« 平成22年12月02日最高裁判所第一小法廷決定(動産集合譲渡担保の物上代位関連) | トップページ | iPhoneのメモのアカウント(Outlookとの同期に関連して) »

2010.12.07

大植英次音楽監督は2011/12年シーズンをもって音楽監督を退任されるのか・・・・

大阪フィルハーモニー協会のブログより

タイトルが
2010.12.01「 大植英次音楽監督の契約延長について」
とあり,良かったというのが,まず最初の感想。

本文を読むと
「大植英次音楽監督との契約につきましては、現在の2011年3月31日までの契約期間を2012年3月31日まで1年延長することになりましたのでお知らせ申し上げます。」

・・・・・・? 1年・・・・・ 何故?

続く本文を読み進めると
「なお、2012年4月1日以降大植氏は、「桂冠指揮者」として大阪フィルの指揮を続けていくこととなりましたので、皆様には引き続きご支援賜りますよう何卒よろしくお願い申し上げます。」

ええええ。
「桂冠」ということは。。。。。。。

ブログには「大植監督からのコメント」も掲載されている。
やはり
2011/12年シーズンをもって音楽監督を退任されるようだ。

・・・・・・・・とても,とても,とても残念。

大植氏のコメントには「新しい世代にバトンタッチ出来る時が来たと思います」
とあるが,後任は若手?

そして
大植監督はその後は?

平井利明のメモ

|

« 平成22年12月02日最高裁判所第一小法廷決定(動産集合譲渡担保の物上代位関連) | トップページ | iPhoneのメモのアカウント(Outlookとの同期に関連して) »

文化・芸術・趣味等」カテゴリの記事