« 法めも:保護期間の原則@著作権法 | トップページ | 平成22年01月20日最高裁判所大法廷判決(無償で神社施設の敷地としての利用に供していた市有地の町内会への譲与関連) »

2010.01.20

法めも:団体名義の著作物の保護期間@著作権法

第五十三条  法人その他の団体が著作の名義を有する著作物の著作権は、その著作物の公表後五十年(その著作物がその創作後五十年以内に公表されなかつたときは、その創作後五十年)を経過するまでの間、存続する。

2  前項の規定は、法人その他の団体が著作の名義を有する著作物の著作者である個人が同項の期間内にその実名又は周知の変名を著作者名として表示してその著作物を公表したときは、適用しない。

3  第十五条第二項の規定により法人その他の団体が著作者である著作物の著作権の存続期間に関しては、第一項の著作物に該当する著作物以外の著作物についても、当該団体が著作の名義を有するものとみなして同項の規定を適用する。

平井利明のメモ

|

« 法めも:保護期間の原則@著作権法 | トップページ | 平成22年01月20日最高裁判所大法廷判決(無償で神社施設の敷地としての利用に供していた市有地の町内会への譲与関連) »

法律関連」カテゴリの記事