« 私の使っているiPhoneアプリケーションの紹介 | トップページ | JR西日本のチケットレス特急券 »

2010.02.01

データカードをどうするか思案中

現在,モバイルパソコンを外に持ちだしたときにインターネットと接続させるためのデータカード等として
「auのデータカードW05K」を利用中。
http://www.au.kddi.com/seihin/ichiran/shuhenkiki/w05k/index.html
この利用が2年目を迎えるようなので買換時ではある。
このカードは,説明によると
全国のauエリアで通信可能であって,都会等においては,CDMA 1X WIN のネットワークを使用して受信最大3.1Mbps、送信最大1.8Mbpsの高速通信が可能とのこと。
エリアの広さと,都会においてはそれなりの速さであり,また料金的にもまあまあか。

docomoも惹かれる。
「FOMAがつながるエリアならいつでもどこでも,FOMAハイスピードエリア内であれば、HIGH-SPEED対応機種で受信時最大7.2Mbps、送信最大5.7Mbps1でのスピーディーな通信が可能。」
エリアとスピードを考えるとドコモが優れている。
(但し,建物内の利用を考えると,回線の違いから繋がりやすいauが優位かも)
しかし,月額料金は高い。

PocketWiFi
イー・モバイルの「Pocket WiFi」(ポケットワイファイ)も気になる。
Wifiなので,iPhoneの利用時にも便利かと(ノートパソコンやゲーム機などのWi-Fi対応機器を最大5台まで同時接続が可能とのこと)
また,「下り最大7.2Mbpsであって対応エリア外の通信可能エリアでは下り最大3.6Mbps,上り最大5.8Mbpsであって対応エリア外の通信可能エリアでは上り最大1.4Mbps(一部エリアでは上り最大2.0Mbps)または384kbps」とのことでそれなりの速度。
しかし連続通信時間が約4時間というのは短い。
料金的には結構リーズナブルか。

速さなら
UQコミュニケーションズのWiMAXが気になる
下り最大り最大40Mbps,上り最大10Mbpsは半端ではない。
月額基本使用料 380円(税込)で上限額4,980円(税込)のコースは結構リーズナブル
なお,自宅での利用可能性をチェックしてみると
http://www.uqwimax.jp/service/area/
屋外:ご利用可能と思われます。但し、場合により、通信しにくい場合や圏外となる場合があります。
屋内:建物周辺の地形、建物形状、建物内の利用階数・窓からの距離・利用場所等により通信しにくい場合や、圏外となる場合があります。
・・・・何とも言えない。

ということで
迷っています。
現在の利用内容であまり困っておらず(但し,スピードは確かに遅い),エリアや経費を考えるとauを維持するのだろうか。
ただ,エリアと言っても,殆どはWiMAXの使える範囲で利用しているのが実情だと思うのだがw
思案のしどころ。

平井利明のメモ

|

« 私の使っているiPhoneアプリケーションの紹介 | トップページ | JR西日本のチケットレス特急券 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事