« 生活福祉資金貸付制度の概要(厚生労働省) | トップページ | マリンライナー »

2009.12.15

平成21年11月27日最高裁判所第二小法廷判決(賃貸借関連)

平成20(受)1340建物収去土地明渡請求事件
平成21年11月27日最高裁判所第二小法廷判決

【破棄自判】

原審
東京高等裁判所   
平成20(ネ)589
平成20年05月14日

裁判要旨
1 賃借人が借地上の建物の建て替えに当たり新築建物を賃借人とその妻子の共有とすることにつき賃貸人から承諾を得ていた場合において,賃借人が自らは新築建物の共有者とはならず妻子の共有とすることを容認して借地を無断転貸したことにつき,賃貸人に対する背信行為と認めるに足りない特段の事情があるとされた事例
2 賃借人が,借地上の建物の共有者である賃借人の子がその妻に離婚に伴う財産分与としてその持分を譲渡することを容認して借地を無断転貸したことにつき,賃貸人に対する背信行為と認めるに足りない特段の事情があるとされた事例
http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?action_id=dspDetail&hanreiSrchKbn=02&hanreiNo=38195&hanreiKbn=01

判決文
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20091127151202.pdf


平井利明のメモ

|

« 生活福祉資金貸付制度の概要(厚生労働省) | トップページ | マリンライナー »

裁判例」カテゴリの記事