« Twitter20110308-0314 | トップページ | 「監査役監査基準」及び「監査報告のひな型」等の改訂版(日本監査役協会) »

2011.03.17

「動産譲渡担保権をめぐる最新動向~最決平22・12・2を契機として」@債権管理実務研究会

「動産譲渡担保権をめぐる最新動向~最決平22・12・2を契機として」

債権管理実務研究会
(株式会社商事法務)
大阪地区
月例会
平成23年3月17日(木)午後2時~4時

平井利明(弁護士)

集合動産譲渡担保について,物上代位の行使を是認した最高裁判決をメインの題材としつつ,動産譲渡担保と集合物担保等について私が考えているところをお話しさせて頂きました。
何度か,お話をいただいて講師を務めさせていただいていますが,
商事法務のやっている,企業の方々を対象とするセミナーでありますので,準備等にもかなり気を遣います。

基本的なことを踏まえつつも,実践的なことも折り込んで,それぞれの立場の方において最低2つ~3つは今後の実務で役に立つものを持ち帰って頂ければという気持ちで取り組んでいますが,実際聞いておられる方々はどう思ったり感じたりされておられるのだろうかと。
寝る方が余りないように,内容,話し方,配分については努力はしているのですが,どうだったのやら。

(集合)動産譲渡担保は,詰めて考えてみると,色々な問題点を含んでいると,正直なところ思わざるを得ません。しかし,今後の,取引界における与信付与の拡大等の問題を考えると,(集合)動産譲渡担保の拡充等処置処置をも含む)が不可とも感じます。

平井利明のメモ

|

« Twitter20110308-0314 | トップページ | 「監査役監査基準」及び「監査報告のひな型」等の改訂版(日本監査役協会) »

活動」カテゴリの記事