« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

2011.08.31

FBページ2011年8月

平井利明のメモ

続きを読む "FBページ2011年8月"

|

2011.08.23

第1回 産科医療補償制度 再発防止に関する報告書(産科医療補償制度)

第1回 産科医療補償制度 再発防止に関する報告書
http://www.sanka-hp.jcqhc.or.jp/pdf/Saihatsu_Report_01_All.pdf

平井利明のメモ

|

2011.08.22

集団的消費者被害救済制度専門調査会報告書

集団的消費者被害救済制度専門調査会報告書
平成23年8月
消費者委員会 集団的消費者被害救済制度専門調査会
http://www.cao.go.jp/consumer/kabusoshiki/shudan/doc/110822_houkokusho1.pdf

平井利明のメモ

|

2011.08.19

平成24年司法試験の実施日程等(法務省司法試験管理委員会)

平成24年
5月16日(水)論文式試験 
選択科目(3時間)
公法系科目第1問(2時間)
公法系科目第2問(2時間)

5月17日(木) 論文式試験
民事系科目第1問(2時間)
民事系科目第2問(2時間)
民事系科目第3問(2時間)

5月19日(土)論文式試験 
刑事系科目第1問(2時間)
刑事系科目第2問(2時間)

5月20日(日)
短答式試験
民事系科目(2時間30分)
公法系科目(1時間30分)
刑事系科目(1時間30分)

【平成24年司法試験実施予定表】

試験公告
平成23年
11月11日(金)

願書交付
自11月11日(金)
至12月 7日(水)

願書受付
自11月24日(木)
至12月 7日(水)

平成24年
5月16日(水)
5月17日(木)
5月19日(土)
5月20日(日)

短答式試験成績発表
6月 7日(木)

合 格 発 表
9月11日(火)

こちらの方にてご確認下さい。
http://www.moj.go.jp/content/000078010.pdf

平井利明のメモ

|

平成23年改定版「監査役監査実施要領」(日本監査役協会)

平成23年改定版「監査役監査実施要領」
平成23年7月7日
http://www.kansa.or.jp/siryou/elibrary/el_001_110812.html

平井利明のメモ

|

2011.08.11

和解条項案の書面による受諾

民事訴訟法第264条
 当事者が遠隔の地に居住していることその他の事由により出頭することが困難であると認められる場合において、その当事者があらかじめ裁判所又は受命裁判官若しくは受託裁判官から提示された和解条項案を受諾する旨の書面を提出し、他の当事者が口頭弁論等の期日に出頭してその和解条項案を受諾したときは、当事者間に和解が調ったものとみなす。

規定上では,双方不出頭では出来ないようですね。

|

2011.08.08

食道静脈瘤の表記法

(日本門脈圧亢進症食道静脈瘤学会 1996)
食道静脈瘤に示された表記・分類方法とのこと

リンク先

平井利明のメモ

|

2011.08.02

PMFオーケストラ演奏会~ルイジ・コンダクツ・ブラームス~in大阪

2011年8月2日(火)19:00~
ザ・シンフォニーホール(大阪)

ファビオ・ルイジ Fabio Luisi(指揮)
スティーヴン・ウィリアムソン Stephen Williamson(独奏クラリネット)
PMFファカルティ
PMFオーケストラ

[PMF:The Pacific Music Festival]

モーツァルト:クラリネット協奏曲 イ長調 K. 622
ワーグナー:楽劇『トリスタンとイゾルデ』から「前奏曲」と「愛の死」
ブラームス:交響曲 第2番 ニ長調 作品73

クラリネットの奏者は,オーケストラの他の楽器の奏者たちにきっと羨ましがられていると思う。モーツアルトは,クラリネットのためにコンチェルトと5重奏曲を晩年に残している。そしてそれらは,多分この世で一番素晴らしい曲だろうと個人的に思っている。そんな,中の1曲をライブで聴くことが出来た。独奏のWilliamsonはメトロポリタン歌劇場の首席奏者とのこと。ヨーロッパ的な雰囲気とは異なった感のする演奏スタイルで(アメリカっぽいのかも),装飾音を加味しながらの演奏だった。静けさを伴う第2楽章は一種緊迫感を伴い,この曲の良さを改めて感じさせるものだった。ただ,楽器の調子は今ひとつだったのかも知れない。
ワグナーは,特に言うまでもないだろうが,ルイジの本領発揮と言えるメリハリのきいた音楽が目の前に広げられていた(ただ,相対的には練習時間が不足していたのかもといった感もあった)。曲が終わって静寂がもたらすときホールも沈黙の中に。拍手をするものはない。このような場をともにすると,皆,曲や演奏をよく聴き入っているのだと感心させられる。
また,演奏中,演奏者の後側の席に座っておられる方々が,ルイジの指揮に見入っていたのも印象的だった。

後半は,ブラームス。
前半の曲は譜面を前にしての演奏だったが,ブラームスの第2交響曲は暗譜だった。ある意味意外であり,また,納得していた。
この曲は,個人的には,どちらかというとポイントに欠けるように感じられ苦手な曲であって睡魔に襲われることが今までの経験であった(ベルフィルのときもそうだった)。しかし,今宵は,前から5列目で聴いていたのだが,この辺りの席は音楽が刺激的に目にそして耳に入ってきて,また体全体で感じることのできる場所で,音楽がアンサンブルとして聞こえてくることもあって,興味深く各音を聴き入っていた。そして,いつも目が覚めることになる第4楽章は,テンポが速めで且つコントラストが明瞭で,ドイツ音楽というよりイタリア音楽的な運びのものでとても挑戦的且つ刺激的だった。賛否は色々あるのだろうが,個人的にはとても面白い演奏であったし,この曲の新鮮なる魅力を教わった感がした。老練な者達ではなく若者による演奏がそれを一層引き立たせていたといえ,PMFならではの演奏だったのかも知れない。

因みに,昨年のもの
2010.08.03
PMFオーケストラによるショパンとブルックナーの夜
http://h-t.air-nifty.com/ht/2010/08/post-1d8e.html

平井利明のメモ

|

2011.08.01

FB2011年7月

平井利明のメモ

続きを読む "FB2011年7月"

|

個人債務者の私的整理に関するガイドラインQ&A(事務局 一般社団法人全国銀行協会)

個人債務者の私的整理に関するガイドラインQ&A
http://www.zenginkyo.or.jp/news/entryitems/news230731.pdf

個人債務者の私的整理に関するガイドライン研究会
(事務局 一般社団法人全国銀行協会)
平成23年8月1日

 「個人債務者の私的整理に関するガイドライン研究会」(座長:高木新二郎)では、「個人債務者の私的整理に関するガイドライン」(23年7月15日策定)の運用に当たっての実務上の指針となるQ&Aを別紙のとおり取りまとめました。
 なお、本Q&Aは必要に応じて追加等を行うことを予定しています。
とのこと。
http://www.zenginkyo.or.jp/news/2011/08/01093000.html


2011.07.15付けでご紹介した
「個人債務者の私的整理に関するガイドライン平成23年7月
(東日本大震災で被災者の二重債務問題を踏まえたもの)」
http://h-t.air-nifty.com/ht/2011/07/post-3cf2.html
についての質問と回答(Q&A)

個人債務者の私的整理に関するガイドライン
http://www.zenginkyo.or.jp/news/entryitems/news230735.pdf


平井利明のメモ

|

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »