« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

2010.07.31

鴨川(五條大橋あたり)


ここから北へ。


追記
この日は,京都駅から,祇園の方まで歩き,引き続きロースクールのある二条方面まで。
ロースクール近くの銭湯にて一風呂浴びて
前期試験の終わった院生達との懇親会へ。

平井利明のメモ

|

八天堂のクリームパン


天王寺駅で販売していたので購入。
遅めの昼食w
カスタードともう一つ生クリームとのミックスを選んだが、カスタードのだけのもののほうが味わ深く感じられる。

京都への移動中。


平井利明のメモ

|

2010.07.26

2010年度前期15回目

今日は、ロースクールの15回目の授業日。
いずれも遅れずに来ることができた。
寝坊等の個人的な事情だけでなく、大阪市内から京都の二条までは3回の乗継がありまたダイヤの乱れることの少なくないJRの利用という事情もあって15回を遅刻なしということが出来るとひとつホッとする。
ロースクールへの出講日は特定の曜日となるので、曜日の決まっている裁判所の開廷日と重なると出廷に差し支えることとなってしまうので、出講日に受け持ち授業を集中させている。
そのため、前期は月曜日に4講分を集中させている。
金曜日か土曜日に与えてある課題の提出が電子メールで送られて来ることから週末は、そのチェックと次週の準備でかなりハードとなる。
そうではあるが、関係者の皆様のご配慮もあり、授業を終えるに至ることが出来た次第。
とはいえ、これからは苦手な評価ということが待っているのでまだ終った気にはなれないのだがw

|

2010.07.24

twitter20100715_0721

平井利明のメモ

続きを読む "twitter20100715_0721"

|

2010.07.17

twitter20100708_0714

平井利明のメモ

続きを読む "twitter20100708_0714"

|

2010.07.12

司法試験予備試験サンプル問題(法務省)(2010年7月12日現在)

一般教養科目(著作物の引用なし)
http://www.moj.go.jp/content/000046586.pdf
掲載を省略した部分は「(省略)」と記載されているとのこと
短答式試験〔第40問〕が更新されている(平成22年4月27日)

一般教養科目(著作物の引用あり)
PDFファイルは保護されているとのこと
(パスワードはhttp://www.moj.go.jp/jinji/shihoushiken/jinji07_00005.htmlに記されている)なお,注意書きとして,「引用した著作物の転載等に関しては,著作権者等による許可はありません。無断転載を禁止します。当方では,著作権者等への取次ぎは行いません。また,著作権者等に関する問い合わせにも応じかねます。」とある。

法律実務基礎科目(民事)
http://www.moj.go.jp/content/000049518.pdf
※「口述試験のイメージ」を追加(平成22年7月7日)とのこと

法律実務基礎科目(刑事)
http://www.moj.go.jp/content/000049519.pdf


その余の事項について
http://www.moj.go.jp/jinji/shihoushiken/jinji07_00005.html

平井利明のメモ

|

2010.07.10

twitterを初めてから1年経過

1年前の2009年7月10日がtwitterを開始した日。

その頃は「今どこにいるの?」とか「今何しているの?」といった内容をつぶやいて下さいといった売り言葉でミニブログと紹介されていたが,ブログを手がけている者にとって,140文字以内でそんな内容をつぶやいて何になるの?といった感じであり,とりあえず登録してみようかなといった感じで始めたもので,それほど続くとは期待していなかった。
道具・方法というものに興味があるので色々と手を出しているが続くものは殆ど無い。
実際,twitterと同時期に開始したfacebookは(将来性を言われているものの)全くの放置状態である。SNSと言われるものや,ソーシャルクリップと言われるものもあまり続かず(ソーシャルクリップは細々とは続けているが)。
そのことを考えるとtwitterは驚異的?w
ちょうど私が始めた頃,勝間和代さんや広瀬香美さんも始められた頃で,その妙なかけ合いをみて色々と勉強させていただいた。その頃に始められた方々は,きっとそのような経験を持っているのではないだろうか。
しかし,当初は,フォローがそれほどあるものではなく,何が面白いのかといった感を抱いていたことが正直なところだったが,次第に増えてくると確かに面白い。
最初は,フォローする人が増えてくると,それぞれの人のつぶやきを追うことができなくなりそれは違った意味でストレスであったが(なお,現在は,リストの機能が追加されているので,その問題は大幅に解消されている),それを諦めて,ただ何となく流れてくるTLを読むことで色々なイメージが湧いてくる。フォローしている人は,それこそ色々な分野(例えば法曹関係者にしても色々なスタンスの方々)であり,そして色々な場所の方なので,自分の考えや経験と異なるものがあって興味深く,結構はまってしまうこととなってしまっているw。
140字という限られた範囲内での意見等であり簡潔性が色々な意見に接することに資している。

さて
次の1年は,どのような展開を見せているのだろうか。

私の1年前となる最初のつぶやきは
「仕事継続中in大阪 6:36 PM Jul 10th webで」
というもの。

ちなみに,twitter本家ではこの当時のログは少なくとも現時点では表示されなくなってしまっています。
私は,一定期間毎に自己のつぶやきログをブログに転記していますので,その当時の記録も残されています(ブログは「メモ」としているのですが,メモであるためこのようなスクラップブック的な使い方もしています)。しかし,ブログの利用は減ったねw

|

twitter20100701_0707

平井利明のメモ

続きを読む "twitter20100701_0707"

|

2010.07.09

平成22年07月09日最高裁判所第二小法廷判決(認定誤り関連)

平成21(受)1539損害賠償請求本訴,同反訴事件
平成22年07月09日最高裁判所第二小法廷判決

【破棄差戻し】

原審
東京高等裁判所
平成19(ネ)2588
平成21年05月21日

裁判要旨
損害賠償請求の請求原因事実と相反することとなる提訴者自らが行った事実を積極的に認定しながら,提訴者の記憶違い等の事情につき認定説示することなく訴えの提起に係る不法行為の成立を否定した原審の判断には,違法がある

http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?action_id=dspDetail&hanreiSrchKbn=02&hanreiNo=80427&hanreiKbn=01

判決文
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20100709142120.pdf


判決文より
「被上告人らが,X1(以下「X1」という。)の経理事務を担当していた上告人による横領等があったと主張して,上告人に対して不法行為に基づく損害賠償等を請求する本訴を提起したが,被上告人らの請求をいずれも棄却する第1審判決を受けたため,これを不服として控訴をしたところ,上告人が,原審において,被上告人らによる本訴の提起が不法行為に当たるとして,損害賠償を請求する反訴を提起した事案」

|

2010.07.08

医療訴訟の「そこが知りたい」日経メディカル編

執筆者の一人を担当しています。

医療訴訟の「そこが知りたい」
注目判例に学ぶ医療トラブル回避術


日経メディカル 編
A5:288ページ
価格 : 3,990円(税込み)
ISBN : 978-4-8222-6128-3
発行元 : 日経BP社
発行日 : 2010/06/28

日経メディカルに連載中の
『医療訴訟の「そこが知りたい」』の単稿本化

http://ec.nikkeibp.co.jp/item/books/187820.html

執筆者一覧(50音順)
石黒敏洋:札幌アライアンス法律事務所(弁護士)
桑原博道:仁邦法律事務所(弁護士、東邦大客員教授、順天堂大客員准教授)
田邉昇:中村・平井・田邉法律事務所(医師、弁護士)
平井利明:中村・平井・田邉法律事務所(弁護士、立命館大法科大学院教授)
蒔田覚:仁邦法律事務所(弁護士)
水澤亜紀子:皆川・水澤法律事務所(医師・弁護士)

なお
「医療訴訟の『そこが知りたい』」の正誤表とのこと。
http://ec.nikkeibp.co.jp/item/contents/mgpdf/p_187820.pdf

平井利明のメモ

|

2010.07.03

twitter20100622__0630

平井利明のメモ

続きを読む "twitter20100622__0630"

|

2010.07.02

安川忠之テノ一ルコンサートVol.2(平成22年7月4日)

安川忠之テノ一ルコンサートVol.2

イタリア歌曲 古典と近代
ピアノ:藤江圭子

2010年7月4日(日)午後3時開演
(午後2時30分開場)

場所:ピアジュリアン
http://pia-julien.com/
神戸市中央区加納4丁目3-2
近藤ビル9F
O78-391-8081
http://pia-julien.com/info.html

予定曲目
1.陽はすでにガンジス川から(スカルラッティ)
2.私の偶像である人のまわりに(チェスティ)
3.踊れ、やさしい娘よ(ドゥランテ)
4.すみれ(スカルラッティ)
5.お前は私を苦しめていなかったのに(チェスティ)
6.オン・プラ・マイフ(ヘンデル)
7.ああ、私のやさしい熱情が(グルック)
8.カーロ・ミオ・ベン(ジョルダーニ)
9.朝の歌(レオンカヴァレッロ)
10.セレナータ(マスカーニ)
11.ジロメッタ(シベッラ)
12.霧(レスピーギ)
13.海のストルネッロ(チマーラ)
14.春よ(ティリンデッリ)

入場料2000円(ワンドリンク付)

連絡先は
http://twitter.com/ytacchan
にてご確認下さいませ。

第1回目は都合があって聞きに行けなかったのですが
今回は聞きに行けるのでとても楽しみにしています。

平井利明のメモ

|

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »