« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

2011.02.26

Twitter20110215-0221

続きを読む "Twitter20110215-0221"

|

2011.02.25

平成23年02月25日最高裁判所第二小法廷判決(医療事故における期待権侵害関連)

平成21(受)65損害賠償請求事件
平成23年02月25日最高裁判所第二小法廷判決

【破棄自判】

原審
広島高等裁判所 
平成19(ネ)114
平成20年10月10日

裁判要旨
適切な医療行為を受ける期待権の侵害のみを理由とする整形外科医の不法行為責任の有無を検討する余地はないとされた事例

http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?action_id=dspDetail&hanreiSrchKbn=02&hanreiNo=81103&hanreiKbn=01

判決文
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20110225113837.pdf

「本件は,上告人Y1が開設するA病院(以下「上告人病院」という。)において,同病院に勤務していた上告人Y2(以下「上告人Y2」という。)の執刀により,下肢の骨接合術等の手術を受けた被上告人が,上記手術による合併症として下肢深部静脈血栓症を発症し,その後遺症が残ったことにつき,上告人らに対し,(1) 上告人Y2は,必要な検査を行い,又は血管疾患を扱う専門医に紹介する義務があるのに,これを怠り,その結果,被上告人に上記後遺症が残った,仮に,上記義務違反と上記後遺症の残存との間の因果関係が証明されないとしても,上記後遺症が残らなかった相当程度の可能性を侵害された,(2) 仮に,上記因果関係及び上記可能性が証明されないとしても,上告人Y2は,その当時の医療水準にかなった適切かつ真しな医療行為を行わなかったので,被上告人は,そのような医療行為を受ける期待権を侵害されたなどと主張して,不法行為に基づく損害賠償を求める事案」

「前記事実関係によれば,被上告人は,本件手術後の入院時及び同手術時に装着されたボルトの抜釘のための再入院までの間の通院時に,上告人Y2に左足の腫れを訴えることがあったとはいうものの,上記ボルトの抜釘後は,本件手術後約9年を経過した平成9年10月22日に上告人病院に赴き,上告人Y2の診察を受けるまで,左足の腫れを訴えることはなく,その後も,平成12年2月以後及び平成13年1月4日に上告人病院で診察を受けた際,上告人Y2に,左足の腫れや皮膚のあざ様の変色を訴えたにとどまっている。これに対し,上告人Y2は,上記の各診察時において,レントゲン検査等を行い,皮膚科での受診を勧めるなどしており,上記各診察の当時,下肢の手術に伴う深部静脈血栓症の発症の頻度が高いことが我が国の整形外科医において一般に認識されていたわけでもない。そうすると,上告人Y2が,被上告人の左足の腫れ等の原因が深部静脈血栓症にあることを疑うには至らず,専門医に紹介するなどしなかったとしても,上告人Y2の上記医療行為が著しく不適切なものであったということができないことは明らかである。」

患者が適切な医療行為を受けることができなかった場合に,医師が,患者に対して,適切な医療行為を受ける期待権の侵害のみを理由とする不法行為責任を負うことがあるか否かは,当該医療行為が著しく不適切なものである事案について検討し得るにとどまるべきものであるところ,本件は,そのような事案とはいえない。」

「したがって,上告人らについて上記不法行為責任の有無を検討する余地はなく,上告人らは,被上告人に対し,不法行為責任を負わないというべきである。5 以上と異なる原審の判断には,判決に影響を及ぼすことが明らかな法令の違反がある。」

「論旨は理由があり,原判決中上告人ら敗訴部分は破棄を免れない。そして,以上に説示したところによれば,被上告人の請求は理由がなく,これを棄却した第1審判決は正当であるから,被上告人の控訴を棄却すべきである。」

平井利明のメモ

|

2011.02.24

メーディエータ-制度に関して

今夕は,

「医療のADRとメディエーター教育について」

早稲田大学法務研究科和田仁孝教授のお話を聞く機会に恵まれた。


医療メディエーションは,色々な場面での活用の可能性を感じる。
個人的には,紛争となった後というより
それ以前となる,医療行為の説明の場面等における利用等について
発展性を感じた。

