« 一仕事を終えて | トップページ | 大阪市街地方向 »

2009.04.22

「一日一生」天台宗大阿闍梨酒井雄哉著

筆者というよりも語り部が比叡山飯室谷不動堂長寿院住職である酒井氏による著作。

約7年をかけて地球一周に匹敵する約4万キロを歩く荒行「千日回峰行」を2度も満行された方とのこと。

しかし,もともと素晴らしい人生を歩んできたというものではないようだ。ありきたりかも知れないが親や兄弟の愛を受ける一方では,色々な苦難・挫折を経験して,今があるという方。
そのような方の言葉は,受け取りようによっては普通の言葉ではあるのだが,俗人が話す言葉とことなる重みがある。
読ませていただいて,心するところは少なくない。

朝日新書138
2008年10月

平井利明のメモ

|

« 一仕事を終えて | トップページ | 大阪市街地方向 »

」カテゴリの記事