« 平成22年新司法試験実施予定表(法務省) | トップページ | 「霞ヶ関から眺める証券市場の風景」(証券取引等監視委員会のサイト) »

2010.01.08

法めも:解雇@労働契約法

第十六条 解雇は、客観的に合理的な理由を欠き、社会通念上相当であると認められない場合は、その権利を濫用したものとして、無効とする。



メモ:使用者(雇主)は,解雇をする権利を有していることが示されている。
 それとと共に,いかなる理由でも解雇が出来るのではなく,解雇を行うためには,客観的に見て(つまり,第三者的な目から見て)合理的な理由が必要であることが示されている。

平井利明のメモ

|

« 平成22年新司法試験実施予定表(法務省) | トップページ | 「霞ヶ関から眺める証券市場の風景」(証券取引等監視委員会のサイト) »

法律関連」カテゴリの記事