例えば,
家族と医師の話を聞く機会などがあるのだが
さすがに仕事の関係上,私には,医師の説明内容は概ね理解できる。
しかし,医療制度や病院における仕組み,あり様等の現状について何の知識もない家族には,理解できないことや誤解等の生じていることがある。
このような折りには,私が家族に説明して,誤解等を解くことになる。

そんな役割の人が必要だと感じるのだが,メディエーションはそのような場面でも活用の余地が十分にありそうに思えた。


そのような活動によって,紛争となることが一つでも防げるならば十分に意義のあることと言える。



平井利明のメモ

|

withings

要するに

体重計。

Wi-fi接続が可能であり,計測結果は,ネット上の専用ページに送信される。
データは,PCにてネットで見ることもでき,また,iPhoneのアプリでも見ることが出来る。
これなら,計測結果の保存等も手間を要しない。

後は

自覚・・・・・・・

Img_2208

平井利明のメモ

|

2011.02.23

納税者権利憲章で税制が変わる!(峰崎直樹内閣官房参与V.S.三木義一青山学院大学教授の対談)

税制などの税金にまつわる制度は,全ての方にとって密接に関わりそして重要な問題である。
それにも関わらず,その税金にまつわる制度が,現在どのようなものとなっていてそして具体的にどのような問題点があるのか等については,関心が持たれていないことが実情であろう。

残念ながら,そういう私もその一人である。日常,比較的に法律に近い存在にあるとはいえるが,税法等には余り関心が無いのが正直なところだる。それは他の多くの弁護士等にも共通していることかも知れない。

そんな私だからこそ,三木先生は,この本を送って下さったのでしょう。

現在の税制の根幹部分には,具体的に大きな問題がある。

例えば,
「納税者の権利があるという意味合いが法律上は明確に示されていない」
「現在の税制においては課税庁からの増額更正(事後的な納税額の増額)の期間制限が5年であるのに対して,納税者からの更正の請求(事後的な納税額の減税)の期間制限が1年である」
「税務調査の事前告知が制度化されておらず処分に際する理由も明記されていない」
また実務的には,前近代的ともいうべき「嘆願書」なる書類がまかり通っている。
(ついでに言うと,裁判所に対して「上申書」なる書類を提出することがあることについては常々疑問を有するのだが,実務上まかり通っていて又他に良い名称を思い浮かばないこともあり,それに従っている私があるのだが)

現在の税制の根幹部分が抱えている問題,そして,現在の改正の手続の有り様等が,対談の形式を通じて次のお二人によって平易に示されているのが本書であった。
峰崎直樹/現内閣官房参与、前参議院議員、財務副大臣、政府税調企画委員会主査
三木義一/青山学院大学教授、政府税調専門会委員会委員・納税環境整備小委員会委員長

正直なところ,民主党政権も,(言っては失礼に当たるのだろうが)見えないところで本当に国民のためになる仕事を進めていることを感じさせられると共に,なぜ,今までこのような現状が続いてきたのだろうか,もっとこのような点はアピールすべきであろうし,マスコミも取り上げるべきであるのに,そのようなことが埋もれてしまっているのが昨今であるという点でも,色々と勉強させられた。

そんな思いを,今日この頃の通勤電車の中で本書を読みながら持っていたのだが,そんな折,fecebookにて「三木先生」のアカウントを見つけたので,友達になって頂いた。
http://ja-jp.facebook.com/people/Yoshikazu-Miki/100001978042312

