« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

2009.01.31

「早わかりサブプライム不況」中空麻奈著

『早わかりサブプライム不況』
「100年に一度」の金融危機の構造と実相

中空麻奈著
朝日新書200年1月発行

わからないこと、見えないことは
不安を呼びパニックを招く。

著者はBNPパリバ証券クレジット調査部長を務めておられる方とのこと。現在の不況についてとても解りやすく説明等がなされている。

平井利明のメモ

|

2009.01.30

公益法人等の検索

公益法人等の検索
https://www.koeki-info.go.jp/pictis_portal/common/index.do?contentsKind=110&gyouseiNo=00&contentsNo=00101&syousaiUp=0&procNo=houjinsearch&renNo=1&contentsType=&houjinSerNo=undefined&oshiraseNo=undefined&bunNo=0&meiNo=0&seiriNo=undefined&edaNo=undefined&iinkaiNo=undefined&topFlg=0

公益法人information
https://www.koeki-info.go.jp/pictis_portal/

平井利明のメモ

|

いまだに不明このネコさん

いまだに不明このネコさん

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.29

平成20年12月25日東京地方裁判所民事第14部判決(医事訴訟・歯科・請求棄却)

平成18(ワ)20440損害賠償請求事件
平成20年12月25日東京地方裁判所民事第14部判決 
http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?action_id=dspDetail&hanreiSrchKbn=04&hanreiNo=37172&hanreiKbn=03

事案の概要(判決文より)
「被告の開設する病院の小児歯科及び矯正歯科に順次通院して診療を受けていた原告が,小児歯科での診療中に歯根吸収(別紙医学用語一覧9)及び開咬(中略)を生じ,さらに,矯正歯科での診療中にこれらが悪化したとした上,小児歯科での診療中に歯根吸収及び開咬を生じたのは,担当医師において,①前歯部のデンタルレントゲン(中略)撮影を行い,歯根吸収を発見したときに速やかに矯正治療の中止又は治療方針の変更をして重篤な歯根吸収の発生を防止すべき義務を怠ったこと,②新たな不正咬合を発生させない義務を怠ったこと,これらが原因であり,また,矯正歯科での診療中にこれらが悪化したのは,担当医師において,①治療を中止するか,又は,後戻り(矯正治療後移動を行った歯が元の不正の状態に再び戻り始めること)の経過を見ながら保定(中略)装置に切り替えるといった歯根吸収の危険性のより低い消極的治療を選択すべき義務を怠ったこと,②前歯部のデンタルレントゲン撮影をし,歯根吸収を発見したときに速やかに矯正治療の中止又は治療方針の変更をして重篤な歯根吸収の発生を防止すべき義務を怠ったこと,③新たな不正咬合を発生させない義務を怠ったこと,これらが原因である,矯正歯科の担当医師には,歯根吸収の危険性等について十分な説明をしなかった説明義務違反がある,と主張して,被告に対し,診療契約上の債務不履行に基づいて,既払診療費相当額及び後遺症慰謝料等の損害金並びにこれに対する催告日の翌日からの民法所定の割合による遅延損害金の支払を求めている事案」

判決文(裁判所サイト)
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20090108133500.pdf

平井利明のメモ

|

「会社法施行規則及び会社計算規則の一部を改正する省令案」(2009年1月29日公示)

会社法施行規則及び会社計算規則の一部を改正する省令案の概要
http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=Pcm1030&btnDownload=yes&hdnSeqno=0000048145

新旧対照条文(会社法施行規則)
http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=Pcm1030&btnDownload=yes&hdnSeqno=0000048143
新旧対照条文(会社計算規則)
http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=Pcm1030&btnDownload=yes&hdnSeqno=0000048144

案の公示日 2009年1月29日
意見・情報受付開始日 2009年1月29日
意見・情報受付締切日 2009年2月27日
http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=Pcm1010&BID=300080050&OBJCD=&GROUP=

平井利明のメモ

|

アーケードの上に広がる世界

アーケードの上に広がる世界
今朝はいい天気。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.28

第三セクター等の状況に関する調査結果(総務省)

第三セクター等の状況に関する調査結果(総務省)
平成20年12月25日
http://www.soumu.go.jp/s-news/2008/081225_5.html
調査時点:平成20年3月31日現在

第三セクター等の状況に関する調査結果(本文)
http://www.soumu.go.jp/s-news/2008/pdf/081225_5_1.pdf
第三セクター等の状況に関する調査結果(概要)
http://www.soumu.go.jp/s-news/2008/081225_5_2.html

平井利明のメモ

|

平成21年01月27日知的財産高等裁判所判決(テレビ番組を録画しインターネット経由で転送して海外での視聴を可能にするサービスについて)

平成20年(ネ)第10055号著作権侵害差止等請求控訴事件・平成20年(ネ)第10069号同附帯控訴事件
平成21年1月27日知的財産高等裁判所判決
原審・東京地方裁判所平成19年(ワ)第17279号
平成20年5月28日判決言渡

http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?action_id=dspDetail&hanreiSrchKbn=07&hanreiNo=37223&hanreiKbn=06

判決文(裁判所サイト)
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20090128154308.pdf

主文
1 原判決中,控訴人敗訴部分を取り消す。
2 被控訴人らの請求及び附帯控訴をいずれも棄却する。
3 訴訟費用は,第1,2審とも被控訴人らの負担とする。

放送局側の全面敗訴。

事案の概要
「本件は,被控訴人9名及び脱退被控訴人フジテレビ(以下「脱退前被控訴人10名」という。)が,「ロクラクⅡビデオデッキレンタル」との名称で行う控訴人の事業は,ハードディスク・レコーダー「ロクラクⅡ」(以下「ロクラクⅡ」という。)2台1組のうち,日本国内に設置した1台でテレビ放送に係る放送波を受信・録画し,利用者に貸与又は譲渡した他の1台で当該利用者に日本国内で放送されるテレビ番組の視聴を可能にするサービス(原判決別紙サービス目録記載のサービス。以下「本件対象サービス」という。)であって,控訴人の同事業に係る行為は,被控訴人日本テレビ,同TBS,同テレビ朝日,同テレビ東京及び脱退被控訴人フジテレビ(以下「脱退前被控訴人東京局5社」という。)並びに被控訴人NHKがそれぞれ著作権を有し,又は有していた原判決別紙著作物目録記載の各テレビ番組(以下「本件番組」という。)を,脱退前被控訴人10名がそれぞれ著作隣接権を有し,又は有していた原判決別紙放送目録(ただし,同目録の5の「原告フジテレビ」を「脱退被控訴人フジテレビ」と改める。)記載の各テレビ放送(以下「本件放送」という。)に係る音又は影像をそれぞれ複製する行為に該当するから,被控訴人NHK及び脱退前被控訴人東京局5社の本件番組についての複製権並びに脱退前被控訴人10名の本件放送に係る音又は影像についての複製権をそれぞれ侵害するものであり,これらにより,脱退前被控訴人10名がそれぞれ損害を被った旨主張し,控訴人に対し,①被控訴人NHK及び脱退前被控訴人東京局5社が,本件対象サービスにおいて本件番組(著作物)を複製の対象とすることの差止めを,②脱退前被控訴人10名が,本件対象サービスにおいて本件放送に係る音又は影像を録音又は録画の対象とすることの差止め及び本件対象サービスに供されているロクラクⅡの親機の廃棄をそれぞれ求め,③脱退前被控訴人10名が,それぞれ附帯控訴の趣旨(上記第1の2(1))記載の各金員(損害賠償金及びこれに対する遅延損害金)の支払を求める事案」

平井利明のメモ

|

2009.01.27

平成21年01月19日最高裁判所第二小法廷判決(通常損害の範囲関連)

平成19(受)102損害賠償請求本訴,建物明渡等請求反訴事件
平成21年01月19日最高裁判所第二小法廷判決

原審
名古屋高等裁判所金沢支部 
平成15(ネ)243
平成18年10月16日

裁判要旨
店舗の賃借人が賃貸人の修繕義務の不履行により被った営業利益相当の損害について,賃借人が損害を回避又は減少させる措置を執ることができたと解される時期以降は被った損害のすべてが民法416条1項にいう通常生ずべき損害に当たるということはできないとされた事例

http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?action_id=dspDetail&hanreiSrchKbn=02&hanreiNo=37200&hanreiKbn=01

判決文(裁判所サイト)
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20090119143638.pdf

平井利明のメモ

|

2009.01.26

公益法人が行う保険(共済)事業について~保険業法との関係~(金融庁)

公益法人が行う保険(共済)事業について~保険業法との関係~

平成20年12月1日
http://www.fsa.go.jp/ordinary/ins_koueki/index.html

平成20年12月1日より施行される公益法人制度改革法により,現在,公益法人が行っている保険(共済)事業は、新法人への移行により、公益性の認定の有無にかかわりなく従来の主務官庁による監督がなくなるため保険業法の規制対象となるとのこと。

平井利明のメモ

|

芭蕉翁終焉の地・句碑

芭蕉句碑
旅に病で
ゆめは枯野をかけ
まはる

ばせを

            Img_4969
             句碑は南御堂(真宗大谷派難波別院)にある。

俳聖松尾芭蕉の終焉の地は大阪
(つい先日までこの事実を知らなかった)

        Img_4974
   「此附近芭蕉翁終焉ノ地ト傳フ」

    ちょっと危険なところにこの碑は建てられている。
     Img_4971
                 Img_4975
Img_4972
大阪のメインストリートである御堂筋の本道と測道の間にあり。

では,松尾芭蕉のお墓はどこに?

実は
琵琶湖のほとり,大津市の義仲寺にあり(忘れていた・・・)。
その時には,このようなところにあるのか・・・と感じたことを思い出した。
2006年1月18日 (水)大津散策・京都泊まり
芭蕉の遺言によって,この地に運ばれてきたとのこと。
芭蕉は,朝日将軍といわれた木曾(源)義仲を深く敬愛していたとのこと。
木曽義仲は,源氏勢力の中で一番最初に平家を京都から追い払った武人だが,京都の貴族達とは折り合うことが出来ず,結局,法王の命を受けた源頼朝軍によって打ち負かされてしまっている。
芭蕉は,義仲のどのようなところに惹かれていたのだろうか。
(義仲寺[ぎちゅうじ,と読む])

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山焼き後の若草山

山焼き後の若草山


かつてイギリス人に山焼きの由来を尋ねられたことがある。
大まかな由来は知ってはいるがアバウト。
日本語でも説明困難なものを英語でなど・・・。
知らざるを知る。

Img_4961

街中ではボランティアの方々が英語等で説明を行っておられる。国際親善になろうし、日本文化の再認識にもなるのだろう。


和菓子屋の前で写真を撮っている外国の方あり。
ところで
和菓子って何だろう

    Img_4964

| | コメント (0) | トラックバック (0)

