« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

2009.06.30

平成21年04月21日最高裁判所第三小法廷判決(和歌山カレー毒物混入事件上告審判決)

平成17(あ)1805 殺人,同未遂,詐欺被告事件
平成17(あ)1805 殺人,同未遂,詐欺被告事件
平成21年04月21日最高裁判所第三小法廷判決

原審
大阪高等裁判所   
平成15(う)250
平成17年06月28日

裁判要旨
死刑を維持した原判決が是認された事例(和歌山カレー毒物混入事件)
http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?action_id=dspDetail&hanreiSrchKbn=02&hanreiNo=37539&hanreiKbn=01

判決文(裁判所サイト)
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20090422180047.pdf

平井利明のメモ

|

牛鬼

牛鬼
松山空港にて

牛鬼の歴史


松山に向かう飛行機内でのアナウンスによれば
松山上空は梅雨前線の活動が活発で
また近くに雷雲が発生しているため
視界不良も予想され
場合によっては,伊丹空港に引き返すこともあります
とのこと・・・・

それを思うと
無事について良かった。

帰りの飛行機の窓より
 Img_6147

  伊丹では大雨
      Img_6148

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.06.29

土壌汚染対策法の一部を改正する法律(2009年4月17日成立)

土壌汚染対策法の一部を改正する法律
平成21年4月17日成立

法律案http://www.shugiin.go.jp/itdb_gian.nsf/html/gian/honbun/houan/g17105059.htm

平井利明のメモ

|

2009.06.28

オラトリオ「ベルシャザールの饗宴」

ウォルトン作曲

さてどんな曲なのか

2009年6月28日(日)15:00開演

ザ・シンフォニーホール

指 揮:秋山 和慶
バリトン:福島 明也
合 唱:大阪フィルハーモニー合唱団、九響合唱団

曲 目:
モーツァルト/交響曲 第35番 ニ長調「ハフナー」K.385
ディーリアス/小管弦楽のための二つの小品
ウォルトン/オラトリオ「ベルシャザールの饗宴」


The 429th Subscription Concert

The Symphony Hall
Conductor: AKIYAMA Kazuyoshi
Soloist: FUKUSHIMA Akiya(Bariton)
Chorus: Osaka Philharmonic Chorus
Chorus: The Kyushu Symphony Choir

Program
Wolfgang Amadeus MOZART/ Symphony No.35 in D major, "Haffner" K.385
Frederick DELIUS/ 2 Pieces for Small Orchestra
William WALTON/ Oratorio "Belshazzar's Feast"


モーツアルトを聞くと
ホッとする。
秋山氏の明快な指揮がそれを引き立たせる。
大フィルのモーツアルトもかなりモーツアルトになってきたと思う。
ただ
更に少人数の編成であればもっと良かったのかも
という感じもした。

ディーリアス
ほのぼの
自然そのものの表現というか
風景に溶け込んだ音楽。
何度も聞くと,
離れられない魅力がある。
ただ
一歩間違うと?
心地よい睡眠へと誘われるものではあるが
それも
曲の魅力ということなのだろう。

ウォルトン
ハリウッド映画を思わせる
壮大な音楽。
文句なしにご機嫌至極の曲。
音楽に横たわる歌詞は
重いものであるが
曲だけを聴いていれば
そんなことを
全く思わせない。
気分良く
終わったと
ホールを出ると
まだ
日射しが。
日曜日の午後の一時でした。
(行く前,また帰ってからは,翌日の準備のため大変でしたが・・・・)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.06.27

GOKOKUのフルーツロール

GOKOKUのフルーツロール


クリームはかなり美味しい!
生地は堂島ロールの方が勝っているかな。
でも、トータルとしても
なかなかのもの。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

草原にねころんで

草原にねころんで

金剛山にて
草の中に寝ころんで、本を読むことは
気持ちよし。
40分ほど本を読んで
下山へ
                   Img_6118

  Img_6122


今日の登りは
きつかった。
山歩き
不摂生があり
考えごとがあると
山は正直。

Img_6125

平常心にかえって
ペースを一定に
そして
ただ淡々と
ゆっくりと。

                Img_6129


    Img_6136


下りは
千早城址のルーツを逆行
下りでもしんどい階段。
登るのは大変・・・・・
            
      Img_6142

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝の時間

朝の時間

結局
3時間程度の睡眠だったか・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.06.26

やはりシューベルトのアベマリア

やはりシューベルトのアベマリア
更に繰り出そうかと思ったが

このような曲をふと
聞いてしまうと

思いなおして

家路につきます。


金曜日の夜


皆様に
平穏あれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

役員の集まりも終え

役員の集まりも終え


去る人あれば
来る人もあり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

株主総会

株主総会へ出席

|

「新型インフルエンザの対応についての現況調査報告」(全日本病院

「新型インフルエンザの対応についての現況調査報告」
http://www.ajha.or.jp/about_us/activity/zen/090605.pdf

社団法人全日本病院協会
http://www.ajha.or.jp/

平井利明のメモ

|

2009.06.25

倫理委員会への出席

或る病院の倫理委員会の会合に出席。
倫理的な面,法的な面
考える機会。
重要なことである。

平井利明のメモ

|

ザ・フェニックスホール平成21年7月の公演カレンダー

ザ・フェニックスホール平成21年7月の公演カレンダー
http://phoenixhall.jp/calender/2009/7

アクセスマップ
http://phoenixhall.jp/access.html

ホールのトップページ
http://phoenixhall.jp/index.html

平井利明のメモ

|

2009.06.24

池田にて

池田にて

打ち合わせ後


打合せ前に
ちょっと
街をふらりとしてみたところ
街の雰囲気がなかなか良かった。

なお
落語の町として
売り出しているのですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

介護保険サービス契約のモデル案(改訂版)(日本弁護士連合会)

介護保険サービス契約のモデル案(改訂版)
http://www.nichibenren.or.jp/ja/legal_aid/format/kaigohoken.html

平井利明のメモ

|

2009.06.23

医業未収金債権の徴収業務について(総務省・平成19 年10 月22 日)

医業未収金債権の徴収業務について
平成19 年10 月22 日
総務省自治財政局
地域企業経営企画室
http://www5.cao.go.jp/kanmin/kaisai/bukai/choshu/2007/1022/071022-1.pdf

平井利明のメモ

医事関連 |

2009.06.22

講習予備検査(認知機能検査)について(警察庁)

講習予備検査(認知機能検査)について
http://www.npa.go.jp/annai/license_renewal/ninti/index.html

6月1日から施行された改正道路交通法に基づき新たに75歳以上の方に対して導入された制度


平井利明のメモ

|

夜半に大雨

突然の雨が降りだしたかと思うと
かなりの
大雨に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.06.21

マーラーの第9

マーラーの第9
凄まじい演奏だった。


大植英次指揮
ハノーファ北ドイツ放送フィルハーモニー

追記)
実はマーラーの曲はほとんど聞いたことがない。
第9番もCDを持っているが聞いたのは2度程度。それも「ながら族」。
マーラーの曲はライブで勝負しかない。そんな感じなのかも。
曲についての先入観も,マーラーは死を意識して第9を書いたこと。長い曲であること。そんな程度か。
第1楽章。正直,マーラーの曲であることは疑いないという程度のもので,他に感想を語るほどの印象はない。
第2楽章はマーラー作品によくお目見えするレントラー。実にゆっくりと奏でられる。今踊っているというより,かつての踊っていた時代を回想するシーンであるかのような演奏。私は聞きに行かなかったが,先日の第5番のときには,全体的にゆっくりとした演奏であることが多くの意見を引き出すことになったことは記憶に新しいところ。第9においても,舞曲でさえ明らかに意図的にゆっくりと演奏していることは,相当の思い入れと覚悟を感じさせる。第5番のときにの雰囲気は解らないのだが,9番について言うなら,曲全体のイメージから思うわけではないが,とても説得力を感じた。舞曲というのは,人生をあらわすのに適切な音楽なのかも知れない。
3楽章。美しい。また,メリハリのきいた締まった音楽でまとまった。特にトランペットのソロが美しい。このような音に接することができるだけでも幸せ。
大植氏がバイロイトに登場することとなった折りには,バイロイト祝祭管弦楽団のメンバーでもあったNDRの首席トランペット奏者の尽力があったとの記事を読んだように覚えている。その方は死の床にあるときに,大植氏が病室を訪問する折,マエストロが来るといって,自らの身体につけられていたチューブを全部取り除いてきちっとした身なりで迎えたというものだったと思う。美しくまた力のある音を聴くと,言葉がない。
最後に,第4楽章。
いつ果てるとも知れない音が連なる。
しかし,それもいつかは消えていく。
絶望ではなく
安らぎへとつながるオーケストラからの最後の音が紡ぎ出された後は,
静寂のみ。


絶品。


演奏には,
マエストロを慕うオーケストラの人々の気持ちも表れていたと思う。
ドイツ系の大男が大勢有る中で,マエストロは体格だけで言うならば子供のようにも見えてしまう。
そのような人が,ドイツ音楽の歴史と体格で優るドイツのオーケストラからの信望を得ていると言うことは,素晴らしいことである。


今後,
大フィルにはこれを超えていただかなければならないのだろう。
そして,大阪の人はハノーファの人々を超えなければならないのだろう。
会場の盛り上がりは,その予感を漂わせるものではあった。
しかし
大阪で空席が出ているようでは寂しい限りであるようにも思えた。


読ませていただいた記事をコメント欄に載せさせていたいています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

生しょうゆうどん

生しょうゆうどん
はがくれ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.06.20

ぎをんで一服して

ぎをんで一服して
ぎをんで一服して
そのあとは
なにわ人
大阪へ帰ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

瓢亭にて

瓢亭にて

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大文字山で朝食を

大文字山で朝食を
眺め

最高。


追記)
京都にて手近にて足の伸ばせるお山は?
愛宕山・・・・・遠い
比叡山・・・・・大変すぎる?
そういえば
大文字山があるじゃないか。
そう思って,ガイドブックなどで調べてみると,いくつかコースがあるようだ。
標高は460m程度でそれほど高くはないのだが,一番下から(標高80程度?)から登ることになるので,楽ではなさそう。
一応,チャレンジする予定で,
荷物になるのに
スニーカーとジャージ類をカバンに入れておいて
,と。
念のために準備だけは整えて。

昨夜は,ビールだけだったが,それなりにお腹に詰め込んで(これがアカンのに・・・・・)
寝るのも多分2時を過ぎていたような・・・・・
チェックアウトの時間(11時)を前提に
戻ってきて風呂に入るや片付けの時間も考えて
となると
かなり朝早く起きないといけないのでは?
可能なのだろうか?

起きました。
もっとも
5時台に起きる予定でしたが,さすがに無理。
それでも6時台に起きて。
二条城周りのジョギングも魅力的だったが・・・
やはり一念発起。
地下鉄に乗って麓まで。

Img_6061

Img_6062

     Img_6071
    さて,入口。

Img_6072

        Img_6073
人が通った形跡はあれども,人の手があまり加えられていない道の連続。

Img_6080
大都市といえる京都のすぐそばに,ひょいと行けるこんな世界があったことはある意味衝撃。

Img_6081

      Img_6083
    山科方面

Img_6085

  Img_6089

          Img_6092
     大文字山の三角点

    Img_6094
少し下っていくと,そこには大文字焼きの点火床がある。
(結構距離があるため,登り始めてここまでは1時間以上を要した)

眼前・眼下に広がる世界は,
まさに絶景。
京都を一望に。
下から見る大文字山というのは低いイメージしかなかったが
こんな高いところだとは登ってくるまで思いもしなかった。
また,壁のようになっていて,見晴らしがよい。

Img_6096
         Img_6097
                    Img_6098

      Img_6106

Img_6105

下山は銀閣寺法に降りる道を選択。
こちらはかなり整備されていて,人も多い。
     Img_6111

銀閣寺近くからタクシーを拾ってホテルへ。
なんとか無事にチェックアウトを済ませることが出来ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.06.19

フィヨルド・サウンド

フィヨルド・サウンド
京都
ライブスポット
ラグ

にて


Fjord Sound (フィヨルドサウンド)
(1st Album 'The Sound of Fjords')
Fjord Sound ~フィヨルドサウンド 1st アルバム発売記念ライブ~

前田祐希(vo)
松井秋彦(p,g,vo)
山田晃路(b)
嶋村一徳(ds)

久しぶりに
祐希さんの生ヴォーカルを聞きましたね。
深みのある声はよろしおます。
'The Sound of Fjords'
は松井さんが言われるように,
何度も何度も聞いてこそ
味わい深くなる曲の集いなんだと思います。
その深みも
ライブで聞くとやはりひとしお。
ベースもドラムスも心地よく。

ライブ後の打上もご一緒させていただき
楽しき京都の夜。
感謝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

堀川(京都)

堀川
2〜3か月前に綺麗になったとのこと

| | コメント (0) | トラックバック (0)

樫本大進氏がベルリン・フィルの第1コンサートマスターに内定したと報じられている

ロン=ティボー国際コンクール第1などの輝かし経歴を持つヴァイオリニストの樫本大進氏が、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の第1コンサートマスターとなることが内定したとのこと。
秋から試用期間が始まり、その後に行われる団員の投票によって正式採用となるか否かが決定することになるのだが、期待をしたいところです。http://sankei.jp.msn.com/entertainments/music/090619/msc0906190115000-n1.htm