三木先生の税制改革に対する思いは「あとがきに」記されていると感ずるので
それを引用させて頂く・

「平成23年度税制改正大綱で示された納税環境整備に関わる改革案は,政権交代を象徴する大きな意義のあるものである。国家の中枢である税務行政の手続法制を半世紀ぶりに改革し,市民社会にふさわしいものにしたからである。
これまでは,事前通知せずに調査をしたり,理由も書かずに不利益な処分をすること等も可能だったが,これからは原則として許されなくなり,納税者に対して適正な手続きに基づいて納税義務の履行を求めねばならないことになる。このような当然のことが漸く今回の改革案で実現できそうになったのである。
 しかし,実現のためには法律の成立を待たねばならない。具体的に法律になるまでの過程においても様々な議論があり得るが,今後の議論のためにも報告書作成に関わった峰崎参与の改革意図を確認したいと考え,今回の対談となった。
 私が担当した小委員会は論点を整理し,様々な考え方を取り上げたが,税調のPTの方々は非常に積極的な考え方に基づいて手続法制の整備を要求されたことがご理解いただけると思う。税調PTの政治家の方々に心から敬意を表したい。
 もちろん,今回の改革が手続法制の理想からみて100点満点ではありえない。不十分と批判される部分もあるだろう。しかし,そのことで全体を見失ってはならないし,角を矯めて牛を殺してはならない。今回の改革は,長い目で見れば,日本の税制を根底から変えていく第一歩になりうるものであるし,またそうしなければならないのである。」

納税者権利憲章で税制が変わる!
月刊「税理」編集局/編
ISBN 978-4-324-09262-0
図書コード 5107733-00-000
発行年月日 2011年02月10日

「納税者権利憲章」の意義や影響を、改正作業に携わった峰崎直樹内閣官房参与(前財務副大臣・政府税調企画委員会主査)、三木義一青山学院大学教授(政府税調納税環境整備小委員会座長)の対談でわかりやすく解説します。

編著者紹介(肩書は発刊当時)

平井利明のメモ

|

2011.02.22

梅の季節

春が近いことを
実感。
(実家の庭にて)Img_3497

平井利明のメモ

|

平成23年02月18日最高裁判所第二小法廷判決(訴訟における信義則関連)

平成21(受)216損害賠償,中間確認請求事件
平成23年02月18日最高裁判所第二小法廷判決

【破棄自判】

原審
東京高等裁判所   
平成20(ネ)2628
平成20年10月30日

裁判要旨
簡易生命保険契約の保険金受取人が無断で保険金等の支払を受けた者に対し不法行為に基づく損害賠償を請求する場合において上記の者が損害の発生を否認して請求を争うことが信義誠実の原則に反し許されないとされた事例
http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?action_id=dspDetail&hanreiSrchKbn=02&hanreiNo=81070&hanreiKbn=01

判決文
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20110218155723.pdf

判決文より
「本件は,上告人が,自己が保険金受取人である簡易生命保険契約につき,被上告人Y1及び同Y2が上告人に無断で保険金及び契約者配当金(以下「保険金等」という。)の支払請求手続を執り,郵便局員である被上告人Y3が上告人の意思確認を怠り支払手続を進めるなどした結果,被上告人Y1及び同Y2に保険金等が支払われ,保険金等相当額の損害を被ったなどとして,被上告人らに対し,不法行為に基づく損害賠償を求める事案」

平井利明のメモ

|

平成23年02月15日最高裁判所第三小法廷判決(給付訴訟における原告適格関連)

平成21(受)627損害賠償等請求事件
平成23年02月15日最高裁判所第三小法廷判決

【破棄差戻し】

原審
東京高等裁判所   
平成20(ネ)3835
平成20年12月10日

裁判要旨
給付の訴えにおいては,自らがその給付を請求する権利を有すると主張する者に原告適格がある。

http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?action_id=dspDetail&hanreiSrchKbn=02&hanreiNo=81087&hanreiKbn=01

判決文
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20110215114421.pdf

判決文より
「本件は,マンションの管理組合である上告人が,当該マンションの区分所有者である被上告人Y1を含む被上告人らに対し,当該マンションの管理規約に定められた金員の支払,不法行為に基づく損害賠償等を求める事案」

「給付の訴えにおいては,自らがその給付を請求する権利を有すると主張する者に原告適格があるというべきである。本件各請求は,上告人が,被上告人らに対し,上告人自らが本件各請求に係る工作物の撤去又は金員の支払を求める権利を有すると主張して,その給付を求めるものであり,上告人が,本件各請求に係る訴えについて,原告適格を有することは明らか」

平井利明のメモ

|

平成23年02月17日最高裁判所第一小法廷決定(類似必要的共同訴訟における上訴関連)

平成21(オ)1022養子縁組無効確認請求事件
平成23年02月17日最高裁判所第一小法廷決定

原審
大阪高等裁判所   
平成20(ネ)2022
平成21年01月27日

裁判要旨
数人の提起する養子縁組無効の訴えにおいて共同訴訟人の一人による上告及び上告受理申立て後にされた他の共同訴訟人による上告及び上告受理申立ては,二重上告ないし二重上告受理申立てとして不適法である

http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?action_id=dspDetail&hanreiSrchKbn=02&hanreiNo=81087&hanreiKbn=01

決定文
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20110221155434.pdf

決定文より
「数人の提起する養子縁組無効の訴えは,いわゆる類似必要的共同訴訟と解すべきであるところ(最高裁昭和43年(オ)第723号同年12月20日第二小法廷判決・裁判集民事93号747頁)」

「上告人兼申立人が本件上告を提起するとともに,本件上告受理の申立てをした時には,既に共同訴訟人であるX1が本件養子縁組無効の訴えにつき上告を提起し,上告受理の申立てをしていたことが明らかであるから,上告人の本件上告は,二重上告であり,申立人の本件上告受理の申立ては,二重上告受理の申立てであって,いずれも不適法である。」
   

平井利明のメモ

|

平成23年02月18日最高裁判所第二小法廷判決(課税要件としての住所関連)

平成20(行ヒ)139贈与税決定処分取消等請求事件
平成23年02月18日最高裁判所第二小法廷判決

【破棄自判】

原審
東京高等裁判所   
平成19(行コ)215
平成20年01月23日

裁判要旨
香港に赴任しつつ国内にも相応の日数滞在していた者が,国外財産の贈与を受けた時において,相続税法(平成15年法律第8号による改正前のもの)1条の2第1号所定の贈与税の課税要件である国内(同法の施行地)における住所を有していたとはいえないとされた事例

http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?action_id=dspDetail&hanreiSrchKbn=02&hanreiNo=81080&hanreiKbn=01

判決文
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20110218155435.pdf

平井利明のメモ

|

平成22年新司法試験の採点実感等に関する意見(法務省)

採点実感等に関する意見
http://www.moj.go.jp/content/000069353.pdf

なお
論文式試験出題の趣旨
http://www.moj.go.jp/content/000054317.pdf

平井利明のメモ

|

2011.02.21

暴力患者等退院困難患者の対応について

「暴力患者等退院困難患者の対応について」

公立病院における講演

平井利明のメモ

|

2011.02.19

Twitter20110208-0214

続きを読む "Twitter20110208-0214"

|

2011.02.12

PCからのメールの着信拒否(「・・・・・@i.softbank.jp」の利用)

私は,何度も書いているのだが,iPhoneを利用するようになって以後,iPhoneにPCのメールアカウントを設定して用いているので,携帯電話のメールは使っていない。
iPhoneには,iPhone用の(携帯?)アドレスとして「・・・・・@i.softbank.jp」のアドレスが割り振られているのだが,これは使っていない。
手元でもPCでも同じメールを読めるようにしておくと便利なので,いつも同じアドレス(PCアドレス)を用いている。
たまに,何かの登録等のときに携帯電話のアドレスで無ければならない場合があり,その時のみ「・・・・・@i.softbank.jp」のアドレスを用いていた。
このように限定された利用方法のであり,親しい者とのやりとりの利用は全く考えていなかったので「・・・・・@i.softbank.jp」は,ソフトバンクから付与されたアドレスを変更せずにそのまま使っていた。そのあどれすは脈絡のない文字の羅列であるが,覚える気もないので別に気にもとめなかった。

しかし,色々とチャレンジしても,iPhoneやPCからいくつかの携帯電話に対しては,メールを送ることが出来なかった。何かの不具合か,それとも私にはよくわからない不具合があるのだろうと思っていた。

今日,弟の携帯にメールを送ろうとしたが,届かない。
以前は届いていたのに
User unknown 」とのメールが返ってくる。
アドレスを変えたのかと思い電話で確認してみると,アドレスの変更はないとのこと。

iPhoneから送っても,PCから色々と変更して送ってもダメ。
最終的にわかったのは,
弟の携帯が,「PCからのメールは受領しない」という設定にされていたということ。
このような設定があるのを私は知らなかった。
たしかに,スパムメールは,その殆どがPCから送られてくる。
これをシャットアウトすれば,迷惑メールの数は大きく減ることは容易に想像できる。
(私は,事務所から連絡が来るので,PCメールの受信を拒否するという発想がない・・)

しかし,
こんな設定をされていると,PCからの送信ばかりか,iPhoneからのPCメールアカウントもはじかれてしまう。
このような場合を考えると,やはり,携帯電話に特化されたメールアドレスというのも大事であると認識を変えざるを得ない。

ということで,「・・・・・@i.softbank.jp」の利用価値を見いだしたので,早速,アドレス変更をした。

平井利明のメモ

|

音声認識ソフト「AmiVoiceSP」を使ってみて

メール作成時等の音声変換系に十分満足していることから,PCソフトでもチャレンジして見ようと考えた。
昔。VoiceAtokを用いたことがあり,それなりに使い勝手の良いことを理解していたこともある。

ネットで検索して「AamiVoiceSP」というのが良さそうなので使ってみた。

正直な感想。

文字変換はもったりしていて,反応もシャープでなく,認識率も良いようには感じられない。今後,調整し且つ使い込むとそれらは異なってくることも考えられるが,今のところはムムムムムといった感じか。
いずれにしても,現時点の認識ではちょっと実践的ではない。
キーボードを打った方が断然速い。

また,Windows系のソフトの大半にデータを送ることが出来るとのことなのだが,MS-Word2010へは可能なのだが,MS-Outlook2010及び一太郎2009に対しては不可である。
一番良く用いるソフトである「一太郎」への転送が不可というのは私にとっては非常にがっかりとした点と言わざるを得ない。

因みに,製品のホームページには
http://onsei-ninshiki.jp/
「【お客様にお詫びとおことわり】
現在販売しております「AmiVoiceSP」におきまして、一部アプリケーションソフトに認識結果を転送できないことが判明いたしました。
以下に対処方法を記載いたしますのでご確認いただけますと幸いです。
■現象:64bit Windows で 64bit Office 2010 (Word, Excel, Outlook)に転送できないことが判明
■対処方法:転送方法をクリップボードに変更していただけましたら、問題なく転送できます。」
私の場合は,これに該当する(私の場合,Wordには転送出来ているのですが何故でしょうか?)

(ソフト)キーボード入力にチョイと難点のあるiPhoneと特にストレス無くキーボードで入力ができるPCとは,音声入力のありがたさが異なる。
このことを十分に理解しておく必要がある。

平井利明のメモ

|

Twitter20110201-0207

続きを読む "Twitter20110201-0207"

|

2011.02.09

「グーグルで必要なことは、みんなソニーが教えてくれた」辻野晃一郎 (著)

ソニーに長年勤務した後に,google日本法人の社長を務めた経験のある著者による。
世に斬新な製品を次々と生み出してきたSonyの現状に対する厳しい視線と,ネットワーク時代に躍進を続けるgoogleの企業のあり方が,著者の目を通じて語られている。
なかなか面白く読ませて頂いた。
但し,筆者の個人を通じた内容・意見であり,その客観性については配慮が必要であろう。
現在のソニーの有り様は,部外者の私にはわからないが,

確かに世界を「アッと」言わせる製品を見なくなったという感はある。

先月,ソニー製のテレビを購入した。
テレビとしての機能は性能として優れていると思う。
なお,インターネットに接続させることもできるので,Youtubeの動画などをテレビで観たり聴いたりしているのだが,なかなかの迫力で(正直なところ,パソコンの貧弱な環境で観たり聴いたりしているのとまた異なった世界である),これからのテレビの有り様を感じさせる(放映中のテレビ番組に魅力的なものが少ないという意味でもある)。
それはよいのだが,インターネット接続させる際の文字入力方法は,附属のリモコンを用いるしかない。一つ一つ文字を選択して文字入力を行っていく。
とてもとてもまどろっこしい。いつの時代のものなのと考えさせられる。
(無線・有線)キーボード等を接続させたりする方法は,調べてみた限りではなさそうだ。
これがあのソニーの製品なのか?と正直感じた。
そんな折の本書であった。

平井利明のメモ

|

『Google Translate』(iPhoneアプリ)

「google翻訳」
http://itunes.apple.com/jp/app/google-translate/id414706506?mt=8

話し言葉(単語あるいは短文)を音声認識により文字変換し
そして,それを(他言語に)翻訳してくれる
対応言語は57になるとのこと。
組合せは自由に選択できる。

日本語→英語
日本語→キリル語
フランス語→スワヒリ語

翻訳結果は機械的に読ませることが出来る。
(但し,音声を出すことの出来る言語は限られている)

文章の翻訳は?と思わせる部分はあるものの,結構役に立ちそうである。
iPhoneを横に向けると,大きな文字で表示してくれる。
旅行の際などにも役に立つ機能でしょう

英単語を和訳させることにも使えるのだが
私の英語では殆どまともに認識してくれない
(全く期待していない単語が表示されてしまう)。
つまり,発音チェックにも使えるようだ(笑)

平井利明のメモ

|

2011.02.07

!

orz

|

2011.02.06

「Garapa Browser」(iPhoneアプリ)

携帯電話用のサイトを見るブラウザーである。

それがどうしたと思われる向きもあるかもしれないが,スマートフォン向けに特化されたサイトが最近増えてきたものの,必ずしも多いわけではない。
そして,普通のサイトは,iPhoneでは扱いにくい。

携帯電話用のサイトは,携帯電話で用いることを前提作られているので,結構使い勝手がよい。

個人的には,JR西日本の「おでかけネット」の時刻検索を良く用いるのだが,iPhoneだと検索には手間がかかる。
そのため,携帯電話を用いて検索していた。
ところが,「Garapa Browser」を用いると,iPhoneで携帯用のサイトが容易に見ることが出来るので重宝している。
はっきりといって,このサイトを見るためだけにでもこのアプリをお薦めできると思っていた。

タブの機能も評判がよいようだ。

「Garapa Browser」
Merge.co.ltd.
http://itunes.apple.com/jp/app/galapabrowser/id403649072?mt=8

平井利明のメモ

|

「音声認識メール・クラウド」(iPhoneアプリ)

googleのアプリは音声で入力が出来その変換精度も高い。
しかし,検索用途にしか使えない。
もっと汎用性のある使い方ができるものは無いかと思って,メール系で検索してみた。
また,最近の音声認識系のアプリがどれほど進んでいるのかを体感してみたいといった気持ちもあった。

それで見つけたのが
「音声認識メール・クラウド
 Advanced Media.Inc製」

私が購入したタイプはクラウド型である(その方が評価が高いようだ)。
音声を入力するとサーバーの方で音声を文字に変換してくれる。
固有名詞系や専門的な用語については当然のことながら難はあるが,一般的な内容であれば,結構変換精度は良い。

変換した言葉は,メールにて使えることはもちろんのこと,SMSやマップで用いたり,サファリで用いたり,twitterへの投稿もできる(mixiボイスへの投稿も可能)。

115円なので,お試し感覚で使ってみても悔いは残らないかな(?)
http://itunes.apple.com/jp/app/id310937789?mt=8

色々な技術を実感してみることは
面白いことです。

あと,機能的には「クリップボード」へもデータが送れると更に用途が広がると思う。

平井利明のメモ

|

2011.02.05

Twitter20110122-0131

続きを読む "Twitter20110122-0131"

|

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »