« 手術・投薬方法の特許が認められる? | トップページ | インターネットエクスプローラー8(正式版) »

2009.03.19

親権停止の審判(共同通信)

2009/03/15付「共同通信」において次の内容の報道がなされている

・・・・・・・引用・・・・・・・・・
「<即日審判で父母の親権停止  家裁、息子への治療拒否で>
東日本で2008年夏、消化管内の大量出血で重体となった1歳男児への輸血を拒んだ両親について、親権を一時的に停止するよう求めた児童相談所(児相)の保全処分請求を家庭裁判所がわずか半日で認め、男児が救命されていたことが14日、分かった。
子供の治療には通常、親の同意が必要で、主治医は緊急輸血が必要だと両親を再三説得したが「宗教上の理由」として拒否された。病院から通報を受けた児相は、児童虐待の一種である「医療ネグレクト」と判断した。
医療ネグレクトに対しては過去に1週間程度で親権停止が認められた例があるが、即日審判は異例のスピード。児相と病院、家裁が連携して法的手続きを進め、一刻を争う治療につなげたケースとして注目される。
関係者によると、当時1歳だった男児は吐き気などを訴えてショック状態となり、何らかの原因による消化管からの大量出血と診断された。
病院は「生命の危険がある」と児相に通告。児相はすぐに必要書類をそろえて翌日昼、両親の親権喪失宣告を申し立てるとともに、それまでの緊急措置として親権者の職務執行停止(親権停止)の保全処分を求めた。
こうした輸血拒否への対応については日本小児科学会など関連学会が08年2月、合同で指針をまとめており、今回のケースでも病院側はこの指針に従って対応した。」

・・・・・・引用終わり・・・・・・・

なお,
<宗教的輸血拒否に関するガイドライン>
ここでは社団法人麻酔科学会に掲載されているものを示す。
(色々なところで示されているものであり内容は同じ)
宗教的輸血拒否に関するガイドライン
http://www.anesth.or.jp/dbps_data/_material_/localhost/guideline.pdf
未成年者における輸血同意と拒否のフローチャート
http://www.anesth.or.jp/dbps_data/_material_/localhost/flow%20chart.pdf
なおガイドラインは
2008 年2 月28 日
『宗教的輸血拒否に関する合同委員会』によって公表されている。
委員会メンバー(敬称略)
日本輸血・細胞治療学会 大戸 斉、米村雄士
日本麻酔科学会 武田純三、稲田英一
日本小児科学会 花田良二
日本産科婦人科学会 早川 智
日本外科学会 宮野 武
早稲田大学大学院法務研究科 甲斐克則
早稲田大学法学部 岩志和一郎
東京大学医科学研究所 武藤香織
朝日新聞社 浅井文和

私も,職務上このような相談を受けることがある。
今までのところ,幸いなことに審判を申し立てずとも解決に至っている。
しかし,審判の申立を検討せざるを得ないケースもやはりあるのだろう。
そのような場合における,家庭裁判所に対する(児童相談所からの)親権喪失の審判の申立の可能性を考えて,家庭裁判所に最短でどの程度の時間を要するのかについて問い合わせを行ったことがあったが,やはり1週間はどうしても要するとのことであった。
それでは,いざというときには間に合わないのではという疑問を訴えたが,やはり1週間は見ていただく必要があるとのことだった。
これが即日で出されるケースがあったと言うことは良き先例かなと思う。
但し,担当裁判官等にもよるのかも知れない。
ケースを考えなければならないものではあろうが,このような極めて重大なことがその都度扱いが異なることは困る。
一定の方向性を示してもらいたいものである。

なお,ことを難しくする要素とし考えておくべきことは
本例では男児が救命されたとのことだが
仮に,死亡に至ってしまったような場合,あるいは
死亡に至らずとも重大な障害が遺ってしまったような場合である。
結果を以て,考えが変わってしまうことは妥当ではない。
しかし,結果に引きずられることの多いのが裁判所という現実がある。
 
・過去ログ
輸血拒否による死
http://h-t.air-nifty.com/ht/2007/06/post-ece6.html
最高裁判所第三小法廷平成12年02月29日判決(輸血に関する事件:上告審判決)
http://h-t.air-nifty.com/ht/2007/06/post_d6ef.html

東京高等裁判所平成10年2月9日判決(輸血に関する事件:第2審[控訴審]判決)
http://h-t.air-nifty.com/ht/2007/06/post_a9fe.html
東京地方裁判所平成9年3月12日判決(輸血に関する事件:第1審判決)
http://h-t.air-nifty.com/ht/2007/06/post_ac4a.html

平井利明のメモ

|

« 手術・投薬方法の特許が認められる? | トップページ | インターネットエクスプローラー8(正式版) »

医事関連」カテゴリの記事