« 平成23年04月28日最高裁判所第一小法廷判決(報道機関と名誉毀損関連) | トップページ | 藤の季節だね »

2011.04.29

平成23年04月22日最高裁判所第二小法廷判決(説明義務違反と債務不履行責任関連)

平成20(受)1940損害賠償請求事件
平成23年04月22日最高裁判所第二小法廷判決

【破棄自判】

原審
大阪高等裁判所
平成20(ネ)631
平成20年08月28日

裁判要旨
契約の一方当事者は,契約締結に先立ち,信義則上の説明義務に違反して,契約締結の可否に関する判断に影響を及ぼすべき情報を相手方に提供しなかった場合であっても,相手方が契約締結により被った損害につき債務不履行責任を負わない

http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?hanreiid=81268&hanreiKbn=02

判決文
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20110422154455.pdf

判決文より
「本件は,信用協同組合である上告人の勧誘に応じて上告人に各500万円を出資したが,上告人の経営が破綻して持分の払戻しを受けられなくなった被上告人らが,上告人は,上記の勧誘に当たり,上告人が実質的な債務超過の状態にあり経営が破綻するおそれがあることを被上告人らに説明すべき義務に違反したなどと主張して,上告人に対し,主位的に,不法行為による損害賠償請求権又は出資契約の詐欺取消し若しくは錯誤無効を理由とする不当利得返還請求権に基づき,予備的に,出資契約上の債務不履行による損害賠償請求権に基づき,各500万円及び遅延損害金の支払を求める事案であり,予備的請求である出資契約上の債務不履行による損害賠償請求の当否が争われている。」

「契約の一方当事者が,当該契約の締結に先立ち,信義則上の説明義務に違反して,当該契約を締結するか否かに関する判断に影響を及ぼすべき情報を相手方に提供しなかった場合には,上記一方当事者は,相手方が当該契約を締結したことにより被った損害につき,不法行為による賠償責任を負うことがあるのは格別,当該契約上の債務の不履行による賠償責任を負うことはないというべきである。なぜなら,上記のように,一方当事者が信義則上の説明義務に違反したために,相手方が本来であれば締結しなかったはずの契約を締結するに至り,損害を被った場合には,後に締結された契約は,上記説明義務の違反によって生じた結果と位置付けられるのであって,上記説明義務をもって上記契約に基づいて生じた義務であるということは,それを契約上の本来的な債務というか付随義務というかにかかわらず,一種の背理であるといわざるを得ないからである。契約締結の準備段階においても,信義則が当事者間の法律関係を規律し,信義則上の義務が発生するからといって,その義務が当然にその後に締結された契約に基づくものであるということにならないことはいうまでもない。」

裁判官千葉勝美の補足意見がある。

平井利明のメモ

|

« 平成23年04月28日最高裁判所第一小法廷判決(報道機関と名誉毀損関連) | トップページ | 藤の季節だね »

裁判例」カテゴリの記事