« 区分けの難しいものについての解釈 | トップページ | トマト美味しい »

2009.07.22

平成21年05月25日大阪地方裁判所第14刑事部(インサイダー取引関連)

平成21(わ)575証券取引法違反被告事件
平成21年05月25日大阪地方裁判所第14刑事部 

判示事項の要旨
会社役員等の立場で知った重要事実に基づき,インサイダー取引で利益を得ようと企て,2社の株券を代金合計約1億2000万円で売り付けた証券取引法違反2件の事案について,自己又は第三者名義で,信用取引により多数の株券を売りつけており,被告人の刑事責任は相当に重いが,被告人のために有利な事情も認められるとして,被告人を懲役刑(2年6月,執行猶予付き)及び罰金刑に処した上,代金合計相当額の約1億2000万円の追徴を命じた事例
http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?action_id=dspDetail&hanreiSrchKbn=04&hanreiNo=37698&hanreiKbn=03

判決文
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20090609114131.pdf

平井利明のメモ

|

« 区分けの難しいものについての解釈 | トップページ | トマト美味しい »

裁判例」カテゴリの記事