« 平成23年02月15日最高裁判所第三小法廷判決(給付訴訟における原告適格関連) | トップページ | 梅の季節 »

2011.02.22

平成23年02月18日最高裁判所第二小法廷判決(訴訟における信義則関連)

平成21(受)216損害賠償,中間確認請求事件
平成23年02月18日最高裁判所第二小法廷判決

【破棄自判】

原審
東京高等裁判所   
平成20(ネ)2628
平成20年10月30日

裁判要旨
簡易生命保険契約の保険金受取人が無断で保険金等の支払を受けた者に対し不法行為に基づく損害賠償を請求する場合において上記の者が損害の発生を否認して請求を争うことが信義誠実の原則に反し許されないとされた事例
http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?action_id=dspDetail&hanreiSrchKbn=02&hanreiNo=81070&hanreiKbn=01

判決文
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20110218155723.pdf

判決文より
「本件は,上告人が,自己が保険金受取人である簡易生命保険契約につき,被上告人Y1及び同Y2が上告人に無断で保険金及び契約者配当金(以下「保険金等」という。)の支払請求手続を執り,郵便局員である被上告人Y3が上告人の意思確認を怠り支払手続を進めるなどした結果,被上告人Y1及び同Y2に保険金等が支払われ,保険金等相当額の損害を被ったなどとして,被上告人らに対し,不法行為に基づく損害賠償を求める事案」

平井利明のメモ

|

« 平成23年02月15日最高裁判所第三小法廷判決(給付訴訟における原告適格関連) | トップページ | 梅の季節 »

裁判例」カテゴリの記事