昨年、初めてベルリンフィルの日本公演にて生演奏を聞いたがそのうまさに驚いた。世界一と称されることが納得できた一時だった。
そのときのコンサートマスターは既に勇退の決まっていた安永徹氏だった。同氏は、1983年からベルリンフィルの第1コンサートマスターを務める方であるが、日本人が世界一の集団を引き連れる様をみると、うれしくもあり、その重責とはいかほどのものか等々色々と思わされたことろ思い出す。安永氏が就任した1983年といえば帝王といわれたカラヤン氏が、当時男性のみからなっていたベルリンフィルに女性奏者(クラリネットのザビーネ・マイヤ氏)を登用し、ベルリンフィルとカラヤン氏との対立が顕著になってきた頃の大変な時期でもあった。
今後、樫本氏はどのような道を切り開いていくのだろうか。

|

2009.06.18

今からマタイ受難曲

さて今からマタイ受難曲

開演:2009年6月18日(木)18:30
音楽監督:礒山 雅
出演:
ジョシュア・リフキン(指揮)
Joshua Rifkin
ケンブリッジ・コンツェントゥス〔第1グループ〕
Cambridge Concentus
ジェイソン・マクストゥーツ(福音書記者/テノール)
Cambridge Concentus Jason McStoots
サムナー・トンプソン(イエス/バス)
Sumner Thompson
クララ・ロットソーク(ソプラノ)
ウルリーケ・プレーガー(ソプラノ)
ジーア・ローボー(アルト)
マリカ・ホームクゥイスト(リーダー、ヴァイオリン)
レオン・シェルハーサ(オルガン)
くにたちiBachコレギウム〔第2グループ〕
小島芙美子(ソプラノ)
坂上賀奈子(アルト)
中嶋克彦(テノール)
小藤洋平(バス)
桐山建志(リーダー、ヴァイオリン)
大塚直哉(オルガン)

演奏曲目:
J.S.バッハ:マタイ受難曲 BWV244

演奏が終わったのは午後10時。
とうとう、全曲を生で聴き通しました。

美しく
その中で
劇的な要素を多々含んだ良い曲ですね。

今宵の演奏は
若手による演奏。
指揮者のジョシュア・リフキン氏の研究によれば
バッハがマタイ受難曲を演奏したときも若手が中心だったということにこだわったもの。
こだわりは、
バッハによるオリジナル・パート譜に指示された事項を忠実に再現しようとすることにも現れている。
第1グループ(シオンの娘)の演奏すべき個所と第2グループ(信ずる者たち)の演奏すべき個所を、バッハの指示通りに厳密に分けててその掛け合い等を引き立たせる。
また、この曲の演奏によく見られるような合唱隊が存在しない。
2つのグループの4名づつのソリストが合唱も務める。
なお、ソリストには他にも数名が加わるのだがこれらの人達は合唱には加わらない。
合計8名による合唱兼独唱となる。
更に、第1グループのテノールは語り(レチタティーヴォ)も行うので、曲の大半が出番となる。
3時間を超える演奏であることを考えると大変なことである。

声楽のソリストたちは、素晴らしい出来だったと思います。
特に、テノールの澄んだ美しい声はとても素晴らしいものでした。また、その驚異的なスタミナには感服するばかり。
また、バリトンも良い声しています。これから世界を引っ張って行かれる方に違いない。
ソプラノも力のある説得力のある声でした。
これらの方々から比べるとアルトはもう一つ特徴には欠けるように感じましたが説得力のある落ち着いた声が印象的でした。
また、第2グループの声楽の皆さんも素晴らしい出来で、8名の重唱はホントに絶品でした。
8名でこれだけの響きが出せるのか?なんてワクワクして聞かせていただきました。
十分に説得力のある声の響き。
座席は比較的前の方で、かつ、真ん中に近いあたりだったので、左右からの音もバランス良く聞くことが出来たことも一因ともなるか。ただ、斜め前のあんちゃんの頭のおかげで、第1グループの声楽グループが良く見えなかったことは残念だったのですが。
また、全体を通して残念だったのは、特に、オーボエ・ダ・カッチャでしょうか?これって今までお目にかかったことのない楽器ですが、私が聞いても、どうも音程が合っているようには思えませんでした。きっと、音程を正確に取るのがとても難しいのだと思いますが、これが目立つときに、せっかくの美声の邪魔をしていたように感じるのが残念だったかな。全体的に、第1グループの管楽器は低調ぎみだったかも。

その点を差し引いても、今宵の演奏は聴いておくべきものだったかと。
全体としてはなんとも贅沢な一時でした。
(そのように素晴らしいものだったことを考えると、空席がかなりあったことはとても残念。)

今度は
よくあるような演奏スタイルでの全曲を聞いてみたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フォークプーン付携帯箸セット

フォークプーン付携帯箸セット
ハイキング本を買ったら
付いていた。
一番左がもともとの状態
これを真ん中の状態にしてお箸として使用する。
つるつるしているように見えるのでヌードルとか大丈夫か?と思えるのだが、先端は滑り留めが付されている。
一番右のものは、スプーンにもフォークにもつかえるようになっている。

さて
便利なものなのだろうか?(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

著作権法の一部を改正する法律案(平成21年6月12日成立)

著作権法の一部を改正する法律案
http://www.shugiin.go.jp/itdb_gian.nsf/html/gian/honbun/houan/g17105054.htm
2009年6月12日 成立

文部科学省
概要
http://www.mext.go.jp/component/b_menu/other/__icsFiles/afieldfile/2009/03/11/1251916_1_3.pdf
要綱
http://www.mext.go.jp/component/b_menu/other/__icsFiles/afieldfile/2009/03/11/1251916_2_3.pdf
法律案
http://www.mext.go.jp/component/b_menu/other/__icsFiles/afieldfile/2009/03/11/1251916_3_3.pdf
理由
http://www.mext.go.jp/component/b_menu/other/__icsFiles/afieldfile/2009/03/11/1251916_4_3.pdf
新旧対照表
http://www.mext.go.jp/component/b_menu/other/__icsFiles/afieldfile/2009/03/11/1251916_5_3.pdf 
参照条文 
http://www.mext.go.jp/component/b_menu/other/__icsFiles/afieldfile/2009/03/11/1251916_6_1.pdf

閣法第39号
閣議決定日:平成21年2月27日
国会提出日:平成21年2月27日
我が国産業の国際競争力の強化を図ることの必要性の増大等にかんがみ、事業者間の公正な競争の確保の観点から、事業者が保有する営業秘密の一層の保護を図るため、営業秘密の刑事的保護について、その対象範囲の拡大等の措置を講ずる必要がある。これが、この法律案を提出する理由である。
http://www.clb.go.jp/contents/diet_171/reason/171_law_039.html(内閣法制局)

平井利明のメモ

|

2009.06.17

商店街

商店街

大和高田にて

寂れているのが
なんとも残念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

世界金融・経済危機の現況(世界経済の潮流2009 I )(内閣府)

世界金融・経済危機の現況(世界経済の潮流(ポイント)2009 I )
http://www5.cao.go.jp/keizai3/whitepaper.html#sekai-s

世界金融・経済危機の現況(世界経済の潮流(全文)2009 I )
http://www5.cao.go.jp/keizai3/whitepaper.html#chouryuu

平井利明のメモ

|

2009.06.16

平成21年04月28日最高裁判所第三小法廷判決(市長が損害賠償請求権を行使しないことに関して)