奈良町にて

奈良町にて
奈良も寒し。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.25

スタスタと

Img_4938

   水都大阪・・・・・天神橋より

Img_4940


              Img_4942
             大阪商工会議所前にて

Img_4950

          Img_4954

        Img_4955

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本橋を経て

日本橋を経て
萌えっとあり
ナヨッとあり
銀行あり
ビジュアル系あり
食べ物あり
エロあり
電化製品あり
フィギュアあり


場違い感と同感あり(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初天神の日

初天神の日
大阪天満宮にて

Img_4926

Img_4922

 Img_4920

 Img_4915

             Img_4929

      Img_4931

| | コメント (0) | トラックバック (0)

渋井陽子さん凄かった。

大阪国際女子マラソン。

テレビに釘付け。
馴染みのある場所が何カ所も出てくるし
前半は団子状態だったこともあり特に。

渋井さん
デビュー頃は素晴らしい結果を出していたが
その後は結果を出せないことが続いた。
それでも更に次を目指して
今日の結果。
ゴールが近づくと益々たくましい走り。
見ていて気持ちが良い。

ゴール後も
何であれだけ元気なのだ(笑)?
凄すぎ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

QRコード

NTTドコモが提供しているQRコード作成ツール
「QRファクトリー」
http://www.nttdocomo.co.jp/service/imode/make/content/barcode/tool/index.html
を用いて,電話帳登録できる名刺代わりの物を作成し,これも自らのブログに貼ってみた(「このblogは」http://h-t.air-nifty.com/ht/2008/02/post_9490.htmlに置いた)。

私には,どのように用いるのかの智恵のあまりないところが残念だが(笑)
このような道具の使い道が新たに生み出されることによって,また時代は変わっていくのだろう。
将来の変化の行く末の見えにくい昨今。

平井利明のメモ

|

トルカ(ToruCa)

トルカという(電子)情報を,サイトからダウンロードしたり,店頭の端末からトルカ対応の携帯電話(NTTドコモのFOMA[それも比較的新しい種類]だけのようだ)に取り込むことが出来る。取得した情報は,ケータイ内のフォルダに格納されてケータイ上で簡単に検索・ソートなどの管理ができるとのこと。
トルカ対応の携帯電話同士なら,メール,赤外線,外部メモリを通じて情報の交換ができるとのこと。

店で配っている「店の紹介カード」や「名刺」のような使い方が出来る。
カードだとかさばるし持ち運びに必ずしも便利ではない。それを考えると,電子データ化されていて軽量で且ついつも手元にある携帯電話にその情報が入っているとなれば結構便利と思う。

利用のイメージ(NTTドコモのサイト)
http://www.nttdocomo.co.jp/service/osaifu_shopping/toruca/image/index.html

物は試しとして,「電子名刺」のようなものとして「トルカ」を作成して,自らのサイトに用いてみることにした。
(「このblogは」http://h-t.air-nifty.com/ht/2008/02/post_9490.htmlに置いてみた)
試してみないとその道具の便利さや将来性など解らない。

「トルカクリエイタ」
トルカサービスに対応したデータを作成するツール。
http://www.nttdocomo.co.jp/service/imode/make/content/toruca/tool/index.html

作成したトルカをPC上で表示させて確認するためには
「iモード HTMLシミュレータII」が必要となる。
http://www.nttdocomo.co.jp/service/imode/make/content/html/tool2/index.html

これらのツールを使ってトルカファイルを作成して確認する。
その後保存したトルカファイルをブログにアップロードすると出来上がり。
このように書くと簡単なのだが(実際にも簡単ではある),思い違いもあり結構難渋。
しかし新しいことにチャレンジして出来るに至ると嬉しい。特に難渋を伴った場合には。

平井利明のメモ

|

2009.01.24

雪雲

雪雲
寒い日

大阪でも最高気温が5度だそうな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メディエーター(医療対話促進者)

市立豊中病院の医療安全管理室長水摩明美氏のお話を伺う機会があった。
同院の医療安全管理室は多くのことを扱っている。
http://www.chp.toyonaka.osaka.jp/iryouanzen/iryouanzentop.htm
その中で患者側と医療側の双方の橋渡しとして期待されているメディエーター(医療対話促進者)を中心としたお話だった。

メディエーター
言葉にすると掴みにくい。
参照
 日本医療メディエーター協会のサイト
 http://jahm.org/toha.htm
 医療コンフリクト・マネジメント研究会のサイト
 http://www.conflict-management.jp/preface/preface.htm 
しかし経験者の話を聞くと良く理解できる。
仲介的な立場となる者が心情的に中立的な立場に立って,疑義のある事項についての患者と医療従事者の会話に際し双方の手助けをして,相互の理解を深め・誤解を解く等により相互納得に至らせる,といった感じだろうか。

弁護士として交渉事にあたるとき
依頼者は有れども,感覚的には中立的であることは一般的なことである。その目から見て,依頼者と相手方の立ち位置などを考えながら事を運ぶ。その中で依頼者に改善すべき点,見直すべき点が有ればその進言も行うことも当然ある。
そのような日常のことを思いながら,水摩氏の話を聞いていると,なるほどと共感することは多い。
成否は,仲介的な立場の人柄・能力・経験等にもよるところも大きいだろう。このような能力の確保を目指した研修等で基本的なスキル等を確保される方々が,より良き医療安全の確保と医療崩壊を防ぐことに大きな役割を担うことを期待したい。

平井利明のメモ

|

2009.01.23

平成21年01月15日最高裁判所第一小法廷決定(会社帳簿等閲覧関連)

