« 新年2日目(妻の実家へ) | トップページ | 副作用等の報告義務(薬事法など) »

2012.01.04

ジャパン・ヴィルトゥオーゾ・シンフォニー・オーケストラコンサート第20回大阪公演

作曲家三枝成彰氏,指揮者大友直人氏の企画・構成による,在京・在阪のオーケストラの首席奏者等からなるオーケーストラによる新春コンサート。
今年で20周年にあたるとのこと。

Dsc_0464
毎年,年末頃に新聞などに掲載されていて,その頃になると行きたいねと思うのだが,その頃には良い席は残っていないのが通例で断念の繰り返しなのだが,今回は,真ん中近くの席の前から2列目(B列)が残っていたので席を得た。
最近は,前方にて聞くことが多いのだが(絶対にお薦め),今回は20周年ということもあり3名のソリストが登場するということもあって前方で聞けるのを楽しみにしていた。

ザ・シンフォニーホール

2012年01月04日(水) 
16:15プレトーク三枝成彰氏 
16:30開演 

[指揮]大友直人氏
J.シュトラウスⅡ:喜歌劇 「こうもり」序曲

J.シュトラウスⅡ:「春の声」op.410
F.レハール:喜歌劇 メリー・ウィドウ」より“ヴィリアの歌”
プッチーニ:歌劇「ジャンニ・スキッキ」より“私のお父さん”
[ソプラノ]塩田美奈子さん

ロドリーゴ(川井郁子編曲):アランフェス協奏曲よりレッド・ヴァイオリン
川井郁子作・編曲:映画「COLD SLEEP」より
ホルスト作曲(川井郁子編曲):ジュピター
[ヴァイオリン]川井郁子さん

F.リスト:ピアノ協奏曲 第1番 変ホ長調
[ピアノ]三舩優子さん

J.シュトラウスⅡ:「皇帝円舞曲」 op.437
J.シュトラウスⅡ:「美しく青きドナウ」 op.314

新春にシュトラウスは合いますね。
構えて聞く必要がなくそれでありながら音楽の色々な要素を楽しめる。
1年の最初はそんなスタートが心地よい。
そんな機会に接すると,ウィーンのニューイヤーコンサートは何と的を得たイベントなのだろうと感じてしまいます。

ソリストはいずれも初めて生で演奏を聴かせていただく方々でした。
塩田さんは良Dsc_0466_2い声をされておられますね。
しかし,「春の声」というのは,じっくり聞かせていただくとかなり難しい曲なのですね。そんな曲をしっかりと形にされていましたね。そして,その後の2曲では更に声が馴染んできたように感じました。
最近,人の声にはまっているものとしては十分に満喫した機会でした。
川井さんは,売れっ子と言って良いお方だと思いますが,緑のドレスで登場してきた時から格好よろしい。演奏の際も,音の世界はもちろんのこと,どのように見せると魅力的にあるいは妖しくといった点も十分に考えて舞台に立っておられるのだろうと感じさせられました。やはりテレビ等での登場の機会等が多いことはそのような感性をも磨かせるのでしょう。生演奏という機会は,人に見られる世界でもあるわけですから,そのような感覚を持つことも大事なのだろうと感じさせられます。もっとも,その事で音や音楽が死んでしまえば本末転倒ですが,音や音楽がより活かされるためのものであるならば,あるべきあり方なのだろうと思います。
三舩さんは,力のこもったリストでした。リストのピアノコンチェルト1番は,そもそもピアノを叩くような演奏場面の多い曲なので前から2列目ともなるとグランドピアノの轟音に圧倒され続けでした。ピアノコンチェルトをこのような前で聴いたのは初めての機会でしたが,ピアノコンチェルトは,もう少し後ろで聞いた方が良いかなとも感じました。特に,叩き系の曲については。
そんなことも含めて,色々と新たな発見のあった機会でした。

|

« 新年2日目(妻の実家へ) | トップページ | 副作用等の報告義務(薬事法など) »

写真のある風情」カテゴリの記事