« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

2011.01.31

1月31日は,「愛妻の日」だそうな。

花屋さんの前をたまたま通りかかると
1月31日は「愛妻の日」と書かれてある。
何でも,商売につなげるねえなどとは思ってしまうのですが。

日本愛妻家協会という組織があるようですね。
http://www.aisaika.org/index.html
但し,ホームページを見る限りでは実態不明としか言いようがないのですが。


それはともかくとして
まあ,語呂の良い日ではあるので
花ぐらいはということで・・・・

因みに,花屋さんに聴くと
旦那に対してという日はないようですね。

Img_2206

平井利明のメモ

|

福助電車

福助電車の運行
阪堺線のホームページよれば「堺市が所蔵する福助人形を車内に展示した「福助電車」3 両を1 月7 日(金)から運行します。(運行期間未定)」とのこと。

よく見ますと
このように「福助人形」が鎮座しています。

Img_3408

電車の天井には,福助のステッカーが貼られていました。

Img_3406

私は,何気なく乗った電車の天井に貼られたこのステッカーを見て,噂に聞いていた「福助電車」であることがわかりました(笑)。
なお,電車の正面には,福助人形の大きなステッカーが貼られているようですね。

阪堺電車(阪堺電気軌道株式会社)のホームページ
http://www.hankai.co.jp/index.html

なお,
阪堺電車の駅は,正確には「停留所」にあたるようですね。
wikiによれば
「停留所」とは,停車場のうちで,場内信号機・出発信号機を設けていないものをいう(閉塞区間内に存在する駅のこと)とのこと。
なお「停車場」とは,鉄道における駅(貨物用を含む),信号場,操車場の総称とのこと。

平井利明のメモ

|

卯年@下御霊神社にて

捷足ニ慢心セス
   ウサギトカメ

策ヲ弄スルニ陥ラス
   因幡の白兎

強ヨキ挫キ弱キヲ援ク
   カチカチ山


兎にちなんで
京都の下御霊神社にて

Img_2195

平井利明のメモ

|

2011.01.29

「医事事件についての最近のトピックス」

「医事事件についての最近のトピックス」

兵庫県下の某市医師会の地区会における講演

|

2011.01.27

寒い日

ここのところ寒い日が続いている。

公園の鳩も日向で丸くなるばかり。

Img_2190

平井利明のメモ

|

2011.01.23

「零戦 最後の証言」神立尚紀著

「零戦 最後の証言」
海軍戦闘機と共に生きた男たちの肖像

光人社NF文庫
2011年1月21日発行
単行本:平成11年10月

もう殆どの人の記憶の中には,現実の戦争というものはない。かくうう私もその一人である。
しかし,我が国には実際に戦火の中にあった時期があった。
そして,その時代は,現在のように,人が遠隔地からロボットを操作して相手を攻撃するといった時代ではなく,人が人とが目の前で闘っていた時代である。
そして,その人達の多くはとても若い世代の人であった。
最前線で日々闘いを繰り広げ,そして,生き残ってそのときのことを語る肉声が,神立氏の手によって,今を生きる我々の目の前に投げ出されている。
航空機というその当時の科学の最先端の機器の中にあって,肉体と精神の限界に直面しておられた個々の人の声は,ある意味とても新鮮であり,残酷であり,そして,生きために必要なこと,生をつなげることの重要さや,平和のありがたさを,率直に感じさせる。
局限状態にあって生に満ちた言葉の数々は,今大きな悩みを抱えている人達にまだやれるねと,こんなことでへたばってなるものか,なんとか生き抜くことこそが生まれてきたことの意義だと改めて認識させることのように思える。

 著者の神立氏は1995年から下零戦搭乗員の取材に取り組んでおられるとのことだが,彼は言う「戦後五十余年を経た現在,日本は空前の不況に喘いでいる。しかし,いくら不景気とはいえ,全てが灰燼に帰してしまったわけではない。戦争,そして敗戦を乗り越えてきた先人たちを思えば,まだまだ,やればできる,何とかなる,自信を持とうよ,そういう気持ちをも込めて,一気に書き上げた。
「高齢化社会といわれ,ともすれば高齢者人口が全体の何パーセントなどと数字のみで語られることが多いが,あの戦争を戦ったのも,戦後の日本の復興の基礎を作ったのも,この世代の人たちである。一人一人の人生にはそれぞれのドラマがあり,かけがえのない重みがある。本書が,日本の将来を担う若い世代と,戦争をじかに戦った世代との橋渡しになれば,と願っている。」

 神立氏は,最近まで知らなかったことだが高校の1年後輩にあたる方となる。高校時代のあのときの空気を吸っていた人物が,今までの人のためにそして将来の人のために残さなければならない声を集めることに精力を注いでおられることは,とても嬉しいことである。
 そして,年の流れと共に年々失われていく貴重な声の数々が,神立氏の努力を経て,多くの人々の心で共有され,明日への生きるための力となることを期待したい。

平井利明のメモ

|

卒寿の御上人

 本日は祖母の7回忌や祖父や叔父や父などを含めた亡き親族の追善供養だった。
 祖母は信仰の篤い人だったこともあり,当方のたっての願いを聞き入れてくださり,御上人にお参りをお願いすることがかなった。
 御上人は,今年で卒寿。つまり90歳を迎えるとのこと。しかし,顔艶はよく,また,矍鑠としておられとてもそのような年齢には見えない。法衣の着替え等や準備等も全て一人でされる。1時間近くのお経も,木魚を叩く音は厳しく,声にも力がある。
 仏の御陰とのことだが,今でも,毎朝5時半には起きて1時間以上の掃除をされておられるとのことなので,信仰心に基づく日常生活が,身体と精神の維持の秘訣なのだろう。
 御上人のお話は今までにも何度も伺ったことがあるが,その一つには戦争時代の話がある。私の記憶するところで述べると,戦艦大和の最後の出撃の際には同行の駆逐艦に乗っておられたとのこと。我が国の連合艦隊の最後の出撃は,世界最大の戦艦を以て,沖縄戦での起死回生を期するものではあったが,客観的状況としては制空権を米国軍に完全に掌握された下での出撃であり,生還どころか目的地への到達すらも期待することが難しい出来ない旅路だったといえる。実際,残念ながら戦艦大和は無数の米国航空機の攻撃を受け,沖縄から遙か遠い場所で撃沈されてしまっている。なお,巨大戦艦と言えども航空機の前には歯が立たないことは,実は,日本軍がかつて証明したことを考えると,戦艦大和の最後は残念すぎる結果である。
 御上人もそのような闘いへと向かったが何とか命長らえてたとのことであり,そのことがやはりその後の人生に大きな影響を与えたとのこと。
 そのような方も,90歳を迎える時となった。

平井利明のメモ

|

Twitter20110115-0121

続きを読む "Twitter20110115-0121"

|

2011.01.21

平成23年01月20日最高裁判所第一小法廷判決(著作権法上の複製関連)

平成21(受)788著作権侵害差止等請求控訴,同附帯控訴事件
平成23年01月20日最高裁判所第一小法廷判決

【破棄差戻し】

原審
知的財産高等裁判所 
平成20(ネ)10055
平成21年01月27日

裁判要旨
放送番組の複製物の取得を可能にするサービスの提供者が,その管理,支配下において,アンテナで受信した放送を複製機器に入力し,当該機器に録画指示がされると放送番組の複製が自動的に行われる場合,当該サービスの提供者はその複製の主体である
http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?action_id=dspDetail&hanreiSrchKbn=02&hanreiNo=81015&hanreiKbn=01

