« 平成21年10月01日最高裁判所第一小法廷判決(簡易生命保険特約約款の解釈関連) | トップページ | 次回のNHKのプロフェッショナル(仕事の流儀)には弁護士村田浩治先輩が登場 »

2009.10.06

平成21年09月30日最高裁判所大法廷判決(平成19年7月29日施行の参議院議員通常選挙関連)

平成20(行ツ)209選挙無効請求事件
平成21年09月30日最高裁判所大法廷判決

原審
東京高等裁判所   
平成19(行ケ)30
平成20年03月27日

判示事項 
裁判要旨 公職選挙法14条,別表第3の参議院(選挙区選出)議員の議員定数配分規定は,平成19年7月29日施行の参議院議員通常選挙当時,憲法14条1項に違反していたものということはできない

判決理由骨子
平成19年7月29日に施行された参議院議員通常選挙当時の選挙区選出議員の定数配分規定は,憲法14条1項等に違反しない。しかし,投票価値の平等という観点からは,この定数配分規定の下でもなお大きな不平等が存する状態であり,国会において,速やかに,投票価値の平等の重要性を十分に踏まえて,適切な検討が行われることが望まれる。
(補足意見,反対意見がある。)
http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?action_id=dspDetail&hanreiSrchKbn=02&hanreiNo=38014&hanreiKbn=01
判決文
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20090930171510.pdf

平井利明のメモ

|

« 平成21年10月01日最高裁判所第一小法廷判決(簡易生命保険特約約款の解釈関連) | トップページ | 次回のNHKのプロフェッショナル(仕事の流儀)には弁護士村田浩治先輩が登場 »

裁判例」カテゴリの記事