« twitter20100211-0217 | トップページ | 有価証券報告書 »

2010.02.14

高校(大阪府立八尾高等学校)のクラス同窓会

昨夜は,高校のクラスの同窓会だった。

私は大阪府立八尾高等学校の(新制高校)33期生にあたり卒業時3年3組に属していた。なお,このようなぞろ目だったことを,この度の同窓会の案内が来るまで思ったことがなかったw。
因みに,八尾高校は旧制の府立3中(河内)を前身とする歴史の古い学校である。大阪は,古来,摂津・河内・和泉の地域から成るのだが,1中が北野(摂津),2中が三国ヶ丘(和泉)である。ただ,両校の頑張りを見ると八尾高はちょっと残念な現在ではあるw。

この度の同窓会は,卒業時のクラスの担任をされておられた前田先生が昨年定年退職を迎えられたということでそのお祝いを兼ねてのものであった。
私は,卒業後クラス同窓会へ一度行ったことがあったがそれ以後はご無沙汰。そのときのクラス同窓会には前田先生はいらっしゃらなかったので,先生にお会いするのは卒業時以来となり既に約29年が経っていた。
さすがに髪に白いものが混じり年の流れは感じるもののかくしゃくとされておられた。また,お話の内容も,さすがに教育者といった感じのものだった(私達の現役中,あまりそんな感じでもなかったのだがw)
現在も大阪市内の高校にて,週3回,後進の指導に当たっておられるとのこと。
なお,前田先生は体育の先生であり八尾高校は体育が厳しいことで知られている。腰が痛いと言いつつ,今なお現役であることは教え子としても嬉しい限り。
前田先生が私達を受け持ったのはもう30年以上になるのだがよく覚えておられた。お話によれば,前田先生が初めて担任として受け持つこととなったクラスが私達のクラスだったとのこと。それだけ思いを持って頂いていたということの現れなのでしょう。
同窓会には,新潟,東京方面からもメンバーが集まってきていて結構な賑わいであった。当時,おとなしい私であったの,約30年ぶりに会ってわかるのかなあ,わかってもらえるのかなあと思って参加したのだが,何となく顔や声は覚えているものでとても楽しい時間となった。昔,一時期の時間を共有したものが,その後に違う道を歩み,そして現時点でそのときを振り返り,そして今を感じることは,なかなか得難い貴重な経験。
なお,意外なことに,同窓生には教職の道に進んだ者が比較的多く,中には,同窓生の子供を受け持ったケースもあったとのこと。教えて教えられてという教育の巡り合わせの不思議を思い,また,教育というものの連鎖性を感じさせられた。

結局,いつ家に帰ってきたのか殆ど記憶がないぐらいに飲んできて,わからない時間に帰ってきて(風呂で寝いってしまっていて,妻に起こされて事なきを得たようだ・・・苦笑),今日は,二日酔いにて一日がほぼ消えてしまった。
それほど嬉しい機会だったということかw

平井利明のメモ

前田先生の今後の更なるご活躍とご健康を祈念するともに,
また,皆元気で次の同窓会にて会えることを期待。

|

« twitter20100211-0217 | トップページ | 有価証券報告書 »

思いつくままに」カテゴリの記事

活動」カテゴリの記事