« 「著作権法施行令の一部を改正する政令案に関する意見募集の結果について」(文化庁) | トップページ | twitter20091226_1231 »

2010.01.02

法メモ:不正アクセス行為の禁止等に関する法律

大手インターネット広告会社であるサーバーエージェント社のホームページには
「「Ameba」オフィシャルブログ、不正アクセス被害について2010年1月1日」
とのプレスリリースが掲載されており
「株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長CEO:藤田晋、東証マザーズ上場:証券コード4751)が運営する「Ameba」のオフィシャルブログにおいて、2010年1月1日未明、不正アクセスの被害を確認いたしました。また同時に、オフィシャルブログのID、パスワード約450件等を記述したエクセルファイルが外部に流出したことを確認しております。」と示されています。

このような事案があったので,不正アクセスに関する「不正アクセス行為の禁止等に関する法律」についてのメモ。 

(不正アクセス行為の禁止)第3条1項
 何人も、不正アクセス行為をしてはならない。
 (不正アクセス行為の内容は同条2項に示されています)

(不正アクセス行為を助長する行為の禁止)第4条1項
 何人も、アクセス制御機能に係る他人の識別符号を、その識別符号がどの特定電子計算機の特定利用に係るものであるかを明らかにして、又はこれを知っている者の求めに応じて、当該アクセス制御機能に係るアクセス管理者及び当該識別符号に係る利用権者以外の者に提供してはならない。ただし、当該アクセス管理者がする場合又は当該アクセス管理者若しくは当該利用権者の承諾を得てする場合は、この限りでない。

第8条
 次の各号の一に該当する者は、1年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処する。  
一 第3条第1項の規定に違反した者  
二 第6条第3項の規定に違反した者
第9条
 第4条の規定に違反した者は、30万円以下の罰金に処する。

法文
http://www.ipa.go.jp/security/ciadr/law199908.html

図解(警察庁)
http://www.npa.go.jp/cyber/legislation/gaiyou/main.htm

概要(警察庁)
http://www.npa.go.jp/cyber/legislation/gaiyou/gaiyou.htm

法律違反の事例(総務省:国民生活のための情報セキュリティサイト)
http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/joho_tsusin/security/kiso/k05_01.htm
次のような事例が示されています。
1.不正に入手した他人のユーザー名とパスワードを使って、サーバーに侵入した。
2.不正に入手した他人のユーザー名とパスワードを知り合いに電子メールで送った。
3.不正に入手した他人のユーザー名とパスワードを使って、プロバイダのメールサーバーにアクセスし、勝手に電子メールを閲覧した。
4.プロバイダのサーバーに侵入し、サーバーに保管されていたホームページの内容を消去したり、書き換えたりした。
5.Webサーバーのセキュリティホールを利用してサーバーに侵入した。
6.ホームページ上で海賊版のソフトウェアを販売した。
7.ファイル共有交換ソフトを利用して、アクセスしてきた不特定多数のユーザーにソフトウェアを配信した。
8.インターネットのオークションサイトで存在しない商品を出品し、落札者に現金を振り込ませて騙し取った。

なお,「国民生活のための情報セキュリティサイト」には,次の説明なども掲載されています。
http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/joho_tsusin/security/kiso/k01.htm
インターネットの仕組み
電子メールの仕組み
ホームページの仕組み
ショッピングサイトの仕組み
電子掲示板の仕組み
メーリングリストの仕組み
ネットオークションの仕組み
チャットの仕組み
ブログの仕組み
暗号化の仕組み
SSL/TLSの仕組み
ファイアウォールの仕組み
Cookieの仕組み
無線LANの仕組み
セキュリティホールとは?
スパイウェアとは?
携帯電話によるインターネット利用
ファイル共有ソフトとは?
SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)の仕組み
ASP・SaaSとは?

平井利明のメモ

|

« 「著作権法施行令の一部を改正する政令案に関する意見募集の結果について」(文化庁) | トップページ | twitter20091226_1231 »

法律関連」カテゴリの記事