« twitter20100701_0707 | トップページ | 司法試験予備試験サンプル問題(法務省)(2010年7月12日現在) »

2010.07.10

twitterを初めてから1年経過

1年前の2009年7月10日がtwitterを開始した日。

その頃は「今どこにいるの?」とか「今何しているの?」といった内容をつぶやいて下さいといった売り言葉でミニブログと紹介されていたが,ブログを手がけている者にとって,140文字以内でそんな内容をつぶやいて何になるの?といった感じであり,とりあえず登録してみようかなといった感じで始めたもので,それほど続くとは期待していなかった。
道具・方法というものに興味があるので色々と手を出しているが続くものは殆ど無い。
実際,twitterと同時期に開始したfacebookは(将来性を言われているものの)全くの放置状態である。SNSと言われるものや,ソーシャルクリップと言われるものもあまり続かず(ソーシャルクリップは細々とは続けているが)。
そのことを考えるとtwitterは驚異的?w
ちょうど私が始めた頃,勝間和代さんや広瀬香美さんも始められた頃で,その妙なかけ合いをみて色々と勉強させていただいた。その頃に始められた方々は,きっとそのような経験を持っているのではないだろうか。
しかし,当初は,フォローがそれほどあるものではなく,何が面白いのかといった感を抱いていたことが正直なところだったが,次第に増えてくると確かに面白い。
最初は,フォローする人が増えてくると,それぞれの人のつぶやきを追うことができなくなりそれは違った意味でストレスであったが(なお,現在は,リストの機能が追加されているので,その問題は大幅に解消されている),それを諦めて,ただ何となく流れてくるTLを読むことで色々なイメージが湧いてくる。フォローしている人は,それこそ色々な分野(例えば法曹関係者にしても色々なスタンスの方々)であり,そして色々な場所の方なので,自分の考えや経験と異なるものがあって興味深く,結構はまってしまうこととなってしまっているw。
140字という限られた範囲内での意見等であり簡潔性が色々な意見に接することに資している。

さて
次の1年は,どのような展開を見せているのだろうか。

私の1年前となる最初のつぶやきは
「仕事継続中in大阪 6:36 PM Jul 10th webで」
というもの。

ちなみに,twitter本家ではこの当時のログは少なくとも現時点では表示されなくなってしまっています。
私は,一定期間毎に自己のつぶやきログをブログに転記していますので,その当時の記録も残されています(ブログは「メモ」としているのですが,メモであるためこのようなスクラップブック的な使い方もしています)。しかし,ブログの利用は減ったねw

|

« twitter20100701_0707 | トップページ | 司法試験予備試験サンプル問題(法務省)(2010年7月12日現在) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事