判決文
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20110120144645.pdf

判決文より
「本件は,放送事業者である上告人らが,「ロクラクⅡ」という名称のインターネット通信機能を有するハードディスクレコーダー(以下「ロクラクⅡ」という。)を用いたサービスを提供する被上告人に対し,同サービスは各上告人が制作した著作物である放送番組及び各上告人が行う放送に係る音又は影像(以下,放送番組及び放送に係る音又は影像を併せて「放送番組等」という。)についての複製権(著作権法21条,98条)を侵害するなどと主張して,放送番組等の複製の差止め,損害賠償の支払等を求める事案である。
上告人らは,上記サービスにおいて複製をしているのは被上告人であると主張するのに対し,被上告人は,上記サービスの利用者が私的使用を目的とする適法な複製をしているのであり,複製をしているのは被上告人ではないと主張する。」

「放送番組等の複製物を取得することを可能にするサービスにおいて,サービスを提供する者(以下「サービス提供者」という。)が,その管理,支配下において,テレビアンテナで受信した放送を複製の機能を有する機器(以下「複製機器」という。)に入力していて,当該複製機器に録画の指示がされると放送番組等の複製が自動的に行われる場合には,その録画の指示を当該サービスの利用者がするものであっても,サービス提供者はその複製の主体であると解するのが相当である。」
「すなわち,複製の主体の判断に当たっては,複製の対象,方法,複製への関与の内容,程度等の諸要素を考慮して,誰が当該著作物の複製をしているといえるかを判断するのが相当であるところ,上記の場合,サービス提供者は,単に複製を容易にするための環境等を整備しているにとどまらず,その管理,支配下において,放送を受信して複製機器に対して放送番組等に係る情報を入力するという,複製機器を用いた放送番組等の複製の実現における枢要な行為をしており,複製時におけるサービス提供者の上記各行為がなければ,当該サービスの利用者が録画の指示をしても,放送番組等の複製をすることはおよそ不可能なのであり,サービス提供者を複製の主体というに十分であるからである。」

平井利明のメモ

|

2011.01.19

平成23年01月18日最高裁判所第三小法廷判決(自動公衆送信関連)

平成21(受)653著作権侵害差止等請求事件
平成23年01月18日最高裁判所第三小法廷判決

【破棄差戻し】

原審
知的財産高等裁判所   
平成20(ネ)10059
平成20年12月15日

裁判要旨
1 公衆の用に供されている電気通信回線への接続により入力情報を受信者からの求めに応じ自動的に送信する機能を有する装置は,単一の機器宛ての送信機能しか有しない場合でも,当該装置による送信が自動公衆送信であるといえるときは,自動公衆送信装置に当たる
2 公衆の用に供されている電気通信回線への接続により入力情報を受信者からの求めに応じ自動的に送信する機能を有する装置が,当該電気通信回線に接続し,これに継続的に情報が入力されている場合には,当該装置に情報を入力する者が送信の主体である
http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?action_id=dspDetail&hanreiSrchKbn=02&hanreiNo=81012&hanreiKbn=01

判決文
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20110118164443.pdf

判決文より
「放送事業者である上告人らが,「まねきTV」という名称で,放送番組を利用者からの求めに応じ自動的に送信する機能を有する機器を用いたサービス(以下「本件サービス」という。)を提供する被上告人に対し,本件サービスは,各上告人が行う放送についての送信可能化権(著作権法99条の2)及び各上告人が制作した放送番組についての公衆送信権(同法23条1項)を侵害するなどと主張して,放送の送信可能化及び放送番組の公衆送信の差止め並びに損害賠償の支払を求める事案」

「自動公衆送信は,公衆送信の一態様であり(同項9号の4),公衆送信は,送信の主体からみて公衆によって直接受信されることを目的とする送信をいう(同項7号の2)ところ,著作権法が送信可能化を規制の対象となる行為として規定した趣旨,目的は,公衆送信のうち,公衆からの求めに応じ自動的に行う送信(後に自動公衆送信として定義規定が置かれたもの)が既に規制の対象とされていた状況の下で,現に自動公衆送信が行われるに至る前の準備段階の行為を規制することにある。このことからすれば,公衆の用に供されている電気通信回線に接続することにより,当該装置に入力される情報を受信者からの求めに応じ自動的に送信する機能を有する装置は,これがあらかじめ設定された単一の機器宛てに送信する機能しか有しない場合であっても,当該装置を用いて行われる送信が自動公衆送信であるといえるときは,自動公衆送信装置に当たるというべきである。」
「そして,自動公衆送信が,当該装置に入力される情報を受信者からの求めに応じ自動的に送信する機能を有する装置の使用を前提としていることに鑑みると,その主体は,当該装置が受信者からの求めに応じ情報を自動的に送信することができる状態を作り出す行為を行う者と解するのが相当であり,当該装置が公衆の用に供されている電気通信回線に接続しており,これに継続的に情報が入力されている場合には,当該装置に情報を入力する者が送信の主体であると解するのが相当である。」

平井利明のメモ

|

2011.01.18

ネット開通

ようやく自宅にインターネット回線が通じた。
ルーターも買い替えてLANをつなぎ直したが
自宅LANも有線及び無線のいずれも問題がないようだ。
先ほど速度を測ってみると,インターネット接続の速度は,無線が10M程度,有線が50M程度。やはりかなりの開きがある。

ただ,プリンタの接続が上手くいかない。
いざというときには,SDカードや有線LANにて対応できるので,後の作業は後日へ。

やっと
電話も出来るようになり,テレビも観ることが出来るようになった。
電話は,今までボイスワープの利用による電話転送によって対処していたがこれも終了。
テレビのある生活となったが,テレビが無ければ無いでその他に時間を使っていたので,テレビが繋がることが良いのかどうかは何とも言えず(笑)
かつて,自宅に来た(日本語の上手な)イギリス人の話では,ダイニングやリビングにはテレビを置かないことが一般的だそうな。会話の妨げになるようなものを置いているのは,文化度が低いと見られるとの話だった。
確かにそうかも知れない。

平井利明のメモ

|

2011.01.16

Twitter20110108-0114

続きを読む "Twitter20110108-0114"

|

2011.01.14

民法(債権関係)の改正に関する中間的な論点整理のたたき台(1)(法務省)

民法(債権関係)の改正に関する中間的な論点整理のたたき台(1)
http://www.moj.go.jp/content/000062563.pdf

|

平成23年01月14日最高裁判所第二小法廷判決(地方自治法232条の2所定の公益上の必要等関連)

平成20(行ヒ)348損害賠償請求事件
平成23年01月14日最高裁判所第二小法廷判決

【破棄自判】

原審
大阪高等裁判所 
平成19(行コ)26
平成20年06月27日

裁判要旨
町がその所有する普通財産である土地を町内の自治会に対し地域集会所の建設用地として無償で譲渡したことにつき地方自治法232条の2所定の公益上の必要があるとした町長の判断に裁量権の範囲の逸脱又はその濫用による違法があるとはいえないとされた事例
http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?action_id=dspDetail&hanreiSrchKbn=02&hanreiNo=81008&hanreiKbn=01

判決文
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20110114143425.pdf

平井利明のメモ

|

平成23年01月14日最高裁判所第二小法廷判決(破産管財人の源泉徴収義務等関連)

平成20(行ツ)236源泉徴収納付義務不存在確認請求事件
平成23年01月14日最高裁判所第二小法廷判決

原審
大阪高等裁判所 
平成18(行コ)118
平成20年04月25日

裁判要旨
1 弁護士である破産管財人は,自らの報酬の支払について,所得税法204条1項2号所定の源泉徴収義務を負う
2 弁護士である破産管財人の報酬に係る源泉所得税の債権は,旧破産法(平成16年法律第75号による廃止前のもの)47条2号ただし書にいう「破産財団ニ関シテ生シタル」請求権に当たる
3 破産管財人は,破産債権である所得税法199条所定の退職手当等の債権に対する配当について,同条所定の源泉徴収義務を負わない http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?action_id=dspDetail&hanreiSrchKbn=02&hanreiNo=81009&hanreiKbn=01

判決文
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20110114143526.pdf

平井利明のメモ

|

2011.01.12

立てることの出来るメモ帳


文具屋で見かけて便利かも
と思い購入。
もちろん携帯も出来ます。
ロザンとナカバヤシが開発したものとのこと。

|

2011.01.09

聖徳記念絵画館


明治天皇と昭憲皇后の事績を描いた絵画が納められている。
時代考証がキッチリとなされているとのこと

五箇条の御誓文の絵を見てわかったのだが、誓いは神に対するものだったのですね。
絵は三条実美が神前でご誓文を朗読している場面。

|

明治神宮外苑にて


昨日の寒さが緩み穏やかな日に。
空は真青。

|

DOMANI・明日展2010


ふらっと
国立新美術館へ

DOMANI・明日展2010
未来を担う美術家たち
文化庁芸術家在外研修の成果


「芸術家在外研修制度(現在の新進芸術家海外研修制度)」は昭和42年から実施されているとのことだが,美術部門における研修生の成果を発表する場として平成9年から開催されているのが「DOMANI・明日展」とのこと

新たに切り開かれていく芸術作品を見ると
自らのインスピレーションが磨かれていく。

時々そんな機会を持つようにしている。
今日もその一つの機会となった。

|

山野さと子デビュー30周年記念ライブ


昨夜は六本木にあるスイートベイジル139にて山野さと子さんの30周年記念ライブに行ってきた。
「山野さと子デビュー30周年記念ライブ『Sweet Smile Flower ~ ありがとうの笑顔をあなたに~」

山野さんは,1980年の日本コロムビア『第1回アニメシンガーコンテスト』優勝後に,同年『ハーイ!生徒諸君』(ドラマ『生徒諸君!』オープニングテーマ)で歌手デビューされたお人です。
『とんがり帽子のメモル』,『メイプルタウン物語』や『ドラえもんのうた』などのアニメソングを歌い,童謡やファミリーソングも歌っています。
その山野さんのデビュー30周年記念ライブでした。
彼女は声もとてもよいのですが,もっと素晴らしいのはその性格でしょう。
いつも明るく積極的。そんな人柄に,魅了される方は少なくないと思います。

山野さんは,高校の1年後輩にあたりクラブ活動関係での知り合いとなります。
30周年ともなれば,なかなか大変なことなのでこの機会を逃す手はないと思って大阪から駆けつけました。
会場は満席。凄いことだと思います。
スイートベイジル139は,ライブステージを伴ったレストランで,さすが六本木と思わせるオシャレな建物でした。
ライブを実際に見て,音もそうですが(ある意味当たり前でしょうが),それ以上に感心したのは照明でした。人を美しく見せる設備と人の技術は,このステージに立ちたい人はいるよね,と深く思わされました。

ライブでこれほど楽しめる機会はそうそうあるものではない,そんなステージでした。大阪から駆けつけてきて本当に良かった。

出演
上柴はじめ&フレンズの皆様。
上柴氏は,八尾高校の先輩に当たる方です。

スペシャルゲスト
小坂明子さん
「あなた」という曲のシンガーソングライターで有名な方ですね。
アニメの曲などを手がけていることは,このライブまで,知りませんでした。

その時の記事及び集合写真は
写真家「神立尚紀(こうだち・なおき)」氏のものをご参照下さい。
ブログ記事(写真家「神立尚紀(こうだち・なおき)」のブログ)
夢のような一日~山野さと子さんライブ!
http://ameblo.jp/zero21nk/entry-10762660243.html
写真
http://ameblo.jp/zero21nk/image-10762660243-10971665348.html

山野さと子さんのブログ
「山野さと子のブログ ~笑顔のタネ 見つけ」
感激です!
http://ameblo.jp/satokosmile/entry-10763605307.html
言葉にできない
http://ameblo.jp/satokosmile/entry-10766004300.html

|

2011.01.08

Twitter20110101-0107

続きを読む "Twitter20110101-0107"

|

2011.01.02

大阪の町

正月は工場が休みで
また風もあり,大阪市内がクリアに見える機会。

Img_2094

|

2011.01.01

謹賀新年

本年もよろしくお願いいたします。

Img_2076

石切劔箭神社にて

|

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »