« 立てることの出来るメモ帳 | トップページ | 平成23年01月14日最高裁判所第二小法廷判決(地方自治法232条の2所定の公益上の必要等関連) »

2011.01.14

平成23年01月14日最高裁判所第二小法廷判決(破産管財人の源泉徴収義務等関連)

平成20(行ツ)236源泉徴収納付義務不存在確認請求事件
平成23年01月14日最高裁判所第二小法廷判決

原審
大阪高等裁判所 
平成18(行コ)118
平成20年04月25日

裁判要旨
1 弁護士である破産管財人は,自らの報酬の支払について,所得税法204条1項2号所定の源泉徴収義務を負う
2 弁護士である破産管財人の報酬に係る源泉所得税の債権は,旧破産法(平成16年法律第75号による廃止前のもの)47条2号ただし書にいう「破産財団ニ関シテ生シタル」請求権に当たる
3 破産管財人は,破産債権である所得税法199条所定の退職手当等の債権に対する配当について,同条所定の源泉徴収義務を負わない http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?action_id=dspDetail&hanreiSrchKbn=02&hanreiNo=81009&hanreiKbn=01

判決文
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20110114143526.pdf

平井利明のメモ

|

« 立てることの出来るメモ帳 | トップページ | 平成23年01月14日最高裁判所第二小法廷判決(地方自治法232条の2所定の公益上の必要等関連) »

裁判例」カテゴリの記事