« 平成21年12月4日最高裁判所第二小法廷判決 (タックスヘイブン関連) | トップページ | 中央教育審議会大学分科会法科大学院特別委員会座長談話(法務省) »

2009.12.07

平成21年12月07日最高裁判所第二小法廷判決(平成19(あ)818証券取引法違反被告事件)

平成19(あ)818証券取引法違反被告事件
平成21年12月07日最高裁判所第二小法廷判決

【破棄差戻し】

原審
東京高等裁判所   
平成16(う)2800
平成19年03月14日

裁判要旨
旧株式会社日本債券信用銀行の平成10年3月期に係る決算処理における支援先等に対する貸出金の査定に関しては,資産査定通達等によって補充される改正後の決算経理基準は新たな基準として直ちに適用するには明確性に乏しかったなどの過渡的な状況のもとでは,これまで「公正ナル会計慣行」として行われていた税法基準の考え方によることも許容されるとして,これと異なり上記改正後の決算経理基準に従うことが唯一の基準であったとした原判決が刑訴法411条1号,3号により破棄された事例
http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?action_id=dspDetail&hanreiSrchKbn=02&hanreiNo=38232&hanreiKbn=01

判決文
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20091207165713.pdf

平井利明のメモ

|

« 平成21年12月4日最高裁判所第二小法廷判決 (タックスヘイブン関連) | トップページ | 中央教育審議会大学分科会法科大学院特別委員会座長談話(法務省) »

裁判例」カテゴリの記事