« twitter20100304-0310 | トップページ | 平成22年03月16日最高裁判所第三小法廷判決(退職慰労年金関連) »

2010.03.16

卒業式

上の子と下の子がお世話になった小学校。
今朝は下の子の卒業式であり
129回目となる卒業式でした
式は来賓の方々の挨拶等のあと
卒業生と在校生(5年生と4年生)による送別の辞となる。
卒業生と在校生が
一人或いはクラス単位或いは全員が声を合わせて
6年間の思い出を綴る。
まだぴよぴよとしていた1年のときのことから
遠泳で皆が力を合わせて1kmキロ泳ぎ切ったことや
運動会での大がかりな組み体操などが語られる
その中に,「仰げば尊し」が挟まれる。
心にしみ入る
そして
卒業生により
在校中に何度も口ずさんだ歌が
最後にもう一度歌われる。
http://www.tennoji-e.oku.ed.jp/NewFiles/kouka/kouka.ram
(竹中 郁作詞 中田 喜直作曲)
さすがに私も落涙。
卒業式等で始めでのこと。

この学校は
私が知る中で
いちばんすばらしい校歌をもっている。

上の子と併せて9年間
お世話になりました。

今日
私もこの学校からの卒業となりますので
入学式と卒業式のときにだけ鳴らすことが許される
小さな鐘を鳴らしてきました。


平井利明のメモ

|

« twitter20100304-0310 | トップページ | 平成22年03月16日最高裁判所第三小法廷判決(退職慰労年金関連) »

活動」カテゴリの記事