平成20(行ヒ)97損害賠償代位等請求事件
平成21年04月28日最高裁判所第三小法廷判決

【破棄差戻し】

原審
大阪高等裁判所   
平成18(行コ)134
平成19年11月30日

裁判要旨
市の発注した工事に関し業者らが談合をしたため市が損害を被ったにもかかわらず,市長が上記業者らに対する不法行為に基づく損害賠償請求権の行使を違法に怠っているとして,市の住民が地方自治法(平成14年法律第4号による改正前のもの)242条の2第1項4号に基づき,市に代位して,怠る事実に係る相手方である上記業者らに対し損害賠償を求める訴訟において,市長が上記損害賠償請求権を行使しないことが当該債権の管理を違法に怠る事実に当たらないとした原審の判断に違法があるとされた事例
http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?action_id=dspDetail&hanreiSrchKbn=02&hanreiNo=37555&hanreiKbn=01

判決文(裁判所サイト)
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20090428114532.pdf

判決文より
「地方公共団体が有する債権の管理について定める法240条,地方自治法施行令171条から171条の7までの規定によれば,客観的に存在する債権を理由もなく放置したり免除したりすることは許されず,原則として,地方公共団体の長にその行使又は不行使についての裁量はない(最高裁平成12年(行ヒ)第246号同16年4月23日第二小法廷判決・民集58巻4号892頁参照)。もっとも,地方公共団体の長が債権の存在をおよそ認識し得ないような場合にまでその行使を義務付けることはできない上,不法行為に基づく損害賠償請求権は,債権の存否自体が必ずしも明らかではない場合が多いことからすると,その不行使が違法な怠る事実に当たるというためには,少なくとも,客観的に見て不法行為の成立を認定するに足りる証拠資料を地方公共団体の長が入手し,又は入手し得たことを要するものというべきである。なお,独禁法違反の行為によって自己の法的利益を害された者は,当該行為が民法上の不法行為に該当する限り,公取委による審決の有無にかかわらず,不法行為に基づく損害賠償請求権を行使することを妨げられないのであり(最高裁昭和60年(オ)第933号,第1162号平成元年12月8日第二小法廷判決・民集43巻11号1259頁参照),審決が確定するまで同請求権を行使しないこととすると,地方公共団体が被った損害の回復が遅れることとなる上,同請求権につき民法724条所定の消滅時効が完成するなどのおそれもあるから,仮に,独禁法違反の事実を認める審決がされ,将来的にその審決が確定した場合には独禁法25条に基づく損害賠償請求権を行使することが可能になる(そして,同請求権を行使する場合,不法行為に基づく損害賠償請求権を行使する場合と比べ,主張,立証の負担が軽減される)としても,そのことだけでは,当然に不法行為に基づく損害賠償請求権を行使しないことを正当化する理由となるものではないというべきである。」
「被上告人らによる不法行為の成立を認定するに足りる証拠資料の有無等につき本件訴訟に提出された証拠の内容,別件審決の存在・内容等を具体的に検討することなく,かつ,前記のような理由のほかに不法行為に基づく損害賠償請求権の不行使を正当とするような事情が存在することについて首肯すべき説示をすることなく,同請求権の不行使が違法な怠る事実に当たらないとした原審の判断には,判決に影響を及ぼすことが明らかな法令の違反がある。」

平井利明のメモ

|

2009.06.15

平成21年04月17日最高裁判所第二小法廷判決(住民票の記載関連)

平成20(行ヒ)35 住民票不記載処分取消等請求事件
平成21年04月17日最高裁判所第二小法廷判決

原審
東京高等裁判所   
平成19(行コ)229
平成19年11月05日

裁判要旨
1 出生した子につき住民票の記載を求める親からの申出に対し区長がした上記記載をしない旨の応答と抗告訴訟の対象
2 母がその戸籍に入る子につき適法な出生届を提出していない場合において,区長が住民である上記子につき上記母の世帯に属する者として住民票の記載をしていないことが違法とはいえないとされた事例
http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?action_id=dspDetail&hanreiSrchKbn=02&hanreiNo=37536&hanreiKbn=01

判決文(裁判所サイト)
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20090417193516.pdf

判決文より
「事案の概要:上告人X3(以下「上告人父」という。)が世田谷区長(以下「区長」という。)に対し,上告人父と上告人X2(以下「上告人母」といい,上告人父と併せて「上告人父母」という。)との間の子である上告人X1(以下「上告人子」という。)につき住民票の記載を求める申出をしたところ,これをしない旨の応答を受け,その後も上告人母と共に同様の申入れをしたものの住民票の記載がされなかったことから,上告人らにおいて,被上告人に対し,上記応答及び住民票の記載をしない不作為が違法であると主張して,国家賠償法1条1項に基づく損害賠償等を求めるとともに,上記応答が行政処分であることを前提にその取消しを求める事案」

主文
1 原判決中,上告人X1の取消請求に関する部分を破棄し,同部分につき第1審判決を取り消し,同請求に係る訴えを却下する。
2 上告人X1のその余の上告並びに上告人X2及び上告人X3の上告を棄却する。
3 訴訟の総費用は上告人らの負担とする。

平井利明のメモ

|

2009.06.14

うまいもの

うまいもの
一所懸命あがってきて。
金剛山にて
自然と下界を見ながら食べるとき。
おにぎりなどがとても美味しい。

Img_6035

Img_6036

Img_6038
(大阪方面:富田林市方面)

腹一杯なんて思わない。
フルコースなど食べたいとは感じない。

これもまた人の自然なアリカタなんだろう。

しかし
連日はつらい(笑)
でも来週は駄目だということがわかっているので
来れるときに頑張って。

Img_6018

今回は、楠木正成が立て籠もった
千早城址を通って。

            Img_6019

Img_6027

こんな道に出ると有り難い

Img_6030

      Img_6031

              Img_6032
新道は
曲がっていて、また、ブナなども
美しく見える道
本道は、薄暗い中をひたすらまっすぐ登る道。
今日は、本道を選択。

     Img_6034

Img_6048

            Img_6055

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.06.13

今日も登り

今日も登り


法事から戻り。
思い立って,再び金剛山へ

ネットで登山口からの帰りのバスの時刻を見ながら
時間を逆算すると、
直ぐに用意して自宅を飛び出せば
戻ってこれそう。
ということで決断。

Img_6004

Img_6006
2つめの判子。
まだまだだけど
一つずつ。

Img_6005
頂上に到着時の高度の表示
この表示を見ながら登ると,あとどの程度残されているのかの概算がわかる。

Img_6010
登ってくるときと
下るときでは
同じものを見ても
感じ方が異なる。
下っているときには
こんな所を登ってきた
なんて,ほぼ思えない。

Img_6012


バスの時間までには
登り口に降りてくることが出来た。
このバスを逃すと
次のバスは1時間後(最終バス)。
安堵。

この場所のだいたいの高度は
Img_6017
先ほどの高度との差引が
実際に登った高さということですね。


自宅に戻って
一番風呂に入り
ベランダで
ネット接続(笑)

