« 大津駅より | トップページ | 音楽劇「この胸のときめきを2010」(SABカンパニープロデュースVol.3) »

2010.12.01

64bit環境におけるGoogle Calendar Sync

「Googleカレンダー」と「Outlookの予定表」を同期させることのできるツールが「Google Calendar Sync」
http://www.google.com/support/calendar/bin/answer.py?hl=en&answer=89955
これは便利なツールである。

しかし,現時点では,windows7の64bitに対応していない。
http://www.google.com/support/calendar/bin/answer.py?answer=98565

ネットで検索すると,利用を可能とする色々な方法があるようだが,なかなか私には手の出そうな方法はは少なく,「互換性モード」を利用する方法が一番簡便なように感じた。

「Google Calendar Sync」をダウンロードして,そのソフトの「プロパティー」を開けて「互換性」のタブにて「互換モードでこのプログラムを実行する」にて「WindowsVista(Service Pack2)」を選択し,「特権レベル」にて「管理者としてこのプログラムを実行する」にチェックを入れて使ってみた。
この方法は,今までにも何度かチャレンジしていたのだが,画面の解像度が自動的に著しく落ちてしまい,実用に耐えないものとなってしまう。解像度を回復させるために,色々と試してみたのだが今までは上手くいかず,結局,Google Calendar Sync」の利用を諦めていた。64bit対応が登場するのを待つしかないとは思っていたが,時々思い出したようにチャレンジしてみたのだが,やはり同じ結果。

ところで,今回は,「グラフィックプロパティ」にて「色深度」を「32ビット」を選択してみた。そうすると画像の解像度が回復。

この状態で,「Google Calendar Sync」を起動させて「outlook2010」とシンクロさせてみたところ問題なく同期に成功した!

平井利明のメモ

|

« 大津駅より | トップページ | 音楽劇「この胸のときめきを2010」(SABカンパニープロデュースVol.3) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事