« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

2011.05.31

FBページ2011年5月

平井利明のメモ

続きを読む "FBページ2011年5月"

|

2011.05.30

民法等の一部を改正する法律案(親権の停止等)

177回31号 民法等の一部を改正する法律案
http://www.shugiin.go.jp/itdb_gian.nsf/html/gian/honbun/houan/g17705031.htm

平井利明のメモ

|

2011.05.28

twitter20110515_0521

平井利明のメモ

続きを読む "twitter20110515_0521"

|

2011.05.27

固定資産地籍図(大阪市)

固定資産地籍図(大阪市)
http://www.city.osaka.lg.jp/contents/wdu070/tisekizu/main.htm

弁護士川村哲二先生にご教示頂いたもの。


平井利明のメモ


|

2011.05.25

民法(債権関係)の改正に関する中間的な論点整理(法務省)の関係資料抜粋リンク

民法制審議会 - 民法(債権関係)部会よりの資料抜粋リンク

民法(債権関係)の改正に関する中間的な論点整理(平成23年4月12日決定)
http://www.moj.go.jp/content/000074384.pdf
民法(債権関係)の改正に関する中間的な論点整理の補足説明
http://www.moj.go.jp/content/000074425.pdf
正誤表
http://www.moj.go.jp/content/000074386.pdf

法制審議会民法(債権関係)部会における配付資料より抜粋した検討事項一覧リンク

配布資料5-1 民法(債権関係)の改正に関する検討事項(1)
http://www.moj.go.jp/content/000023321.pdf
配布資料5-2 民法(債権関係)の改正に関する検討事項(1)詳細版(平成22年12月17日訂正)
http://www.moj.go.jp/content/000059836.pdf
配布資料6   民法(債権関係)の改正の必要性と留意点(第1回・第2回会議における意見の概要)
http://www.moj.go.jp/content/000023323.pdf
部会資料7-1 民法(債権関係)の改正に関する検討事項(2)
http://www.moj.go.jp/content/000033452.pdf
部会資料7-2 民法(債権関係)の改正に関する検討事項(2)詳細版
http://www.moj.go.jp/content/000033453.pdf
部会資料8-1 民法(債権関係)の改正に関する検討事項(3)
http://www.moj.go.jp/content/000049084.pdf
部会資料8-2 民法(債権関係)の改正に関する検討事項(3)詳細版
http://www.moj.go.jp/content/000049086.pdf
部会資料9-1 民法(債権関係)の改正に関する検討事項(4)(平成22年8月23日訂正)
http://www.moj.go.jp/content/000052601.pdf
部会資料9-2 民法(債権関係)の改正に関する検討事項(4)詳細版(平成22年8月23日訂正)
http://www.moj.go.jp/content/000052602.pdf
部会資料10-1 民法(債権関係)の改正に関する検討事項(5)
http://www.moj.go.jp/content/000046783.pdf
部会資料10-2 民法(債権関係)の改正に関する検討事項(5)詳細版
http://www.moj.go.jp/content/000046784.pdf
部会資料11-1 民法(債権関係)の改正に関する検討事項(6)
http://www.moj.go.jp/content/000047328.pdf
部会資料11-2 民法(債権関係)の改正に関する検討事項(6)詳細版
http://www.moj.go.jp/content/000047330.pdf
部会資料12-1 民法(債権関係)の改正に関する検討事項(7)
http://www.moj.go.jp/content/000048758.pdf
部会資料12-2 民法(債権関係)の改正に関する検討事項(7)詳細版
http://www.moj.go.jp/content/000048759.pdf
部会資料13-1 民法(債権関係)の改正に関する検討事項(8)
http://www.moj.go.jp/content/000049816.pdf
部会資料13-2 民法(債権関係)の改正に関する検討事項(8)詳細版
http://www.moj.go.jp/content/000049817.pdf
部会資料14-1 民法(債権関係)の改正に関する検討事項(9)
http://www.moj.go.jp/content/000051156.pdf
部会資料14-2 民法(債権関係)の改正に関する検討事項(9)詳細版
http://www.moj.go.jp/content/000051157.pdf
部会資料15-1 民法(債権関係)の改正に関する検討事項(10)
http://www.moj.go.jp/content/000053607.pdf
部会資料15-2 民法(債権関係)の改正に関する検討事項(10)詳細版
http://www.moj.go.jp/content/000053608.pdf
部会資料16-1 民法(債権関係)の改正に関する検討事項(11)
http://www.moj.go.jp/content/000054747.pdf
部会資料16-2 民法(債権関係)の改正に関する検討事項(11)詳細版
http://www.moj.go.jp/content/000054748.pdf
部会資料17-1 民法(債権関係)の改正に関する検討事項(12)
http://www.moj.go.jp/content/000056015.pdf
部会資料17-2 民法(債権関係)の改正に関する検討事項(12)詳細版
http://www.moj.go.jp/content/000056016.pdf
部会資料18-1 民法(債権関係)の改正に関する検討事項(13)
http://www.moj.go.jp/content/000057075.pdf
部会資料18-2 民法(債権関係)の改正に関する検討事項(13)詳細版
http://www.moj.go.jp/content/000057431.pdf
部会資料19-1 民法(債権関係)の改正に関する検討事項(14)
http://www.moj.go.jp/content/000058276.pdf
部会資料19-2 民法(債権関係)の改正に関する検討事項(14)詳細版
http://www.moj.go.jp/content/000058277.pdf
部会資料20-1 民法(債権関係)の改正に関する検討事項(15)
http://www.moj.go.jp/content/000059679.pdf
部会資料20-2 民法(債権関係)の改正に関する検討事項(15)詳細版
http://www.moj.go.jp/content/000059692.pdf

平井利明のメモ

|

2011.05.24

とうとうやってきましたiPad2

1306244294706.jpg

今日到着。

|

2011.05.23

平成23年05月18日最高裁判所第二小法廷決定(管轄関連)

平成23(許)4移送決定に対する抗告棄却決定に対する許可抗告事件
平成23年05月18日最高裁判所第二小法廷決定

【破棄自判】

原審裁判所名
名古屋高等裁判所
平成22(ラ)357
平成22年11月25日

裁判要旨
民訴法38条後段の共同訴訟であって,いずれの共同訴訟人に係る部分も受訴裁判所が土地管轄権を有しているものについて,同法7条ただし書により同法9条の適用が排除されることはない

決定文
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20110523160038.pdf

決定文より
法38条後段の共同訴訟であって,いずれの共同訴訟人に係る部分も受訴裁判が土地管轄権を有しているものについて,法7条ただし書により法9条の適用が排除されることはないというべきである。
なぜなら,法7条は,法4条から法6条の2までを受けている文理及び条文が置かれた位置に照らし,土地管轄について規定するものであって事物管轄について規定するものではないことが明らかであり,また,法7条ただし書の趣旨は,法38条後段の共同訴訟において,一の請求の裁判籍によって他の請求についても土地管轄が認められると遠隔地での応訴を余儀なくされる他の請求の被告の不利益に配慮するものであると解されるのであり,簡易裁判所ではなく当該簡易裁判所を管轄区域内に置く地方裁判所において審理及び裁判を受けることにより被告が不利益を被ることがあり得るとしても,上記と同様の配慮を要するとはいえないからである

平井利明のメモ

|

2011.05.22

新しいプリンタがやってきた

1306047346686.jpg

| | コメント (0)

2011.05.21

Facebookpageのブログパーツを設置してみた。

Facebookページのブログパーツ(ガジェット)を貼り付けてみた。

「弁護士平井利明のFBページ」
http://www.facebook.com/lawyerhirai


Facebookページの方がブログより楽に投稿できるので
最近はそちらの方がメインになりつつあるかも。

色々とやってみて,自分にとって面白く使えることがまず第一。
(そうでないと続きません)
それが人様の役に立ったなら,更に良し。

平井利明のメモ

|

twitter20110508_0514

平井利明のメモ

続きを読む "twitter20110508_0514"

|

2011.05.18

水田

丁度田植えが終わった頃ですね。
1305687058679.jpg

特急サンダーバードよりの湖北の風景

| | コメント (0)

2011.05.17

平成23年新司法試験問題(法務省)

平成23年新司法試験問題(法務省)
http://www.moj.go.jp/jinji/shihoushiken/jinji08_00047.html


平井利明のメモ

|

大阪昌彦・青木タイセイ セッション

大阪昌彦・青木タイセイ セッション

青木タイセイ(tb,)、大阪昌彦(ds)

木畑晴哉(P) 三原脩(B)

【大阪ロイヤルホース】

2011年5月16日
開場時間:17:00 ・開演時間:19:30/21:30

大阪市北区兎我野町15-13 ミユキビル1階

Taisei

タイセイは,高校時代の同期。
いつもは東京方面で活躍しているのだが,
久しぶりに大阪でのライブ。

楽しめました。
Jazzライブもいいなと、本当に思える夜でした。
また,聞きたいものです。

|

2011.05.14

製造物責任法についてのメモ

 先日,製造物責任法に基づく製造者の責任を認める判決を大阪地裁にて頂いた。詳細は略するが,表示上の欠陥が存在することを認める内容である。
 製造物責任に関する裁判例というのは,多いように感じるが,実態はそうでないようである。
 
 

 製造物責任法は平成6年に成立して平成7年から施行されている法律である。
 製造物の欠陥により被害を発生させた場合には,製造者には,原則,過失が無くとも,つまり欠陥が生じたことについて落ち度が無くても製造者に損害賠償責任を負担させる仕組みとなっている。
 いわゆる無過失責任を採用していることから,製造物責任法が制定されるまでには,無過失責任を認める法律が出来ると損害賠償請求が多発するのではないか?そして訴訟が激増するのではないか?等大きな話題を提供し,製造物責任賠償保険(いわゆるPL保険)の開発及び販売が積極的に進められたということがあった。
 しかし,実際にふたを開けてみると,訴訟の件数は,かなり少ないのが実態のようである。
 製造物責任法に関しては,我が国における運用状況関する報告書が存在する。
「製造物責任法の運用状況等に関する実態調査報告書」平成18年7月内閣府国 民生活局
http://www.consumer.go.jp/kankeihourei/seizoubutsu/file/hokoku.pdf

 この報告書の「製造物責任法に関係する国内訴訟事例」には次のように示されている。
 『本調査で対象とした訴訟事例は,国民生活センター調査(「消費生活年報2005」に掲載),判例データベース,法律雑誌,新聞記事等からできる限り幅広く収集し,平成18年2月28日現在で一審判決文または訴状を入手できた事案90件である。我が国における製造物責任訴訟を必ずしもすべて網羅するものではない。』
 このような事情からだろうと推察するが,製造物責任法に関する教科書的な本も数が少ない。
 従って,実際の裁判に当たっては,試行錯誤的なところを伴う。

製造物責任法
(定義)
第2条 この法律において「製造物」とは、製造又は加工された動産をいう。
2 この法律において「欠陥」とは、当該製造物の特性、その通常予見される使用形態、その製造業者等が当該製造物を引き渡した時期その他の当該製造物に係る事情を考慮して、当該製造物が通常有すべき安全性を欠いていることをいう。
3 この法律において「製造業者等」とは、次のいずれかに該当する者をいう。
一  当該製造物を業として製造、加工又は輸入した者(以下単に「製造業者」という。)
二  自ら当該製造物の製造業者として当該製造物にその氏名、商号、商標その他の表示(以下「氏名等の表示」という。)をした者又は当該製造物にその製造業者と誤認させるような氏名等の表示をした者
三  前号に掲げる者のほか、当該製造物の製造、加工、輸入又は販売に係る形態その他の事情からみて、当該製造物にその実質的な製造業者と認めることができる氏名等の表示をした者
(製造物責任)
第3条 製造業者等は、その製造、加工、輸入又は前条第三項第二号若しくは第三号の氏名等の表示をした製造物であって、その引き渡したものの欠陥により他人の生命、身体又は財産を侵害したときは、これによって生じた損害を賠償する責めに任ずる。ただし、その損害が当該製造物についてのみ生じたときは、この限りでない。
(免責事由)
第4条 前条の場合において、製造業者等は、次の各号に掲げる事項を証明したときは、同条に規定する賠償の責めに任じない。
一 当該製造物をその製造業者等が引き渡した時における科学又は技術に関する知見によっては、当該製造物にその欠陥があることを認識することができなかったこと。
二 当該製造物が他の製造物の部品又は原材料として使用された場合において、その欠陥が専ら当該他の製造物の製造業者が行った設計に関する指示に従ったことにより生じ、かつ、その欠陥が生じたことにつき過失がないこと。

|

twitter20110501_0507

平井利明のメモ

続きを読む "twitter20110501_0507"

|

2011.05.13

さくら号初乗車

鹿児島まで行ってしまうと大変。
1305248819243.jpg
全て満席とのこと。
大人気だね。

| | コメント (0)

2011.05.10

「鎖骨骨折の患者が病院で死亡 経過観察が不適切と認定」@日経メディカル2011年5月号

医療訴訟の「そこが知りたい」

『鎖骨骨折の患者が病院で死亡 経過観察が不適切と認定』
(前橋地裁2010 年4月30日判決)

平井 利明(弁護士)

日経メディカル:2011年5月号

平井利明のメモ

|

民法(債権関係)の改正に関する中間的な論点整理(法務省)平成23年5月掲載

民法(債権関係)の改正に関する中間的な論点整理
http://www.moj.go.jp/shingi1/shingi04900074.html

平成23年5月掲載



 民法(債権関係)部会第26回会議(平成23年4月12日開催)において,「民法(債権関係)の改正に関

する中間的な論点整理」が決定されました。
 この「民法(債権関係)の改正に関する中間的な論点整理」について,後日,パブリック・コメントの手続を

実施する予定です。パブリック・コメントの受付開始時期は現時点では未定であり,決定後,改めて法務省ウェ

ブサイトでお知らせします。

とのことです。
http://www.moj.go.jp/shingi1/shingi04900074.html

平井利明のメモ

|

eye-fiのダイレクトモード

eye-fiのダイレクトモードがようやく繋がった。これによって,デジタルカメラ→iPhoneへの写真転送が可能となった。よって,デジタルカメラで撮影した写真を,iPhone経由でネットに投稿することが可能となった。
(いってみればそれだけのことですがw)。

|

2011.05.08

EyeーFi

1304833311993.jpg
カードリーダーと接続させている状態

| | コメント (0)

FB2011年4月

平井利明のメモ

続きを読む "FB2011年4月"

|

平成23年度新司法試験日程

5月11日(水)
09:30~12:30(3時間) 論文式試験(選択科目)
13:45~15:45(2時間) 論文式試験(公法系科目第1問)
16:30~18:30(2時間) 論文式試験(公法系科目第2問)

5月12日(木)
10:00~12:00(2時間) 論文式試験(民事系科目第1問)
13:15~15:15(2時間) 論文式試験(民事系科目第2問)
16:00~18:00(2時間) 論文式試験(民事系科目第3問)

5月14日(土)
09:30~11:30(2時間) 論文式試験(刑事系科目第1問)
12:45~14:45(2時間) 論文式試験(刑事系科目第2問)

5月15日(日)
10:30~13:00(2時間30分) 短答式試験(民事系科目)
14:15~15:45(1時間30分) 短答式試験(公法系科目)
16:30~18:00(1時間30分) 短答式試験(刑事系科目)

平成23年司法試験(新司法試験)受験案内(司法試験委員会)より
http://www.moj.go.jp/content/000056350.pdf

平井利明のメモ

|

2011.05.07

twitter20110422_0430

平井利明のメモ

続きを読む "twitter20110422_0430"

|

FBページ2011年4月

平井利明のメモ

続きを読む "FBページ2011年4月"

|

2011.05.06

今日,場合によっては。

今日は,岩手県の被災地での法律相談となることを予定していた日である。
せっかく弁護士という資格を与えられているのだからと考えて,大阪弁護士会からの募集に応じて希望を出してはいた。
しかし,行きに1日,相談(被災地での移動含む)に1日,帰りに1日と合計3日を要するとのことなので,3日間をとれるとすれば,今日を相談期日とする予定ぐらいしか組めなかった。既に決まっている裁判日程を変更してというのも,現実的には容易でない。

さらに,ゴールデンウイーク頃は,より近くの弁護士会からの応援にて対応が可能になったとのことで,大阪からの応援派遣は取りやめになったそうで,結局,私が行ける機会も無くなってしまった。

被災地も,気温が高くなってきたようで,寒いときとまた異なった困難が生じているようだな等色々と考えながら,また違う形での復興支援等を考えることに。

 

平井利明のメモ

|

大阪城

1304622033494.jpg
大阪城

| | コメント (0)

2011.05.05

藤の季節だね

1304573396943.jpg
大阪城公園にて

| | コメント (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »