« 監査役監査の基礎知識 自己診断(ガイド編 第6回)(日本監査役協会) | トップページ | twitter20101022-1031 »

2010.11.03

大阪フィルハーモニーのパートナーズ・パーティー

大阪フィルハーモニーの正会員と音楽監督,楽団員,事務局員の親睦パーティー。
パーティーの前には,
大阪フィルハーモニー会館にて,演奏会のリハーサルの見学あり。
今回は,
ブラームスのピアノコンチェルトの2番でした。
冒頭のホルンの音に引き続いて奏でられるピアノ。
余韻をたっぷり持たせたもので,
これいいねぇなんて思いながらの約1時間半。

その後,練習場の隣の西成区民センターにて17:30から2時間ばかり。
家族とともに参加。

弦楽合奏と金管楽器の合奏もあり
かなり練習していたのでしょうね
息のあった素晴らしい合奏。
金管合奏は,
昔聴きにいったフィリップ・ジョーンズ・ブラス・アンサンブルが
取り上げていた曲
(一度だけライブを聴きにいったことがあります)
ヘイゼル作曲の
3匹の猫
1.ミスター・ジャムス (Mr. Jums )
2.ブラック・サム (Black Sam)
3.バーリッジ (Borage)
この曲は,調べてみるとPJBEメンバーによる委嘱作品だったのですね。
懐かしや。

クイズ大会もあり
・例えば,
今年は,ショパン生誕200年の年ですが,大フィルは今年ショパンのコンチェルトを4回演奏した。○か×か(定演は2回1セットと考える)
等の出題。
正解は×(5回だそうです)。
回答は殆どあてものの領域w

昨年は結構良い成績で賞品にありつけましたが
今年は残念。
また来年を楽しみに。

大植英次氏は
大阪フィルの音楽監督に就任後
星空コンサート(野外コンサート)
大阪クラシック(御堂筋界隈の多くの場所での殆どが無料のライブコンサート)
パートナーズパーティー(会員との親睦パーティー)
定期演奏会のザ・シンフォニーホールへの移行そして2日制

色々と企画され
大阪フィルもそれに応じて発展させています。

公の補助が段々とカットされていく昨今
一人の私人として
やはり
色々と応援したくなります。

ご参照
http://osakaphil1947.blog66.fc2.com/blog-entry-73.html


平井利明のメモ

|

« 監査役監査の基礎知識 自己診断(ガイド編 第6回)(日本監査役協会) | トップページ | twitter20101022-1031 »

文化・芸術・趣味等」カテゴリの記事