« リーガルクリニック I 「民事全般無料法律相談」(立命館大学法科大学院) | トップページ | 中小企業の会計31問31答(平成21年指針改正対応版)ツール集(中小企業庁) »

2009.08.28

携帯電話とiPhoneとの併用

移動が多く、過日述べたように、特急券の利用やダイヤなどを手元のモバイル機器で検索や予約が出来るサービスは大変有り難い。
宿泊先なども、急な出張等、当日の夜に決めなければならない場合など助かる。なお、インターネットを利用して決めると宿泊料は、正規料金に比較してかなりお安くなるのだが、当日の夜の予約だと、更にお安くなることもある。
docomoの携帯電話を利用しているときも、これらの使用の頻度は相当高かったと思う。

これらをiPhoneで代替することを期待していたのだが、結論的には期待はずれだった。
使用が不可というものはない。しかし、操作のために時間・手間を要し、これは非常に大きな難点に映る。

ダイヤの検索や列車の予約等は、移動中のごく限られた時間にしなければならないことが少なくない。従って、迅速性や簡便性は極めて重要な要素である。

私は、i-modeによる検索等を今まで利用してきたが、i-modeという一種の規格を通じたwebサービスであることから、操作は、比較的簡便でまた迅速に利用できるようになっている。
今後も工夫によって、その差を埋めていくことはできるのかもしれないが、現段階での決断としては、ダイヤ検索等は、これからもi-modeを利用せざるを得ない。
携帯電話も併用せざるを得ない。

ほかにも、Webへの投稿なども、iPhoneを用いてWEBに書き込むよりも、携帯電話からメールにて送った方がはるかに楽。

つまり、使用目的によって、使い分けを余儀なくされるということ。
両方持ち歩くことになるので、結局、荷物が増える・・・w
また、両方の利用料金を払うことになるので、費用的にも痛手。

ネットの利用は原則としてiPhoneによることは間違いないので、携帯電話は画像非表示、メールは画像等ダウンロードしないという設定とすれば、すこしはましになるのだろうか?

平井利明のメモ

|

« リーガルクリニック I 「民事全般無料法律相談」(立命館大学法科大学院) | トップページ | 中小企業の会計31問31答(平成21年指針改正対応版)ツール集(中小企業庁) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事