平成20(許)44親会社の株主の子会社の会社帳簿等閲覧許可決定等に対する抗告審の変更決定等に対する許可抗告事件
平成21年01月15日最高裁判所第一小法廷決定

原審
名古屋高等裁判所   
平成19(ラ)61
平成20年08月08日

裁判要旨
親会社の株主による子会社の会計帳簿等の閲覧謄写許可申請において,当該株主が子会社と競業をなす者であるなどの不許可事由があるというためには,当該株主に閲覧謄写によって知り得る情報を自己の競業に利用するなどの主観的意図があることを要しない

http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?action_id=dspDetail&hanreiSrchKbn=02&hanreiNo=37203&hanreiKbn=01

決定書(裁判所サイト)
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20090120114655.pdf

決定書より
「商法293条の7第2号は,会計帳簿等の閲覧謄写を請求する株主が会社と競業をなす者であること,会社と競業をなす会社の社員,株主,取締役又は執行役であることなどを閲覧謄写請求に対する会社の拒絶事由として規定するところ,同号は,「会社ノ業務ノ運営若ハ株主共同ノ利益ヲ害スル為」などの主観的意図を要件とする同条1号と異なり,文言上,会計帳簿等の閲覧謄写によって知り得る事実を自己の競業に利用するためというような主観的意図の存在を要件としていない。そして,一般に,上記のような主観的意図の立証は困難であること,株主が閲覧謄写請求をした時点において上記のような意図を有していなかったとしても,同条2号の規定が前提とする競業関係が存在する以上,閲覧謄写によって得られた情報が将来において競業に利用される危険性は否定できないことなども勘案すれば,同号は,会社の会計帳簿等の閲覧謄写を請求する株主が当該会社と競業をなす者であるなどの客観的事実が認められれば,会社は当該株主の具体的な意図を問わず一律にその閲覧謄写請求を拒絶できるとすることにより,会社に損害が及ぶ抽象的な危険を未然に防止しようとする趣旨の規定と解される。
したがって,会社の会計帳簿等の閲覧謄写請求をした株主につき同号に規定する拒絶事由があるというためには,当該株主が当該会社と競業をなす者であるなどの客観的事実が認められれば足り,当該株主に会計帳簿等の閲覧謄写によって知り得る情報を自己の競業に利用するなどの主観的意図があることを要しないと解するのが相当であり,同号に掲げる事由を不許可事由として規定する同法293条の8第2項についても,上記と同様に解すべきである。」

平井利明のメモ

|

平成21年01月22日最高裁判所第一小法廷判決(過払金充当合意を含む基本契約に基づく継続的な金銭消費貸借取引における過払金返還請求権消滅時効の起算点)

平成20(受)468不当利得返還等請求事件
平成21年01月22日最高裁判所第一小法廷判決

原審
東京高等裁判所   
平成19(ネ)3941
平成19年12月13日
 
裁判要旨
継続的な金銭消費貸借取引に関する基本契約が,利息制限法所定の制限を超える利息の弁済により発生した過払金をその後に発生する新たな借入金債務に充当する旨の合意を含む場合には,上記取引により生じた過払金返還請求権の消滅時効は,特段の事情がない限り,上記取引が終了した時から進行する
http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?action_id=dspDetail&hanreiSrchKbn=02&hanreiNo=37212&hanreiKbn=01

判決文(裁判所サイト)
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20090122140649.pdf

判決文より
「上記の借入れは,借入金の残元金が一定額となる限度で繰り返し行われ,また,上記の返済は,借入金債務の残額の合計を基準として各回の最低返済額を設定して毎月行われるものであった。
上記基本契約は,基本契約に基づく借入金債務につき利息制限法1条1項所定の利息の制限額を超える利息の弁済により過払金が発生した場合には,弁済当時他の借入金債務が存在しなければ上記過払金をその後に発生する新たな借入金債務に充当する旨の合意(以下「過払金充当合意」という。)を含むものであった。
 このような過払金充当合意においては,新たな借入金債務の発生が見込まれる限り,過払金を同債務に充当することとし,借主が過払金に係る不当利得返還請求権(以下「過払金返還請求権」という。)を行使することは通常想定されていないものというべきである。したがって,一般に,過払金充当合意には,借主は基本契約に基づく新たな借入金債務の発生が見込まれなくなった時点,すなわち,基本契約に基づく継続的な金銭消費貸借取引が終了した時点で過払金が存在していればその返還請求権を行使することとし,それまでは過払金が発生してもその都度その返還を請求することはせず,これをそのままその後に発生する新たな借入金債務への充当の用に供するという趣旨が含まれているものと解するのが相当である。そうすると,過払金充当合意を含む基本契約に基づく継続的な金銭消費貸借取引においては,同取引継続中は過払金充当合意が法律上の障害となるというべきであり,過払金返還請求権の行使を妨げるものと解するのが相当である。
借主は,基本契約に基づく借入れを継続する義務を負うものではないので,一方的に基本契約に基づく継続的な金銭消費貸借取引を終了させ,その時点において存在する過払金の返還を請求することができるが,それをもって過払金発生時からその返還請求権の消滅時効が進行すると解することは,借主に対し,過払金が発生すればその返還請求権の消滅時効期間経過前に貸主との間の継続的な金銭消費貸借取引を終了させることを求めるに等しく,過払金充当合意を含む基本契約の趣旨に反することとなるから,そのように解することはできない(最高裁平成17年(受)第844号同19年4月24日第三小法廷判決・民集61巻3号1073頁,最高裁平成17年(受)第1519号同19年6月7日第一小法廷判決・裁判集民事224号479頁参照)。
 したがって,過払金充当合意を含む基本契約に基づく継続的な金銭消費貸借取引においては同取引により発生した過払金返還請求権の消滅時効は過払金返還請求権の行使について上記内容と異なる合意が存在するなど特段の事情がない限り同取引が終了した時点から進行するものと解するのが相当である。」

平井利明のメモ

|

2009.01.22

平成21年01月22日最高裁判所第一小法廷判決(預金取引記録の開示関連)

平成19(受)1919預金取引記録開示請求事件
平成21年01月22日最高裁判所第一小法廷判決

原審
東京高等裁判所   
18(ネ)5846
平成19年08月29日

裁判要旨
1 金融機関は,預金契約に基づき,預金者の求めに応じて預金口座の取引経過を開示すべき義務を負う
2 預金者の共同相続人の一人は,他の共同相続人全員の同意がなくても,共同相続人全員に帰属する預金契約上の地位に基づき,被相続人名義の預金口座の取引経過の開示を求める権利を単独で行使することができるhttp://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?action_id=dspDetail&hanreiSrchKbn=02&hanreiNo=37210&hanreiKbn=01

判決文(裁判所サイト)
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20090122111638.pdf

判決文より
「預金契約は,預金者が金融機関に金銭の保管を委託し,金融機関は預金者に同種,同額の金銭を返還する義務を負うことを内容とするものであるから,消費寄託の性質を有するものである。しかし,預金契約に基づいて金融機関の処理すべき事務には,預金の返還だけでなく,振込入金の受入れ,各種料金の自動支払,利息の入金,定期預金の自動継続処理等,委任事務ないし準委任事務(以下「委任事務等」という。)の性質を有するものも多く含まれている委任契約や準委任契約においては,受任者は委任者の求めに応じて委任事務等の処理の状況を報告すべき義務を負うが(民法645条,656条),これは,委任者にとって,委任事務等の処理状況を正確に把握するとともに,受任者の事務処理の適切さについて判断するためには,受任者から適宜上記報告を受けることが必要不可欠であるためと解される。このことは預金契約において金融機関が処理すべき事務についても同様であり,預金口座の取引経過は,預金契約に基づく金融機関の事務処理を反映したものであるから,預金者にとって,その開示を受けることが,預金の増減とその原因等について正確に把握するとともに,金融機関の事務処理の適切さについて判断するために必要不可欠であるということができる。
したがって,金融機関は,預金契約に基づき,預金者の求めに応じて預金口座の取引経過を開示すべき義務を負うと解するのが相当である。
そして,預金者が死亡した場合,その共同相続人の一人は,預金債権の一部を相続により取得するにとどまるが,これとは別に,共同相続人全員に帰属する預金契約上の地位に基づき,被相続人名義の預金口座についてその取引経過の開示を求める権利を単独で行使することができる(同法264条,252条ただし書)というべきであり,他の共同相続人全員の同意がないことは上記権利行使を妨げる理由となるものではない。」
「上告人は,共同相続人の一人に被相続人名義の預金口座の取引経過を開示することが預金者のプライバシーを侵害し,金融機関の守秘義務に違反すると主張するが,開示の相手方が共同相続人にとどまる限り,そのような問題が生ずる余地はないというべきである。なお,開示請求の態様,開示を求める対象ないし範囲等によっては,預金口座の取引経過の開示請求が権利の濫用に当たり許されない場合があると考えられるが,被上告人の本訴請求について権利の濫用に当たるような事情はうかがわれない。」

平井利明のメモ

|

「債権保全回収セミナー」(2回目)

本日も企業人を相手とした
「債権保全回収セミナー」の講師

平井利明のメモ

|

何と言うネコだろうか?

何と言うネコだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.21

だんご庄のだんご

だんご庄のだんご

創業明治十一年 大和名物 
『だんご庄は明治11年春、初代庄五郎によって旧高野長谷街道の茶店として誕生しました。それ以来、竹ぐしにさしたきな粉だんごが「庄五郎だんご」「だんご庄のだんご」として皆様にかわいがられて120余年になりました。』
「日持ちがしないので、通信販売は致しかねます。」
とのこと
お店のホームページより
http://dango.kir.jp/about_dango.html


美味しゅうございました(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

理解とエゴ

他人の困難を理解しつつも
自らの要望を貫くため
他人のことはさておく。
我がことのみに走る。

そのような人を前にすると
考えながら
粛々と予定を進めるしかない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

決めどころ

もう何年か前にお会いした人から
アポイントを求める連絡があり会うこととなった。
バイタリティ溢れる方でその後も順調に行っているのだろうと思っていた。
しかし,そうでもなかったようだ。
順調そうに見えていたのだが実は見えないところで足下をすくわれる事態が発生していたようだ。
それが一気に露見すると後は惨状。

人を信用することは大事なこと。
しかし信用することと放置することは異なる。
信用するからこそ必要な管理を行うことは重要。

追うかどうか。
残りの人生を想定して,あとどれぐらい時間がありどのようなことが出来るかを考える。
その時間内に出来るならば追いかけることもいいかもしれない。
しかしその時間がなければ。
益があるならともかく
ムダでまた自らの心を苦しめるだけのことは早めに諦めるべき。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

八木も高田も雨

八木も高田も雨
ひとつひとつ
階段を

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平成10年4月14日最高裁判所第3小法廷判決(ジョイントベンチャー参加企業の責任関連)

平成6年(オ)第2137号精算金請求事件
平成10年4月14日最高裁判所第3小法廷判決より

共同企業体は、基本的には民法上の組合の性質を有するものであり、共同企業体の債務については、共同企業体の財産がその引き当てになるとともに、各構成員がその固有の財産をもって弁済すべき債務を負うと解されるところ、共同企業体の構成員が会社である場合には、会社が共同企業体を結成してその構成員として共同企業体の事業を行う行為は、会社の営業のためにする行為(附属的商行為)にほかならず、共同企業体がその事業のために第三者に対して負担した債務につき構成員が負う債務は、構成員である会社にとって自らの商行為により負担した債務というべきものである。したがって、右の場合には、共同企業体の各構成員は、共同企業体がその事業のために第三者に対して負担した債務につき、商法511条1項により連帯債務を負うと解するのが相当である。」

判例時報1639号122頁
判例タイムズ973号145頁

本来Joint Ventureは合弁事業を指す英語であって多様なものが考えられる。しかし,我が国では,建設業界等における共同企業体(JVと略される)が代表的な例と言えるか。
共同企業体(JV)を組む企業は,共同企業体が負担する債務について,各自が全額について連帯責任を負担することになることを前もって覚悟しておく必要もある。
内輪の負担割合は内輪にだけ通用する理屈であり,外との関係では通用しないことになる。

平井利明のメモ

|

CD:ハチャトゥリアン 交響曲第3番ハ長調「シンフォニー・ポエム」

ハチャトゥリアン ( Aram Khachaturian )
交響曲第3番ハ長調「シンフォニー・ポエム」作品67
Symphony No.3“Symphony-Poem”in CMajor, forfull symphony orchestra, organ, 15trumpets "Simphoniya-poema"

浅田真央さんがフリーの演技で用いている「仮面舞踏会」の作曲者としてその名が知られてきたハチャトゥリアン(Aram Il'ich Khachaturian)。
その第3交響曲は壮大。
ロシア革命30周年記念(1947年)のために作曲されたとのことだが,思わず笑ってしまうほど壮絶。
15本のラッパを思う存分爽快に吹き鳴らさせる。それも延々と。また唸るオルガンを狂ったかのようにかっ飛ばす(演奏困難のためまともに演奏されないことが多いらしい[短縮されることが多いとのこと])。
途中緩徐な部分があるが,殆ど場面をラッパ隊が暴力的に支配。
また、くどい!
イッテしまっている曲としては,以前取り上げたプロコフィエフの交響曲第2番も凄いがそれは前衛的の部類にはいる。しかし,ハチャトゥリアンのこの交響曲は前衛ものではない(プロコの2番もハチャの3番も個人的にはとてもお気に入り)。
モンゴル帝国のジンギス=ハンが高笑いを伴って圧倒的な力で草原を駆け抜けて全てのものを支配するかのような音楽。
なにが「ポエム」なのかさっぱり判らない(笑)。

この大音量を聴いたら決して忘れられない。

この曲は,FMで流れていたのを大昔に聴いたことがあった曲。
このたびCDにて手にしたのは
キリル=コンドラシン(Kondrashin, Kyrill)指揮
ボリショイ劇場トランペット・アンサンブル
ガーリー・グロードベルク(オルガン)
モスクワ・フィルハーモニー
1969年録音
ロシアで製作されたものの輸入盤
レーベル: Melodiya *classics*
発売国: Russia
HMVにて購入

ロシアンブラス炸裂!
(多少音が割れているのが少し残念)

気になるでしょ!
聞いてみたくなるでしょ(笑)

237733

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.20

平成21年01月15日最高裁判所第一小法廷決定 (インカメラ関連)

平成20(行フ)5検証物提示命令申立て一部提示決定に対する許可抗告事件
平成21年01月15日最高裁判所第一小法廷決定

【破棄自判】

原審
福岡高等裁判所   
平成20(行タ)3
平成20年05月12日

裁判要旨
情報公開訴訟において不開示文書につき被告に受忍義務を負わせて検証を行うことは,原告が立会権を放棄するなどしたとしても許されず,そのために被告に当該文書の提示を命ずることも許されない。
http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?action_id=dspDetail&hanreiSrchKbn=02&hanreiNo=37198&hanreiKbn=01

決定書(裁判所サイト)
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20090119104557.pdf

「情報公開訴訟において証拠調べとしてのインカメラ審理を行うことは,民事訴訟の基本原則に反するから,明文の規定がない限り,許されない」

平井利明のメモ

|

2009.01.19

債権保全回収セミナー

本日は企業人を相手とした
「債権保全回収セミナー」の講師

平井利明のメモ

|

2009.01.17

2009年度の大阪弁護士会会長と副会長

会長
畑守人先生

副会長
川崎裕子先生
藤木久先生
田中宏先生
福田健次先生
大砂裕幸先生
塩路広海先生
満村和宏先生

平井利明のメモ

|

早く帰りましょう。

早く帰りましょう。

祝賀会あり。
早々に引き揚げる予定だったのが
アルコールが目の前に来ると・・・・
やはり
やはり

ということで
どうせ仕事にならないと思い
一人でのみに(笑)
その後
焼きうどんも食べに行き

朝は
ブルー。
しかし、読書デーとなったので
良しとしよう(笑)

夜には
普通に近い状態にもどったこともあり
Wii FIt 初挑戦
・・・・・
バランスとるって難しいね(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.16

平成20年12月08日京都地方裁判所第2民事部判決

平成19(ワ)188 損害賠償請求事件
平成20年12月08日京都地方裁判所第2民事部判決 

判示事項の要旨
京都市において開催されたいわゆるタウンミーティングに参加申込みをした原告らが,同タウンミーティングを主催した被告国及び共催者である被告京都市に対し,被告らによる不正な抽選により落選したことで,タウンミーティングに参加し意見を述べる権利及び平等権を侵害されたとして,又,被告京都市によって原告A及び原告Bがその個人情報を開示されたことからプライバシー等を侵害されたとして,国家賠償請求をした。これに対し,被告国及び被告京都市が作為的な抽選によって原告A及びBを落選させたことは認められるが,原告らの本件タウンミーティングに参加し意見を述べる権利は国家賠償法上保護された利益といえず,また,平等権及びプライバシー権についても,国家賠償法上違法と評価される程度の侵害があったとはいえないとされた事案
http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?action_id=dspDetail&hanreiSrchKbn=04&hanreiNo=37128&hanreiKbn=03

判決文
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20081225083458.pdf

|

2009.01.15

YouTubeシンフォニーオーケストラ

「世界中の音楽家を、YouTubeシンフォニーオーケストラのオーディションに招待します。あなたの動画は他の音楽家の動画と組み合わされて、一つのコラボレーション演奏動画となります。また世界中のユーザによる投票により、2009年4月15日にカーネギー・ホールで演奏する演奏家が選出されます。」
「参加するにはあなたが演奏する動画を2種類用意してください。
1)コラボレーション用動画の投稿
タン・ドゥンによりこのプロジェクトのために作曲された楽曲を、自分の楽器で演奏して撮影し、その動画を投稿してください。スコ ア、演奏例、投稿するためのツールはこのページに用意されています。
世界中から投稿された演奏を組み合わせて、一つの動画(コラボレーション動画)をつくることを目的としています。
2)カーネギー・ホールで演奏するためのオーディション用の演奏動画
カーネギー・ホールでのコンサートで演奏する資格を得るには、候補曲の中から曲を選んで、演奏しているところを録画してその動画 を投稿してください。入賞者はロンドン交響楽団、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団、サンフランシスコ交響楽団、ロイヤル・コ ンセルトヘボウ管弦楽団、香港フィルハーモニー管弦楽団、ニューヨーク・フィルハーモニック、そして他にも世界中の有名なオーケ ストラのメンバーとYouTubeのユーザーによって選ばれ、2009 年 4 月 15 日にニューヨークのカーネギー・ホールでマイケル・ティルソン・トーマス氏指揮の下、オーケストラとして演奏します(旅費と滞在 費は主催者が負担します)。
応募締め切りは 2009 年 1 月 28 日です。皆様の応募をお待ちしています!」
とのこと
http://jp.youtube.com/symphonyjp

youtubeを用いた実験的企画。
YouTube Symphony Orchestra
時と場所を越えて一つの音楽の演奏を実現させようとするもの。
発想も凄いしまた真剣に行われているところも楽しい。

既に投稿された各パートの方々の投稿動画を見ることも出来る。
世界の色々なところで,多くの方々が音楽と共に生きていることを思うと感慨深い。

余談:
各パートの人が音を合わせることが出来るように,指揮(指揮・作曲の譚盾[タン・ドゥン,Tan Dun)の動画があるのだが,少し笑ってしまいそう。指揮者なる職業を知らない方がこの動画を見ると何をしている人に見えるのだろうか(笑)。

平井利明のメモ

|

2009.01.14

平成19年度公害苦情調査-結果の要旨-(公害等調整委員会)

平成19年度公害苦情調査-結果の要旨-
平成20年11月14日
公害等調整委員会
http://www.soumu.go.jp/kouchoi/knowledge/report/kujyou-19/youshi.pdf

平井利明のメモ

|

大阪の人だね

大阪の人だね
京の宴の後
引き続き京で飲むか・・・・
そうなると泊まりになってしまうだろうな・・・・・
大阪での仕事もたまっているし・・・・


やはり大阪に戻って
(家に帰ればよいのに)

また、一人飲みに行く。

家に着くと
泊まりかも知れないと述べていたことから
チェーンがかかっている。
朝の5時頃に家人を起こすのも忍びないので
車の中で寝ることも考えたが
寒すぎ・・・・
凍死してはなんにもならない(苦笑)

ということで・・・・
無事に家中へ。

ご迷惑をおかけいたしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.13

京にて

京にて
宴あり

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都御苑にて

京都御苑にて

| | コメント (0) | トラックバック (0)

粉雪の舞う大津

粉雪の舞う大津
寒い!

もっと寒さ対策してくるべきだった。

@携帯より

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.11

朝一でひと滑り

朝一でひと滑り
名残惜しいが
今は既に帰途


@携帯より


  Dvc00237

Img_4778

Img_4785
この坂を何とか下りれるようになっただけでも
ましかな(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夕張にて

北海道夕張市は2007年3月に財政再建団体に指定されている。
夕張といえば、かつては炭鉱。現在は夕張メロンで知られる町か。
炭鉱の町ということから、札幌からはかなり離れた北海道の真ん中或いは北部にある町かとイメージしていたが、実際のところは、新千歳空港からバスで1時間20分程度の場所。思っていたよりかなり近い場所

夕張市が破綻に至ったのは、炭鉱事業の閉鎖等による事業の枯渇及び人の流出に一番大きな原因があるが、それ以外にも箱物行政(大型施設等)があるとされる。
「夕張ドキュメンタリーツアー―財政再建団体下の地域と再生―」
箱物を造る際には国の補助金がかなり下りるため、公共事業をあてに箱物を作る地方自治体はかなりあるようだ。しかし、作ったのはよいが運営に巨額の費用を要するため結局破綻への道筋を作ることになるようだ。
夕張市は、破綻した財政を立て直すために超緊縮財政を余儀なくされているとのこと。、
wikipedeiaを参考とされたし。

遠いところの話だったものでも
その場所に行ったりすると身近に感じられることとなる。

夕張市は最盛期人口12万人を誇ったものの、現在は人口の減少が続き1万1000人となっているとのこと。
バスの運転手の話では、夕張市は、入院設備を伴った病院がなくて診療所しかないため、特に人工透析の患者等が大変な状態にあるとのこと。人工透析は毎週2~3回血液透析を受ける必要があるところ(受けなければ生命に危機が及ぶ、また、血液透析は1回に4時間程度は要する)、夕張市内では受けることができず、札幌等の病院のある市での受診を余儀なくされる。しかし、高齢者の割合が高くまた雪が多い場所故にそのような通院はとても大変なようだ。
夕張市は、現実的には単に至ったことから色々な問題がすべて表に出てきているが、現実的な破綻には至っていないもの、近い状態にある自治体は少なからずあるようだ。

Img_4824
活気のあった頃の夕張駅

Img_4827

少しだけ町を歩いてみた。
日曜日の朝、雪かきをしている方々はやはり高齢者ばかり。
店は開いているのか閉まっているのかわからない状態。
道で若者を見かけることはなかった。

Img_4869

Img_4857

           Img_4863

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.10

噂の終着駅

噂の終着駅
ふさいのまち

@携帯より

Img_4811  Img_4810

Dvc00232

          Dvc00226
   
                      Img_4812 

Img_4813  Img_4814

              Img_4822


夕張駅
Img_4840

Img_4850
黄色のハンカチは
夕張が映画「幸せの黄色いハンカチ」のロケ地であったことに由来。

               Img_4851

              Img_4852

          Img_4844

2007年3月に財政破綻した夕張市
再建途上。
色々なアイデアにて勝負(笑)。


夕張メロンパンはとてもとても美味しい。
メロンパンの中にクリームが入っている。
そのクリームがメロン味で絶品。

    Img_4885

              Img_4887


| | コメント (0) | トラックバック (0)

空より

Img_4735

      Img_4737
佐渡島(だと思う)

             Img_4744
津軽富士といわれる青森県岩木山(だと思う)

Img_4748
「ごらんあれが竜飛岬 北のはずれと見知らぬ人が 指をさす」(津軽海峡・冬景色の世界)
(龍飛崎)

Img_4753
下北半島(大間崎・・・だと思う)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.09

職業性ストレス簡易評価ホームページ(中央労働災害防止協会)

職業性ストレス簡易評価ホームページ
http://www.jisha.or.jp/profile/2_3/stls/stls_main.htm

平井利明のメモ

|

2009.01.08

暴力団排除条項に関する参考例の制定等について(全国銀行協会)

暴力団排除条項に関する参考例の制定等について
平成20年11月25日
http://www.zenginkyo.or.jp/news/2008/11/25160000.html

暴力団排除条項の参考例
http://www.zenginkyo.or.jp/news/entryitems/news201125.pdf

平井利明のメモ

|

川向う

川向う


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.07

七草粥

七草粥

| | コメント (0) | トラックバック (0)

八木行きでした。

八木行きでした。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

企業会計基準等の閲覧

企業会計基準委員会(ASBJ)
財団法人 財務会計基準機構
(英文呼称:Financial Accounting Standards Foundation 略称 FASF)

ASBJ公表物への閲覧制限を見直し。
1. 一般向け閲覧対象の追加
   (ア) 企業会計基準
   (イ) 企業会計基準適用指針
   (ウ) 実務対応報告
2. 開始日
  平成21年1月6日より

http://www.asb.or.jp/html/information/h20/20081201.php

平井利明のメモ

|

朝の商店街

朝の商店街

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.06

歩いて

歩いて
2日

街中には
車は少なく
人も少なし。

電車もガラガラ。


新年は始まっているというのに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第3回 日本の医療に関する意識調査(日医総研)

第3回 日本の医療に関する意識調査(日医総研)
日医総研ワーキングペーパー NO. 180
http://www.jmari.med.or.jp/research/summ_wr.php?no=389

ポイントの一つして次の点が指摘されている
「84.1%の医師が日本の医療全体に対して不満を持っていた。医療従事者の不足の問題を抱え、患者との信頼関係に不安を持ち、訴訟を危惧する実態が浮かび上がった。今後の医療を担う30歳~40歳代の若手・中堅医師で不満や不安が強く、危機的な状況である。」


多くの方々にとって
必要なときに必要な医療を受ける機会が今以上に失われてしまう。
そんな事態が近い将来発生するであろうことは,日頃の仕事を通じても感じられる。
しかし,法曹関係者の殆どにその意識・認識は無いように感じられる。

平井利明のメモ

|

朝日の中の公会堂

Img_4728

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.05

今年の仕事始めの日

Dvc00198_2

                     Dvc00199_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仕事始め

今日は
事務所における
今年の仕事始め。

今年一年が
皆様にとって
明るい話題の多い年であることを期待したいものです。

平井利明のメモ

|

2009.01.03

加太にて

加太にて

何とか原稿を書き上げてメールで送信し
新年会へ(笑)

Img_4617

Img_4622

Img_4623
砲台跡

Img_4629

Dvc00194

Img_4642

Img_4645

Img_4647

Img_4664

Img_4674

Img_4677

Img_4681

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.02

初めの30分

今年はできるだけ真面目にジョギングをしたいねと。
箱根駅伝5区の東洋大学1年生の柏原君を目指して!(笑)

12月31日から取り組んだ仕事
なかなか手強いことが判明。
今日も実家にてチャレンジ
しかし、未だゴールは遠い(笑)。
実家から戻ってきてジョギングをしたのはよいが
その後アルコールに接して・・・・・・・・・仕事再開に至らず。
明日朝早めに起きて
もう一つの実家に向かう前には何とか・・・・
と考えているのだが。

締切となる5日は目前・・・・・・・(笑・・・・・)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »