« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

2009.05.30

これから、ラ・ボエーム

これから、ラ・ボエーム
関西二期会創立45周年記念公演 第70回オペラ公演


プッチーニ
いい音楽をつくるねぇ
泣かせるねえ。


『ラ・ボエーム』(La Bohème)
ジャコモ・プッチーニ
Giacomo Antonio Domenico Michele Secondo Maria Puccini,
原語上演・字幕付

指揮  飯守 泰次郎
演出  井原 広樹
管弦楽  京都市交響楽団

2009年5月30日(土) 16:00開演

ミミ  
 平野雅世  
ロドルフォ  
 根木 滋
マルチェッロ  
 西尾岳史
ムゼッタ  
 四方典子
コッリーネ  
 片桐直樹
ショナール  
 小玉 晃  
ベノア / アルチンドロ  
 江原啓之
パルピニョール  
 西垣俊朗
税関吏  
 黒田まさき
軍曹  
 木村克哉
主催
(財)尼崎市総合文化センター / 関西二期会 / 読売新聞大阪本社
協賛
尼崎信用金庫
後援
fm osaka

| | コメント (0) | トラックバック (0)

風の強い日

風の強い日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.29

新型インフルエンザ

兵庫県内や大阪府内にて日本国内での感染が確認された次の週の火曜日(5月19日)。
感染者が確認されていない大阪から離れた県の裁判所での証人尋問に出頭しました。
(その県では,感染が確認されたものはいませんでした)
感染者の確認された地からの来訪者になりますので
書記官からは,体調についての質問を受け
マスクをつけての尋問のお願いを受けました。
なるほど,と思わされました。
感染への対策の一端とはこのようなことなのかと。
なお,このときは医師の尋問だったのですが
その医師から
感染地域からの人との接触歴となる故に,私(平井)に体調不良がありましたら連絡を
とのお願いもありました。

感染する病気が発生したときには
色々と配慮しなければならないことがあるということです。

幸いなことに
その後も,
私には体調不良はありませんし(寝不足はともかく)
その県で感染者が確認されたとの報道等も今に至るもありません。
また,現時点までの報道等を見る限りでは
我が国では重篤化の例はなさそうであり
やはり,現時点では,悪性はさほど強くないような印象ですね。
大阪でも,日に日にマスクをつけている人が減少している感を受けます。

話は変わりますが
鳥インフルエンザの場合は,
致死率が尋常でなく,
医師でも恐ろしいとのこと。
従って,
現在進行中の新型インフルエンザにおける対処が
適切なものとなり。
将来予想される
鳥インフルエンザ対策につながることも期待したいものです。
更に
今回の件が
報道が過熱している割に,
たいしたものではないねとの認識が造成され
将来への侮りに繋がることにはならないことを期待したい。

平井利明のメモ

|

2009.05.28

「見抜く力」:平井伯昌著

平井コーチは,水泳の北島康介選手や中村礼子選手らの指導に当たったコーチである。
「オリンピックの世界の頂点に立つことだけが,最終目的では決してない。・・・水泳を通じてみんなのお手本になる,社会の中で皆さんの役に立っていける人間になってもらいたい・・・・」とある。

私も現在ロースクールに関わっている立場にあるが,似たような心境にある。
新司法試験には合格してもらいたいが,それだけの人だけにはなって欲しくない。
従って,新司法試験向けにも役立つだろうが,その先にも使えるようなものとなることを考えている。
実務の世界で依頼者等の依頼に応えられる人になって欲しいし,また,それを通じて大きく社会のために役立つ人となって欲しいと思っている。
新司法試験はそのような人物を選択するための試験。

「見抜く力」
夢を叶えるコーチング
平井伯昌著
幻冬舎新書
2008年11月

平井利明のメモ

|

金本選手ホームラン(甲子園球場にて)

金本選手ホームラン
オニューになって初めての
甲子園球場


追記)

Img_5829


蔦はなくなり
重々しさを感じさせるものは失われたことは
とても残念。
Img_5830

金本兄貴のカルビ丼
Img_5835

やはりこれでしょ
Img_5840

    西武の応援団、少人数ながらも頑張っています。
     Img_5839


     Img_5845
西武の先発は涌井投手、阪神は安藤選手。
涌井投手の素晴らしいピッチングも見物だったのですが、この日は調子が悪かったようですね。


Img_5865

       Img_5870
チュウハイです。

出だしはよかったのだが
最後まで続かない。

結局、逆転負けを喫してしまった阪神タイガース。
トラはライオンに敗北なり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

奈良の次は千里

奈良の次は千里


バタバタと


ご協力いただけそうな。
でも、
どこまでなのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ゆかいなコンサート」をもう一度見てみたい?!

NHKでやっていた
ゆかいなコンサート
確かに
もう一度、見てみたい

青島さんも若ければ
・・・・も・・・・かも(○×◇△○・・・失礼)。
(そんなに変わらないようにも思うが)

「もう一度みたい教育テレビ」
投票でアンコール放送がきまるそうな。
もう一度見てみたい方
あるいは
少しでも関心を持った人は
リクエストしてみよう!(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.27

第二寝屋川

第二寝屋川


打ち合わせも終わり


帰ります.


一度会って見るそうな。
どうなることなのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平成21年03月31日最高裁判所第三小法廷判決(代表訴訟関連)

平成20(受)442組合員代表訴訟事件
平成21年03月31日最高裁判所第三小法廷判決

原審
東京高等裁判所   
平成19(ネ)2816
平成19年12月12日

裁判要旨
1 農業協同組合の理事に対する代表訴訟を提起しようとする組合員が,同組合の代表者として代表理事を記載した提訴請求書を同組合に送付したが,監事において,当該理事に対する訴訟を提起すべきか否かを自ら判断する機会があった場合,上記組合員の提起した代表訴訟を不適法ということはできない
2 農業協同組合の合併契約に,被合併組合の貸借対照表等に誤びゅう等があったため新設組合が損害を受けたときは故意又は重過失のある被合併組合の役員が賠償責任を負う旨の条項がある場合,被合併組合の理事会で上記契約の締結に賛成した理事等は,上記条項に基づく責任を負う
3 上記条項が,被合併組合に貸倒引当金の過少計上があったときには,故意又は重過失のある被合併組合の役員に引当不足額相当額をてん補する義務を負わせる趣旨を含むとされた事例
http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?action_id=dspDetail&hanreiSrchKbn=02&hanreiNo=37502&hanreiKbn=01

判決文(裁判所サイト)
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20090401103623.pdf

判決文より
「事案の概要:A農業協同組合(以下「A農協」という。)ほか三つの農業協同組合が合併して新設されたB農業協同組合(以下「B農協」という。)の組合員である上告人X1及び同X2が,上記合併に当たり,A農協の役員らと上記合併前の各農業協同組合との間には,A農協の貸倒引当金が過少に計上されていた場合に,引当不足額を上記役員個人としてB農協にてん補する旨の合意があったなどと主張して,A農協の役員であった者又はその相続人である被上告人らに対し,上記合意に基づき,上記合併後に明らかになった同農協の貸倒引当金の不足額をB農協に支払うことなどを求める農業協同組合の組合員代表訴訟」

「平成17年法律第87号による改正前の農業協同組合法(以下,単に「農協法」という。)39条2項において準用する同改正前の商法275条ノ4によれば,農業協同組合の理事に対する組合員代表訴訟を提起しようとする組合員の提訴請求を受けることについては,監事が農業協同組合を代表することとなる。しかし,上記のとおり監事が農業協同組合を代表することとされているのは,組合員代表訴訟の相手方が代表理事の同僚である理事の場合には,代表理事が農業協同組合の代表者として提訴請求書の送付を受けたとしても,農業協同組合の利益よりも当該理事の利益を優先させ,当該理事に対する訴訟を提起しないおそれがあるので,これを防止するため,理事とは独立した立場にある監事に,上記請求書の記載内容に沿って農業協同組合として当該理事に対する訴訟を提起すべきか否かを判断させる必要があるからであると解される。そうすると,農業協同組合の理事に対する代表訴訟を提起しようとする組合員が,農業協同組合の代表者として監事ではなく代表理事を記載した提訴請求書を農業協同組合に対して送付した場合であっても,監事において,上記請求書の記載内容を正確に認識した上で当該理事に対する訴訟を提起すべきか否かを自ら判断する機会があったといえるときには監事は,農業協同組合の代表者として監事が記載された提訴請求書の送付を受けたのと異ならない状態に置かれたものといえるから上記組合員が提起した代表訴訟については,代表者として監事が記載された適式な提訴請求書があらかじめ農業協同組合に送付されていたのと同視することができ,これを不適法として却下することはできないというべきである。」

「本件合併契約は,旧4農協を当事者とするものであり,被上告人Y7らを当事者とするものではない。しかし,被上告人Y7らのうちA農協の理事会に出席して同農協が本件合併契約を締結することに賛成した理事又はこれに異議を述べなかった監事に該当する者については,本件合併契約の中に,旧4農協のうちのいずれかの農業協同組合の貸借対照表等に誤びゅう脱落等があったためにB農協が損害を受けた場合には,そのことに故意又は重過失がある当該農業協同組合の役員は個人の資格において賠償する責任を負う旨を明記した本件賠償条項が含まれていることを十分に承知した上で,A農協が本件合併契約を締結することに賛成するなどして,その締結手続を代表理事にゆだねているのであるから,同農協の代表理事を介して,旧4農協に対し,個人として本件賠償条項に基づく責任を負う旨の意思表示をしたものと認めるのが相当である。また,旧4農協においても,本件合併契約の締結に至っている以上,上記の意思表示について承諾したものと認めるのが相当である。そうすると,少なくとも,被上告人Y らのうち上記のよ7 うな理事又は監事に該当する者については,旧4農協の権利義務を承継したB農協に対する関係でも,本件賠償条項に基づく責任を免れないものというべきである。」

「本件賠償条項においては,「賠償の責に任ずる」場合について,「新組合が損害を受けたとき」と定められているところであり,その文理に照らすと,原審のように解する余地もないわけではない。しかし,旧4農協のうちのいずれかの農業協同組合の貸借対照表等に誤びゅう脱落等があったために,B農協の資産が流出するなどして,同農協に具体的な損害が生じた場合には,当該農業協同組合の理事及び監事は,軽過失のときであっても,法律上当然に,B農協に対する損害賠償責任を負うのであるから(農協法33条2項,39条2項),故意又は重過失の場合に限って旧4農協の理事及び監事が責任を負うものとする本件賠償条項について上記のように解するのは,当事者の合理的意思に合致しないものというべきである。前記事実関係によれば,本件合併契約には,B農協に引き継がれる旧4農協の財産が貸借対照表等どおりのものであることを前提とする条項(4条1項)が設けられており,平成13年2月25日に開催されたA農協の臨時総会では,不良債権であるのに,そうでないように見せ掛けるなどした場合に,同農協の役員が本件賠償条項に基づく責任を負うことになることから,そのような事態の発生を回避するために,同農協の職員において注意して自己査定を行っている旨の説明がされているというのである。また,前記事実関係によれば,本件合併の前後を通じて,A農協及びB農協において,不良債権を適正に評価し,必要な貸倒引当金を計上し,財務の健全性確保に努め,自己資本比率の維持,向上を図っていくことが重要な課題となっていたことは,明らかである。これらの事情に照らすと,本件賠償条項は,不良債権が適正に評価され,必要な貸倒引当金が計上されていることを含めて,旧4農協の貸借対照表等が正確であることを担保する趣旨の定めというべきであり,旧4農協のうちのいずれかの農業協同組合において,不良債権が適正に評価されておらず,貸倒引当金が過少に計上されていることが判明した場合には,過少に計上したことに故意又は重過失のある当該農業協同組合の理事及び監事に対して,引当不足額相当額をB農協にてん補する義務を負わせる趣旨を含むものと解するのが相当である。」

平井利明のメモ

|

あっけない

昨日には手の中にあったのに。


悲し。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.26

リゲティのバイオリンコンチェルト

りゲティのバイオリンコンチェルト
凄いね


庄司さんのバイオリンも大阪フィルもとてつもなくよかったよ。


響きの中に展開される協奏曲
その意味では従来のものとは異なるが
新な境地の曲として
心地よい。

庄司さんが惚れ込んだだけある曲。
また
聞いてみたい。


現代音楽であって
作曲者はリゲティ。
それだけでも難しそう
それを
庄司さんは勇敢にまた力強く弾ききって
また
大フィルも光っていた。

こんな演奏が
聞けるなんて
素晴らしすぎ!

2009年5月26日(火)、
19:00開演(18:00開演)

指 揮:ヨナス・アルバー
Conductor: Jonas ALBER
ヴァイオリン:庄司紗矢香
Violin: SHOJI Sayaka

曲 目:
コダーイ/ガランタ舞曲
Kodaly ZOLTAN/ Galantai tancok
リゲティ/ヴァイオリン協奏曲
Gyorgy LIGETI/ Violin Concerto
ラフマニノフ/交響曲 第3番 イ短調 作品44
Sergei RAKHMANINOV/ Symphony No.3 in A minor, Op.44

ザ・シンフォニーホール
The Symphony Hall

27日(水)
明日も同じプログラム

追記)
表題が誤っていました
リゲティが往年の大バイオリニストシゲティになっていましたね(笑)。
すんまへんでした。
oizoさん混乱させてしまってすいまへん。

昨夜は
当日券を買って,かなり前の方で聞いてみました。
ヴァイオリンの1番,2番,ヴィオラ,チェロの各トップの表情が見える場所でした。
大フィルの弦楽セクションの響きが好きなので,かなり楽しめる機会となりました。
ただ,ヴァイオリンの庄司さんは指揮者の陰になってしまってあまり見えなかった。
とてつもなく難しい曲のようで,ソリストには珍しく,大きな譜面台を立てて(それを2つも)演奏されていたこともあります。
ジェルジ・リゲティ(1923~2006)といえば,oizoさんもご指摘のとおり,現代音楽(前衛音楽の)の巨匠。
音楽の選択に抜群の才能があるスタンリー・キューブリック(Stanley Kubrick,)の映画「2001年宇宙の旅」にもその作品が用いられている方。
ヴァイオリンコンチェルトは晩年の作品のようで,5楽章のものは一応1992年に出来たようだ。
プログラムの説明によると,複雑なポリフォニーとポリリズムが目標に掲げられているとのこと。
なお,現代音楽にしては,比較的耳になじみやす思われるのは自然倍音が駆使されていることによるものか。

独奏バイオリンの技巧は,半端ではなさそう。
さすがにパガニーニコンクールを最年少で優勝したという庄司紗矢香さんのテクニックも半端ではない
庄司紗矢香さんの今回の演奏についてのメッセージ
庄司さんにとって,この曲は今年一番のチャレンジとのことですが,
本当にそう感じることの出来た演奏でした。

大阪の地で
このような演奏に接することが出来て
幸いなり。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ザ・フェニックスホール平成21年6月の公演カレンダー

ザ・フェニックスホール平成21年6月の公演カレンダー
http://phoenixhall.jp/calender/2009/6

アクセスマップ
http://phoenixhall.jp/access.html

ホールのトップページ
http://phoenixhall.jp/index.html

平井利明のメモ

|

2009.05.25

今日は並んで買ってきました。堂島ロール。

今日は並んで買ってきました。
用事があって近くに
比較的、列が短いようだったので並んでみた。
20分弱かな
本店では購入本数の制限が原則として無いとのこと。
Dvc00383
モンシュシュの本店
いくつかの電話にてオーダーをとりつけて
持ち帰り。

重くて大変でした(笑)


堂島ロール
また
味わってみます。

なお
写真は
シンデレラロール
堂島ロールの中に果実が入っている。
果物の酸っぱさが妙味。
   Dvc00385

| | コメント (0) | トラックバック (0)

RSO(オーストリア放送交響楽団)存続の危機に。

「RSO(オーストリア放送交響楽団)が現在、存続の危機にあります。」
とのこと。
オーストリアのグラーツの歌劇場で活躍されておられるうささんのサイトで知りました。

非力ながら
署名しました。
外国からの署名というのは,どのように評価されるのか。
海外の人もこのように思っているのだから
ということで
翻意への一助となれば幸いなのですが。

なお
日本語で入力したけど,文字化け大丈夫なのだろうか。
ドイツ語はどうにもならないし
英語も,とてもとても辛い。。。。(涙)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.24

『もう一度みたい教育テレビ』(NHK)

今年は教育テレビ50周年ということで,NHKホームページで『もう一度みたい教育テレビ』という企画にてリクエスト募集しているとのこと。http://cgi2.nhk.or.jp/etv50/request/index.cgi

ざっと見ますと
見たねえという番組が結構ありますね。
明らかに年代を感じさせるものですが
「はたらくおじさん」
は小学校の頃に学校の授業で見た覚えが。
・・・・・・・・・
はたらく,おじさん
はたらくおじさん
こ~ん・に・ち・は~
・・・・・・・・・
との挿入歌だったような。
なお
リストにはあがっていませんが
「明るい農村」というのを見た記憶もありますが
今になって思うと
なぜ
「明るい農村」を授業で見ていたのか。

リストにあがっていなかった中で
リストにあがって欲しいなと思う番組の一つとして
『ゆかいなコンサート』がありますね。
作曲家の青島広志氏と
http://www6.plala.or.jp/aoshimahiroshi/
ファミリーソングシンガーの山野さと子さん
http://www.alice-family21.com/artist/satoko/
Dialy:http://www.alice-family21.com/artist/satoko/diary.html
blog:http://ameblo.jp/satokosmile/
のお二人が担当されていた番組。

音楽や楽器の紹介番組で
作曲家でなかなかユニークなノリの青島氏が,古今東西の楽曲を色々なスタイルで編曲し
それを
可愛くて多彩で頑張りやさんの
さと子さんとのコンビで
色々と展開していった
そんな面白く興味深い音楽番組でした。

リストにあがっていないのは残念。
興味ある方は,リクエストすれば
対象番組としてあがってくるかも。

NHKのQ&Aより
「リストにのっていない番組はリクエストできますか?ジャンルから探す、自分の年齢から探す、50音順から探す、のリストにのっていない番組でもリクエストはできます。リストにない番組をリクエストから再放送を希望する番組名をメッセージとともにリクエストしてください。」
http://cgi2.nhk.or.jp/etv50/request/faq.html#2_1

これ以外にも
思い出の番組があるならば
リクエストしてみれば
ひょっとすれば
久しぶりにまた見ることができる?

なお
NHKの保存番組検索は
http://archives.nhk.or.jp/chronicle/

ゆかいなコンサートの検索結果
http://archives.nhk.or.jp/chronicle/search/?q=%E3%82%86%E3%81%8B%E3%81%84%E3%81%AA%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%88&o=1&np=100&or=t

平井利明のメモ

|

2009.05.23

きずし

きずし
大好物!

ただ
もっと肉厚で
酢でしまっている方が
いいのだが。

Dvc00377
やはり

冷酒でしょ。
(一杯だけ・・・)


Dvc00376
イカも美味しゅうございました。


でも
函館で食べたイカは
忘れられまへん。
それを超えるものは
なかなか
ありませんねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.22

京セラドーム大阪にて

京セラドームにて


今宵は,譲っていただいたチケットにて
阪神タイガースvsオリックスバッファローズとの一戦

阪神を応援していた者にとっては
ほぼ面白くない試合。
オリックスの攻撃は
トップバッターが出塁して,攻撃の時間も長い。
それに引換え阪神はといえば・・・・・・

投手は貧弱で層は薄い
(でも,お疲れですね)
打者はお粗末。

そのような中では
金本選手の
バックスクリーンへのホームラン
を見ることが出来たことだけが
唯一の救いだった。


3対8での大敗。
内容は,点差以上に救いのない酷いものだった。


Img_5791


             Img_5785
           安藤投手

   Img_5792

             Img_5810

Img_5797
鉄人金本選手


           Img_5799

| | コメント (0) | トラックバック (0)

休校(新型インフルエンザ感染確認による)

2009年5月21日付けにて、京都市内での新型インフルエンザ感染確認を受けて、感染拡大防止のため、地方自治体の要請をふまえ休校等が決定されたとのこと。
因みに、朱雀キャンパス内にある立命館大学法科大学院も下記の期間休校となる。

1.休校
【休校期間】
2009年5月22日(金)~5月27日(水)
【対象キャンパス】
立命館大学衣笠キャンパス(京都市北区)
朱雀キャンパス(京都市中京区)
立命館中学校・高等学校(京都市伏見区)
立命館宇治中学校・高等学校(京都府宇治市)
立命館小学校(京都市北区)

2.休校に関わる対応
立命館大学衣笠キャンパス・朱雀キャンパス
【学生・大学院生について】
衣笠キャンパス・朱雀キャンパスに所属する全学部学生および大学院生について、休校期間中は「自宅待機」。
キャンパス立ち入りは原則禁止。
衣笠・朱雀キャンパスに所属する学生は、その他のキャンパスに移動することも禁止。
休校期間の授業の取り扱い(補講等の対応)については、別途知らせがある。

3.授業以外の諸行事・活動
課外活動(サークル活動を含む)は中止・延期
キャンパス内で行う課外講座(エクステンションセンター講座含む)など、学園が主催する行事・活動等は中止または延期
生協食堂、その他の学園内の営業活動は自粛を要請
施設の貸与については原則として中止・延期を要請


学校等の教育施設は,その性格上,比較的規模の大きな感染拡大の機会となりやすい。そのため,休校等の一定の措置が,感染拡大を防止する一つの有効な手段であると考えられる。但し,どの程度の範囲でどの程度のことを行うかは難しいのだろう。
何時までも休校とすることは現実出来はないことを考えるとき,その解除を何時行うのかは難しいと言えよう。先に,解除されることとなる大阪府や兵庫県で,解除後どのようなこととなっていくのかが一つの具体例となっていくのだろう。

私は,前期は月曜日に出講しているので来週の月曜日(5月25日)は,休講になってしまうということになる
なお,月曜日に4つの授業を受け持っているのでいつも週末は準備に追われているのだが今週末は別の目的にて使えそうだ。
なお,昔と異なり,現在のシステムでは,休講の場合には必ず補講などを行わなければならないので(公務・忌引等であっても),それがどうなるのか。タイトなスケジュールの中でのやりくりは,院生にとっても,院にとっても,また教員にとっても,時間のやりくりを考えなければならないことになる。



休校に関して詳しくは、下記のページにて。

立命館大学のホームページより
http://www.ritsumei.jp/news/detail_j/topics/3412/year/2009/publish/1

平井利明のメモ

|

2009.05.21

平成21年度第二次試験短答式試験問題(旧司法試験)(法務省)

平成21年度の第二次試験短答式試験問題(旧司法試験)

http://www.moj.go.jp/SHIKEN/h21.pdf

平井利明のメモ

|

2009.05.20

平成21年新司法試験試験問題(法務省)

平成21年新司法試験試験問題

短答式試験(公法系科目)
http://www.moj.go.jp/SHIKEN/SHINSHIHOU/h21-22-01jisshi.pdf
短答式試験(民事系科目)
http://www.moj.go.jp/SHIKEN/SHINSHIHOU/h21-22-02jisshi.pdf
短答式試験(刑事系科目)
http://www.moj.go.jp/SHIKEN/SHINSHIHOU/h21-22-03jisshi.pdf
論文式試験(公法系科目)
http://www.moj.go.jp/SHIKEN/SHINSHIHOU/h21-22-04jisshi.pdf
論文式試験(民事系科目)
http://www.moj.go.jp/SHIKEN/SHINSHIHOU/h21-22-05jisshi.pdf
論文式試験(刑事系科目)
http://www.moj.go.jp/SHIKEN/SHINSHIHOU/h21-22-06jisshi.pdf
論文式試験(選択科目)
http://www.moj.go.jp/SHIKEN/SHINSHIHOU/h21-22-07jisshi.pdf

法務省ページ
http://www.moj.go.jp/SHIKEN/SHINSHIHOU/h21-22jisshi.html

平井利明のメモ

|

四国上空より瀬戸内海を臨んで。

Img_5782


松山から伊丹に向けての
ボンバルディア機
夜に帰るときには
是非とも進行方向に向かって左側の窓側に座りたい。
もちろん翼は避けて。
飛行機は
和歌山から大阪に入って
奈良に近いルートを通りながら
伊丹空港に向かう。
プロペラ機はかなり高度も低い。
大阪の南から大阪の中心部へ向けて
左側の窓からは
幾つあるのかがわからない
ダイヤモンドなどの宝石の煌めきが
目に入ってくる。
この眺めは、
キット、世界でも有数の眺めに違いないと勝手に思っている。
伊丹空港の地理的条件
プロペラ機という飛行機の種類が
生み出すスペクタクル。
なかなか左側の席はとれないのだが
たまに、あたると
嬉しくて窓にへばりつきとなる。

なお、
既に着陸態勢に入っているため
電子機器の使用が許されていない。
そのため、
デジタルカメラで空の上からの街の夜景の撮影をすることが出来ない。
残念なことだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.19

昭和38年の東京の航空写真(goo)

昭和38年の東京の航空写真(goo)
http://map.goo.ne.jp/map.php?st=4

平井利明のメモ

|

一仕事前に

カンターにて

Img_5776


そして

  Img_5779


昨夜は
2時間ほどの睡眠だったので
早く寝ればいいのにね(笑)

まあ
車内で
ちょいと寝たしね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.18

列車だとはるばると来た感じ

列車だとはるばると来た感じ
京都から

新幹線+在来線にて

約4時間でした。


Img_5771

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平成21年04月23日最高裁判所第一小法廷判決(建物の区分所有等に関する法律70条の合憲性)

平成20(オ)1298所有権移転登記手続等請求事件
平成21年04月23日最高裁判所第一小法廷判決

原審
大阪高等裁判所   
平成19(ネ)3386
平成20年05月19日

裁判要旨
建物の区分所有等に関する法律70条は,憲法29条に違反しない

http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?action_id=dspDetail&hanreiSrchKbn=02&hanreiNo=37541&hanreiKbn=01

判決文(裁判所サイト)
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20090423151822.pdf

判決文より
「(2) 区分所有権は,1棟の建物の中の構造上区分された各専有部分を目的とする所有権であり(区分所有法1条,2条1項,3項),廊下や階段など,専有部分の使用に不可欠な専有部分以外の建物部分である共用部分は,各専有部分の所有者(区分所有者)が専有部分の床面積の割合に応じた持分を有する共有に属し,その持分は専有部分の処分に従うものとされている(同法2条2項,4項,4条,11条,14条,15条)。また,専有部分を所有するための建物の敷地に関する権利である敷地利用権が数人で有する所有権その他の権利である場合には,区分所有者の集会の決議によって定められた規約に別段の定めのある場合を除き,区分所有者は敷地利用権を専有部分と分離して処分することはできないものとされている(同法2条6項,22条)。このように,区分所有権は,1棟の建物の1部分を構成する専有部分を目的とする所有権であり,共用部分についての共有持分や敷地利用権を伴うものでもある。したがって,区分所有権の行使(区分所有権の行使に伴う共有持分や敷地利用権の行使を含む。以下同じ。)は,必然的に他の区分所有者の区分所有権の行使に影響を与えるものであるから,区分所有権の行使については,他の区分所有権の行使との調整が不可欠であり,区分所有者の集会の決議等による他の区分所有者の意思を反映した行使の制限は,区分所有権自体に内在するものであって,これらは,区分所有権の性質というべきものである。区分所有建物について,老朽化等によって建替えの必要が生じたような場合に,大多数の区分所有者が建替えの意思を有していても一部の区分所有者が反対すれば建替えができないということになると,良好かつ安全な住環境の確保や敷地の有効活用の支障となるばかりか,一部の区分所有者の区分所有権の行使によって,大多数の区分所有者の区分所有権の合理的な行使が妨げられることになるから,1棟建替えの場合に区分所有者及び議決権の各5分の4以上の多数で建替え決議ができる旨定めた区分所有法62条1項は,区分所有権の上記性質にかんがみて,十分な合理性を有するものというべきである。そして,同法70条1項は,団地内の各建物の区分所有者及び議決権の各3分の2以上の賛成があれば,団地内区分所有者及び議決権の各5分の4以上の多数の賛成で団地内全建物一括建替えの決議ができるものとしているが,団地内全建物一括建替えは,団地全体として計画的に良好かつ安全な住環境を確保し,その敷地全体の効率的かつ一体的な利用を図ろうとするものであるところ,区分所有権の上記性質にかんがみると,団地全体では同法62条1項の議決要件と同一の議決要件を定め,各建物単位では区分所有者の数及び議決権数の過半数を相当超える議決要件を定めているのであり,同法70条1項の定めは,なお合理性を失うものではないというべきである。また,団地内全建物一括建替えの場合,1棟建替えの場合と同じく,上記のとおり,建替えに参加しない区分所有者は,売渡請求権の行使を受けることにより,区分所有権及び敷地利用権を時価で売り渡すこととされているのであり(同法70条4項,63条4項),その経済的損失については相応の手当がされているというべきである。
(3) そうすると,規制の目的,必要性,内容,その規制によって制限される財産権の種類,性質及び制限の程度等を比較考量して判断すれば,区分所有法70条は,憲法29条に違反するものではない。このことは,最高裁平成12年(オ)第1965号,同年(受)第1703号同14年2月13日大法廷判決・民集56巻2号331頁の趣旨に徴して明らかである。」

平井利明のメモ

|

特急しおかぜ

特急しおかぜ


列車で
松山は
遠い。


約3時間の乗車の予定。
目的地は終点なので乗り過ごしはないだろう(笑)


Img_5767

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マスクの多い朝

さすがにマスクをしている人が多い。

大阪府下の公立学校も休校。


京都方面は今のところ関係が無いようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.17

新型インフルエンザ

昨日、神戸にて1名の感染が確認されたと報じられていたところ
本日の朝刊によれば神戸で8名が確認され
症状のあるものが100名にも及ぶとのこと。

日本の報道は海外に比較すると
過剰といえるほどだとは思うが
地域的に目の前に迫っていることを
考えると、正確な情報が欲しいものだ。

しかし
ここまで感染が確認され
かつ疑わしい例が多いともなると
水際阻止の段階は過ぎたということか。

感染の機会を減らして
あとは
体力勝負ということなのか。
感染力は強いが
悪性度はさほど強くないそうであることに
期待をかけることになるのか。

なお、新聞の片隅には
民主党の代表選挙の結果が。
これから選挙で
売っていかなければというときに。
運のないこと
ということなのか。


追記)
感染は大阪でも確認され
状況から考えると
拡大は必至か。
特に
私立学校は学生の居住範囲が広域となるため
影響が及ぶ範囲は少なからずであるはず。
兵庫県内に所在する子供の通う学校も
(感染者は報告されていないが)
政府の決定している行動計画が「第2段階(国内発生早期)」に移行したことを受けた
県からの要請を受けて
月曜日から金曜日までの休校が決定した
とのこと。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.16

和泉名産「時雨餅」

Img_5755

                         Img_5756

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コバラが空いて

コバラが空いて
たこ焼き

| | コメント (0) | トラックバック (0)

虫@藤本義一作

虫@藤本義一作

「虫」
主催/(財)岸和田市文化財団
作/藤本義一  
演出/鈴木健之亮
劇団「往来」
場所/岸和田市立 浪切ホール 小ホール
13:30開演(開場13:00)の部を見てきました。
(なお18:00開始の公演もある)。

2007年11月25日 (日)
「虫」by藤本義一@劇団往来
の再演となる作品。
もう50年も前になる作品であり
重たいものだが
なかなか興味深い作品なので再度観に行った。

2度目ともなると
じっくり見ることができた。
前回見逃していた部分や
それぞれの絡みを十分に楽しむことが出来た。
(筋がわかっていることは、ある意味悲しくもあるが)

舞台が始まる前には
藤本義一氏と岸和田市長によるトークもあった。
当時大学生だった藤本氏は
教員になるべくして配属先まで決まっていたようだが
それを降って
劇作家の道を選択した等の話の披露があった。
そのような学生が、
その時代の人達の生の姿に触れて
出来上がった作品だけに
説得力が生まれてくるのだろう。

だんじりで有名な
岸和田に来るのは
久しぶりとなる。
かつては、仕事にてチョコチョコおじゃましたが
今ではとんとごぶさたの町。
また、今までも
海岸の方面には今まで行くことがなかったが
浪切ホールは海の近くにあるので
そっち方面まで徒歩にて。
岸和田は
港湾から発達した町とのことで
海に近いところに
歴史を感じるたたずまいがある。

そんな町だったとは、今まで知らなかった。

なお浪切ホール
予想していた以上に
かなり立派なホール。

市長曰く
維持が大変だそうな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Edvard Grieg
"Morgenstimmung"
aus "Peer Gynt" Op.23

Oslo Philharmonic Orchestra
Esa-Pekka Salonen
1987

久しぶりに8時間ほど寝た。
最近
3時頃寝の7時頃起きが続いていたので
昨夜は
さすがに
早めに寝床に

朝:6時頃
Radio Swiss Classic
から
グリーグの
「朝」(ペールギュントより)



だね。

思わず
写真
(笑)


Img_5750


今は
Franz Schubert
Impromptu B-Dur D 935

これもいいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.15

平成21年04月23日最高裁判所第一小法廷判決(住民訴訟と弁護士費用関連)

平成19(受)2069弁護士報酬請求事件
平成21年04月23日最高裁判所第一小法廷判決

【破棄自判】

原審
大阪高等裁判所   
平成19(ネ)1438
平成19年09月28日

裁判要旨
1 地方自治法(平成14年法律第4号による改正前のもの)242条の2第7項にいう弁護士報酬の「相当と認められる額」の意義
2 地方自治法(平成14年法律第4号による改正前のもの)242条の2第7項にいう弁護士報酬の「相当と認められる額」についての原審の認定判断に違法があるとされた事例 
http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?action_id=dspDetail&hanreiSrchKbn=02&hanreiNo=37542&hanreiKbn=01

判決文(裁判所サイト)
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20090423153236.pdf

判決文より
「法242条の2の定める住民訴訟は,住民が,自己の個人的な権利利益の保護救済を求めて提起するものではなく,地方財務行政の適正な運営を確保することを目的として,自己を含む住民全体の利益のために,いわば公益の代表者として提起するものであり,これに勝訴すると,結果として普通地方公共団体の財務会計上の違法な行為又は怠る事実が防止され又は是正されることになる。特に,旧4号住民訴訟は,住民が普通地方公共団体に代わって提起するものであり,この訴訟において住民が勝訴したときは,そこで求められた是正等の措置が本来普通地方公共団体の自ら行うべき事務であったことが明らかとなり,かつ,これにより普通地方公共団体が現実に経済的利益を受けることになるのであるから,住民がそのために費やした費用をすべて負担しなければならないとすることは,衡平の理念に照らし適当と- 5 -はいい難い。そこで,同条7項は,旧4号住民訴訟を提起した住民が勝訴(一部勝訴を含む。)した場合に,その訴訟を委任した弁護士に支払うべき報酬額の範囲内で相当と認められる額の支払を普通地方公共団体に対して請求することができることとしたのである。法242条の2第7項の以上のような立法趣旨に照らすと,同項にいう「相当と認められる額」とは,旧4号住民訴訟において住民から訴訟委任を受けた弁護士が当該訴訟のために行った活動の対価として必要かつ十分な程度として社会通念上適正妥当と認められる額をいい,その具体的な額は,当該訴訟における事案の難易,弁護士が要した労力の程度及び時間,認容された額,判決の結果普通地方公共団体が回収した額,住民訴訟の性格その他諸般の事情を総合的に勘案して定められるべきものと解するのが相当である。前記事実関係によれば,別件訴訟の判決認容額は1億3000万円を超え,判決の結果被上告人は約9500万円を既に回収しているというのであるから,被上告人は現実にこれだけの経済的利益を受けているのであり,別件訴訟に関する「相当と認められる額」を定めるに当たっては,これら認容額及び回収額は重要な考慮要素となる。住民訴訟の目的,性質を考慮したとしても,上記の考慮要素をもって,原審のように,一般的に,従たる要素として他の要素に加味する程度にとどめるのが相当であるということはできない。一方,原審は,別件訴訟の事案が特に易しいものであったとか,別件受任弁護士らが訴訟追行に当たり要した労力の程度及び時間がかなり小さなものであったなど,「相当と認められる額」を大きく減ずべき事情については何ら認定説示しておらず,むしろ,別件受任弁護士らは訴訟追行に当たり相当の労力を要したことが推認されるなどと説示しているのである。そうすると,原審は,一つの重要な考慮要素と認められる前記認容額及び回収額についてほとんど考慮することなく別件訴訟に関する「相当と認められる額」を認定したものであり,他に原審の認定した額を「相当と認められる額」とすべき合理的根拠を示していないから,その判断は,法242条の2第7項の解釈適用を誤ったものといわざるを得ない。」

なお,裁判官宮川光治の補足意見と裁判官涌井紀夫の意見がある。

平井利明のメモ

|

もう週末になってしまいます。

もう週末になってしまいます。
ふぅ

まあ
このご時世
仕事があってよしと
しよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.14

福井大学学生広報のwebサイト

福井大学学生広報のwebサイト
http://www.fukui-u.ac.jp/gakusei_koho/index.html

このサイトには教員紹介のページが設けられている。
第1回目の取材は教育学研究科3年:高畑真美さんによるもの。
高畑さんは,現在,福井大学大学院にて教育関係の研究に携わっているが,出身は立命館大学となる。
彼女が立命にいた頃,彼女は,立命の学生広報のWebサイト(リツナビ)に携わっていた。
彼女が教員紹介の取材を担当していたのだが,法科大学院(ロースクール)という今までの日本にはなかった制度が立ち上がったばかりという頃に,ロースクールの教員の取材に来た高畑さんの取材対象にたまたま私がなったという縁があった。そのときに当時の校舎(西園寺記念館)に在室していた教員が私ぐらいだけであったという事情による。
当時,リツナビには教員紹介のページがあり,それにしばらく掲載されていたが,今はない。このような類の記事は,やはりあとで読み返すと恥ずかしいばかりなので,いつまで残っているのかと心配をしていたこともあった(笑)

学校の生活に密着した情報を掲載することは,対内的に自らの所属校への知識と理解と連携とを深める契機となるとともに,また,対外的にも自らの学校のアピールとなる。
福井という地方からも日本全国あるいは世界に向けて,そのような試みが進められているようだ。
今後の充実ぶりを期待したいものだ(なお,いろいろと携わっておられる方々の学業の進展も相乗的に期待するばかりである)。

平井利明のメモ

|

足柄金時と書いてあるが

足柄金時


正しくは
「金時力まんじゅう」とのこと
内閣総理大臣賞を受賞した逸品だそうです。

金時とは,源頼光の四天王の一人とされた坂田金時に由来する。
いわゆる「足柄山の金太郎」さん。

茶褐色の衣の中につぶし餡がはいっていてさらに中にはお餅が入っている。
一口目に香ばしい感じを受けるのが意外。甘さを抑えた餡の甘みとの対比が嬉しい。そんなところにささやかなもちもち感。

蒸したてのものだったら
もっと美味しかったに違いない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.13

平成21年04月17日最高裁判所第二小法廷判決(株主総会決議不存在確認の訴えの係属中における株式会社の破産手続開始決定)

平成20(受)951株主総会等決議不存在確認請求事件
平成21年04月17日最高裁判所第二小法廷判決

【破棄差戻し】

仙台高等裁判所
平成19(ネ)524
平成20年02月27日

裁判要旨
株式会社の取締役等の解任又は選任を内容とする株主総会決議不存在確認の訴えの係属中に当該株式会社が破産手続開始の決定を受けても,上記訴訟についての訴えの利益は当然には消滅しない
http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?action_id=dspDetail&hanreiSrchKbn=02&hanreiNo=37534&hanreiKbn=01

判決文(裁判所サイト)
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20090417162419.pdf

判決文より
民法653条は,委任者が破産手続開始の決定を受けたことを委任の終了事由として規定するが,これは,破産手続開始により委任者が自らすることができなくなった財産の管理又は処分に関する行為は,受任者もまたこれをすることができないため,委任者の財産に関する行為を内容とする通常の委任は目的を達し得ず終了することによるものと解される会社が破産手続開始の決定を受けた場合,破産財団についての管理処分権限は破産管財人に帰属するが,役員の選任又は解任のような破産財団に関する管理処分権限と無関係な会社組織に係る行為等は,破産管財人の権限に属するものではなく破産者たる会社が自ら行うことができるというべきである。そうすると,同条の趣旨に照らし,会社につき破産手続開始の決定がされても直ちには会社と取締役又は監査役との委任関係は終了するものではないから破産手続開始当時の取締役らは,破産手続開始によりその地位を当然には失わず,会社組織に係る行為等については取締役らとしての権限を行使し得ると解するのが相当である(最高裁平成12年(受)第56号同16年6月10日第一小法廷判決・民集58巻5号1178頁参照)。したがって,株式会社の取締役又は監査役の解任又は選任を内容とする株主総会決議不存在確認の訴えの係属中に当該株式会社が破産手続開始の決定を受けても,上記訴訟についての訴えの利益は当然には消滅しないと解すべきである。」

平井利明のメモ

|

今日から平成21年新司法試験

今日は短答式試験。

2008.11.05平成21年新司法試験の実施日程等(法務省)
http://h-t.air-nifty.com/ht/2008/11/post-b909.html

2008.12.05平成21年新司法試験考査委員名簿(平成20年11月14日現在)(法務省)
http://h-t.air-nifty.com/ht/2008/12/post-0774.html

2009.02.03平成21年新司法試験の試験場(法務省)
http://h-t.air-nifty.com/ht/2009/02/21-69ad.html

2009.02.18平成21年新司法試験の出願状況(法務省)
http://h-t.air-nifty.com/ht/2009/02/post-0096.html

平井利明のメモ

|

2009.05.12

平成21年04月24日最高裁判所第二小法廷判決(間接強制と不当利得返還請求権関連)

平成20(受)224損害賠償等請求事件
平成21年04月24日最高裁判所第二小法廷判決

原審
福岡高等裁判所   
平成18(ネ)887
平成19年10月31日

裁判要旨
被保全権利が発令時から存在しなかったものと本案訴訟の判決で判断され,仮処分命令が事情の変更により取り消された場合,債務者は,保全執行としてされた間接強制決定に基づき取り立てられた金銭の不当利得返還請求をすることができる
http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?action_id=dspDetail&hanreiSrchKbn=02&hanreiNo=37543&hanreiKbn=01

判決文(裁判所サイト)
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20090424132048.pdf

判決文より
「仮処分命令における保全すべき権利が,本案訴訟の判決において,当該仮処分命令の発令時から存在しなかったものと判断され,このことが事情の変更に当たるとして当該仮処分命令を取り消す旨の決定が確定した場合には,当該仮処分命令を受けた債務者は,その保全執行としてされた間接強制決定に基づき取り立てられた金銭につき,債権者に対して不当利得返還請求をすることができる。その理由は,次のとおりである。
間接強制は,債務の履行をしない債務者に対し,一定の額の金銭(以下「間接強制金」という。)を支払うよう命ずることにより,債務の履行を確保しようとするものであって,債務名義に表示された債務の履行を確保するための手段である。そうすると,保全執行の債務名義となった仮処分命令における保全すべき権利が,本案訴訟の判決において当該仮処分命令の発令時から存在しなかったものと判断され,これが事情の変更に当たるとして当該仮処分命令を取り消す旨の決定が確定した場合には,当該仮処分命令に基づく間接強制決定は,履行を確保すべき債務が存しないのに発せられたものであったことが明らかであるから,債権者に交付された間接強制金は法律上の原因を欠いた不当利得に当たるものというべきである。」



裁判所の命令による間接強制という国家権力の行使たる公法上の行為が介在しても,私法上の不当利得返還請求権の有無には影響を与えないということでもあるのか。

不当利得の制度は,徐々に歴史的な純化を経て形成されたものではなく,むしろ,法典編纂期に急遽形作られたものとのことどえある(新版注釈民法18・337p)。
しかしながら,機能的には,極めて重要な制度である。
不当利得の制度は,「財産帰属の面において非有体的利益の帰属を保障し」,「財産移転に関し,財貨の移転を裏面から支える」という極めて重要な意味合いを有している。
例えば,契約関係に基づいてある財貨の移転があったとしても,その財貨の移転は不合理なものとしてものと持ち主に返すべきとなるような場合があるのか。
仮に,このような考察が行わなければならないとすれば,財貨の移転は,契約の存在だけでは正当化されず,結局,不当利得返還請求が成立しないことも実質的に要求されることになる(相対的無効なる考察は,不当利得的な価値判断が求められているとも言えよう)。
従って,不当利得に関する理解を深めることは,かなり重要なことであることがわかるのだが,難しい。

平井利明のメモ

|

あっという間の一日。(松山へ)

あっという間の一日。
寝る時間を削り移動中も時間を惜しんでバタバタで準備を進め
しっかりと打ち合わせを行い
気が付けば
もう松山発の飛行機の時間。


こちらの写真は
行きの飛行機の窓から
Img_5740

瀬戸内海の向こうは
四国

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.11

京都で一仕事のあとは

京都で一仕事のあとは
大阪で二仕事目


あと2週間は特にハードな状態が続く。。

やれやれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ワールドデジタルライブラリー(World Digital Library)

ワールドデジタルライブラリー(World Digital Library)

http://www.wdl.org/en/

米国議会図書館・ユネスコが共同で作成しているとのこと。
国立国会図書館も参加している。
http://www.ndl.go.jp/jp/news/fy2009/1187191_1393.html

平井利明のメモ

|

外国等に対する我が国の民事裁判権に関する法律(2009年4月17日成立)

外国等に対する我が国の民事裁判権に関する法律
平成21年4月17日成立

法律案要綱
http://www.moj.go.jp/HOUAN/GAIKOKU2/refer01.html
http://www.moj.go.jp/HOUAN/GAIKOKU2/refer01.html

法律案
http://www.shugiin.go.jp/itdb_gian.nsf/html/gian/honbun/houan/g17105037.htm

平井利明のメモ

|

2009.05.09

ウマクカケバウマクイク展2009に行ってきました。

Dvc00349

                          Dvc00350

初日(5月9日)のパーティーにおじゃまして参りました。
作品は、総て完売だそうで・・・・・・・凄い。

お楽しみ抽選会があり
「16名限定のあたり」
ラッキーなことに当選となり!
Tシャツ
卓上カレンダー
シール
旅行誌(TaBiMo)・・・・ウマさんのイラストが使われています。

ウマさんのウクレレ演奏もあり
(本人はウマレレとよんでいます・・・笑)


なお、抽選に使われた葉書
(次の写真の一番上のもの)
プリントものとして出されたウマさんの最初の作品のようですね。
今の作品とはかなり雰囲気の違うものです。

     Img_5733


2009年4月30日 (木)テンにて晩御飯
2009年4月11日 (土)ウマカケバさんのブログ見つけた!(笑)
2009年3月28日 (土)「ウマカケバクミコのウマクカケバウマクイク展2009」は5月9日から
2008年12月 7日 (日)ウマレレ
2008年4月24日 (木)「ウマクカケバウマクイク」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「おかしな二人(女編)」

ザ・ブロードキャストショウ 
プロデュースVol.25 
おかしな二人(女編)

土曜日(5月7日)15時からの部
出演者
椎名桂子 
北ゆカり 
佐藤亜紀 
松本まり 
田淵菜々絵 
渋谷晴香
森ひろゆき 
滝沢真也

作:ニール・サイモン 
演出:鈴木健之亮 
総指揮:吉村昌晃 
主催:株式会社ステージ&アーツ ブレインズ カンパニー 
協力:株式会社劇団往来
場所:シアトリカル應典院
2009年5月7日(木)~5月10日(日)

何ともテンポが良いねえ。

色々な作品を
見るにつれて
舞台をされる方々の私生活ってどんなのだろうかとも思わされる。
舞台人となることによって
舞台を通じて
また
作品を通じて
そして
色々な人を通じて
自分自身がどのように変っていくのだろうか
なんて。


時間の関係上
男編を見ることが出来ずに
残念・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.08

平成21年03月19日大阪地方裁判所第7民事部(税の減免処置関連)

平成20(行ウ)113租税減免措置取消請求(住民訴訟)事件
平成21年03月19日大阪地方裁判所第7民事部 

判示事項の要旨
在日朝鮮人総聯合会の支部が同胞会館として使用している建物についての地方税法367条に基づく固定資産税等の減免措置が同条の規定を受けて規定された条例等に定める「公益上その他の事由により特に必要と認める」ものという要件を満たしていないとして違法とされた事例

http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?action_id=dspDetail&hanreiSrchKbn=04&hanreiNo=37511&hanreiKbn=03

判決文
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20090407132826.pdf

平井利明のメモ

|

2009.05.07

平成21年04月17日最高裁判所第二小法廷判決 (代表取締役の違法行為についても無効を主張できる者について)

平成19(受)1219約束手形金,不当利得返還等請求事件
平成21年04月17日最高裁判所第二小法廷判決

原審
東京高等裁判所   
平成19(ネ)377
平成19年04月25日

裁判要旨
株式会社の代表取締役が取締役会の決議を経ずに重要な業務執行に該当する取引をした場合,当該会社以外の者が取締役会の決議を経ていないことを理由にその無効を主張することは,特段の事情がない限り,許されない
http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?action_id=dspDetail&hanreiSrchKbn=02&hanreiNo=37535&hanreiKbn=01

判決文(裁判所サイト)
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20090417163145.pdf

判決文より
「会社法362条4項は,同項1号に定める重要な財産の処分も含めて重要な業務執行についての決定を取締役会の決議事項と定めているので,代表取締役が取締役会の決議を経ないで重要な業務執行をすることは許されないが,代表取締役は株式会社の業務に関して一切の裁判上又は裁判外の行為をする権限を有することにかんがみれば,代表取締役が取締役会の決議を経ないでした重要な業務執行に該当する取引も,内部的な意思決定を欠くにすぎないから,原則として有効であり,取引の相手方が取締役会の決議を経ていないことを知り又は知り得べかりしときに限り無効になると解される(最高裁昭和36年(オ)第1378号同40年9月22日第三小法廷判決・民集19巻6号1656頁参照)。そして,同項が重要な業務執行についての決定を取締役会の決議事項と定めたのは,代表取締役への権限の集中を抑制し,取締役相互の協議による結論に沿った業務の執行を確保することによって会社の利益を保護しようとする趣旨に出たものと解される。この趣旨からすれば,株式会社の代表取締役が取締役会の決議を経ないで重要な業務執行に該当する取引をした場合,取締役会の決議を経ていないことを理由とする同取引の無効は,原則として会社のみが主張することができ会社以外の者は,当該会社の取締役会が上記無効を主張する旨の決議をしているなどの特段の事情がない限り,これを主張することはできないと解するのが相当である。これを本件についてみるに,前記事実関係によれば,本件債権譲渡はAの重要な財産の処分に該当するが,Aの取締役会が本件債権譲渡の無効を主張する旨の決議をしているなどの特段の事情はうかがわれない。そうすると,本件債権譲渡の対象とされた本件過払金返還請求権の債務者である被上告人は,上告人Y1に対し,Aの取締役会の決議を経ていないことを理由とする本件債権譲渡の無効を主張することはできないというべきである。」

平井利明のメモ

|

2009.05.06

ゴールデンウイーク最終日の御堂筋

ゴールデンウイーク最終日の御堂筋
雨はほぼ大丈夫

とはいえ

今日も


仕事場へ(笑)


追記)
シロツメクサの種との競争には511kmの勝利にて終了。
(わかる人にしかわからないネタですね・・・笑)
マイミク(これも知る人ぞ知る世界?・・笑)のティンクさんよりご紹介をいただいた「コロプラ」。
移動距離に応じてポイントがもらえて、それを元にしてコロニーを作り上げるものです。
ご興味のある方は、ご招待を致しますので、ご連絡下さいませ。
移動の励みになりますよ(ホントかな・・・・・・笑)
(本音は、紹介者にもポイントがもらえるらしいからかも・・・・・笑)

アクセスカウンター:250,015

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.05

こどもの日

とはいえども
仕事の日・・・・・

Dvc00339

         Img_5711

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.04

そばは通れど

そばは通れど
中之島祭
なつかしや。

昔昔
ブラスで出たことがあったなあ。

しかし
やるべきことが多くて
寄ってられまへん。

ゴールデンやないなぁ。

まあこの休みが無ければもっとどないもならへんかったか(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.03

新しい仲間

昨日
やってきました。


    Img_5692

          Img_0366


Img_0373


桜文鳥の雛
つがいかどうかはわからないのだけど
(まだ、性別の判断が無理とのこと)
1羽だと寂しいので。

心配したが、
1夜は越えた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.02

橿原神宮にて

橿原神宮にて

橿原神宮にて

橿原神宮にて

明治時代に
神武天皇が初代天皇として即位したと考えられる地に創られた
壮大な神社。

明治政府の気概を感じる。


小学校の頃に一度来たことのある場所。
(全く記憶にない)
それ以来となる再来。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

甘樫丘

奈良県高市郡明日香村豊浦にある小高い丘。
この小高い丘の麓には
かつて権勢を誇った蘇我氏の宗家の邸宅があったとされる。

丘の上へたどり着くには、結構急な階段を登ることになる。
蘇我氏にお仕えしようとすると、足腰がしっかりしていないとダメだ(笑)

この丘の重要性は登ればすぐわかる。
古代の都があった地が上から一望できる。
眼下に古代の都のあった地を見下ろすと、権力者となった気持ちとなる。
飛鳥の地でこれほど戦略的な地は他にはないであろう。

      Img_5661
     畝傍山が見える。
Img_5662
     耳成山も見える。なお、もっと手前には天香具山も見える。
これらは(蘇我氏の反映後の)藤原京の都城方向だが、
それ以前に存在した数々の古都は、甘樫丘のすぐそばにあった。

平面図だけではわからない
生きた歴史なのかも。

麓には沢山の藤などが奇麗に咲いている。

    Img_5673

              Img_5653
       

蘇我氏宗家を倒した、中臣鎌子(後の藤原鎌足)の家(藤原家)を象徴する「藤」の花が、甘樫丘の麓に咲き乱れているのは、一つのものの哀れを示しているのだろうか。


ゴールデンウイーク中
もっと人が多いかと思ったが、
それほどでもなく、
緑の中、非常によい時間を過ごすことが出来た。

   Img_5647

Img_5646
瓦の世界

     Img_5649


人混みの京都とはかなり異なる様相。

いつもおもうのだが
奈良の地は
歴史があり
趣が深く、
また、静寂感が残されている。
そんなことから
お薦めの地である。


なお、古代米を用いた昼食。
   Img_5640
  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

石舞台

石舞台

石舞台

 Img_5632


明日香村にて

飛鳥時代の遺物
(蘇我馬子の墓といわれている。なお、もともと地中に埋伏されていたものが、覆われた土が無くなって、現在の形を留めることとなっている)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

亀石などの石のモニュメント

   Img_5617

鬼の雪隠(せっちん)

Img_5618

     鬼の俎(まないた)

この二つは、もともと一つの古墳の石室を構成していたようだが、ばらけてしまったもの。
俎の方が、小山の上にあるのだが、それから石蓋が崩れ落ちたとのことだが、そのときに周りに人がいたとすればかなりの驚きであったろう。


亀石
なんとなく愛嬌有り。
但し、由来は、必ずしも穏当なものではない。

Img_5621

               Img_5620

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高松塚古墳へ

今日は
昨夜思い立って、
朝から
飛鳥へ。

飛鳥駅からは、自転車(レンタサイクル)での移動。

    Img_5606

まずは高松塚古墳を目指したのだが
改修中・・・・・
Img_5608

でも
こんなところで見つかったのねと。
えらいところですね。
来てみて初めてわかります。
キトラ古墳なんてもっと離れたところに(行かなかったけど)。

Img_5609
四神をモチーフとした造園。

Img_5611

      Img_5612

   Img_5613


風が心地よく
新緑の映える季節。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.01

平成21年04月28日最高裁判所第三小法廷判決(有形力の行使と体罰)

平成20(受)981損害賠償請求事件
平成21年04月28日最高裁判所第三小法廷判決

【破棄自判】

原審
福岡高等裁判所   
平成19(ネ)547
平成20年02月26日

裁判要旨
小学校の教員が,女子数人を蹴るなどの悪ふざけをした2年生の男子を追い掛けて捕まえ,胸元をつかんで壁に押し当て,大声で叱った行為が,その目的,態様,継続時間等から判断して,国家賠償法上違法とはいえないとされた事例
http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?action_id=dspDetail&hanreiSrchKbn=02&hanreiNo=37554&hanreiKbn=01

判決文(裁判所サイト)
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20090428113912.pdf

判決文より
「Aの本件行為は,児童の身体に対する有形力の行使ではあるが,他人を蹴るという被上告人の一連の悪ふざけについて,これからはそのような悪ふざけをしないように被上告人を指導するために行われたものであり,悪ふざけの罰として被上告人に肉体的苦痛を与えるために行われたものではないことが明らかである。Aは,自分自身も被上告人による悪ふざけの対象となったことに立腹して本件行為を行っており,本件行為にやや穏当を欠くところがなかったとはいえないとしても,本件行為は,その目的,態様,継続時間等から判断して,教員が児童に対して行うことが許される教育的指導の範囲を逸脱するものではなく,学校教育法11条ただし書にいう体罰に該当するものではないというべきである。したがって,Aのした本件行為に違法性は認められない。」

平井利明のメモ

|

「債権法改正の基本方針」民法(債権法)改正検討委員会編

別冊NBL No.126
債権法改正の基本方針
民法(債権法)改正検討委員会 編
B5判 438頁 3,675円(税込)
ISBN978-4-7857-7098-3  09.4刊
「民法(債権法)改正検討委員会が、約2年半にわたる検討の成果として取りまとめた「債権法改正の基本方針」および「提案要旨」を収録する。今後の改正論議の出発点となる重要資料!」
<主要目次>
■債権法改正の基本方針(提案要旨付)  民法(債権法)改正検討委員会
■<特別対談> 民法(債権法)改正検討委員会の審議を終えて
民法(債権法)改正検討委員会委員長・早稲田大学教授   鎌田 薫
民法(債権法)改正検討委員会事務局長・法務省民事局参与 内田 貴


いくつかの点についてざっと読んでみましたが,これを全部の論点について行うとなれば相当大変ですね。
なお,方向性が示されているとのことですが,具体的に条文化されたときにどのような表現になるのだろうか,なんて考えてしまうものもありますね。
例えば
(条件の成否未定の間における法律関係)
「信義則に反する行為により条件成就を妨げた場合」とありますが,現行法(民法130条)における「故意」に代わる概念として用いる方針のようです。
現行民法では「信義」という言葉は,民法における根底的概念として,第1条2項(権利の行使及び義務の履行は、信義に従い誠実に行わなければならない。)において用いられている概念ですが,この根底的な「信義」あるいは「信義則」という概念を,個々の条文の中にも用いるのですね。

平井利明のメモ

|

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »