« ノーベル賞受賞者による「子どもたちの未来へ~自然と科学」フォーラム第1回 | トップページ | 平成22年03月02日最高裁判所第三小法廷判決(ホステスの報酬と源泉徴収関連) »

2010.03.22

平成22年03月02日最高裁判所第三小法廷判決(ホステスの源泉徴収関連)

平成19(行ヒ)105所得税納税告知処分取消等請求事件
平成22年03月02日最高裁判所第三小法廷判決

【破棄差戻し】

原審
東京高等裁判所   
平成18(行コ)103
平成18年12月13日

裁判要旨
ホステスの業務に関する報酬の額が一定の期間ごとに計算されて支払われている場合において,所得税法施行令322条にいう「当該支払金額の計算期間の日数」は,ホステスの実際の稼働日数ではなく,当該期間に含まれるすべての日数を指す
http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?action_id=dspDetail&hanreiSrchKbn=02&hanreiNo=38522&hanreiKbn=01

判決文
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20100302111400.pdf

平井利明のメモ

|

« ノーベル賞受賞者による「子どもたちの未来へ~自然と科学」フォーラム第1回 | トップページ | 平成22年03月02日最高裁判所第三小法廷判決(ホステスの報酬と源泉徴収関連) »

裁判例」カテゴリの記事