« 聴きに行きたや青木タイセイの本日のライブ | トップページ | 平成21年10月23日最高裁判所第二小法廷判決(教員の損害賠償義務を負担する者は?) »

2009.11.02

iPhoneからの返信メールの文字化け

iphoneにてメールを作成して,事務所や自宅のPC宛にメールを送ると特に問題なくメールを読むことが出来る。

しかし,次の場合には、文字化けが発生する。
事務所・自宅 → iPhone向けのメール送信 →事務所・自宅宛返信

なお
事務所や自宅でのメールソフトではエンコードとして日本語系(JIS)を利用している。よって,事務所等からiphone宛に送られるメールは日本語系のエンコードが用いられることになると考えられる。これに対して,iphoneから返信メールを送る際にはエンコードとしてUTF-8によりメールが作成されることになる。因みに,iPhoneは多言語を扱うことが可能な文字コード体系であるUnicodeを使用し,インターネットメールに際してはUnicodeとしてUTF-8を採用しているようである。従って,iPhoneからの返信メールには,日本語系とUTF-8が混在していることになると考えられる。このようなメールを,事務所等のメールソフトで見ると文字化けしてしまうようである。

このような文字化けメールも,「表示」→「エンコード」→「UTF-8」の選択により文字化けは解消して読めるようになる。面倒だけれどもこのような作業が必要になってしまう。
 
これを根本的に解消する方法は無いかと
とりあえず次の設定を行ってみた。 

outlook2003の場合であるが,
ツール
 ↓
オプション
 ↓
メール形式
 ↓
文字設定オプション
 ↓
エンコードオプション
 ↓
送信メッセージで優先使用するエンコード方法
Unicode(UTF-8)

この設定変更により,文字化けは解消されている。
また他のメールの表示についても特に支障がないようだ。
更に,送信にも問題がないように思われる。
しばらくこの設定で使ってみて,こちらから送るメールに文字化けがある等の指摘が無い等問題がみあたらなければ,他のPCの設定も変えてみたいと考えている。

なお
wikipediaによれば
「Unicode(ユニコード)とはコンピュータ上で多言語の文字を単一の文字コードで取り扱うために1980年代に提唱された文字コード」
「UTF-8(旧UTF-2)はISO/IEC 10646(UCS)とUnicodeで使える8ビット符号単位の文字符号化形式及び文字符号化スキーム」
と説明されている。

平井利明のメモ

|

« 聴きに行きたや青木タイセイの本日のライブ | トップページ | 平成21年10月23日最高裁判所第二小法廷判決(教員の損害賠償義務を負担する者は?) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事