極楽。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.06.12

お疲れ様

北新地にて
長らく店で働いていた人が
ご卒業されることになったとの連絡が先日入った。
ということで
顔を出してきました。

久しぶりの
北新地の夜でした。

最近は,
行かないねえ・・・・・・
景気の悪いときこそ
行った方がよいのだろうけど。

Dvc00437

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『AKETA・ミーツ・タイセイ/ポップ・アップ』

『AKETA・ミーツ・タイセイ/ポップ・アップ』
(『AKETA meets TAISEI / POP UP』)

アーティスト
AKETA(p,オカリーナ)
青木タイセイ(tb,eb,fl)
楠本卓司(ds)

1. テイク・パスタン(AKETA)
2. St.Thomas
3. 杏林にて(AKETA)
4. ポップ・アップ(早川岳晴)

録音:2008.10.17、東京・西荻窪アケタの店 

ネットで予約していたところ2009年5月23日着

平井利明のメモ

|

2009.06.11

劇団往来のブレヒト作「おふくろ」

劇団往来のアルブレヒト作「おふくろ」


出演
要 冷蔵
あいはらたかし
谷村 真弓
葵みどり
十六針刃太郎
具志堅まり
藺森 誠
矢田 和也
辻本浩明
辻本勝昭
有田麻佑
今津江理菜
桂 春駒
乃木 貴寛
里吉萌亜
三枝雄子
西川マリア
井路端健一
入木将志
吹田篤彦
カワナベチカシ
藤田遼平
吉本想一郎
星野寛典
AKIHIRO
小野篤志
太平由佳
岩﨑幸子
多田志典
森野緋菜
森野真帆
福田佳子
若木志帆
栄羽のぶ子
野村ゆみ
鍵谷和紀

ベルトルト・ブレヒト作
市川明翻訳
鈴木健之亮演出
森川英雄総指揮
阪本雅信舞台美術
小林伸英舞台監督
乃一久舞台監督補
本並啓子演出補
坂本浩照明
森琢磨音楽
荒川祐次音響
アトリエ往来大道具
西田渉小道具
KYOU衣装
井口康宣伝美術

配役が100以上要するところを
30数人でこなした
つまり何役かの掛け持ち・・・
登場人物はロシア人
つまり名前を覚えることも難しい。
そんな中でのお芝居。
苦労がおもんばかられる中で
皆さん大変な演技でした。
その中でも
とりわけ
主演となるお袋役の若木さんの演技は
何といっても迫力があった。
最初は
普通かなといったものなのだが
終わりに向かうにつれて
訴えかける力は
抜きんでていた。
役柄もあるだろうが
役者としての人の面も大きいように感じた。
このような方がリーダーだと
革命は
やはり現実のものになっていくのだろう
など
色々思いながら
また重いながら・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

OMPにて

OMPにて

これから観劇。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

終末期医療に関するガイドライン(全日本病院協会)

終末期医療に関するガイドライン(概要版)
http://www.ajha.or.jp/about_us/activity/zen/090609.pdf
終末期医療に関するガイドライン(全文)
http://www.ajha.or.jp/about_us/activity/zen/090609_1.pdf

社団法人全日本病院協会
http://www.ajha.or.jp/

平井利明のメモ

|

2009.06.10

明治時代他の東京の地図(goo)

明治時代他の東京の地図(goo)
http://map.goo.ne.jp/map.php?st=8

平井利明のメモ

|

甲賀のお茶

甲賀のお茶
地域限定品とのこと。


甲賀のお茶
近江のお茶
といわれても
あまりピンとはこないものですが,
隠れた名産地?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

草津線にて

草津線にて
麦かな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雨
そういえば
近畿地方は入梅とあったなぁ。


大阪にて

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.06.09

くずの子ロール

くずの子ロール
くずの子ロール
近鉄奈良駅にて買いました。

小麦粉を使わず吉野本葛を使って焼き上げたものとのことです。

シンプルな美味しさ。
でも,
いわれてみないと葛を使っていることは
わからないねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いつ見てもいいねぇ(奈良)

いつ見てもいいねぇ(奈良)

Dvc00424

活気がありますね。
少し前は,このような団体行動は総て中止されていたことを思うと。
Dvc00425

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あん摩マツサージ指圧師、はり師、きゆう師等に関する法律等の一部を改正する法律(2009年4月15日成立)

あん摩マツサージ指圧師、はり師、きゆう師等に関する法律等の一部を改正する法律
平成21年4月15日成立
平成21年9月1日施行。

「あん摩マツサージ指圧師試験、はり師試験又はきゆう師試験」
  ↓
「あん摩マツサージ指圧師国家試験、はり師国家試験又はきゆう師国家試験」。

「歯科衛生士試験」
  ↓
「歯科衛生士国家試験」

「診療放射線技師試験」
  ↓
「診療放射線技師国家試験」

法律案
http://www.shugiin.go.jp/itdb_gian.nsf/html/gian/honbun/houan/g17101014.htm

平井利明のメモ

|

2009.06.08

祇園にて

OBから飲み会への声がかかり。
・・・・・・
2次会は
引き連れて
宮川町にて。


午前様にもなりましたが
たまにはいいでしょ(笑)
  
     Dvc00417
  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

消滅時効と除斥期間

 民法の起草者(梅謙次郎)は,消滅時効と除斥期間の違いを理解し,民法上除斥期間が規定されていると述べていると指摘されている(最高裁判所判例解説民事編平成元年度604p)。
なお,立法関係者(梅謙次郎)は,①民法中に「時効ニ因リテ」(注:現行法においては「時効によって」と表記されている)という文言が用いてあれば時効期間であり,それ以外は除斥期間である,②まず短期の時効期間を定め,それに続いて「亦同シ」(注:現行法においては,「同様とする」と表記されている)として長期の期間を定めている場合,後者の期間も時効期間である,と説明しているとのことである(同誌同p)。
 但し,我が民法においては,形式的な区別ではなく,条文の文字には拘泥せず,当該権利の性質や規定の趣旨・目的などに従ってその実質に基づいて判別すべきであることも指摘されている(同誌605p)。
 なお,最高裁判所は,民法第724条が「不法行為による損害賠償の請求権は、被害者又はその法定代理人が損害及び加害者を知った時から3年間行使しないときは、時効によって消滅する。不法行為の時から20年を経過したときも、同様とする。」と定めるところ,文言を重視すれば後段も消滅時効と理解せざるを得ないにもかかわらず,後段について,消滅時効の規定ではなく,除斥期間と判示していることは知られたところである(最高裁判所平成元年12月21日判決[破棄自判]民集43巻12号2209頁,参照記事,2009.04.30
平成21年04月28日最高裁判所第三小法廷判決(不法行為に基づく損害賠償請求権の除斥期間経過による消滅に関連)http://h-t.air-nifty.com/ht/2009/04/210428-65a4.html)。
 
 因みに,民法から「時効によって」を含む条文を抜き出すと次の通りである。

(取消権の期間の制限)
第126条
 取消権は、追認をすることができる時から5年間行使しないときは、◆時効によって◆消滅する。行為の時から20年を経過したときも、同様とする。
(地役権の時効取得)
第283条
 地役権は、継続的に行使され、かつ、外形上認識することができるものに限り、◆時効によって◆取得することができる。
第284条
 土地の共有者の一人が◆時効によって◆地役権を取得したときは、他の共有者も、これを取得する。
2 共有者に対する時効の中断は、地役権を行使する各共有者に対してしなければ、その効力を生じない。
3 地役権を行使する共有者が数人ある場合には、その一人について時効の停止の原因があっても、時効は、各共有者のために進行する。
第293条
 地役権者がその権利の一部を行使しないときは、その部分のみが◆時効によって◆消滅する。
(抵当権の消滅時効)
第396条
 抵当権は、債務者及び抵当権設定者に対しては、その担保する債権と同時でなければ、◆時効によって◆消滅しない。
(詐害行為取消権の期間の制限)
第426条
 第424条の規定による取消権は、債権者が取消しの原因を知った時から2年間行使しないときは、◆時効によって◆消滅する。行為の時から20年を経過したときも、同様とする。
(時効により消滅した債権を自働債権とする相殺)
第508条
 ◆時効によって◆消滅した債権がその消滅以前に相殺に適するようになっていた場合には、その債権者は、相殺をすることができる。
(他人の債務の弁済)
第707条
 債務者でない者が錯誤によって債務の弁済をした場合において、債権者が善意で証書を滅失させ若しくは損傷し、担保を放棄し、又は◆時効によって◆その債権を失ったときは、その弁済をした者は、返還の請求をすることができない。
2 前項の規定は、弁済をした者から債務者に対する求償権の行使を妨げない。
(不法行為による損害賠償請求権の期間の制限)
第724条
 不法行為による損害賠償の請求権は、被害者又はその法定代理人が損害及び加害者を知った時から3年間行使しないときは、◆時効によって◆消滅する。不法行為の時から20年を経過したときも、同様とする。
(財産の管理について生じた親子間の債権の消滅時効)
第832条
 親権を行った者とその子との間に財産の管理について生じた債権は、その管理権が消滅した時から5年間これを行使しないときは、◆時効によって◆消滅する。
2 子がまだ成年に達しない間に管理権が消滅した場合において子に法定代理人がないときは、前項の期間は、その子が成年に達し、又は後任の法定代理人が就職した時から起算する。
(相続回復請求権)
第884条
 相続回復の請求権は、相続人又はその法定代理人が相続権を侵害された事実を知った時から5年間行使しないときは、◆時効によって◆消滅する。相続開始の時から20年を経過したときも、同様とする。
(相続の承認及び放棄の撤回及び取消し)
第919条
 相続の承認及び放棄は、第915条第1項の期間内でも、撤回することができない。
2 前項の規定は、第一編(総則)及び前編(親族)の規定により相続の承認又は放棄の取消しをすることを妨げない。
3 前項の取消権は、追認をすることができる時から6箇月間行使しないときは、◆時効によって◆消滅する。相続の承認又は放棄の時から10年を経過したときも、同様とする。
4 第2項の規定により限定承認又は相続の放棄の取消しをしようとする者は、その旨を家庭裁判所に申述しなければならない。
(減殺請求権の期間の制限)
第1042条
 減殺の請求権は、遺留分権利者が、相続の開始及び減殺すべき贈与又は遺贈があったことを知った時から1年間行使しないときは、◆時効によって◆消滅する。相続開始の時から10年を経過したときも、同様とする。

平井利明のメモ

|

2009.06.07

日本サッカー ワールドカップ本戦出場決定。おめでとう!

4大会連続で
ワールドカップ本戦へ。

しかし、
アウェイの厳しい悪い状況の中
よく守備を頑張りましたね。
ギリギリの中で勝つことというのは難しいですね。
本戦でもこの厳しさを通りぬけた経験が生きて欲しいね。
でも、ワールドカップの本戦では
一撃で決めてしまう相手が多いだろうから、
更に精度を上げて頑張って欲しいものです。
ワンチャンスにて岡崎選手、凄かったね。
点をとらないと勝てないことを思うと
値千金。

南アフリカ大会
楽しみにしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.06.06

水の命。命の水。

下山は
ロープウェイ駅下までを目指す。

コンクリートで固められたかなり急な坂が続く。
道の風情は乏しい。
      Img_5962

冬場
凍結したり
雪が降れば大変な道と化けるのだろう。
そりは禁止と書かれてあった
そりゃそうだ・・・・(笑)

また、
登りは階段ではなく急な坂が延々と続くので相当大変に違いない。

Img_5968

     Img_5967

Img_5970

山頂付近は細い水の筋。
この水の通り路が、人の道に寄り添うように下界を目指す。

Img_5969

カジカ(蛙)だろうか、水のせせらぐ音に混じって、話し合いが聞こえる。

Img_5973
聞き耳を立てているのだろうか。

     Img_5976

心細いのは嫌なので
水も集い、音を立て、煌めきながらまだ見ぬ世界を目指す。

    Img_5978

Img_5984
脇から、早駆けの集団が合一。
仲間が増えて一大勢力に。

     Img_5985

Img_5988

               Img_5989

バスを目指す私とは、ここでお別れ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

金剛山へ

金剛山へ
一人
ただ黙々と

一歩一歩


追記)
Img_5888

  Img_5891

  Img_5894

                      Img_5897

Img_5903

            Img_5907
日頃の不摂生がたたって、えらかった・・・・・・・

Img_5915
もうすぐゴール

          Img_5917

Img_5924

                    Img_5941

     Img_5925

           Img_5929

        Img_5945

  Img_5933

Img_5936

                      Img_5937

Img_5939

             Img_5950

     Img_5951
向こうに見えるのは奈良県の盆地

                Img_5954
シロツメグサの絨毯に寝転がって

   Img_5956
    空を見る。

Img_5999

Img_6000

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トッカータとフーガ/アウラ

トッカータとフーガ/アウラ
1.トッカータとフーガ ニ短調 / J.S.バッハ
2.G線上のアリア / J.S.バッハ
3. 協奏曲第6番第1楽章アレグロ 協奏曲集「調和の幻想」より / ヴィヴァルディ
4.アヴェ・マリア / シューベルト
5.アヴェ・マリア / バッハ=グノー
6.アヴェ・マリア / カッチーニ
7.ポロネーズ~バディネリ / J .S.バッハ
8.オンブラ・マイ・フ オペラ「セルセ」より / ヘンデル
9.アダージョ / アルビノーニ
10.母なるマリアを 「モンセラートの朱い本」より
11.アヴェ・ヴェルム・コルプス / フォーレ
12.ゴルトベルク変奏曲 第1変奏 / J.S.バッハ
13.未来へのプレーバック「プロジェクトJAPAN」テーマ曲ア・カペラ・ヴァージョン / 羽毛田丈史

Aura 
 畠山真央 
 原嶋絵美 
 佐藤悦子
 菊地薫音
 星野典子
女声によるア・カペラ

プロデュース:
 岸健二郎
アレンジ:
 長生淳(1,6)
 shezoo(2,4,8,13)
 吉野裕司(5,9,12)
歌唱指導:
 名倉亜矢子(10)

品番:ESCC 9
発売元:EPIC Records(EPICレコード)

みなそれぞれ良い。
その中でも、個人的には
シューベルトのアヴェマリアが一番のお気に入り。
原曲そのものが何を置いても素晴らしいのだが、
編曲もビューティフル。

平井利明のメモ

|

2009.06.05

ソーシャルレンディング仲介サービス

 借り手と(実質上の)貸し手(=貸付資金提供者,以下,資金提供者という)をインターネットにて募集して,オークションにて金利や当事者(借り手と資金提供者)が選別される。資金提供者は仲介サービス業者に出資(?)或いは融資(?)して,当該仲介サービス業者が手数料としての金利を上乗せして,借り手に貸すというシステムのようだ。借りる側には,無担保・無保証であり,金融機関から借り入れる際のローンの金利より低金利であるといったメリットがあり,資金提供者側は,手持ちの資金で利益を得ることが出来るといったようなことから,人気を集めているようだ。

 因みに,借り手からの返済が滞って不良債権化した際には,当該仲介サービス業者は,不良債権をサービサーに売却し,その売却代金から(実質上の)貸し手に対して配当のようなものが行われるとのことで,その意味で資金提供者(実質上の貸し手)が提供した資金の元本保証はない。
 借り手の選別の基準(与信基準[システムの利用資格?])等があるようだが,甘ければ貸し倒れのリスクは高くなる。
 貸し倒れのリスクの高いケースでも,モデル的には仲介サービス業者にとっては貸付リスクがほとんど無いのであって,資金提供者がそのリスクを負担することになるのだから,そのリスクを業者は十分に説明する必要があるだろうし,資金提供者は,システムを十分に理解するとともにそのリスクを十二分に把握する必要があるだろう。なお,資金提供者は,借り手の返済不能のリスク以外にも,当該業者が倒産したときのリスクをもかぶることになる。
 そのようなことを考えると,面白いビジネスモデルだとは思うが,実際のところ,どのような運営主体(業者)が,どのように運営しているのだろうか,という点に関心を持たざるを得ない。
 ところで,貸付業務についてはかなりの法的な規制があるところ,特に,不特定多数からの出資を求めるような場合には,いわゆる出資法等の規制もあると思われるところ,そのような各種の規制との関係では,どのようにクリアされているのだろうか。 
 なお,不特定対象を相手とするシステムではないとするために,会員を募って会員のみのシステムという形態とする方向性も考えられるが,会員募集が不特定多数となるだろうことを考えると,同じことだとも思える。

 システムを詳しく研究したわけではないので,雑感程度のものとなってしまうが,特に資金提供者においては,かなりの注意が必要だということになるように思われる。

平井利明のメモ

|

2009.06.04

ヴィオラスペース2009大阪

ヴィオラスペース2009大阪

前半は
ドヴォルザーク:三重奏曲 ハ長調 作品74
長原幸太(ヴァイオリン)
小栗まち絵(ヴァイオリン) 
今井信子(ヴィオラ)

プロコフィエフ/ボリソフスキー編曲:
「ロミオとジュリエット」(ヴィオラ&ピアノ版)より
今井信子(ヴィオラ) 
フランソワ・キリアン(ピアノ)

ボーエン:幻想曲 作品54
川崎雅夫(ヴィオラ) 
フランソワ・キリアン(ピアノ)

後半は
第1回東京国際ヴィオラコンクールの入賞者の演奏

第1位 セルゲイ・マーロフ (ロシア)
Sergey MALOV (Russia)
ブラームス:ヴィオラソナタ ヘ短調作品120-1

第2位 ディミトリ・ムラト(ベルギー)
Dimitri MURRATH (Belgium)
リゲティ:無伴奏ヴィオラソナタ

第3位 ファイト・ベネディクト・ヘルテンシュタイン(ドイツ)
Veit Benedikt HERTENSTEIN (Germany)
J.S.バッハ:無伴奏チェロ組曲第3番ハ長調BWV1009

会場:
ザ・フェニックスホール
6月4日(木)
19:00開演(18:30開場)

追記)
第1曲目は,大フィルの首席奏者の長原氏も混じっての実力者によるトリオ。ちょっと事前の合わせ不足なのかとも思える点はなきにしもあらずだったが,徐々にペースも上がり,心地よく楽しめることができました。個人的には,ヴァイオリン2+ヴィオラという構成の生演奏を初めて聞いたことになるのかも。
それとは別の話になるが,第3楽章はどこかで聞いたことがあるなぁと思いながら聞いていたのだが,懐かしきフィリップジョーンズブラスアンサンブルが金管5重奏の編曲にて取り上げていた曲であることを思い出した・・・・。原曲はこんな曲だったのねなんてことも思いながら。
第2曲目は,今井さんのソロヴィオラと伴奏ピアノ。プロコって,いいメロディーラインを紡いでいるねえなんて思いながらヴィオラの音を十分に楽しませていただいた。
第3曲目もソロヴィオラと伴奏ピアノの曲。男性が弾くとやはり力を要する個所にしびれさせられる。

後半は
ヴィオラ界におけるこれからの時代を担っていく人達の演奏。
いずれもレベルの高いものだったと素人にも感じさせられる演奏だった。
一人目は3位の方でバッハだった。出だしの音に,はっとさせられヴィオラによるバッハの組曲の演奏もチェロに負けないぐらい良いねぇなんて感じながら聞いていた。ただ,どこがどうであるか等詳しくわからないのだけれども,全体としての印象はやはりバッハを弾きこなすということは至難の業なんだろうなと感じる面があり,3位と言われれば,そうなのかなと感じるものでもあった。
でも,もっと線が太くなると将来とてつもない演奏をするんじゃないかな。
第2位の方。リゲティでした。先日の大フィルの演奏と言い,そうそう聞くこともないはずのリゲティ続きというめずらしい機会となりました。
リゲティがヴィオラという楽器にどのようなことをさせるのか,興味津々にて聞いていました。多分,今日の演奏の中で一番一生懸命に聞いたかも。
でも,(私は1階の後ろの方の席で聴いていたのですが,さすがに多くの方は受け入れ難いといったような感じでしたね。確かに,曲だとして聞くならば,あまり心地よいものではないので耳障りな音楽に思えるでしょうが,こんな音や感じを出すことができるんだ,「へぇ~・・」といった感じで接すれば,色々な発見があって,もっと楽しめると思うんですがねえ。このような私も,最初は,現代音楽なんて耳障りとしか思っていなかったのですが,今では,それなりに楽しむようになっているんですから,誰でもそんな素地はあると思います。
第1位の方。一位だと感じさせる演奏でした。堂々とした演奏で,これからを引っ張って行かれる方であることは間違いないと思います。どこまで伸びて行くことになるのか,楽しみです。


ビオラの音というのは,弦楽器の中では一番人の声に近いのだと私は感じるう。その音と響きには安心感がある。
でも,それだけに凄みには多少欠けてしまい,また,日常感にどっぷりとなってしまいワクワクとした感じにはつながりにくいのかも。そのようなことから,人の日常を超越した音を奏でるヴァイオリンやチェロと比べると,楽曲の数や独奏等の機会に大きく後れを取っているのかも。
ヴィオラの良い演奏を,幾つも聴いていると,そんな感じも持った。
そんなこともあって,リゲティのような試みは,ビオラの新たな魅力を探し出す模索としても,興味深いものだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平成21年新司法試験の短答式試験の結果(法務省)

短答式試験結果
http://www.moj.go.jp/SHIKEN/SHINSHIHOU/h21kekka02-1.pdf

得点分布
http://www.moj.go.jp/SHIKEN/SHINSHIHOU/h21kekka03.html

正解及び配点
http://www.moj.go.jp/SHIKEN/SHINSHIHOU/h21kekka04.html

平成21年新司法試験の結果について(法務省)
http://www.moj.go.jp/SHIKEN/SHINSHIHOU/h21kekka01.html

平井利明のメモ

|

消費者庁設置法等

消費者庁設置法
2009年5月29日成立
法案
http://www.shugiin.go.jp/itdb_gian.nsf/html/gian/honbun/houan/g17005001.htm
法案要綱
http://www.cas.go.jp/jp/houan/syouhisya/setti/youkou.pdf

消費者庁設置法の施行に伴う関係法律の整備に関する法律
2009年5月29日成立
法案
http://www.shugiin.go.jp/itdb_gian.nsf/html/gian/honbun/houan/g17005002.htm

消費者安全法
2009年5月29日成立
法案
http://www.shugiin.go.jp/itdb_gian.nsf/html/gian/honbun/houan/g17005003.htm
法案要綱
http://www.cas.go.jp/jp/houan/syouhisya/anzen/youkou.pdf

平井利明のメモ

|

2009.06.03

Windows Server 2008 Service Pack 2 および Windows Vista Service Pack 2(マイクロソフト社)

Windows Server 2008 Service Pack 2 および Windows Vista Service Pack 2 (5 言語用スタンドアロン版) (KB948465)
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=a4dd31d5-f907-4406-9012-a5c3199ea2b3&DisplayLang=ja

平井利明のメモ

|

平成21年06月02日最高裁判所第三小法判決・,商法676条2項にいう「保険金額ヲ受取ルヘキ者ノ相続人」に関して

平成21(受)226 死亡給付金等請求,民訴法260条2項の申立て事件
平成21年06月02日最高裁判所第三小法判決

原審
大阪高等裁判所   
平成20(ネ)1285
平成20年10月31日

裁判要旨
生命保険の指定受取人と当該指定受取人が先に死亡したとすればその相続人となるべき者とが同時に死亡した場合において,その者又はその相続人は,商法676条2項にいう「保険金額ヲ受取ルヘキ者ノ相続人」には当たらない
http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?action_id=dspDetail&hanreiSrchKbn=02&hanreiNo=37670&hanreiKbn=01

判決文(裁判所サイト)
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20090602114828.pdf

判決文より
「商法676条2項の規定は,保険契約者と指定受取人とが同時に死亡した場合にも類推適用されるべきものであるところ,同項にいう「保険金額ヲ受取ルヘキ者ノ相続人」とは,指定受取人の法定相続人又はその順次の法定相続人であって被保険者の死亡時に現に生存する者をいい(最高裁平成2年(オ)第1100号同5年9月7日第三小法廷判決・民集47巻7号4740頁),ここでいう法定相続人は民法の規定に従って確定されるべきものであって,指定受取人の死亡の時点で生存していなかった者はその法定相続人になる余地はない(民法882条)。したがって,指定受取人と当該指定受取人が先に死亡したとすればその相続人となるべき者とが同時に死亡した場合において,その者又はその相続人は,同項にいう「保険金額ヲ受取ルヘキ者ノ相続人」には当たらないと解すべきである。そして,指定受取人と当該指定受取人が先に死亡したとすればその相続人となるべき者との死亡の先後が明らかでない場合に,その者が保険契約者兼被保険者であったとしても,民法32条の2の規定の適用を排除して,指定受取人がその者より先に死亡したものとみなすべき理由はない。」

平井利明のメモ

|

我が国の預金取扱金融機関のサブプライム関連商品及び証券化商品等の保有額等(平成21年3月末)の公表(金融庁)

我が国の預金取扱金融機関のサブプライム関連商品の保有額等について
http://www.fsa.go.jp/news/20/ginkou/20090602-1/01.pdf

FSF報告書における先進的開示事例を踏まえた我が国の預金取扱金融機関の証券化商品等の保有額等について
http://www.fsa.go.jp/news/20/ginkou/20090602-1/02.pdf

我が国の預金取扱金融機関のサブプライム関連商品及び証券化商品等の保有額等(平成21年3月末)の公表(金融庁)
http://www.fsa.go.jp/news/20/ginkou/20090602-1.html
平成21年6月2日
金融庁

平井利明のメモ

|

2009.06.02

法科大学院における教育の質の改善について ―アンケート調査結果の公表に当たって―(法科大学院協会)

法科大学院における教育の質の改善について
――アンケート調査結果の公表に当たって――
2009年6月1日
法科大学院協会
http://www.lawschool-jp.info/info20090601.html

アンケート結果
Q1  貴校では、入学者選抜において将来の法曹の卵として真に相応しい学生を選別するために、法科大学院発足後に選抜方法の改善をされていますか。
http://www.lawschool-jp.info/A1.pdf
Q2  貴校では、十分に教育力のある教員陣を確保するための工夫(採用基準・選考方法など)をされていますか。
http://www.lawschool-jp.info/A2.pdf
Q3  貴校では、厳格な成績評価を行うために、法科大学院発足後に新たな工夫をされていますか。
http://www.lawschool-jp.info/A3.pdf
Q4  貴校では、厳格な修了認定を行うために、法科大学院発足後に新たな工夫をされていますか。
http://www.lawschool-jp.info/A4.pdf
Q5  貴校では、質の高い入学者および教員を確保できるかどうかの見地から、法科大学院設置時に決められた入学定員について見直しをされる予定がありますか。
http://www.lawschool-jp.info/A5.pdf

平井利明のメモ

|

トライアスリートのブログ

このブログにコメントをいただく
女性トライアスリートのかいかいさんがブログを立ち上げたとのことです。
ピンクトライアスリート☆かいかいの日記
どんな内容が展開されていくのやら。

当初は,
マラソンもこれからという方だったのに
今や・・・・・・・
日本を代表するトライアスロンである
「宮古島トライアスロン」も
2009年4月19日に無茶苦茶優秀な成績にて完走(+完泳)されておられます。

凄すぎる人です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.06.01

「新任監査役ガイド(第4版)」(日本監査役協会)

「新任監査役ガイド(第4版)」
平成21年5月14日
http://www.kansa.or.jp/siryou/elibrary/el_007_090529.html

平井利明のメモ

|

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »