平成19(ワ)2737弁護士報酬請求事件
平成20年09月30日京都地方裁判所第2民事部判決 

判示事項の要旨
原告らを含む京都市民らは,弁護士に委任し,平成14年法律第4号による改正前の地方自治法(以下「法」という。)242条の2第1項4号に基づき,京都市に代位して,川崎重工業株式会社に対する損害賠償請求訴訟を提起し,一部勝訴の判決を得た。原告らは,法242条の2第7項に基づき,被告京都市に対し,弁護士に支払う報酬額の範囲内で相当と認められる額(以下「相当報酬額」という。)の金員1億9353万9907円及びこれに対する遅延損害金の支払いを求めた。これに対し,相当報酬額を算定するに当たっては,弁護士報酬規程の直接の適用はなく,その算定は,?事件の内容・性質・難易度?訴訟活動に要する時間・労力?弁護士の人数?法4号請求の勝訴によって当該普通地方公共団体が現実に得た利益?法4号請求勝訴に対する当該普通地方公共団体の寄与の有無・程度を総合的に考慮して行われるべきであるとして,相当報酬額は3000万円であるとした事例
http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?action_id=dspDetail&hanreiSrchKbn=04&hanreiNo=36907&hanreiKbn=03

判決文(裁判所サイト)
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20081015102820.pdf

平井利明のメモ

|

奨学金の不払いによる個人信用情報機関への滞納情報登録(日本学生支援機構)

次のように各報じられている。
<奨学金,3か月滞納すると“ブラックリスト”入り>
『奨学金の貸与事業を行う独立行政法人「日本学生支援機構」は5日、奨学金の返済を3か月以上滞納した卒業生の氏名などを、今後、債務情報を管理する個人信用情報機関に登録すると発表した。
 同機構は11月25日に信用情報機関に加盟。現在の奨学生や来年度から奨学金を受ける学生らから、順次同意書を集め、2010年4月から登録する。
 同意しない学生は、奨学金を受け取ることを認めない方針だ。(以下略)』(2008年12月5日19時26分  読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20081205-OYT1T00575.htm

日本学生支援機構:奨学金の延滞防止へ、名前と額通報
『大学生に奨学金を貸す日本学生支援機構(旧日本育英会)は5日、多重債務者などの情報を集約している「全国銀行個人信用情報センター」に、延滞者の名前や延滞額を通報する延滞防止策を始めると発表した。通報されると、クレジットカードの作製や新規ローンの設定が難しくなる。延滞3カ月以上の人が対象となる。通報には、本人の同意と個人情報の登録が必要。登録しない大学生には貸与を停止する。』(毎日新聞 2008年12月6日 東京朝刊)
http://mainichi.jp/select/wadai/news/20081206ddm012040069000c.html

返済余力があるのに奨学金の返済を敢えて行わない者も増えているとのことでありそれは由々しき問題。
しかし,そもそも返済余力のない場合が多いと思われるが,そのようなケースについては一律登録されるということなのだろうか。
その登録の仕方によっては,かなり問題となることが考えられる。
運用には,相当の合理性が必要となろう。
本人の同意を通知の条件とするとのことだが,同意しなければ奨学金の対象としないのであろうところ,独立行政法人日本学生支援機構のサイトに示されhttp://www.jasso.go.jp/saiyou/index.html)(「奨学金の貸与を希望される方へ:奨学金は,経済的理由により修学に困難がある優れた学生等に対し貸与されます。」)奨学金の制度趣旨を十分に考える必要があろう。
学生にとって,滞納等に関する信用情報が登録されてしまうことの影響をその実感としてとらえることは困難であろうが,その影響の大きさを理解しておかなければならない。
銀行等で借入を行うことが極めて困難となる。つまり、住宅ローンもダメで,開業資金等の借入も出来ないことを覚悟すべきことになる。
またクレジットカードももてないと考えておいた方がよい。クレジットカードがなければ,電車代等のポストペイ(後払い)のシステムを利用できないし,インターネットでの決済も出来ない等の社会的不都合を招く。
奨学金の返済が出来ないことで,一律このような不利益を与える合理性はないと考えがざるを得ず,運用に際しては,相当の慎重さが要求されなければならないと言えよう。
更にいうならば,この度の報道が、能力がありつつ返済を行わない者について,制度をこのような状況にまで追いつめた責任を感じるきっかけとなり,早期返済への足がかりとなることを期待したい。

参考)「全国銀行個人信用情報センターとは」
http://www.zenginkyo.or.jp/pcic/about/index.html#contents1


「奨学事業に関する報道について」(独立行政法人日本学生支援機構)
http://www.jasso.go.jp/shougakukin/houdou.html
(注:今回のものより前の報道を受けてのもの)

平井利明のメモ

|

2008.12.05

平成21年新司法試験考査委員名簿(平成20年11月14日現在)(法務省)

平成21年新司法試験考査委員名簿(平成20年11月14日現在)
http://www.moj.go.jp/SHIKEN/SHINSHIHOU/h21-14jisshi.pdf

大阪修習の時にお世話になった方や
同期の方も試験委員となる時代なのか。

平井利明のメモ

続きを読む "平成21年新司法試験考査委員名簿(平成20年11月14日現在)(法務省)"

|

平成20年11月10日最高裁判所第三小法廷決定(着衣上の撮影について)

平成19(あ)1961公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例違反被告事件
平成20年11月10日最高裁判所第三小法廷決定

原審
札幌高等裁判所平成19年09月25日決定   
平成19(う)73

裁判要旨
ショッピングセンターにおいて女性客の後ろを付けねらい,デジタルカメラ機能付きの携帯電話でズボンを着用した同女の臀部を撮影した行為が,被害者を著しくしゅう恥させ,被害者に不安を覚えさせるような卑わいな言動に当たるとされた事例
http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?action_id=dspDetail&hanreiSrchKbn=02&hanreiNo=37011&hanreiKbn=01

判決文(裁判所サイト)
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20081113112013.pdf

平井利明のメモ

|

雷雨の街

雷雨の街
予報通り
風雨とカミナリ

これから寒くなるとのこと。

@携帯より


| | コメント (0) | トラックバック (0)

黄色路

黄色路

Dvc00400

Dvc00007

Dvc00006

Dvc00003


     日比谷公園にて

終わってしまった。
結果は良かったのだが
東京に来る機会も無くなるのは残念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.12.04

グリコを食べれば大丈夫。

グリコを食べれば大丈夫。


(笑)


@携帯より

まあ一粒300mの力があれば
150mなんて。

話が変わるが
福井での飲み物のオーダーのとき
店員さんが「飲み方はどうされますか?」
(ストレート・ロック・お湯割り等の違いを聴いたのでしょう・・・)
それに対して私の回答;「立って飲みます。」
店員さん;「・・・・・・・・・」

大阪以外でこんなことを
わざと言ったらだめですよね(笑・・・・そして反省)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鍵のないことに気がつくのは

鍵のないことに気がつくのは
今の時間帯


仕事場が開いていてよかった。
遅くにすんまへん。

@携帯より

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.12.03

平成20年09月24日仙台地方裁判所第1民事部判決(予備校の債務不履行責任)

平成19(ワ)82損害賠償請求事件
平成20年09月24日仙台地方裁判所第1民事部判決 

判示事項の要旨
大学医学部受験を専門とする予備校の講師が,受講契約で求められる程度の講義をしていなかったとして,予備校開設者の予備校生に対する受講契約に基づく債務不履行責任が認められた事例
http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?action_id=dspDetail&hanreiSrchKbn=04&hanreiNo=36990&hanreiKbn=03

判決文(裁判所サイト)
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20081106082711.pdf

平井利明のメモ

|

中央公園(福井市)にて

中央公園にて
福井

@携帯より

今宵は,福井にて
将来に向けて頑張っている人との機会。
大学のキャンパスもご案内いただき。
指導教員ともお話の機会をいただき。
といっても,私がほぼ一方的に話していただけかな。
職業病か・・・・・・・(笑)

まあ
楽しき時間でした。


追記:12月6日)
Img_4043

                               Img_4044

  Img_4040

           Img_4042

片や冬(雪)に向けた準備も
    Img_4038

                Img_4039


白山は真っ白。
  Img_4045_2


 今日(12月6日)は福井市内にも雪が降ったそうな。
 暖冬とといいつつも,冬は確実に近づいてきている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.12.02

平成20年09月16日京都地方裁判所第1民事部判決(人格権に基づくフェンスの設置等について)

平成18(ワ)1266目隠しフェンス設置等請求事件
平成20年09月16日京都地方裁判所第1民事部判決 

判示事項の要旨
1 自宅から葬儀場での葬儀の様子が観望できることによって,平穏な生活を送る人格権ないし人格的利益が侵害されているとの主張が認められた事例
2 第1種住居地域内の葬儀場の営業によって隣家居住者が受ける人格権ないし人格的利益の侵害が,入棺及び出棺の様子が隣家の居室から観望できる限度で受忍限度を超えているとして,隣家居住者が葬儀場経営者に対してした目隠しフェンスの嵩上げ請求の一部が認容された事例
3 第1種住居地域内で葬儀場を経営している業者が,隣家居住者から入棺及び出棺の様子の観望を妨げる遮蔽物の設置を求められながら,これに応じないで葬儀場の営業を続けたことが隣家居住者に対する不法行為に当たるとされた事例
http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?action_id=dspDetail&hanreiSrchKbn=04&hanreiNo=36930&hanreiKbn=03

判決文(裁判所サイト)
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20081021142200.pdf

主文
1 被告は,原告Aに対し,別紙物件目録第1の(1)記載の土地上に設置しているフェンスのうち,別紙図面のロ点からイ点の方向に8メートルの範囲のフェンスを,現在設置されているものと同様の材質及び色調で,その高さを現在のものより1.2メートル高く付け加えて設置せよ。
2 被告は,原告Aに対し,金20万円及び内金10万円に対する平成18年6月8日から支払済みまで年5分の割合による金員を支払え。
3 原告らの被告に対する将来の損害の賠償を求める訴えをいずれも却下する。
4 原告Aの被告に対するその余の各請求及び原告Bの被告に対するその余の各請求をいずれも棄却する。
5 訴訟費用は,これを2分し,その1を原告らの負担とし,その余を被告の負担とする。

「(1) 人が,他者から自己の欲しない剌激によって心を乱されないで日常生活を送る利益、いわば平穏な生活を送る利益は,差止請求権の根拠となる人格権ないし人格的利益の一内容として位置づけられるべきである。
(2) 一般に,生者が死者に対して抱く態度には,恐怖と思慕の念が交錯しており,死者のためにあの世への再生復活と死霊の安息を祈るとともに,反面,死者の祟りを恐怖し,死者との関係を排除しようとする願望があるとされる。したがって,人は,近親者や知人の葬儀に対しては,上記の二面的な思いを抱くが,縁のない他人の葬儀に対しては,恐怖の念のみを抱くことになる。人が葬儀に接したときの感情については,その者の年齢,経験,性格,宗教的感情の多寡,信じる宗教の有無,その教えの内容等に応じて様々であると考えられるが,程度の差はあれ,縁のない他人の葬儀に接することにより,上記の恐怖の念を抱き,心の静謐を乱されるのは一般的なことと考えられる。また,上記の恐怖の念は,葬儀に接する者をして,心の静謐を乱されるに止まらず,葬儀の厳粛な雰囲気を傷つけてはならないという行動規制まで働かせることになる。
(3) そうすると,通りがかりの者が一回的に縁のない他人の葬儀に接する場合や,反復していても,それが職場や通勤経路等において接する場合とは異なり,人が最も安息と寛ぎを求める自宅において,日常的に縁のない他人の葬儀に接することを余儀なくされることは,その者の精神の平安にとって相当の悪影響を与えるものといわなければならない。
(4) 原告居宅は,幅員15.3メートルの南北市道を隔てて本件葬儀場と隣接しており,1階の各部屋からは,本件目隠しフェンスのために本件葬儀場敷地内への視線が遮られるものの,2階の各居室からは,本件目隠しフェンス越しに本件葬儀場敷地内を見渡すことができ,本件ホールへの遺族や参列者の出入りのみならず,遺体が納められた棺が本件ホールに搬入される状況や出棺の状況を観望することができる。そうすると,原告居宅2階の北東居室を仕事室兼寝室として使用している原告Aは,自宅において,このような状況に置かれることによって,心の静謐を乱され,平穏な生活を送る人格権ないし人格的利益を侵害されているというべきであって,この侵害が受忍限度を超えている場合には,人格権ないし人格的利益に基づいて,その差止めを求めることができるというべきである。」

「上記のとおり,被告の現状における本件葬儀場の営業は,原告Aが原告居宅2階の各居室等から棺の搬入及び出棺の様子を観望できる状況で行っている限りにおいて違法であるというべきであるから,原告Aは,人格権ないし人格的利益に基づく妨害排除請求として,被告に対し,本件目隠しフェンスを嵩上げする方法で,少なくとも,原告居宅2階の各居室から,本件ホール玄関への棺の搬入及び本件ホール玄関からの出棺の様子の観望を妨げる遮蔽物の設置を求めることができるというべきである。」

平井利明のメモ

|

京都もいい天気

京都もいい天気
こんなときに
仕事とは(笑)

@携帯より

| | コメント (0) | トラックバック (0)

特急のシート

京阪線の特急のシートが少しクレードアップ


車両に入ったときいつもと雰囲気が異なっていたので電車を間違えなかと(笑)

Dvc00381

@携帯より

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.12.01

平成20年10月24日最高裁判所第二小法廷判決(還付加算金の算定の起算日について)

平成19(行ヒ)285都税還付加算金還付請求事件
平成20年10月24日最高裁判所第二小法廷判決

原審
東京高等裁判所平成19年06月27日判決   
平成18(行コ)214
 
裁判要旨
都民税の法人税割についてされた減額更正により過納金が生じた場合において,その還付に際して加算すべき還付加算金の算定の起算日が,地方税法(平成14年法律第80号による改正前のもの)17条の4第1項1号の場合と同様に,納付の日の翌日であると解された事例
http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?action_id=dspDetail&hanreiSrchKbn=02&hanreiNo=36939&hanreiKbn=01

判決文(裁判所サイト)
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20081024134951.pdf

平井利明のメモ

|

奈良公園のもみじ

奈良公園のもみじ
心洗われますね。

@携帯より

Img_3985 Img_3991

Img_3987
Img_3989

Img_3999 Img_4013

Img_4014

Img_4018

Img_4026

Img_4033

Img_4035


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »