« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

2011.09.30

FBページ2011年9月

平井利明のメモ

続きを読む "FBページ2011年9月"

|

2011年9月のジョギング

201109jog

大阪マラソンの1ヶ月前は
こんな感じでした。

Runkeeperによる計測結果

(2012/09/24に追加)

|

2011.09.28

スマートフォン充電用のアダプター

従来のコードが使えるのは便利だが、アダプターが必要なのは手間であり費用も要してしまう。しかしコードを買いなおすことを考えるとベター。
なお、色的には少しはてなだが、目立って先端がどこにあるのかがわかり安いのでこの色にしてみた。
DSC_0111_edit0.JPG
なお、アプリを「ココろいど」を用いての初投稿。
オフィシャルアプリ「ココログfor Android 」があまりにも使い勝手が使い勝手が悪いため。
ちなみに、マーケットでの評価も極めて低い、オフィシャルのアプリがの評価がこれほど悪いことは会社も知っているであろうところ、それでも手を打てないのは、技術力の欠如あるいは資金不足を思わせるともいえるので、早々に手を打つべきと思うのだが。
長年のnifty愛用者としては頑張りを期待しています。



|

スマートフォン充電用アダプター

従来のコードが使えるのは便利だが、アダプターが必要なのは手間であり費用も要してしまう。しかしコードを買いなおすことを考えるとベター。
なお、色的には少しはてなだが、目立って先端がどこにあるのかがわかり安いのでこの色にしてみた。
DSC_0111_edit0.JPG
なお、アプリを「ココろいど」を用いての初投稿。
オフィシャルアプリ「ココログfor Android 」があまりにも使い勝手が使い勝手が悪いため。

ちなみに、マーケットでの評価も極めて低い、オフィシャルのアプリがの評価がこれほど悪いことは会社も知っているであろうところ、それでも手を打てないのは、技術力の欠如あるいは資金不足を思わせるともいえるので、早々に手を打つべきと思うのだが。
長年のnifty愛用者としては頑張りを期待しています。



|

2011.09.27

IXI600F

NYでカメラを無くして以降は,携帯電話のカメラを用いていたのだが,やはり色々と限界がある。
プライベートでもそうだが,仕事の関係でも記録に残す等の場合にデジタルカメラを利用すると便利である。
専用器は携帯電話に附属のものと比べるとかなりの能力差がある。
特に仕事の際には,すぐに起動して,暗いところでもあまりぶれない写真が撮れなければ役に立たない。こんな場合には,携帯電話附属のカメラでは仕事にならない。

私は,コンパクトカメラは,IXIを基本的に使っている。
それ以外の製品もいくつか用いたことがあるものの,IXIに戻ってきてしまう。
今回もIXIとなった。

Img_2809
IXIにも色々なタイプがあるところ,この度は,出来るだけ軽いものを選択してみた。
荷物がゴロゴロとして重くなってきているところ,コンパクトカメラまで重いと,結局,持ち運びをしないことになってしまうだけだから。

その結果が, 600Fとなった。
色はシルバー。
理由は,一番傷が目立たないから。

そんなこんなで
今後,大活躍してくれることを期待。

平井利明のメモ

|

スマートフォン等に用いるバッテリーの選択について

スマートフォンを使っていると,従来型の携帯の使用時に比べて,すぐに電池を消耗してしまう。そんなことから,エネループなどの予備バッテリーの活用を考えている人も少なくないと思う。

ところで,スマートフォン等に充電する際には,ある程度の入力がないと充電がなされない。そんな仕様になっている。

Dsc_0109

例えば,出力(output)が500mAのエネループでは,私の持っている機器のウチ,iPhone3GSに充電をすることは出来るが,iPad 2やgooglephone(sh-12c)の充電用としては(出力不足により)全く使えない。多少なりとも充電してくれるというのではなくて,全く充電用として機能しない。

Dsc_0108

iPad 2やgooglephone(sh-12c)の充電用としてエネループを用いようとするとOutputが1A(1000mA)のタイプを用いなければならない。

この通り,自分の持っている機器の仕様にあわせて,エネループ等の電池,或いは,充電器(コンセントタイプ等)を選択する必要があります。

 既に一度取り上げたとは思いますが,再度,念のために掲載。

平井利明のメモ

|

スマートフォン・スペアバッテリー

リチウムバッテリー内蔵AC充電器
(microUSB充電ケーブル付き)
電池容量1100mAh

Dsc_0107

充電器にバッテリー機能が付されたもの。
スマートフォンはすぐに電池が消耗してしまうので,予備のバッテリーを持ち歩く必要がある。
いつもはエネループを持ち歩いているのだが,バッテリー付きの充電器を見かけたので買ってみた。
私を含めて外出の多い方々には,きっと便利なのだろうと思う。

  

 

平井利明のメモ

|

2011.09.20

平成23年07月27日最高裁判所第三小法廷決定(調停と家事審判への移行関連)

平成23(ク)531審判期日を指定しないことに対する抗告却下決定に対する特別抗告事件
平成23年07月27日最高裁判所第三小法廷決定

原審
東京高等裁判所
平成22(ラ)2288
平成23年03月31日

裁判要旨
家事審判法9条1項乙類に掲げる事項につき,他の家庭に関する事項と併せて調停が申し立てられた場合であっても,調停が成立しないときは,申立人が審判への移行を求める意思を有していないなど特段の事情がない限り,同項乙類に掲げる事項は審判に移行する。

http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?hanreiid=81540&hanreiKbn=02

決定文
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20110801164510.pdf

平井利明(弁護士@中村・平井・田邉法律事務所)のメモ

|

2011.09.19

平成23年07月27日最高裁判所第三小法廷決定(抗告訴訟と議会の議決関連)

平成23(行フ)1上告却下決定及び上告受理申立て却下決定に対する許可抗告事件
平成23年07月27日最高裁判所第三小法廷決定

原審
福岡高等裁判所
平成23(行サ)5
平成23年02月28日

裁判要旨
普通地方公共団体を被告とする抗告訴訟につき,当該普通地方公共団体が控訴又は上告の提起等をするには,地方自治法96条1項12号に基づくその議会の議決を要しない。

http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?hanreiid=81544&hanreiKbn=02

決定文
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20110802103648.pdf

平井利明(弁護士@中村・平井・田邉法律事務所)のメモ

|

2011.09.16

平成23年08月31日最高裁判所第三小法廷決定(証拠開示命令請求棄却決定に対する即時抗告提起期間関連)

平成23(し)286証拠開示に関する裁定請求棄却決定に対する即時抗告棄却決定に対する特別抗告事件
平成23年08月31日最高裁判所第三小法廷決定

原審
東京高等裁判所
平成23(く)308
平成23年07月07日

裁判要旨
弁護人に対し証拠開示することを命じる旨求めた弁護人からの証拠開示命令請求(刑訴法316条の26第1項)を棄却する決定については,即時抗告の提起期間は,同決定の謄本が弁護人に送達された日から進行する。

http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?hanreiid=81573&hanreiKbn=02

決定文
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20110902111703.pdf

平井利明(弁護士@中村・平井・田邉法律事務所)のメモ

|

2011.09.15

平成23年09月08日最高裁判所第一小法廷判決(住民訴訟と弁護士報酬関連)

平成21(受)1408弁護士報酬請求事件
平成23年09月08日最高裁判所第一小法廷判決

原審
大阪高等裁判所
平成20(ネ)2729
平成21年04月22日

裁判要旨
「国の補助事業における入札談合によって普通地方公共団体の被った損害の賠償を求める地方自治法(平成14年法律第4号による改正前のもの)242条の2第1項4号の規定による住民訴訟において住民が勝訴した場合の同条7項にいう「相当と認められる額」の認定に当たり,判決の結果当該普通地方公共団体が回収した額を考慮する際には,その額は,現に回収された額とすべきであり,その回収に伴い国に返還されることとなる国庫補助金相当額を控除した額とすべきものではない。」

http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?hanreiid=81592&hanreiKbn=02

判決文
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20110908145147.pdf

判決文より
「京都市の住民である上告人らが,地方自治法(平成14年法律第4号による改正前のもの。以下「法」という。)242条の2第1項4号に基づき被上告人に代位して提起した住民訴訟(以下「別件訴訟」という。)において,被上告人の発注に係るごみ処理設備建設工事(以下「本件工事」という。)の一般競争入札に参加して落札した会社(以下「別件被告会社」という。)が他の業者らと談合を行った結果落札価格が不当につり上げられたと主張して,別件被告会社に対し,不法行為に基づく損害賠償の請求をしたところ,一部勝訴したことから,同条7項に基づき,被上告人に対し,別件訴訟において訴訟委任をした弁護士らに支払うべき報酬額の範囲内で相当と認められる額の支払を求めている事案」

「法242条の2第7項にいう「相当と認められる額」とは,同条1項4号の規定による住民訴訟(以下「旧4号住民訴訟」という。)において住民から訴訟委任を受けた弁護士が当該訴訟のために行った活動の対価として必要かつ十分な程度として社会通念上適正妥当と認められる額をいい,その具体的な額は,当該訴訟における事案の難易,弁護士が要した労力の程度及び時間,認容された額,判決の結果普通地方公共団体が回収した額,住民訴訟の性格その他諸般の事情を総合的に勘案して定められるべきものである(最高裁平成19年(受)第2069号同21年4月23日第一小法廷判決・民集63巻4号703頁参照)。」
「同条7項において,旧4号住民訴訟を提起した住民が勝訴した場合に上記「相当と認められる額」の支払を普通地方公共団体に請求することができるとされているのは,当該勝訴判決により当該普通地方公共団体が現に経済的利益を確保することになるという事情が考慮されたことによるものと解される。そして,当該普通地方公共団体は,当該勝訴判決で認められた損害賠償等の請求権を行使することにより本来その認容額の全額を回収し得る地位に立つのであり,他方,本件のような国庫補助金相当額の返還は上記請求権の行使とは別の財務会計行為によるものであるから,その返還に係る国庫補助金相当額が最終的には当該普通地方公共団体の利得とならないとしても,当該勝訴判決の結果現に回収された金員が,当該弁護士の訴訟活動によって当該普通地方公共団体が確保した経済的利益に当たるものというべきである。そうすると,国の補助事業における入札談合によって普通地方公共団体の被った損害の賠償を求める旧4号住民訴訟において住民が勝訴した場合の上記「相当と認められる額」の認定に当たり,勝訴により確保された経済的利益の額として判決の結果当該普通地方公共団体が回収した額を考慮する際には,その額は,現に回収された額とすべきであり,現に回収された額からその回収に伴い国に返還されることとなる国庫補助金相当額を控除した額とすべきものではないと解するのが相当である。」

平井利明(弁護士@中村・平井・田邉法律事務所)のメモ

|

2011.09.14

事務所のPC入替

事務所で使っているPCのスピードがこの頃極端に遅くなってきてしまった。
そのようなことから,先週の金曜日にPCを買い替えて,昨日ぐらいにようやく同じ程度へとなるチューニングを終えた。

文字を大きく表示させるために(辛い・・・)大きな画面のもの(24インチ)を選んだのだが,目が疲れそうではある(笑)

古いものもいざというときのために備えてしばらくは残留(左側のもの)。

1315915335027手前のPCは私個人のメインマシン(レッツノートR9)。
公私にわたってよく働いてくれます。

平井利明(弁護士@中村・平井・田邉法律事務所)のメモ

|

平成23年09月13日最高裁判所第三小法廷判決(有価証券報告書等への虚偽記載等と損害関連)

平成21(受)1177損害賠償請求事件
平成23年09月13日最高裁判所第三小法廷判決

原審
東京高等裁判所
平成20(ネ)3359
平成21年02月26日

裁判要旨
1 有価証券報告書等に虚偽記載のある上場株式を取引所市場において取得した投資者が当該虚偽記載がなければこれを取得しなかった場合,上記投資者に生じた当該虚偽記載と相当因果関係のある損害の額
2 有価証券報告書等の虚偽記載の公表後のいわゆるろうばい売りによる上場株式の市場価額の下落による損害は当該虚偽記載と相当因果関係がある

http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?hanreiid=81614&hanreiKbn=02

判決文
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20110913172344.pdf

判決文より
「本件は,東京証券取引所に上場されていた被上告人Y1の株式(以下「Y1株」という。)を取引所市場において取得した者又はその相続人である上告人らが,C社等の少数特定者が所有するY1株の数の割合が東京証券取引所の定める上場廃止事由に該当するという事実があったにもかかわらず,被上告人Y1が有価証券報告書及び半期報告書(以下「有価証券報告書等」という。)に虚偽の記載をして上記事実を隠蔽し,また,C社がY1株の大量保有報告書に過少な数を記載する- 2 -などして上記事実の隠蔽に協力したことにより,損害を被ったと主張して,被上告人Y1,C社を吸収合併した被上告人Y2,被上告人Y1及びC社の代表取締役であった被上告人Y3等に対し,不法行為等に基づく損害賠償を求める事案である。上記の不法行為により上告人らに生じた損害の額が争点となっている。」

「有価証券報告書等に虚偽の記載がされている上場株式を取引所市場において取得した投資者が,当該虚偽記載がなければこれを取得することはなかったとみるべき場合,当該虚偽記載により上記投資者に生じた損害の額,すなわち当該虚偽記載と相当因果関係のある損害の額は,上記投資者が,当該虚偽記載の公表後,上記株式を取引所市場において処分したときはその取得価額と処分価額との差額を,また,上記株式を保有し続けているときはその取得価額と事実審の口頭弁論終結時の上記株式の市場価額(上場が廃止された場合にはその非上場株式としての評価額。以下同じ。)との差額をそれぞれ基礎とし,経済情勢,市場動向,当該会社の業績等当該虚偽記載に起因しない市場価額の下落分を上記差額から控除して,これを算定すべきものと解される。
すなわち,上記投資者が上記株式を処分するまで又は事実審の口頭弁論終結時までに上記株式の市場価額が種々の要因によって変動することは通例であるところ,一般投資家である上記投資者は,当該虚偽記載がなければ上記株式を取得することはなかったとしても,取得した株式の市場価額が経済情勢,市場動向,当該会社の業績等当該虚偽記載とは無関係な要因に基づき変動することは当然想定した上で,これを投資の対象として取得し,かつ,上記要因に関しては開示された情報に基づきこれを処分するか保有し続けるかを自ら判断することができる状態にあったということができる。このことからすると,上記投資者が自らの判断でその保有を継続していた間に生ずる上記要因に基づく市場価額の変動のリスクは,上記投資者が自ら負うべきであり,上記要因で市場価額が下落したことにより損失を被ったとしても,その損失は投資者の負担に帰せしめるのが相当である。したがって,経済情勢,市場動向,当該会社の業績等当該虚偽記載とは無関係な要因に基づく上記株式の市場価額の下落分は,当該虚偽記載と相当因果関係がないものとして,上記差額から控除されるべきである。以上の理は,虚偽記載の公表の前後を問わず当てはまるところであるが,虚偽記載が公表された後の市場価額の変動のうち,いわゆるろうばい売りが集中することによる過剰な下落は,有価証券報告書等に虚偽の記載がされ,それが判明することによって通常生ずることが予想される事態であって,これを当該虚偽記載とは無関係な要因に基づく市場価額の変動であるということはできず,当該虚偽記載と相当因果関係のない損害として上記差額から控除することはできないというべきである。」

裁判官田原睦夫の補足意見
裁判官寺田逸郎の意見
がある。

平井利明(弁護士@中村・平井・田邉法律事務所)のメモ

|

2011.09.13

平成23年09月13日最高裁判所第三小法廷判決(有価証券報告書等の虚偽記載と損害関連)

平成22(受)1485損害賠償請求事件
平成23年09月13日最高裁判所第三小法廷判決

【破棄差戻し】

原審
東京高等裁判所
平成21(ネ)2770
平成22年04月22日

裁判要旨
1 有価証券報告書等に虚偽記載のある上場株式を取引所市場において取得した投資者が当該虚偽記載がなければこれを取得しなかった場合,上記投資者に生じた当該虚偽記載と相当因果関係のある損害の額
2 有価証券報告書等の虚偽記載の公表後のいわゆるろうばい売りによる上場株式の市場価額の下落による損害は当該虚偽記載と相当因果関係がある

http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?hanreiid=81615&hanreiKbn=02

判決文
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20110913175050.pdf

判決文より

「本件は,東京証券取引所に上場されていた被上告人Y1の株式(以下「Y1株」という。)を取引所市場において取得した者等である上告人らが,A社等の少数特定者が所有するY1株の数の割合が東京証券取引所の定める上場廃止事由に該当するという事実があったにもかかわらず,被上告人Y1が有価証券報告書及び半期報告書(以下「有価証券報告書等」という。)に虚偽の記載をして上記事実を隠蔽し,また,A社がY1株の大量保有報告書に過少な数を記載するなどして上記事実の隠蔽に協力したことにより,損害を被ったと主張して,被上告人Y1,A社を吸収合併した被上告人Y2並びに被上告人Y1及びA社の代表取締役であったY3に対し,不法行為等に基づく損害賠償を求める事案である。上記の不法行為により上告人らに生じた損害の額が争点となっている。」

「有価証券報告書等に虚偽の記載がされている上場株式を取引所市場において取得した投資者が,当該虚偽記載がなければこれを取得することはなかったとみるべき場合において,当該虚偽記載の公表後に上記株式を取引所市場において処分したときは,当該虚偽記載により上記投資者に生じた損害の額,すなわち当該虚偽記載と相当因果関係のある損害の額は,その取得価額と処分価額との差額を基礎とし,経済情勢,市場動向,当該会社の業績等当該虚偽記載に起因しない市場価額の下落分を上記差額から控除して,これを算定すべきものと解される。すなわち,上記投資者が上記株式を取得してからこれを処分するまでの間に上記株式の市場価額が種々の要因によって変動することは通例であるところ,機関投資家である上記投資者は,当該虚偽記載がなければ上記株式を取得することはなかったとしても,取得した株式の市場価額が経済情勢,市場動向,当該会社の業績等当該虚偽記載とは無関係な要因に基づき変動することは当然想定した上で,これを投資の対象として取得し,かつ,上記要因に関しては開示された情報に基づきこれを処分するか保有し続けるかを自ら判断することができる状態にあったということができる。このことからすると,上記投資者が自らの判断でその保有を継続していた間に生ずる上記要因に基づく市場価額の変動のリスクは,上記投資者が自ら負うべきであり,上記要因で市場価額が下落したことにより損失を被ったとしても,その損失は投資者の負担に帰せしめるのが相当である。したがって,経済情勢,市場動向,当該会社の業績等当該虚偽記載とは無関係な要因に基づく上記株式の市場価額の下落分は,当該虚偽記載と相当因果関係がないものとして,上記差額から控除されるべきである。以上の理は,虚偽記載の公表の前後を問わず当てはまるところであるが,虚偽記載が公表された後の市場価額の変動のうち,いわゆるろうばい売りが集中することによる過剰な下落は,有価証券報告書等に虚偽の記載がされ,それが判明することによって通常生ずることが予想される事態であって,これを当該虚偽記載とは無関係な要因に基づく市場価額の変動であるということはできず,当該虚偽記載と相当因果関係のない損害として上記差額から控除することはできないというべきである。」

裁判官田原睦夫の補足意見
裁判官寺田逸郎の意見
がある。

平井利明(弁護士@中村・平井・田邉法律事務所)のメモ

|

仕事用の新しいバッグ

色々な便利さを考えて,通勤は基本的にバックパック(リュックサック,デイバッグ)を用いている。見た目云々はあろうが,便宜性には勝てない。

色々と比較をしてサムソナイト製のものを用いている。見た目は今ひとつ感があるものの,ポケットは多くまた圧倒的な量を収納させることが出来る。
訴訟等の記録ともなれば,かなりの分量となる。それを収納できるバッグは実はそれほど多くはない。ともすればキャリーバッグとなり,私もいくつかを使っていて便利さを感じてはいるのだが,やはり移動の際は不便な面も少なくない。多くの段差のある移動路や混み合った電車等では使いづらい。その点,バックパックだと機動性に富んでいる。

Img_1118

一番左のものが私が今まで使っていたものだが,このタイプは取っ手がしっかりしている。始め触れたときにその事に感動した。そして,縫い方もがっちりとしていて大きなポケットも多い。
そんなことから重宝して使っていた。ときには,鞄がかわいそうと思えるほどのものを詰め込んで丸々とさせてまで使っていた。それでも期待に応えてくれていた。
しかし数年間が経過して,初代のものはさすがにくたびれてきた。糸のほつれも見られるようになってきた。
このバッグもモデルチェンジがあって一時は,少しオシャレ路線に入りかけていたのだが,最近ベーシックなものに戻ってきた。ということもあって,この度,真ん中のものに買い換えした次第。
見れば見るほど愛想はなさそうであり,私以外にこれを使用している人を見かけたこともないのだが,私には似合いのバッグ。なお,家族や事務所の面子の評価によれば,見た目以上に値段が高いとの評価(笑)。

しかし,あまり荷物のないこともあるが,そんなときにも大きなバッグを背負っているのも考えものなので,少し小さめのものも気に入ったものがあったので併せて買ってきた。今日使ってみると,なかなか使い勝手が良さそうだった。

ということで,リュック人は,さらに機動的になって,活躍の場が広がることにつながることを期待。

平井利明(弁護士@中村・平井・田邉法律事務所)のメモ

|

シングルクリックとダブルクリックの変更(Win7)

「コントロールパネル」

「デスクトップのカスタマイズ」

「フォルダーオプション」

「シングルクリックまたはダブルクリックの指定」

平井利明のメモ

|

2011.09.12

舞鶴でのジョギング

舞鶴Dsc_0014_2での1日目の法律相談の終了後に4キロほど。

そして翌日の朝,舞鶴市内にて10キロほどジョギング。

朝に一度はジョギングをしたいとは考えていたのですが,毎回朝は起きれる状態ではないので実行していなかったのですが,今回はたまたま早寝早起きとなったことからチャレンジ。

いつもは朝にジョギングはしないのですが,地元を離れた場所に行くと嬉しくて,機会があればジョギングをと思っています。

そのために泊まりの出張の場合は,スニーカーや着がえなどを持って行く必要があり,それが移動の際の大荷物の理由の一つになってしまっています。

Dsc_0017  

舞鶴ともなれば海を見に行かなければという気持ちがあり,夕と朝に。

伊佐津川の河川敷の一面の緑が,少し冷たい朝のゆるやかな風とともに快く迎えてくれます。

Dsc_0023

Dsc_0024

Dsc_0027

Dsc_0029

|

2011.09.11

舞鶴における立命館大学法科大学院の無料法律相談(2011年9月10日11日)

2011年9月10日(土)と12日(金)は,立命館大学法科大学院の舞鶴における無料法律相談。   

Dsc_0031_2

 

平井利明のメモ

|

2011.09.08

平成23年度司法試験合格者氏名(中国新聞)

中国新聞(中國新聞)
http://www.chugoku-np.co.jp/kikaku/shiken/index.html

新司法試験合格者(札幌市)(9月8日)
http://www.chugoku-np.co.jp/kikaku/shiken/Ks201109080001.html
新司法試験合格者(仙台市)(9月8日)
http://www.chugoku-np.co.jp/kikaku/shiken/Ks201109080002.html
新司法試験合格者(東京都)(9月8日)
http://www.chugoku-np.co.jp/kikaku/shiken/Ks201109080003.html
新司法試験合格者(名古屋市)(9月8日)
http://www.chugoku-np.co.jp/kikaku/shiken/Ks201109080004.html
新司法試験合格者(大阪市)(9月8日)
http://www.chugoku-np.co.jp/kikaku/shiken/Ks201109080005.html
新司法試験合格者(広島市)(9月8日)
http://www.chugoku-np.co.jp/kikaku/shiken/Ks201109080006.html
新司法試験合格者(福岡市)(9月8日)
http://www.chugoku-np.co.jp/kikaku/shiken/Ks201109080007.html

なお法務省
平成23年新司法試験合格者受験番号
http://www.moj.go.jp/jinji/shihoushiken/jinji08_00055.html

平井利明(弁護士@中村・平井・田邉法律事務所)のメモ

|

平成23年新司法試験法科大学院別合格者数等(法科大学院名の最終合格者数順)

法科大学院名 出願者数 受験予定者数 受験者数 短答式試験の合格に必要な成績を得た者数 最終合格者数
総       計 11891 11686 8765 5654 2063
東京大法科大学院 507 503 416 345 210
中央大法科大学院 538 536 461 366 176
京都大法科大学院 371 369 315 259 172
慶應義塾大法科大学院 415 414 342 292 164
早稲田大法科大学院 566 564 432 291 138
明治大法科大学院 476 473 375 269 90
一橋大法科大学院 167 166 142 121 82
神戸大法科大学院 167 166 148 121 69
同志社大法科大学院 355 350 277 173 65
東北大法科大学院 223 221 170 132 54
大阪大法科大学院 212 210 171 125 49
北海道大法科大学院 195 195 160 122 48
名古屋大法科大学院 182 182 136 90 43
九州大法科大学院 262 256 200 129 42
立命館大法科大学院 350 346 262 163 40
上智大法科大学院 241 241 193 138 39
首都大東京法科大学院 141 141 120 99 38
関西大法科大学院 295 280 210 139 35
法政大法科大学院 244 244 183 113 31
大阪市立大法科大学院 151 150 120 80 30
千葉大法科大学院 88 88 74 64 29
関西学院大法科大学院 252 247 178 89 26
岡山大法科大学院 99 93 73 51 23
南山大法科大学院 120 119 80 49 21
学習院大法科大学院 104 104 80 59 18
甲南大法科大学院 172 171 112 67 18
専修大法科大学院 158 155 118 76 17
立教大法科大学院 164 157 123 80 17
金沢大法科大学院 79 75 64 39 15
横浜国立大法科大学院 136 134 96 68 13
創価大法科大学院 134 127 86 57 12
日本大法科大学院 268 268 184 87 12
成蹊大法科大学院 141 139 91 57 11
東洋大法科大学院 134 130 88 47 11
獨協大法科大学院 142 142 96 42 11
広島大法科大学院 116 109 80 52 10
北海学園大法科大学院 54 54 37 20 10
大宮法科大学院大学 226 223 141 58 9
愛知大法科大学院 63 49 36 21 8
青山学院大法科大学院 128 125 85 47 8
近畿大法科大学院 82 82 58 32 8
中京大法科大学院 54 54 39 27 8
新潟大法科大学院 116 109 77 51 8
静岡大法科大学院 62 62 47 23 7
東海大法科大学院 104 102 71 34 7
広島修道大法科大学院 85 83 49 29 7
名城大法科大学院 94 94 72 40 7
山梨学院大法科大学院 66 65 45 22 7
琉球大法科大学院 67 64 42 26 7
西南学院大法科大学院 125 123 78 40 6
桐蔭横浜大法科大学院 160 157 87 39 6
関東学院大法科大学院 71 71 46 24 5
國學院大法科大学院 116 116 72 31 5
駿河台大法科大学院 169 169 108 34 5
明治学院大法科大学院 171 162 112 49 5
龍谷大法科大学院 122 121 77 33 5
神奈川大法科大学院 90 85 61 38 4
熊本大法科大学院 59 59 39 21 4
久留米大法科大学院 75 74 52 18 4
島根大法科大学院 60 60 46 22 4
信州大法科大学院 85 84 52 28 4
筑波大法科大学院 88 88 55 30 4
鹿児島大法科大学院 60 59 48 26 3
京都産業大法科大学院 124 123 93 30 3
福岡大法科大学院 78 44 37 20 3
大阪学院大法科大学院 112 110 76 36 2
香川大法科大学院 64 63 44 19 2
駒澤大法科大学院 96 96 79 33 2
大東文化大法科大学院 107 103 69 24 2
東北学院大法科大学院 61 59 36 15 2
愛知学院大法科大学院 71 71 41 12 1
神戸学院大法科大学院 60 60 38 20 1
白鴎大法科大学院 65 62 40 26 1
姫路獨協大法科大学院 36 36 24 5 0

正確を期すためには法務省のサイトにてご確認下さい。
http://www.moj.go.jp/content/000079295.pdf


平井利明のメモ

|

2011.09.07

AQUOS PHONE SH12C

とうとうAndroid
しかし使い方がわからない。
1315364873690.jpg
焦らず徐々に。

| | コメント (0)

2011.09.01

FB2011年8月

平井利明のメモ

続きを読む "FB2011年8月"

|

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »